デッサンLesson 45「リボンとティッシュ箱」「芍薬」   #かくかくしかじか #東村アキコ #マーガレット

素描
05 /20 2018
IMG_9294201805018.jpg
庭のマーガレット  撮影日時:2018/05/16 16:18:00



香川県三木町にある「サンサン館みき」でのデッサン教室の120分(ホームページは➡こちら)

4月3回目のモチーフは「箱とリボン」
私は娘から来たLINEを思い出して、以前にも描いたことのあるティッシュボックスにしました。

20180519132715ceb.jpeg





2月の終わりに、娘から面白いよーとLINEが来ていました。
「かくかくしかじかってゆう、漫画家さんの自叙伝の漫画おもしろいよ!」
↓送られてきた漫画のページのセリフ

「はじめてこの教室にきた時に
ティッシュの箱を描かされていた おじいちゃんは

半年後私が大学に受かって
金沢に行くことになって
最後の挨拶をしに教室に行った時も
まだティッシュの箱を描いていました」



記事を書くのに検索すると、あらすじが、wikipediaにのってました♪→こちら
『かくかくしかじか』は、東村アキコによる日本の漫画。『Cocohana』(集英社)2012年1月号から2015年3月号まで連載された。

《テーマ》
どうやって「美大に合格したか」、「漫画家になれたか」と、東村は、よく若い子に聞かれるが、絵を描くということは、ただ手を動かし「描くこと」、「どれだけ手を動かしたか」が全てだ。日高教室で同じものを何回も何十回も強制的に描かされた。それがよかったと思う。楽しくだけでない押しつけるような、きつい先生に出会うこともだいじだ。大学で描けなくなったのは、「何を描くか」、「自分の描きたいものは」と考えたからだ。根気のない子や頑張れない子、逃げで描く子は無理だ。絵を描くことに生活で一番集中してないと。しかし、口で言うと偉そうだし、若い子には伝わらないので漫画で表そうとした。若い子は、ある日何か降りてきて、いつかすっと描けるようになると思っている。それは違って、しんどいが想念の海の中から無理やり、何か掴んで引きずり降ろすしかない。



私もなんども描こうと思いました。



5月1回目のモチーフは「花」
いつもの明暗で描くのでなくて、線描です。

私は「芍薬」にしました(^^)/
IMG_9020 FS20180519

綺麗な花びらを一枚一枚見ながら描くのは楽しいものでした♪
ただ、いつもの倍くらい疲れました(^^;

控えの写真は持っていたミラーレスで📷
IMG_9262201805018.jpg
牡丹と芍薬の違いは葉をみるとわかるそうで、牡丹の葉っぱはつながっていて、芍薬の葉はわかれています。


ネットで検索すると、散り際も、それぞれ特徴が分かれるそうで、

牡丹の花は、一気にそして豪快に散っていきます。
芍薬の花は、最後までしがみつきながら散っていきます。


ちょっと「芍薬」が好きになりました(^^)



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村に参加しています!
応援ありがとうございます(^^)/

 
関連記事