〜彼岸花〜 みろく自然公園(1)

写真日記
09 /23 2020
IMG_640120200921みろく公園ofb
撮影日:2020/09/21  




私 「彼岸花を撮りにみろく公園に行ってきます。」
夫 「たんぼの横に咲いとるよ。」
私 「えっ!」
夫 「今日、採ってかえるわ。」

家庭菜園のあぜ道に咲いてる彼岸花は、また帰ってテーブルフォトを撮ることにして、
【みろく自然公園】に行ってきました


ブロ友さんや、写友さんから聞いたとおり、今年の彼岸花は極パラパラでした(^^;

地球の温暖化と関係あるのでしょうか?
彼岸花は約20~25℃にならないと花は咲かないとされてるそうですから、暑さが長引いたのが関連しているのかもしれません。
IMG_667520200921みろく公園F


今回はボケを意識して撮ることにしました♪
IMG_641320200921みろく公園f

IMG_667320200921みろく公園f


白と黄色が終わり、これから赤は咲きそうでした。
IMG_665020200921みろく公園Fb


珍しい色のリコリスも所々に咲いています。
IMG_667020200921みろく公園fb


今日は蝶さんにも会わなかったと、諦めて帰ろうとしたときに、
優雅に飛んで来ました〜
IMG_654420200921みろく公園F


モンキアゲハ!!


 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!

 
<関連記事>

デッサン91「三矢サイダー」  #デュランタ #大瀧詠一

素描
09 /20 2020
IMG_236520200912f.jpg
撮影日時 2020/09/12 15:36:54




香川県三木町にある「サンサン館みき」でのデッサン教室の120分
9月1回目のモチーフは缶コーヒーかサイダー
私は大瀧詠一が好きなので「三矢サイダー」にしました♪♪
三矢サイダーのCMソングを大瀧詠一さんが作曲していましたから♪
1973年→コチラ


IMG_636720200912f.jpg

20200919203958fd9.jpeg

私   「影が上手く描けません。もう何年も通ってるのにね、、、」
先生 「聞いたところでは香川のデッサン教室って、
    精密画みたいに長い時間をかけて描くのみたいなの。
    ここの教室は難しいかもしれないね。実際に立体をみて平面にしていくからね。」

影の描き方を再度説明していただきました。影の形は練りケシでつくって、、、、

実際、香川県の絵画教室は写真をそのままトレースして描く教室が多くあります。
難しくても、下手でも、自分の目と手でつくりだす世界は楽しいです。

いつからデッサンしてるのかブログをたどりました。

2016年10月でした!
なんとなく、少しですが成長しています(^^)/ 2016年10月25日のブログ→コチラ

こんな時、ブログってすぐ過去を振り返れるから便利です♪



今日の一枚は我が家の「デュランタ」
この花の名前もいろんな方のブログから知りました

IMG_236320200912f.jpg

花言葉は、「あなたを見守る」「目をひく容姿」「独りよがり」「歓迎」


 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!

 
<関連記事>

「井の中の蛙大海を知らず、されど空の青さを知る」

写真日記
09 /17 2020
IMG_135920200906F.jpg
撮影日時 2020/09/06 9:10:06




「井の中の蛙大海を知らず、されど空の青さを知る」


庭の水やりをしてるとアジサイの葉の中にアマガエルを見つけました。

IMG_134920200906f.jpg


水におどろいたのか、となりの高野槇に飛び移り、器用にしがみついています♪
小さいカメラ(EOS-M)で写真を撮っていてもなかなか動きません。

しばらくしてまだいるかなと、気になって見に行くと、
紫陽花の葉の上に緑のカエルがじっとしていました。
さっきの紫陽花の葉が好きなカエル?


IMG_136620200906fs.jpg
撮影日時 2020/09/06 10:26:13(綺麗な葉の上にいてくれたら良かったのですが、残念!)

目元のイボみたいなのが同じなので、色が変わってますが、同じカエルさんです。
<アマガエルのお話し「変色にかかる時間」>をみると、短時間の場合 30分~120分で変色するそうです!


カエルをみると、いつもつぶやいてしまう
「井の中の蛙大海を知らず、されど空の青さを知る」

レファレンス協同データベース(国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベース)→コチラによると、前半の「井の中の蛙大海を知らず」は荘子の「秋水篇」にありますが、後半の「されど空の青さを知る」についての解説は見つかっていません。

名もなき市井の多くの人が
「空の青さ(深さ)を知っている」と叫んでいるような気がしました。


遠出をすることが少なくなったある日、
しずくの中にヒマワリをつくって撮りました。

IMG_133820200827BF.jpg

小さな 私の世界

それでも 心は世界に大きく広げていたいと思います

ヒマワリはソレイユ(仏:Soleil:太陽)


 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!

 
<関連記事>