峰山公園から(1) 〜夜景〜

撮影実習
02 /27 2019
IMG_664420190223dpp FS撮影日時:2019/02/23 18:37:06 カメラ:Canon EOS 6D Tv:8 Av:14 ISO感度:400 レンズ:EF24-105mm f/4L IS USM 



NHKカルテャー 植村好治先生の写真教室、2月の撮影実習は「峰山公園」でした♪


1月は、「3月の写真展」の「作品の選定、裏張り」で、毎年実習がありません。
新しい受講生には裏張りや額装の仕方が勉強になります。
今年の印刷はクリスピア(写真用紙クリスピア<高光沢>はエプソン写真用紙の最高峰メディア)というので、『指紋が着くと消えない、唾液が飛ぶともうアウト!』だそうで、一段と気を使いました。

久しぶりの撮影実習にワクワクしました♪
それも久しぶりの夜景♪

峰山公園は駐車場が3ケ所あり、いきなり集合場所を間違えたのですが(私だけでなく3人いた(笑))、
それでもウキウキ感は凹むことなく、展望台に向かいました

峰山公園は高松市の市街地の中心より南西約2.5kmの石清尾山塊に位置し、北側には瀬戸内海・高松市街地、南側には讃岐平野・讃岐山脈と展望もよく、また、付近には古墳塚が多く見られ、これらをつなぐハイキングコースとともに市民の健康と体力の向上の場、憩いの場となるよう整備したものです。



世界が認めた「瀬戸の島々」!!
冒頭の写真は、西の方向 「大槌島」をメインにして撮りました。


東の方向には、源平合戦の地の「屋島」が見えます。
右の台形のシルエットが屋島です。
IMG_665020190223dpp fs


同じ方向
薄暮の頃は船の行き来が見えます。
赤いガラスの赤灯台は高松港のシンボルです
IMG_663520190223 fs



この日は風も強く、寒くて、寒くて、、、暗くなるとすぐに退散しました。

とても一人では(女性数人でも)来れない場所なので、大勢で来る教室での撮影はすごく心強かったです。(この日の参加は13名)

初めての峰山公園はこうして終わったのですが、とっても楽しい場所だったので、時間をさかのぼって写真をアップさせていただこうと思います。

どうぞおつきあいくださいませ。


つづく

IMG_195320190223fs.jpg




にほんブログ村に参加中
↓よろしければ、応援のクリックをお願いします!

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ
ありがとうございます

 
関連記事

デッサン67「福豆」   #水仙

素描
02 /25 2019
20190224184708a47.jpeg




香川県三木町にある「サンサン館みき」でのデッサン教室の120分(ホームページは➡こちら)
1月4回目は節分前だったので「節分の豆」です。
1月3回分のアップがまだなのですが、節分だとやっぱり2月のうちに(^^;
20190224184707a22.jpeg


モチーフの配置をするということは、けっこう描くこと自体より重要な要素があります。
豆をどこに置くかで時間がかかりました。

昔は歳の数だけ食べてましたね。
友達と「歳の数だけ食べるとお腹壊すね!」と笑いながら描きました。
この日の教室の中は「福」でいっぱいです(笑)


3月3日から10日まで「受講生作品展示会」が「サンサン館みき」であります。
デッサン教室からも各人2枚出展します。
機会がありましたら、ぜひご覧ください。詳しくはホームページでどうぞ→コチラ



今日の写真は、昨日あった撮影実習の間で撮った水仙です。
峰山公園の展望台からヨットを撮れるかもと早めに集合しましたが、お目当てのヨットはでてなくて、
夜景までの時間待ちの間、公園を歩きました。

