「佐川美術館」からはじまりました♪

小さな旅
11 /22 2017

IMG_3589 20171120
撮影日時 2017/11/18 10:58:25



一年に一度、
大阪、徳島、香川で暮らす学友三人が、どこかの駅で落ち合い、一泊旅行をしています。
今年は滋賀県大津市の堅田駅で待ち合わせました。


2017年の小さな旅のはじまりは「佐川美術館」からです。

佐川美術館は、設立母体の佐川急便株式会社が創業40周年記念事業の一環として、 琵琶湖を望む美しい自然に囲まれた近江・守山の地に1998年3月に開館。
日本画家の平山郁夫氏、彫刻家の佐藤忠良氏、陶芸家の樂吉左衞門氏の作品を中心に展示。
遠くに比叡山・比良山を仰ぎ、目前に琵琶湖をのぞむ風光明媚な地にあり、
敷地の大部分を占める水庭に浮かぶようにたたずむ3棟の建物は、四季のうつろいのなかで、さまざまな表情を見せます。 自然美との調和にも配慮されたその建築美は多方面で高い評価を得ている。(佐川美術館HPより引用改変)




学芸員さんに撮影についてお伺いすると、「ホールや廊下など、展示室以外はどうぞ!」でした♪
FotoJet2017さがわ

庭とホールの作品です。
↓佐藤忠良作 「蝦夷鹿」 1971年
IMG_3606 20171121

↓前田精史作 「水景ーSAGAWAー」2017年 (部分)
IMG_3691 20171121


風景と作品が静かな調和をなしています。
↓佐藤忠良作 「冬の像」
IMG_3698 20171121


水庭がつくったヒトと建物の表情
IMG_3620 20171121

IMG_3704 20171121

水の中を歩いてるようにも見えて、、、萌えました(笑)
IMG_3630 20171121



特別展「百花繚乱 浮世絵十人絵師展」、
日本画家の平山郁夫氏、彫刻家の佐藤忠良氏、陶芸家の樂吉左衞門氏の作品については、
佐川美術館HPの「展覧会」➝コチラでごらんくださいね。


どの作品も心に響く作品であったけれど、私には特別な出会いがありました。
↓今年の春に、写真教室の友人がくださった図録です。
IMG_1267.jpg

心惹かれ、付箋を挟んでいた作品が目の前にありました!

「平和の祈り -サラエボ戦跡-」平山郁夫
「ビルが崩壊するなど戦争の傷跡が生々しいサラエボの広場でスケッチをしていると、子どもたちが集まってきたという。その子どもたちの明るい表情と純真な瞳に未来への希望を感じ、「平和の祈り」を描きあげた。」


廃校となった前山の子供たち、
学校でイジメにあい、きめ細やかな教育をうけるために遠いところから通って来ている子供、
いろんな事情を抱えた子供たちの笑顔を描きたいと思うきっかけとなった作品です。
結局、その時は日本画の先生の反対で叶いませんでした。
その作品を前にして、また描こうと思いました。

ネットで作品画像と面白い感想を見つけましたよ!➝コチラ


半日以上かけたのに、楽しくて、ゆっくり作品をみすぎてバスに乗り遅れ、
タクシーで「守山駅」へ向かいました(^^;
守山駅からは琵琶湖線の列車にのり、宿泊地の「彦根」着です

つづく



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます
予告バナーは「ひこにゃん」(^^)/


 
<関連記事>