星空撮影2回目 〜ポラリスをさがして〜 #羽間池

写真日記
11 /16 2018
675枚 羽間池2018年11月10日 FS FS



北極星(ほっきょくせい、pole star)とは、天の北極に最も近い輝星を意味します。
北極星は春分点歳差のために、何千年か毎に別の星に移り変わりますが、
21世紀時点の地球の北極星は、こぐま座α星のポラリスです。


写真教室の先輩が誘ってくださった2回目の星空撮影。

まわる星を撮るのは60分以上かかります。
今まで星がまわる作品をみても、正直、心が動くことは、ほとんどありませんでした。
なのにまた撮りにいったかというと、目では見えない星をカメラが捉えるのです!
写真を現像すると、肉眼ではみえなかった星たちが、姿を現してきます♪

この日もほとんど星はみえませんでしたが、
八栗さん(五剣山)の上にあるはずのポラリスにレンズをむけて撮りはじめました。

北極星は地球の自転軸を北極側に延長した線上(天の北極)の近くに位置しているため、
地球上から見るとほとんど動かず、
北の空の星は北極星の周りを回転しているように見える。引用:wikipedia



今回の設定は、Tv(シャッター速度)8、Av7.1、ISO感度400、675枚を合成しました。
飛行機の大きな光跡2本はざっくりと消しています(^^;
もう少し八栗山が見えればよかったですが、地上は明るくて、また課題です。


星空撮影の場所は、家から近い羽間池。
たくさんの水鳥たちが憩う場所です。
IMG_0379 20181115 FS
IMG_0389 20181115 FS
IMG_0391 20181115 FS
IMG_0399 20181115 FS


↓この場所から見える八栗山
 冒頭写真ではあまりみえませんが想像してみてくださいね(^^)
IMG_0402 20181115


拙い星空撮影におつきあいいただき、ありがとうございました。


超上級者による、夜の写真展が開催中です♪
会期は18日までです。
撮影データが記載のキャプションもありました(^^)/
お近くの方はぜひごらんください

【写団『北極星』 第6回写真展】
会期:11/6~11/18 
会場:さぬき市「21世紀館さんがわ」
43648560_1136448183172424_5530039112523841536_n北極星
↑クリックで拡大します!





にほんブログ村に参加中
↓よろしければ、応援のクリックをお願いします!

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ
 
<関連記事>