デッサン84「ボールとリボン」  #沈丁花

素描
03 /21 2020
IMG_2756-20200312fs.jpg
撮影日 2020/03/12



香川県三木町にある「サンサン館みき」でのデッサン教室の120分
この日のテーマは「金属製品は必ずいれて、違う質感の物を描く」でした。

IMG_1623-20200116fs.jpg

20200303202819ad1.jpeg

こうして写真と並べると、見えてなかった光に気づきます。
構図を決めると、描くまえにスマホで撮っていますが、描いているときに写真はみません。
金属らしくもっと明暗の差をつければよかったと反省。
ずっとモチーフをみていると目が慣れて明暗がわからなくなります。そのため先生からはモチーフから離れて見ないようにしてと何度も注意されています。


今日の一枚は庭の「沈丁花」
IMG_2757-20200312fs.jpg


朝ドラの、主人公の言葉遣いが荒いとの書き込みが多くみられます。
子供の頃大阪から信楽に引っ越してきたという設定のドラマです。
「みんなの感想」の中に「脚本家は大阪の言葉が荒いとでも思っているのだろうか、船場言葉があったことなど知らないのだろうか、、、、」というような感想をみました。

船場言葉、、、、、

船場言葉(せんばことば)は、大阪市船場の商家で用いられた言葉。昭和中期まで、折り目正しい大阪弁の代表格として意識されていた。あねいとさん、なかいとさん、こいとさ、こいさん、、、、



「細雪」という四姉妹の映画をみて聞いた、「きあんちゃん」「なかあんちゃん」という言葉が印象に残っています。
あらすじは忘れてますが、綺麗な着物と言葉が印象的でした。
姉妹が使う言葉が船場言葉だったようです。

IMG_2487-20200312.jpg

今日の一枚は細雪で思い出す「沈丁花」にしました。

四姉妹の映画『沈丁花』では、京マチ子、司葉子、団令子、星由里子が『細雪』さながらに華麗に和服美を競い合っています。


私の中で「沈丁花」はその映画から上品で綺麗な女性をイメージさせます(^^)/


「スカーレット」をみるたび、裕福でなくても、綺麗な言葉は生活を豊かにしてくれるのにと思ってしまいます。


IMG_2746-20200312fs.jpg


 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!

 
<関連記事>