沈下橋めぐり(1) 吉野川の川島潜水橋

写真日記
01 /26 2019
IMG_172320190124FS.jpg
「彩雲」



2019年1月に誕生した写真クラブ「フォト・サンフラワー」
の撮影ツアーに同行させていただきました♪

マイクロバス会社の第一観光に集合して、
撮影地は、徳島県
「吉野川の川島潜水橋、大野島潜水橋、香美橋、脇町潜水橋、うだつの街並み」です。
いつもの観光バスと違い、撮影優先の快適なバスツアーです♪

朝6時集合に、私は泣きましたが(我が家からは集合場所まで車で約40分かかります)、目的地に着いた時は陽が少し高く、
幹事さんは5時集合にすればよかったと嘆いていました(^^;

ちょっと到着が遅かったけど、
「川島沈下橋」です!
IMG_576120190124.jpg


私のブログ友達は「潜水教四国支部」の役職の方が多いのですが、
沈下橋を知らない方のために(^^)

沈下橋(ちんかばし、ちんかきょう)は地方により、潜水橋、潜没橋、潜流橋、沈み橋、潜り橋、冠水橋、地獄橋などとも呼称される。沈下橋という名称が広く知られるが、土木用語としては潜水橋又は潜り橋が正式な名称である。

沈下橋は、低水路・低水敷と呼ばれる普段水が流れているところだけに架橋され、また床板も河川敷・高水敷の土地と同じ程度の高さとなっていて、低水位の状態では橋として使えるものの増水時には水面下に沈んでしまう橋のことをいう。

その構造から建設費が安く抑えられるため山間部や過疎地などの比較的交通量の少ない地域で生活道路として多く作られ、台風などの豪雨に度々見舞われる西日本の各地で多くみられた。(引用:


残念ながら、大量の流木が橋にからみついていました(^^;

IMG_583720190124FSFS.jpg



大事な生活道路なのでしょうね、沢山車が通ります。
IMG_578420190124FS.jpg

IMG_161320190124FS.jpg



次は、「大野島潜水橋」です。


撮影ツアーの道中、彩雲を見つけました♪(トップ画像)
ほんの数分です。
この現象が現れる事は吉兆だと言われています。
生まれたばかりの写真クラブ「フォト・サンフラワー」を祝福しているようでした


IMG_577020190124DPP A




にほんブログ村に参加中
↓よろしければ、応援のクリックをお願いします!

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ

 
<関連記事>