石清尾(いわせを)八幡宮へ♪

写真日記
09 /01 2019
IMG_8745 20190831FS
2019/8/29



ご祈祷をうけるため、久しぶりに「おはちまんさん」に行ってきました♪
「石清尾(いわせを)八幡宮」です。

子供の頃は、5月は「いち」に、秋は「おまつり」にと、行っていました。

私が「いち」と言っていたのは、正式には「市立祭(いちだてさい)」 だったようです。
神社のHPによると、

貞治3年(1364年)、室町幕府管領の細川頼之公は戦勝奉賽祭を行い、当宮社殿を造営されました。それ以後、毎年4月3日に報賽祭が行われ、それにあわせて農道具や植木の市が立ったのが始まりです。


神社の前の、八幡通には植木市や露店が建ち並び、たいへんな賑わいになります。
小さい頃は、露店で「さとうきび」を束にして売っていました。
昭和の記憶です!(^^)

↓随神門から八幡通り
IMG_8732 20190831FS

何気なくみていた風景が、大人になると違って見えますね。
「阿吽」は、始まりと終わり。
IMG_8738 20190829 八幡さん
IMG_8739 20190829 八幡さん fs

境内に大きな木がありました。
IMG_8727 20190829 八幡 FS
木の根元から若い芽がでています。古きものと新しい命と。
IMG_8747 20190829 八幡さん fs


平日のこの日は、閑散としていましたが、
写真を整理していると、小さいお子さんを抱いた若いお母さんが何組か写っていました。
石清尾八幡宮は「高松の氏神さま」です♪

氏神というのは、本来は一族でおまつりしていた神様の意味で、一族でおまいりにでかける神社は、その土地を守っている鎮守の神であり、子供を守る産土神(うぶすのかみ)でもあったのだそうです。
IMG_8763 20190831 fs


娘が小さい頃にも、祖母が縫ってくれた着物を着せて、その小さな手を繋いで歩いたことが蘇ってきました。

こうしてブログを書くまで気づかなかったことが、書くことで過去から未来へとつながってきたようです♪



↓アルバムから 「秋祭りの日に」祖母と姪っ子と娘
20190901000318422B.jpg



追記9/2:
ブログパーツを試していたら一部画像が表示されなくなりました(涙)
画像をクリックしても「このページの表示は許可されていません」とでます(@_@)
なぜ急に、、、、、
インターネットエクスプローラーだけでの現象で、 Google Chrome やスマホのsiriではきちんと表示されます。
お見苦しい点は、しばらくお許しください。

Webブラウザのキャッシュをクリアすると回復しました♪

 
<関連記事>