〜倉敷えびす通り商店街〜 倉敷撮影会(5)  #写真評論家・飯沢耕太郎

写真日記
12 /11 2019
IMG_0809-20191110fs.jpg
撮影日時: 2019/11/10 11:16:06「えびす通りにて」



倉敷撮影会編の最後は、「倉敷えびす通り商店街」です。
IMG_0810-20191110fs.jpg


この日は写真のイベントがありました。

「倉敷フォトミュラル」
大型布にプリントされた写真を倉敷の商店街に飾る写真公募企画展です。ディレクターは写真評論家・飯沢耕太郎氏。
IMG_0811-20191110fs.jpg

6年前、飯沢耕太郎氏は香川県展の審査員でした。
当時、姉の写真ギャラリーカフェにご来店くださいましたプロカメラマンの古家秀俊先生から、県展をめざすアマチュア写真家のため、お店におくといい本を教えていただき、私も読みました。
その本は、「写真的思考」です。

写真的思考
飯沢 耕太郎 (著)

内容紹介:古今東西のユニークな写真を読み解きながら、写真における神話的想像力の働きに肉迫し、「見る=考える」ことの醍醐味について具体的に考察した、著者初の本格的写真論。

舟の中に静かに女性が横たわる本書カバーの写真を見て、あなたは何を感じるだろうか。安らかな眠り、死出の旅、彼岸と此岸…。見る者の想像力を、上下左右、過去・現在・未来へと解き放つ美しい写真(たち)の魅力はどこにあるのか。 (Amazonの説明から)


記事を書きながら「美しい写真(たち)の魅力はどこにあるのか」自問しました、、、"(-""-)"
作品にまで高めるのは難しい、、、、、


IMG_0816-20191110fs.jpg


日本中で多くの商店街がかっての賑わいを失っていますが、
私の記憶の中では、この倉敷えびす街と、尾道の本通り商店街は今も賑わっていました。
二つの街の共通点は、新しいイベントを打ち出しつつも、昭和のレトロな雰囲気を守りつづけていることだと感じました。


↓「カレイどうですか?」 えっ!!
20191209kurasiki.jpg


倉敷えびす通り商店街のHPを見つけました(^^)/
私たちが並んだ「とんかつかっぱ」→コチラ


5回にわたりここに残した「倉敷撮影会」はこれで終わりです。

11月10日、「Photo Team UK-6」の7人で初めて行った「倉敷撮影会」!
(1)倉敷川から→コチラ
(2)倉敷アイビースクエア→コチラ  
(3)白壁の町→コチラ
(4)大橋家住宅→コチラ



倉敷駅前広場では、高松駅にもあった「花時計」に懐かしさを感じつつ、倉敷にお別れです。
IMG_0867-20191110fs.jpg


車窓からスマホで撮りました。駅のホームまで「なまこ壁」でした♪
窓の向こうには撮り鉄君の血がさわぐ車両がならんでいるようです。
Taketombo-が急に元気になり、「俺、残るから」と別れました(笑)
20191211153911b30.jpeg


長い間お付き合いいただき、ありがとうございました。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ 
にほんブログ村
ありがとうございます





にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村
いつもありがとうございますo(^-^)o


<関連記事>