琴電の「仏生山車両工場」(1)    <#レトロ車両 # 京急ラッピング>

撮影実習
08 /01 2018
IMG_037020180801.jpg
撮影日時 2018/07/28 9:24:35




NHKカルテャー写真教室(→コチラ)
7月の撮影実習は「琴電の 仏生山車両工場」でした。

「高松琴平電気鉄道」を私たちは親しみをこめて、「ことでん」と呼びます♪

仏生山工場(ぶっしょうざんこうじょう)は高松琴平電気鉄道において琴平線、長尾線所属車両の検査、改修等を行う車両基地。
仏生山車両所とも呼ばれ、車庫機能も備えている。仏生山駅を挟んで両側に工場と留置線が設置されており、北側の検車・車庫施設は通称『北工場』、南側の検車・車庫施設は『南工場』と呼称される。車輪研磨装置等の重要検査設備は北工場に、洗車機つき洗浄線などの保守管理設備は南工場に配置されている。車両の入換や事故発生時に出動するデカ1形電動貨車は、通常北工場の留置線に留置されている。なお、毎年12月頃行われる『仏生山工場まつり』で公開されるのは北工場のみで、南工場では通常の車両入換や出入庫を行うため、基本的に一般客は南工場に入ることはできないが、『列車に乗っての洗浄線通過体験』などに参加すれば、南工場内に入ること自体は可能なようである。(ウィキペディアから)


実習前日に訪問した、りえてつさんのブログ「理瑛旅客鉄道 II」(→コチラ)の記事が仏生山車両工場でしたから、ますますテンションがあがりました!!


仏生山駅に集合し、車両工場に向かいます。

向かう途中にあったのが、↓レトロ車両 - 3000形 - 300号
IMG_026920180801b.jpg

IMG_027420180801b.jpg


↓北側の検車・車庫施設、通称『北工場』です。
IMG_027920180801b.jpg




琴電では、都会の私鉄で使わなくなった車両を譲り受け、使っています♪(→コチラ)


↓1083編成 京急ラッピング(香川で、そのまんま「都心へビュン。」です(^^))
IMG_047920180801b.jpg
京急の「1000 形」が現在も琴電で「1080 形」として活躍していること,さらには,羽田空港 国内線ターミナル駅が本年開業 20 周年を迎えることを記念して,今年の4月16日からオリジナルヘッドマークを掲 出した全面ラッピング車両が運行されています。


↓譲り受けた古い車両の整備を担う整備士さん達
  That’s great!
IMG_031520180801b.jpg

↓どこの部品なのか運び出し洗浄されていました。(冒頭の写真です)
IMG_032320180801b.jpg
『熱湯だから危ないので、離れてください』と何度も声かけしてくださいました。(ありがとうございました)


車両工場の中は次回に(^^)/
つづく


ちなみに私が毎日みている「志度線 - 600形、700形、800形」名古屋市交通局からです!!!
この記事を書くまで知りませんでした!
名古屋の皆さま、志度線では、海岸沿いを元気に走っています♪♪

2017000022110530.jpg
「ことでん志度線は海岸沿いを走る!」  撮影日時:2017/05/27 14:54  場所:高松市牟礼町 塩屋駅近く



にほんブログ村に参加中
↓よろしければ、応援のクリックをお願いします!

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村
 
<関連記事>