74年前 高松に焼夷弾が雨のようにおちてきました

写真日記
07 /04 2019
IMG_504220190630 fs



7月4日は高松空襲のあった日です。

高松空襲shikoku_02_001
昭和20年7月4日午前2時56分, 突然空襲が始まり, 10分ぐらい経過したときには, 高松市の中心部は火の海となっていた。それでもB29による爆撃は, 執拗に続けられ, 爆撃が終わるまで106分を要したという。
このとき投下された爆弾は, 高性能爆弾24tと焼夷弾809t(100m2当たり約2.7kg 焼夷弾8個平均)というものすごさであった。出典:総務省ホームページ (➡こちら

わずか106分の空爆で、高松市街地の80%が焼け、
•罹災者/86,400人
•死者/1,359人
•負傷者/1,034人
•行方不明者/186人



この日になると繰り返し話してくれた祖母ももういません。
「雨のように焼夷弾がおちてきた」のだそうです。


先日のテレビ「100分de名著」は、
小松左京スペシャル<原点は「戦争」にあり~「地には平和を」~>でした。
司会の伊集院光さんが「街頭インタビューでは、日本とアメリカが戦争したなんてことも知らない若者もいっぱいいるわけで、、、」
というコメントに絶句しました。
そこまで戦争の歴史が風化しているのかと、、、



房前公園で、風でゆれるヒメジオンにとまる白い蝶をみました。
IMG_503520190630B fs



今日は 小さな命がとてもいとおしく思えます


<- Imagine- ジョン・レノン >
Imagine there's no countries
It isn't hard to do
Nothing to kill or die for
And no religion too
Imagine all the people living life in peace

想像してごらん 国境のない世界を
難しいことじゃないさ
殺すことも死ぬ理由もない
宗教も存在しない
想像してごらん 平和の中で生きているみんなを




ブログ村に参加中 ↓よろしければ、応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
ありがとうございます
 
<関連記事>