志度湾の秋夕焼(あきゆやけ) Autumn sunset in Shido Bay

写真日記
09 /16 2019
FS A output_comp 志度湾2019091010
撮影日:2019/09/09


秋というのは、夕焼けがきれいな季節として知られています。

太陽が沈むと、太陽光が通る大気の長さが長くなります。
夕焼けが赤く見えるのは、厚い空気の層を通っても長い波長の赤い光は、散乱されにくくて 遠くまで伝わる性質があるからです。

春の夕焼けは、大気中にほこりが多く舞っていて、秋ほどきれいとはいえない。
夏は、湿気が多く、水蒸気は光を反射させる要素があるので、空がうまく赤く染まることがない。
冬は、空気がすみすぎているために、光がうまく空となじまない。

9月のある日、窓から夕焼けが見えました♪
「明日も晴れるかな、、」と翌日に友達と、屋島が見える志度湾に行きました。


IMG_8885 20190909 sidowannnoyuuyake

FS IMG_8228 A20190909 sidowannnoyuuyake


船は一艘だけ通りました(^^) (イメージの色に変更しています)
IMG_8876 20190909 sidowannnoyuuyake FS



この日の目的は星の撮影でした。
が、お月様が明るく綺麗で、、星はあまりみえません。
45分粘って帰りました。

待ってる間に予備のカメラで撮った琴電の光跡 (@_@) 
IMG_82372019 FS

【撮影のコツ】星空の撮り方テクニック
星空の撮影ではお月様のからの影響も受けてしまうので、新月のときを狙って行きましょう!



あーそうだった、、、(汗)

とても綺麗な月がでていました、、、、(反省)
参考:「月齢カレンダー」


しばらく月の動きに目が離せません(^^)/



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村  
ありがとうございます
バナーは今日(9月15日)の月です

 
関連記事

「虹の滝(こうのたき)」へ

スケッチ
09 /13 2019
IMG_8820 20190906紅の滝 FS
撮影日:2019/09/06  



友達と「滝」のスケッチに行ってきました。
場所は、「虹の滝(こうのたき)」

三木町の南西部・小蓑地区にある「虹の滝(こうのたき)」は、讃岐百景のひとつに数えられる景勝地。
虹の滝は、雄滝・雌滝のふたつの滝からなっており、上方にある雄滝は「かもじか滝」ともよばれ、落差11m、幅5m。下方にある雌滝は、落ち口のをが酒をつぐ銚子に似ていることから「銚子の口」ともよばれており、落差は8m、幅6m。
たちのぼる水煙に日光が映えて美しい七色の虹を描きだすことから、「虹の滝」とよばれるようになりました。


塩江の滝なら、以前行ったことのある滝かなと思ったら、別の滝でした(@_@)
「はじめてのNDフィルター「塩江の不動の滝」 2017/10/31」→コチラ
記事をみると、もう2年も経ってました(^^;

スケッチの準備をはじめた友人を横目に、NDフィルターをつけスローシャッターでも撮りました。
ただ写真がメインではないので、数枚だけです。

IMG_8794 20190906紅の滝 FS

思い思いの場所で描かれています。
IMG_8827 20190906紅の滝 FS

滝は雌滝です。
足場がわるく滑りそうなので、意志薄弱な私は安全な東屋で描きました。(↓左上が東屋)
20190911kounotaki FS


外で風景を描くなんてこと、ずっとしてなくて・・
100均の椅子と、数年前に買ったままで真っ新の水彩用スケッチブック と、パレットと筆と、水彩絵の具、、、

でもいきなり「滝」はハードル高すぎ!
どんな風に描くのかスマホで検索すると、、、「圏外」でした。
塩江に住まれてるデッサン教室のA先生に、塩江にスケッチに行くとお話しすると、
先生「ガンガン描いておいで!」
と言われてたことを思い出し、ガンガン描くことにしました(^^)/

IMG_8831 20190906紅の滝bFS

以前絵画教室の講師であったというMYさんから
「丁寧に描けてる。滝が小さく真ん中から落ちてるのが惜しい。もっと大きく描いたほうがいい。どちらかに寄った構図のほうがいいよ。」
とアドバイスをいただきました♪
たしかにそうです。
トリミングしたら↓
IMG_8831 20190906紅の滝A fs


水を表現する自信がなくて、大きく描けませんでした。
誘ってくださったMOさんは水の変化を色にして表現され、それを見せて頂けるだけで楽しかったです。

これからカメラを相棒に、スケッチ行こうと思います!

↓数年前に「文具生活」(文具屋さん)で衝動買いした「モンバルキャンソンスケッチブック」
やっと日の目を見ました♪
IMG_1029 20190906紅の滝b



「虹の滝(こうのたき)」 は、
〒761-0615 香川県木田郡三木町大字小蓑虹の滝
キャンプ場なので、トイレ、駐車場があります。
ただし、対向できない超狭い道を通らなければいけません。(怖かった〜(^^;)

私は見れませんでしたが、運が良ければ「七色の虹」がみれるかもしれません




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ 
にほんブログ村
ありがとうございます


 

みろく自然公園の「彼岸花」

写真日記
09 /10 2019
IMG_8166 20190907mirokukouenn fsfs
撮影日:2019/09/07


A butterfly always brings good luck.


