「志度の花火」 ~今年初めての花火撮影は大失敗からのスタートでした~

写真日記
07 /27 2017
22017000024320724.jpg


今年初めての花火は、
志度湾から上がる花火!
7月22日(土)に21:00から約1200発が打ち上げられました。

会場のさぬき市庁舎西側だけでなく、海岸に沿って走る国道11号線や、道の駅源平の里からも見ることができるというので、写友の三人で撮りに行くことにしました。


いつもは一人で自宅近くから撮っていましたが今年は女友達三人で!
どこから撮るかカフェ・セゾンで楽しく作戦を練って行きました~♪
(上級者の男性達は、志度湾を見下ろせる山に登るそうです。)
私達は道の駅源平の里の近くに決定!
5月末に、海沿いを走るコトデンを撮った場所です。
2017000024350724.jpg

上手くいけば琴電の光跡と花火なんて


行ってすぐ“黒”うちわを忘れてたのに気づきました💦
ついこの前、キャノンオンラインショップから「きれいな花火を写すための必需品、キャノンロゴ入り花火撮影“黒”うちわプレゼント」なんていうメールが届いた時、
《“黒”うちわ》は持ってると豪語していたのに、、、
↓レンズ面を覆うだけの小さなうちわです。
IMG_0655.jpg



でもくじけず撮りました(笑)


↓ハート
2IMG_5958_edited-1.jpg


黒うちわがないとシャッターを切るタイミングが難しい。
それに待ち時間が長い。
カメラのモニターにはビジー「BUSY」がずっと出てる。

これが最大の失敗でした!
待ち時間が長くて半分も撮れませんでしたというと
友達 『ノイズリダクション(NR)をオフにしてなかったの!』
ということでした(涙)
NRをオンにしていると撮影した時間分だけ処理時間がかかります。
勉強になりました(^^;

それでも時間にしてわずか25分の光のショーが
私達のこころを華やかに彩ったことは確かです


↓2枚重ねて
2しどはなび336と341_edited-1


楽しかった~

花火撮影のまとめ
1、感度は100に(最低感度が200のカメラは200に設定します)
2、モードはB(バルブ)にセット
  絞り値は11前後に (距離によって変わるので、モニターで確認をしつつ設定してみてください)
  露光時間は打ち上げと同時、もしくは直前にシャッターを開き、2~3発撮影したところでシャッターを閉じる(この間約10秒くらい)
  基本的にはこの動作の繰り返しになります。
3、画像モードはRAWが理想的ですが、初心者の方はJPEGで十分です。ホワイトバランスは太陽光にセット。
4、ピントは遠くの街の明りに合わせた後、AF→MFに切り替えておく
  明るいうちに予め打ち上げポイント付近を測距しておき、それ以後はピントリングが不用意に回ったりAFが作動しないようにしておくと良いです。
  またレンズによってはズームリングを回転させるとピント位置がずれる製品もありますので、こちらも事前に確認をしておきたいところです。
5、ノイズリダクション(NR)はオフにしておく。
引用:http://www.yakei-navi.com/satsuei/5hanabi_02.html



失敗は次に活かします(^^)/




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます


 
<関連記事>