讃岐東照宮(屋島神社)を友と歩く(前編)    #ツツジ #徳川家康

写真日記
04 /27 2019
IMG_700120190425屋島神社FS
撮影日時 2019/04/25 13:52:55


ブログでご縁ができた俳人の葉さん(ご本人は俳句愛好家とおっしゃていました。)と、はじめて屋島にご一緒しました。
第1回の写真散歩、葉さんには吟行は、ツツジが綺麗と聞いたので屋島神社になりました♪

生まれてからずっと香川にいて、屋島へは何度も遠足でも来ているのに、屋島神社の中に入ったのは初めてです。
四国村から出てきたこの子達は行くのかな、、、
IMG_693320190425屋島神社

IMG_694020190425屋島神社


讃岐東照宮 屋島神社は、慶安4年(1651年)初代高松藩主松平頼重公が、香川郡宮脇村の本門寿院境内に東照大神(徳川家康公)の神廟を建立し、崇敬したのにはじまります。


東照宮(とうしょうぐう)とは、東照大権現たる徳川家康を祀る神社で、全国で500社を超える東照宮が造られた。
しかし明治維新以後の廃仏毀釈と相まって廃社や合祀が相次ぎ、現存するのは約130社とされる。
これらの東照宮のうち本宮である日光東照宮、御遺体を祀る久能山東照宮に、自社を加えて「日本三大東照宮」とする東照宮が多い。(引用:wikipedia
(知らなかった〜東照宮とは家康公を神格化して、徳川家が全国を統治するための戦略だったのかな。)


見事なキリシマツツジがお迎えしてくれました!
IMG_696920190425屋島神社

IMG_698220190425屋島神社

IMG_698020190425屋島神社


神社からのロケーションも素晴らしい!
葉さん『国道から真っ直ぐに、昔のお成り道が通っている。』
松平家のお殿様が通る道です!
IMG_702420190425屋島神社 fs


神門(正面上部には鳳凰、両側の柱には上り龍 下り龍の彫刻)の見事な彫刻にも目を奪われました。
IMG_702020190425屋島神社 fs

IMG_702320190425屋島神社 fs

後で知ると、神社の棟梁は左甚五郎の末裔、左利平忠能(ひだりりへいただやす)なのだそうです。


IMG_698620190425屋島神社


葉さんの期待にお答えできず、俳句はなかなか浮かびませんでした、、、
明日は写真展のキャプションづくりの締め切りなので
今日はここまでで(^^)/

つづく


↓よろしければ、応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村
ありがとうございます




 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!

 
<関連記事>