多和日記 〜小さな椅子〜

さぬき市情報
12 /08 2018


何気なく置かれた小さな椅子。
幾度となく巡りきた季節に耐えた淋しげな椅子が私に囁きかける                              

                  東山魁夷/著  「コンコルド広場の椅子」から




<多和日記>
毎週、NPOの仕事で通っている、さぬき市多和での風景です。
いつまで通えるかわからないので、多和日記としてここに残すことにしました。

多和地区は年々と、高齢化と過疎化が進み、2012年3月に多和小学校が閉校することとなりましたが、
近くには四国八十八ヶ所88番札所「大窪寺」があり、毎年多くの人たちが訪れています。
その旧多和小学校は、産直、農家レストラン、天体望遠鏡博物館と生まれ変わり、地区の方達は頑張っておられます♪
IMG_0588 20181206 FS


12月4日
仕事帰りによった旧校庭の大銀杏はすっかり葉を落としていました。
日が短くなりました。
IMG_0590 20181206 FS

1ケ月前(2018/11/06)の大銀杏
IMG_4283 20181206 FS


車を走らせていると、メタセコイアの紅葉が見えたので、もう終わりかなと車を止めました。
IMG_0611 20181206 FS2

そこでバス停に置かれた小さな椅子をみて、東山魁夷の絵本を思い出しました。

コミュニティーバスのバス停です。
雪の日には、私も車でなくバスに乗って多和に向かいます。

いつだったかその椅子に腰かけているご婦人をみかけたことがありました。
もう椅子のレザーも剥がれてボロボロになっているけれど、
足が不自由なご婦人にとっては、優しく心強い味方になるのでしょうね♪


↓帰路で
IMG_0603 20181206 FS



うどん県も急に寒くなりました。

どうか皆様もご自愛ください



にほんブログ村に参加中
↓よろしければ、応援のクリックをお願いします!

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村
いつもありがとうございますo(^-^)o


<関連記事>