絵本「ほんとうの空の下で」

読書ノート
04 /19 2018

作:ノグチクミコ



2011年3月11日の東日本大震災で原発事故が起りました。福島第一原発から25kmの距離にあった川本さんの山里は、放射能の線量が高く、立ち入り禁止地区へ。
川本さんが桃源郷と呼んだ楽園は、突然奪われてしまいました。



久しぶりの《読書ノート》は
『ほんとうの空の下で』ノグチクミコ(自費出版)

香川県での作品展(善通寺、白鳥神社での野外展)に出展されるたびに、姉のお店に寄ってくださっていた、彫刻家の水嶋康宣さんから
【野外彫刻展】のDMと、ご学友のノグチクミコさんの絵本のフライヤーが届きました。
IMG_0002b_20180320221701346 yagai  ←クリックで拡大します!


絵本は、福島県浪江町の山里で暮らしていた、おじいさんと年老いた犬のお話です。


自費出版なので直接作家さんに申し込みます。
福島県からの「ゆうメール」で届きました♪
2018041522242485f.jpeg


戦後間もなく、作家の山本有三さんから譲り受けた幻灯機で、自宅で子どもたちに向けた幻灯会を開いていた川本さんは、福島県浪江町の山里で愛犬のシマと暮らしていました。
そんな穏な日常は、 東日本大震災、そしてそれに続く原発事故で失われてしまいます。


20180416201028fa4.jpeg


言葉のない絵本です。
絵が静かに語りかけ、
避難所に行けないシマを残す川本さんの悲しみと、
残されたシマの悲しみが私のものとなり、いつのまにか泣いていました。


川本さんは避難所生活のなかでも幻灯会を開いていました。
2012年に放送されたドキュメンタリーでこの物語を知ったノグチクミコさんが、数々の困難を乗り越えて絵本に仕上げました。
絵本は、川本さんの希望でドキュメンタリー番組のその後も描かれています。



大好きな人とただ一緒に歩く
そんな穏やかな日々が
どんなに大切であったか

原発によって奪われた大切な時間
浪江の山里は、今も帰還困難区域のままです (参考:「すぐわかる浪江町の現況」



絵本は自主出版なので書店にはありません。
20180416210229505.jpeg
1冊1800円、送料は1冊215円(2冊300円)です。
作家さん個人のアドレス・FAXをネットで公開するのは怖いので、当ブログでは注文のためのメールアドレスを掲載していません。拍手コメント、メールフォーム等でご連絡いただけましたら、「ノグチさんのメールアドレス」をお知らせしますねm(__)m
絵本のご注文は、作家さんのインスタグラム
nognog.55
からメッセージをおくることができます。


《My photo》
IMG_906820180418.jpg
撮影場所:さぬき市多和  撮影日時:2018/04/17 12:02:00

ピンクのチューリップ(Pink Tulip)の花言葉は
「誠実な愛」

川本さんと愛犬のシマさんへ

シマは2015年10月に、川本さんは2016年4月に絵本の完成をみることなく亡くなられました
どこかで  きっと  一緒に散歩をしているよね




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村に参加しています!応援ありがとうございます(^^)/
バナーは我が家のモコちゃん 8歳
首が曲がっていて売れないからと、ご縁があり我が家に来ました。元気に育っています♪
 
<関連記事>

デッサンLesson 43 「桜とガラスコップ」 &写真は「多和のウコン桜」

素描
04 /17 2018
20180331203744b41.jpeg




香川県三木町にある「サンサン館みき」でのデッサン教室の120分(ホームページは➡こちら)
この日のモチーフは桜と、水をいれたガラスコップです。

モチーフは教室に来た順に選びます。
この日もギリギリセーフ♪
モチーフの桜は、各人が選んだ枝を、先生がハサミで切ってくださいました。
当然、遅かった私には、もう枝にほとんど桜がありませんでした(^^;
クラスメートはしっかりした枝つきの桜を切ってもらっています。

だから小さなこの桜は、私とのご縁が深い、とても可愛い桜なのです♪



主役の桜を熱心に描いてると、

先生 「コップもしっかり描かなきゃダメ! モチーフが二つの時は 色味を変えて描く!」

Tsukumo「このコップは丸いだけなのに、光が放射状にでて不思議です。綺麗な光です。」
先生  「三木町のイワサキさんという工芸作家さんの吹きガラスの作品よ♪」

