善通寺(1)五重塔 と「赤い ブルームーン」

撮影実習
02 /01 2018

撮影日時 2018/01/27 15:50:52


1月の撮影実習は「総本山善通寺」(→コチラ
お大師様のふるさとです。

IMG_5053201800129.jpg

お大師さま(真言宗の宗祖空海、諡号は弘法大師)は、宝亀5年(774年)6月15日、御父・佐伯直田公(さえきあたいのたぎみ)と御母・玉寄御前(たまよりごぜん)の子として、善通寺の地に御誕生になりました。


はじめて車を運転して行ったのはいつだったっけと、ブログを見直すと、
今から5年前、2013年5月末でした。(→コチラ
それから善通寺美術館での写真展など、たくさんのご縁をいただき、年になんどか伺うようになりました(^^)/

何度も行っているので、今回の実習では今年のテーマ「構図を決めたら、なにかひとつプラスワン」を意識しました。
今日の記事のモチーフは五重塔

五重塔(ごじゅうのとう)は、仏塔の形式の一つ。層塔と呼ばれる楼閣形式の仏塔のうち、五重の屋根を持つものを指す。下から地(基礎)、水(塔身)、火(笠)、風(請花)、空(宝珠)からなるもので、それぞれが5つの世界(五大思想)を示し、仏教的な宇宙観を表している。

善通寺の五重塔は、 1884年(明治17年)に再建、45m、木造としては屈指の高塔。明治以降の五重塔では初めて重要文化財に指定された。(ウィキペディアから)



冒頭の写真は、「五重塔と祈るお遍路さん」

「五重塔に月」
IMG_5081201800129.jpg


「南大門から五重塔」
IMG_5041201800129.jpg


「五重塔と歩くお遍路さん」  さっそうと歩くお遍路さんでした(^^)
IMG_5125201800129.jpg



実習写真は整理しながらアップしますので、
どうぞおつきあいくださいね(^^)/




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村
ありがとうございます
バナーは、撮影時間:2018年1月31日21時00分20秒の皆既月食、 20時48分頃:部分食がスタートです。

「赤い ブルームーン」撮影時間:22時41分37秒 

31日の満月は2日に続き1月の2回目の満月ですが、このように1 か月の間に2回満月が起こるときにその2回目の月を「ブルームーン」と呼ぶそうです。
次回日本で「赤い ブルームーン」が見られるのは2037年1月31日だとか。
皆既月食は半年後の7月28日!

カメラを三脚につけて真上にして撮りました。機材はコンデジです。
あー、でも月となにかプラスワンが必要ですよね(^^;
(撮影データみるとこの写真の焦点距離は107.5mmだったので、普通にデジイチに望遠つけて撮ればよかったです。)

 
<関連記事>