むれ源平「石あかりロード」2017 (1)

写真日記
09 /17 2017
IMG_212620170915b.jpg
撮影のご了解をいただいています♪


夏空にはしる 果てしなき夢
流星がごとく 石あかり照らす

          (むれ源平石あかりロード実行委員会作成のロードマップから)


いつでも行けるからと行ってなかったむれ源平「石あかりロード」
会期終了間際になって、歩いてきました。
昨日で終了です。記事が遅くなりm(__)m

IMG_200920170915.jpg
点灯時間は、夕暮れ時から21時30分まで
開催場所は、「コトデン八栗駅」から
IMG_0852.jpg
「源平史跡 駒立岩・祈り岩」まで約1kmの旧庵治街道沿いです。
IMG_0851.jpg
↑マップはクリックで大きくなります。石材店がいっぱいあります♪

香川県高松市牟礼町は、御影石のダイアモンドと言われている世界一高価な花崗岩“庵治石(あじいし)”の産地として有名です。また、この庵治石が採れる山の麓には、隣町の庵治町とあわせ約250軒の石材店が軒を連ね、今でも“日本一の石材産地”として頑張っています。
そんな“石の町・牟礼町”には、源平屋島合戦(1185年)の史跡が数多く残され、2005年に放映された「大河ドラマ・義経」の影響で脚光を浴びました。
2004年4月、当時の町長の呼びかけによって、牟礼町をもっと元気な町にするための「むれ源平まちづくり協議会」が発足しました。「大河ドラマ・義経」の屋島合戦シーンの放映日が近づき、源平史跡をライトアップしようという企画がでました。
ただ、史跡と史跡は少し離れていて、ライトアップしても人は歩いてくれないだろう・・・
そこで史跡と史跡をつなぐために、石あかりを間に設置して点と点を線で結ぶアイデアがだされました。
これが「石あかりロード」です。(引用➝★


この記事を書くまで「源平史跡 駒立岩・祈り岩」なんてことも知らなかったので、見に行ってはいません(^^;

IMG_201620170915.jpg
↑石材店前の作品は、「作品名:孔雀 出展者:岡本俊之 作品価格:60000円」


IMG_204120170915.jpg

IMG_208520170915b.jpg
↑「作品名:石たろう 出展者:伏石康宏 作品価格:150000円」
来場者の投票で決まる石あかりコンテストで2位の作品です。


IMG_203120170915a.jpg

IMG_204220170915a.jpg

もう少し歩きましょう

つづく



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村 ありがとうございます!
バナーは石あかり案内所

 
<関連記事>