コップを割らないよう、緊張感が走りました(^^)


人物クロッキー(12分)
20180331204457ea0.jpeg



作品展のご案内
デッサンの浅野絵莉先生は漆芸作家さんです。東京の美大を出て、香川の漆芸研究所(前回記事の香川県文化会館の5〜6階にあります)で学ばれました。
4月20日から東京でグループ展があります。
金工・白磁・漆の三人展です。お近くの方はぜひご覧ください。

【長谷川まみ 高橋奈己 浅野絵莉 三人展】
会期:4/20(金)~4/28(土)
会場:東京都港区南青山「寺田美術」→コチラ

201804042041214b8.jpeg 20180404204119190.jpeg
↑クリックで拡大します! 




写真の桜は、さぬき市多和 産直市場横の「鬱金(うこん)桜」です。
よくみると接ぎ木がしてあって、御衣黄(ぎょいこう)桜と鬱金(うこん)桜両方が咲きます。
4月10日にはウコン桜が少しだけさいていました♪
IMG_774220180415.jpg

鬱金桜の花言葉は、「優れた美人」です。
その名のとおり、とても美しい花です。
でも、パットみると見過ごしそうになります。

美人がさぬき市多和で待っていますよ!
見つけてくださいね♪

もうひとつの御衣黄(ぎょいこう)桜も咲いてるそうです
「多和結願の里~みんなの情報発信局~」→コチラで発信しています♪





にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村に参加しています!応援ありがとうございます(^^)/
 
<関連記事>

【第9回 NHKカルチャー「デジタル一眼で写真を楽しもう」合同 写真展】から♪

作品展のご案内
04 /15 2018
201804141734523ae.jpeg
撮影日:2018/4/14  by iPhone



【第9回 NHKカルチャー「デジタル一眼で写真を楽しもう」合同 写真展】に行ってきました♪
IMG_20180317_0005.jpg



北村修一先生が指導されているNHKカルチャー高松「デジタル一眼で写真を楽しもう」の受講生32名の写真展です。

自由作品と、今回のテーマ作品は「音」を意識した作品の各1点です。
各自の見せたいもので(巧い下手、コンテストに通用するしないはいっさい考えず)
オリジナルを主張できる作品をということで自主的に作品制作に取り組まれたそうです。(素敵なコンセプトですね〜♪)

201804141734492d4.jpeg



撮影OKでしたので、友人二人の作品をご紹介させていただきます。記録になるからというので2点ともの掲載です♪


↓「耳を澄ませて」  撮影場所:愛媛県松野町  撮影者:住田正二三 
20180414173519f56.jpeg


↓「Wアンパンマン」  撮影場所:香川県坂出市  撮影者:住田正二三
20180414220130b07.jpeg
(撮り鉄さんの説明では、奇跡の一枚だそうですよ♪)


↓「驀走(ばくそう)」  撮影場所:島根県  撮影者:竹内洋二 (UK-6→コチラ
201804141735204e1.jpeg


↓「夜の弾丸列車」  撮影場所:岡山県  撮影者:竹内洋二
20180414173447b81.jpeg
(夜行列車の流し撮りです。直にみると運転手さんにしっかりピントがあってるのがわかります♪)


よい作品には「音が聞こえる」と教えていただいたことがあります。

きこえますよ〜(^^)/
静かな空気に響く、澄んだ水の音
列車の蒸気がうなるような力強い音



本日4/15(日)は最終日、16時までです!
お近くの方は、高松市「香川県文化会館」に足をお運びくださいませ。(終了しました!)

作品からの「音」を直におききくださいね


↓作品リスト(クリックで拡大します)
201804142252442c3.jpeg

20180414173450115.jpeg

この写真展では、一緒に6ケ月間の初級教室に通った3人のクラスメートの名前を見つけました(^^)/
お元気で続けていらっしゃることを知り、とてもうれしく、私も頑張ろうと思いました。





にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村に参加しています!応援ありがとうございます(^^)/
バナーはまんのう公園でみつけた土筆(つくし)です
土筆の花言葉は「向上心」
つくしが地中から天に向かってすくすくと伸びることに由来するといわれます。
すくすくと伸びている、かってのクラスメートへ
 
