〜遍路道の彼岸花〜 香川県道3号志度山川線 

写真日記
09 /19 2018
IMG_0026201808 09017B FS
撮影日:2018/09/18



香川県道3号 志度山川線は、
香川県さぬき市志度から讃岐山脈の女体山を超えて徳島県吉野川市山川町へと至る、県境越境県道です。

先週は咲いてなかった「彼岸花」が道沿いに咲いていました♪

香川県道・徳島県道3号志度山川線
特に香川側においては国道377号の重複・分離区間まで、四国八十八箇所霊場巡りにおける、86番 志度寺から87番 長尾寺を経由して88番 大窪寺へと至る遍路道としての側面を強く有している。遍路道として見た場合、本道は巡礼の終盤を締めくくるための結願の道(けちがんのみち)としての側面があり、これによって同巡礼にとって本道は最重要参拝道路のひとつとして扱われる。(引用:wikipedia→コチラ



花の中で「曼珠沙華」が一番好きだというブロ友さんに、
「遍路道の曼珠沙華を撮ってきますね」と、お約束していました(^^)


仕事からの帰り道、
↓撮影のはじめは、多和 結願の里にある「花と星と歴史の広場」に咲き始めた白い彼岸花。
IMG_0018201808 09017FS



↓以前ここで写真を撮っていると、通りがかった地区の方に教えていただいた旧の遍路道です。
IMG_0025201808 09017B FS

20180918204936ef2 Fs

↓標識は「 御接待1万5千人所」の供養塔の場所を示しています。紀州の義染房という人が、1万5千人の遍路にお接待をしたそうです。
201809182049366ec FS



↓さらに北に向かうと、県道の遍路ぞいに、沢山の彼岸花を見つけました♪
 あ〜6D持ってくれば良かったかなぁ〜
 嘆きながらi-PhoneとEOSMで(^^)
IMG_0028201808 09018FS

IMG_0035201808 09018 FS

IMG_0037201808 09018 FS



多和地区内の遍路道沿いには、遍路墓があります。
特に、大窪寺周辺には遍路墓が多く、大窪寺の鐘の音が聞こえる場所に墓を建てたと言われています。 
長い遍路の旅に、精根尽き果てて力尽きていったお遍路さんが、多かったことを物語っています。
(引用:長尾寺から大窪寺に続く遍路道


むかしは人が亡くなると墓地に直接、埋葬されました。
土の中で生活するモグラなどが遺体を荒らすことを防ぐために植えられたのが彼岸花です。
彼岸花には毒があるため、モグラなどの生物を寄せ付けない効果があります。
彼岸花は、ご先祖さまの遺体をを守ってくれていたんですね。(引用改変:コチラ



遍路道に咲く彼岸花もまた、力尽き逝ったお遍路さんを守ったのかもしれません



彼岸花の別名「曼珠沙華」は
サンスクリット語で「天上に咲く赤い花」という意味があり、
良い事がある前兆とも言われています
花の姿が、優しく手を広げてるみたいですよね!


来週はEOS6Dでまた撮りたいと思います。
残念ながら6DMarkⅡではありません(^^;


↓近くには真っ白の木槿もさいていました。
IMG_0042 20180918FS




にほんブログ村に参加中 
↓よろしければ、応援のクリックをお願いします!

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村
いつもありがとうございますo(^-^)o


<関連記事>