IMG_193820190221 fs

IMG_196220190221 fs


水仙全体の花言葉は、「•うぬぼれ」「自己愛」
花は何かをのぞくように下をむいているので、あの神話が生まれたのでしょうか、、

美しいと有名だった少年ナルキッソス。
ある日、義憤(ぎふん)の女神ネメシスが、ナルキッソスに「自分(ナルキッソス)しか愛せない」という呪いをかけられてしまう。
呪いにかけられたナルキッソスは、水面に映る自分に惚れ込みます。
そのまま水面の自分を見ながら、美少年ナルキッソスは死んでしまいました。
その側で水面を覗く、ナルキッソスの様に咲いていたのが水仙。(


白い水仙の花言葉は、「神秘」「尊敬」
きれいな花言葉でよかった


次回は、峰山公園からの夜景です♪




↓よろしければ、応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ
いつもありがとうございます

 
関連記事

今年の「年賀はがき」にはダブルチャンス!!

写真日記
02 /23 2019
20190223000822d5c fs fs
真ん中が平成最後の「お年玉切手シート」


毎年、「年賀状お年玉くじ」を楽しみにしているのですが、
今年もあたったのはお年玉切手シート。

新しい友達は、メールで新年のあいさつをするし、
儀礼的なお付き合いも無理のない範囲で、縮小しているので、年々年賀状が減ってきています。

余った年賀状と、当たった「お年玉切手シート」の交換に行った時、
郵便局員さんから、新元号に改まることを記念して、今年は4月に2回めの抽選がありますから、余った年賀状の中に当たりがあるかもしれないので、そのあとで交換したほうが良いと教えていただきました(^^)/

最初はあまり気のりもしませんでしたが、
チラシをよく見ると「特別お年玉切手シート」の図案は、
横山大観 「朝陽霊峰」
五姓田義松「田子之浦」

(五姓田義松は明治期の洋画家で、 死の淵にある自らの母親を描いた傑作『老婆図』などのの作品画像サイトは→こちら )。

↓フライヤーの画像をみると、すごく綺麗です♪それに、新しい元号の1000円切手です!
 それも※シリアルナンバー入りの特別仕様 10,000本 だそうです。
IMG_20190221_0001.jpg


「新元号に改まることを記念して、特別な切手シートが当たるダブルチャンス賞の抽選 」

ということは、今回もらってきた切手シートも平成最後の記念すべきシートなのですね♪

私はずっと「お年玉切手シート」をそのまま置いています。(使ったほうが良いのかな、、、)
で、昭和の最後、平成の始まりの切手を探すと、
昭和64年の切手シートが、平成元年なんだそうです。
今上天皇在位中の1989年(平成元年)1月8日からが平成だからです。

↓これです♪(真ん中のシート)
IMG_657420190221 fs


昨年末、天皇陛下として迎えられる最後の誕生日のお言葉に感動しました。

「平成が戦争のない時代として終わろうとしていることに,心から安堵どしています。」

天皇としての葛藤も苦悩も沢山あったのでしょうね。


最後の切手は、私の宝物「戦後メモリアルシリーズ」
IMG_658120190221 fs



次の時代も平和でありますように

世界から戦争がなくなりますように


2019年4月20日(土)
<抽せん2回目 ダブルチャンス賞>が当たるかもしれませんよ♪
お忘れなく(^^)/



IMG_0492 20190204fs
薔薇の花言葉は「愛」ですが、葉にも花言葉があります。(
葉全般 「あきらめないで」「あなたは希望を持ち帰る」




↓よろしければ、応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ
いつもありがとうございます

 
関連記事

みろく公園をワンコと歩く(後編)

写真日記
02 /21 2019
IMG_653520190217DPPFS.jpg
撮影日時:2019/02/17 14:16:17



「津田の凧揚げ大会」に行った帰り、
友達が「せっかくここまで来たので、これから梅を撮りに「みろく公園に行ってみる!」と♪
そう聞くと、ずっと胸が騒ぎ、久しぶりにモコちゃん(ワンコ8歳)を相棒にして行ってきました(^^)
前編:みろく公園を歩く〜蝋梅がまだ綺麗でした〜