「みろく自然公園」(→コチラ)の彼岸花が咲き始めたと聞いてそわそわ
ちょうど近くに用事ができたので、終わってから咲き具合を見に行ってきました。

こちらの彼岸花は、約1万球
世界中から集めた10種類を越える種類の彼岸花が植えられているそうです。

まだチラホラ、赤は全然です。みに来てるのは私と、ニコラーさんの二人だけです。
IMG_8853 20190907mirokukouenn fsfs

でも珍しい色の彼岸花に会えます。
↓こいピンク
IMG_7987 20190907mirokukouenn FS

↓木の間から黄色と白を撮っていたら、蝶が!!
●IMG_7996 20190907FS

カチャカチャ撮ってると、音に気付いたニコラーのお兄さんが寄ってきました。
「残念ながら羽が傷んでいます」と一言添えて、ミニ撮影会になりました。
つぎつぎと花を渡り、しばらく飛ぶ姿をみせてくれました。
立派なカメラを持ったニコラーさんが膝をおりローアングルで撮り始めたので、急いで真似しました(^^;

IMG_8031★ 20190907 FS


帰ってから、心優しいブロ友さんの記事が目に入りました。
<蝶の羽がボロボロで 過酷な環境下で生き延びる小さな命に感動した。>

傷んだ羽は、必死に生きる姿そのものであったことを失念していた自分を
恥じました。

IMG_8073 20190907miroku FS


A butterfly always brings good luck.
(基礎英語2 2019/8/30 I had a feeling. 「いい予感がしたんだ」から)

とても幸せな時間を過ごすことができました

IMG_8221★ 20190907mirokukouennFS

 
関連記事

ずぼらレンズで散歩  #鳥 #蓮

写真日記
09 /07 2019
IMG_7970 20190901 FS
撮影日:2019/09/01


「Tamron カメラレンズ 18-400mm」 を購入したブロガーのyogoroumarus19さん(→コチラ)が、高倍率ズームレンズのことを「ずぼらレンズ」と呼んでいました!

ぴったりと、ちょっと感心♪
18-400mm を数か月前から使ってみて、何枚ものレンズを重ねているので高画質は望めませんが、シャッターチャンスは逃しません。

あの蓮池はどうなったかなと、ずぼらレンズをつけて、いつものため池に寄りました。
歩いても数分の、いつものため池は私のフォトスタジオなのです(^^)

まだ蓮が咲いていました。
IMG_7960 20190901 Afsfs

しばらくトンボを待ちましたが、諦めて帰ろうとしたときに、鳥が飛び立つ音がしました♪
急いでカメラを向けると、ちょうど石を川面に投げて水の上を跳ねさせた時のように、水しぶきがあがりました。

IMG_7968 20190901 Afs
IMG_7969 20190901 A fs

カワウは、飛び立つときには助走が必要で、その場合は、両足をそろえて跳ねています。


鳥は恐竜です。空を飛ぶことで外敵に対して圧倒的な優位に立ち、古くからの生存競争に勝ち残ってきた優秀な種族でしたね!


やっぱり散歩は「すぼらレンズ」が便利♪


でも念のため、私はレンズ交換が嫌なのではありません。
外でレンズを交換する時のコンタミ(汚染)が嫌なのです。ゼミが分析教室だったので、空気中には埃や浮遊細菌がいっぱいなのがすごく気になります。

さっきネットで検索したら、外では大きなゴミ袋にいれて交換するという手もありました♪♪
これなら良さそう♪

IMG_7961 20190901 A fs

 
関連記事

マドラー、、、  #デュランタ

写真日記
09 /04 2019
20190831201523cc9.jpeg
iPhoneで撮りました。


車の6ケ月点検のためディーラーに行くと、待っている間にはいつもドリンクのサービスがあります。
今回は、プラスチィックストローは環境保護のために廃止したとの表示があり、アイスティーのグラスにはマドラーが入ってきました。

さて、飲むときにマドラーは除けるべき?でもどこに置けばいいの、、、置くといってもお皿もなく適当な場所がありません、、、
周りをみると、
前のご夫婦はマドラーをグラスにいれたまま手に持ち、器用に飲まれています。
左のご夫婦はマドラーを出し、トレーの上に置いて飲まれています。

さてどっち?(笑)

スマホでさりげなく検索して、解決しました(^^)/

飲むときはマドラーは必ずグラスから出し、コースターの端やマドラー立てに置きます。
飲み終わった後は、グラスの中に戻しておくとお店の人が片付けやすいのでgoodなんだそうです。



さっき、夕方のテレビニュースでは、時々行く大きなホームセンターに軽自動車が飛び込むという事故を伝えていました。
見慣れた店舗の中がグチャグチャになっています(@_@)
79歳の男性が、駐車する時にブレーキとアクセルを間違ってしまったそうです。


今日の花は我が家の「デュランタ」
IMG_7946-20190902.jpg
IMG_8771 20190830 fs


デュランタの花言葉には、
「あなたを見守る」 「独りよがり」 があります。

車は点検を終えて、不具合の見つかった部品を交換しました。

「免許書の返納って何歳がいいのかな、、、、」

デュランタにそっと聞いてみました、、、、


 
関連記事