デッサン49「団扇とビー玉」   #蔵本秀彦 #あーとらんどギャラリー #丸亀駅 串揚げ しらさぎ

素描
07 /09 2018
20180707202127836.jpeg




香川県三木町にある「サンサン館みき」でのデッサン教室の120分(ホームページは➡こちら)

6月3回目のモチーフはいくつかのモチーフから選びます。
私は、夏祭りも、もうすぐかなと「団扇とビー玉」にしました(^^)  

20180707194334f59.jpeg
↑最初は団扇を練り消しの箱に置いていましたが、控えの写真のように浮いてると違和感があるので、先生が木炭の箱に置き替えて下さいました。

メモ:
影もいれて全部のモチーフをいれておおまかに描けたら。 部分からドンドン仕上げていく!


120分のうち最初の20分は人物クロッキーなので、デッサンは100分です。ゆっくり楽しく描いていたら、残り20分になってもほとんど描けていませんでした。
私はもうすっかり諦めモードで、終わりにするつもりでしたが、
「全部描かなきゃダメ!!! 」と先生からが飛んできました(^^)

残り20分、集中して描き終えました。
鉛筆語りの吟遊紳士さん(→コチラ)からいただいたコメントを反芻し、8Bの鉛筆も使いました!



団扇といえば丸亀です!
江戸時代初期に金刀比羅宮参詣の土産として考案されて以来、丸亀市を代表的する特産品として発展を続け、今や年間生産数約8000万本、全国シェアの90%になっているそうです。


丸亀にちなんだ写真を探しました。
スマホで撮った写真はスマホにGPSがついているので、自動で撮影地別のフォルダができています。
(便利ですね〜でも管理されてるみたいでちょっと怖いような、、、(^^;)
20180707225808e00.jpeg


ありました(^^)/
20180707225653311.jpeg


5月のある日、写真グループUK-6-2のSonyadoraのお誘いで、
蔵本秀彦さんの個展(→コチラ)をみに、
丸亀市浜町のあーとらんどギャラリー(→コチラ)へ行った時のものです♪

蔵本秀彦さんのお名前の記憶がなかったのですが、
ギャラリーにあった作品集の中に、去年の「デッサン教室の春の遠足」で行った香川県立ミュージアムの特別展「クロスポイント/交差する視線 20の表現」で印象的であった作品を見つけました。
その作者が蔵本秀彦さんでした!!
作品は《それでも木漏れ日は》(→コチラ)です。
県立ミュージアムでは作品の周りの照明を落とし、作品が床に映り込んで、最高の状況で展示されていました。

 
不思議なご縁にまた導かれました♪


記事を書いてると思いがけない方向に進むときがあります。
今日の記事も、そうです(^^)
自分でも忘れてしまいそうな、
#蔵本秀彦 
#あーとらんどギャラリー
#丸亀駅 串揚げ しらさぎ
をここに残すことができました♪♪ 



コラージュの中のランチはあーとらんどギャラリーのオーナーがお薦めの
丸亀駅前にある、「しらさぎ」(→コチラ)です。新鮮な素材を使い、安くて・おいしいお店でしたよ





にほんブログ村に参加しています ↓よろしければ、応援の1クリックをお願いします(^^)
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村
バナーのレオマワールドも丸亀市にあります
 
<関連記事>