太古の森(2)〜メタセコイアの森〜

写真日記
10 /29 2019
★201910272145fs
撮影日:2019/10/09  SS10秒 109枚コンポジット




太古の森は「メタセコイアの森」です。
「生きている化石」とも呼ばれるメタセコイアは、この公園のある三木町鹿庭出身の植物学者、故三木茂博士が化石から発見し命名した植物です。

IMG_9789-2019 1009BFS


月が明るいと、その光にかき消されて星は見えなくなってしまいます。残るのは金星など強い光を放つ星のみです。

この夜は月齢が10.4日(満月の81%)で明るいのに、星もたくさん見えました。
メタセコイアの森がつくる漆黒の夜空だからなのでしょうね

18分間、星を回しただけなのに、星降る夜空になりました。(冒頭画像)


↓最後の一枚は 「Wow! ワオー」
IMG_9790-2019 1009 FS

カメラ画像をパソコンに転送していたら最後にこの写真がでてきてビックリ!!
シャッター速度10秒の連写で撮っていたので、レリーズをOFFにしないままカメラを外していた時に偶然、恐竜が写り込んだようです。


太古の森には3匹の恐竜がいるそうですよ♪
ティラノサウルス
ディメトロドン
トリケラトプス


星が綺麗な冬ももうすぐです

空を見上げる機会がまた多くなりそうです




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ 
にほんブログ村
ありがとうございます



 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!

 
<関連記事>