ワンコのモコさんは、カメラが大嫌い、、、カメラを向けると顔を背けてしまいます。
それでも証拠写真は撮りました(^^)/
バックの梅はチラホラです。
IMG_652220190217DPPFS.jpg

たぶんここが、「梅と水仙の谷」の尾根付近

梅はいろんな種類があるのでしょうか、咲いてるのと終わっているのと、、、

IMG_647420190217DPP fs
IMG_646820190217DPP fs


水仙はこれからです。
IMG_652720190217DPPFS fs


駐車場までの帰り道では、綱渡りをする女の子に会いました。
お父様からOKいただいたので、カメラを向けたとたん、緊張したのか綱から落ちて仕舞いましたが、頑張って渡り切りました(^^)/
IMG_654620190217DPPFS.jpg




今日の四国新聞に、
こちらのブログでもよくご紹介させていただいているカフェ・セゾンの松本省五さんの記事がありました。
↓(クリックで拡大します)
20190220204613c70.jpeg

友達も注目した関連記事:
きんちゃん→「ニューヨーク・タイムズに選出された「瀬戸内の島々」 」
ROKOさん→『美しい日本と出会う』


新聞のインタビューの中で松本さんは、
「ふるさとが活気づくように、さぬき市でもいつか全国に感動を与える写真を撮りたい」と答えておられました。


さぬき市にきて、もう生まれた地の何倍もの時間が過ぎています。
この地の美しい姿を少しでも撮りたいと思いました。

あーでも、辛抱ができないからね、、、(^^;

ねっ、また撮りにこよう♪
IMG_655720190217DPP fs


みろく公園では、これから水仙、クリスマスローズが待ってるようです♪




↓よろしければ、応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村 デジタル一眼レフカメラ
いつもありがとうございます

 
関連記事

みろく公園を歩く〜蝋梅がまだ綺麗でした〜

写真日記
02 /19 2019
IMG_648720190214fs.jpg
撮影日時 2019/02/17




津田の凧揚げ大会に行った帰り、
友達が「せっかくここまで来たので、これから梅を撮りにみろく公園に行ってみる!」と♪

そう聞くと、ずっと胸が騒ぎ、久しぶりにモコちゃん(ワンコ8歳)を相棒にして行ってきました(^^)

みろく公園では、前回三脚を忘れてきたので、悪夢が繰り返さないよう最初から三脚は置いてきました。

午後に行くと、駐車場が満車に(@_@)
公園には子供たちのにぎやかな声があふれていました♪
ペット可で、入園無料。駐車場も遊具もあり、若い家族に大人気になってるようです♪

今回も「みろく公園」にきてからこの広い公園のどこにロウバイが??
地元のかたらしき人に教えてもらいました♪

あった〜
IMG_647720190217DPPFS.jpg
IMG_648020190214fs.jpg
IMG_649420190217FS.jpg


お目当てのロウバイからは、アスレチックで遊ぶ子供たちも見えました。
IMG_648920190217FS.jpg
IMG_650520190217FS.jpg


公園のHPによると、園内には「ロウバイ」「ソシンロウバイ」をあわせて、約100本植栽されているそうです。
その内、数十本が「梅と水仙の谷」の尾根付近で植栽されているそうです。(←予習しとけばよかった(^^;)

ロウバイも2種類あったんですね!

蝋梅(ロウバイ)は内側の花被片が濃い紫色になるのだが、素心蝋梅(ソシンロウバイ)は花被片全体が黄色くなる。(引用:コチラ


ロウバイ 蝋梅( Wintersweet)の花言葉は、
「ゆかしさ」「慈しみ」「先導」「先見」

花も、ゆかしく下を向いているので撮るのはすごく難しかったです。



IMG_650020190214fs.jpg
みろく公園の散歩は、あと一回おつきあいくださいね(^^)



↓よろしければ、応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村 デジタル一眼レフカメラ
いつもありがとうございます

 
関連記事