<関連記事>

秀吉が愛した ・・・ 醍醐のさくら

写真日記
04 /13 2018
IMG_772420180412 c
撮影日時 2018/04/07 12:34:29




豊臣秀吉が愛した「さくら」をみに、京都 「醍醐寺」に行きました。
しだれ桜、ソメイヨシノ、山桜、八重桜など数種類、約1000本の桜が3週間かけて咲くため桜を長く楽しむことができると聞いていましたが、
もう終わってました(-_-;) 
咲いているのはほんの数本だけでした。

宅配牛乳会社主催の顧客旅行で、滞在時間がわずか1時間の駆け足観光なので、記録写真です。
20180412192705d8d.jpeg


醍醐寺(だいごじ)は、京都府京都市伏見区醍醐東大路町にある仏教寺院、真言宗醍醐派総本山で、山号を醍醐山(深雪山とも)と称する。本尊は薬師如来、開基(創立者)は理源大師聖宝である。古都京都の文化財として世界遺産に登録されている。京都市街の南東に広がる醍醐山と笠取山に200万坪以上の広大な境内を持つ。豊臣秀吉による「醍醐の花見」の行われた地としても知られている。ウィキペディアより


IMG_7704 20180412

↓クリックで拡大します
201804130844521ad.jpeg


↓国宝の五重塔は、936年、醍醐天皇の菩提を弔うために建立され、951年に完成した京都府最古の木造建築物です。
FotoJet20180412.jpg


↓三宝院庭園。 秀吉自らが基本設計したというお庭。 天下人になった気分でみていますね(^^)
IMG_7635 20180412


醍醐の花見は、豊臣秀頼・北政所・淀殿ら近親の者を初めとして、諸大名からその配下の女房女中衆約1300人を召し従えた盛大な催しで、九州平定直後に催された北野大茶湯と双璧を成す秀吉一世一代の催し物として知られています。
参加した女性たちには2回の衣装替えが命じられ、一人3着ずつ着物が新調され、衣装代だけで2015年現在の39億円に相当する金額がかかったそうです。
この華やかな花見ののち、秀吉は約5か月後に没します。

「露と落ち 露と消えにし わが身かな 難波のことも 夢のまた 夢」 辞世の句
 


集合時間に遅れないよう急ぐ途中、
土塀の前の桜をみて、
奥村土牛の描いた桜はここであったと思い出しました!!!

「奥村土牛 『醍醐』 1972(昭和47)」については、「山種美術館のHP」のコレクション、作品紹介をごらんください。

あーゆっくりみれないのが残念!


IMG_7715 20180412


人生は儚く 桜のように散るけれど
桜はまた 来年咲くんだわ〜
葉桜になりかけた ポンポンみたいな桜がとてもたくましく みえてきました〜(^^)/


また いつか 

↓宅配専用!ヨーグルト
20180413084356798.jpeg




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村に参加しています!応援ありがとうございます(^^)/
バナーは醍醐寺の「唐門」です
 
<関連記事>

〜朧月夜〜さぬき市津田町北山

写真日記
04 /11 2018
IMG_7530 20180409b
撮影日時 2018/04/01 21:06:24



満月の翌日、写友に誘われて再び北山で月を撮りに行ってきました。
あいにくのお天気で、厚い雲に覆われ月が見えたのは月の出から30分もたってからでした。

今回もあえなく撃沈しました(^^;
20分だけ撮影して中止となりました。

IMG_7512 20180409b
撮影日時 2018/04/01 19:42:08
Tv(シャッター速度) 1247.3(20.8分)
Av(絞り数値) 16

フォトコンに入選(中・上級者コース ネイチャー部門)していた松本さん(セゾンのオーナー)の撮影データを予習してたんですけど、自然はままなりません。

月の季語をみると、
春は、
春の月  (類) 春月(しゅんげつ)
朧月(おぼろづき)– 月光がぼんやりと滲んだ春の月  (類) 月朧(つきおぼろ),朧月夜(おぼろづきよ)
(引用サイト:月探査情報ステーション→コチラ


柔らかくほのかにかすんで見えるこの月は「おぼろづき」というのでしょうか、、、
秋の澄み切った月とは違っていました。

IMG_7539 20180409b
小島は、鷹島と猿子島


ファインダー越しにみる世界は、新しいことを次々と私に教えてくれるようです♪





にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村に参加しています!
応援ありがとうございます(^^)/

バナーは同じ日の、近所の山です。
私は山桜が見える町で暮らしています♪
 
<関連記事>