デッサンLesson 29 「薪とナプキン」 (付:香川漆芸の魅力世界へ)

素描
09 /21 2017
香川県三木町にあるサンサン館みきのデッサン教室の120分(ホームページは➡こちら)
今回のモチーフは「薪とナプキン」
薪は先生のご主人(陶芸家)が、窯で使ってる薪です。
IMG_0771.jpg

IMG_0769.jpg


さいごに
先生「(構図の)上が空きすぎかな、、、。影が面白いので、上はギリギリでいい。
    人物クロッキーでも、みんな上が空く傾向がある。」


デッサン教室の先生は漆芸家です。
2017年9月15日(金曜日)の四国新聞の一面に先生のお名前を見つけました(^^)/
IMG_0871.jpg

香川漆芸とイタリアの高級靴ブランド「セルジオ・ロッシ」がコラボした限定商品で、
ハイヒールに漆芸の技術を生かした装飾がほどこされているそうです♪
コラボに参加したのは、人間国宝の山下義人さんと若手作家8人。
若手作家のひとりがデッサン教室の先生、浅野絵梨さんです。

10月1日発売の「家庭画報 11月号」に靴が掲載されますので、
機会がありましたらご覧くださいね


デッサン記事にいつも添えている花の写真
今回はコスモスを♪
IMG_683320170919.jpg

白のコスモスの花言葉は「優美・美麗・純潔」


さぬき市多和の仕事帰り、旧多和小学校の建物「天体望遠鏡博物館」の横で風に揺れていました。
「コスモス(cosmos)」には「宇宙」という意味があるので、星をみる建物にはぴったりの花でした


IMG_683120170919.jpg
撮影日時 2017/09/19






にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ さぬき情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます

 
<関連記事>

むれ源平「石あかりロード」2017 (2)

写真日記
09 /19 2017

201700002772a0916.jpg
石あかりコンテスト1位の「おでかけ月うさぎ」  


むれ源平「石あかりロード」の後編です♪

開催場所は、「コトデン八栗駅」から
「源平史跡 駒立岩・祈り岩」まで約1kmの旧庵治街道沿いです。
IMG_0852.jpg


↓企画展示「ゆめのたね」
 アキホ・タタさん制作の石あかり“ファンタジア”シリーズと牟礼北小学校6年生3名のデザイン画をもとに製作した石あかり
2017091602.jpg

↓かわいいワンちゃんに会ったので「撮ってもいいですか?」というと、
 「じゃ、ここを一まわりしますね」と言ってわざわざ歩いてくださったんですが、
2秒タイマーにしていたのを治したりして慌てて撮ると、ピンボケでした( ノД`)
さすがに厚かましくもう一回とは頼めませんでした(-_-;)
とても綺麗で優しい女性でした♪
ありがとうございましたm(__)m
201700002762a0916.jpg


源平屋島合戦(1185年)の史跡と史跡をつなぐための「石あかり」
20170916.jpg

このイベントの面白いところは、石あかりを販売しているところです。
墓石には中国の安い石が入るようになって、世界一高価な最高級石材である「庵治石」の需要が減りました。
石の彫刻作品で新たな道を開拓し、石工職人さんのモチベーションも上がっているそうです。
収入がなければ、良い技術も育ちませんよね。
↓会場でいただいたパンフレットには作品価格を明示し、販売されています♪
IMG_0853.jpg


冒頭の「おでかけ月うさぎ」は、  出展者:坂本英之  作品価格:150000円
↓大きさは、どの作品も玄関先にぴったりのサイズになっていました♪
IMG_208820170916.jpg


IMG_202720170916.jpg
↑作品名「clover」  出展者:国広 善康   作品価格:75000円


IMG_207820170916.jpg
↑作品名「たぬきの山」  出展者:山田浩之   作品価格:180000円

YouTubeに山田浩之さんが制作している動画をみつけました♪




帰ってパンフレットをゆっくり見ると
懐中電灯をご持参ください。石あかりが2倍楽しめます!!
と書いてありました。
あれば作品へのスポットライトにもなりますね(^^)/

IMG_211620170916.jpg

来年は懐中電灯を持って、
源平の史跡も訪ねたいと思います
次回は、また来年(^^♪



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます

 
<関連記事>

むれ源平「石あかりロード」2017 (1)

写真日記
09 /17 2017
IMG_212620170915b.jpg
撮影のご了解をいただいています♪


夏空にはしる 果てしなき夢
流星がごとく 石あかり照らす

          (むれ源平石あかりロード実行委員会作成のロードマップから)


いつでも行けるからと行ってなかったむれ源平「石あかりロード」
会期終了間際になって、歩いてきました。
昨日で終了です。記事が遅くなりm(__)m

IMG_200920170915.jpg
点灯時間は、夕暮れ時から21時30分まで
開催場所は、「コトデン八栗駅」から
IMG_0852.jpg
「源平史跡 駒立岩・祈り岩」まで約1kmの旧庵治街道沿いです。
IMG_0851.jpg
↑マップはクリックで大きくなります。石材店がいっぱいあります♪

香川県高松市牟礼町は、御影石のダイアモンドと言われている世界一高価な花崗岩“庵治石(あじいし)”の産地として有名です。また、この庵治石が採れる山の麓には、隣町の庵治町とあわせ約250軒の石材店が軒を連ね、今でも“日本一の石材産地”として頑張っています。
そんな“石の町・牟礼町”には、源平屋島合戦(1185年)の史跡が数多く残され、2005年に放映された「大河ドラマ・義経」の影響で脚光を浴びました。
2004年4月、当時の町長の呼びかけによって、牟礼町をもっと元気な町にするための「むれ源平まちづくり協議会」が発足しました。「大河ドラマ・義経」の屋島合戦シーンの放映日が近づき、源平史跡をライトアップしようという企画がでました。
ただ、史跡と史跡は少し離れていて、ライトアップしても人は歩いてくれないだろう・・・
そこで史跡と史跡をつなぐために、石あかりを間に設置して点と点を線で結ぶアイデアがだされました。
これが「石あかりロード」です。(引用➝★


この記事を書くまで「源平史跡 駒立岩・祈り岩」なんてことも知らなかったので、見に行ってはいません(^^;

IMG_201620170915.jpg
↑石材店前の作品は、「作品名:孔雀 出展者:岡本俊之 作品価格:60000円」


IMG_204120170915.jpg

IMG_208520170915b.jpg
↑「作品名:石たろう 出展者:伏石康宏 作品価格:150000円」
来場者の投票で決まる石あかりコンテストで2位の作品です。


IMG_203120170915a.jpg

IMG_204220170915a.jpg

もう少し歩きましょう

つづく



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村 ありがとうございます!
バナーは石あかり案内所

 
<関連記事>

一年ぶりに、姉と写真展めぐり (おまけ:日本のウユニ塩湖)

お姉ちゃんからの元気通信
09 /15 2017
DSCN233620170914a.jpg
撮影者:植村好治  作品左:「渓音響く」 岡山県真庭市 、作品右:「奇巌秋陽」 高知県津野町



今回の「お姉ちゃんからの元気通信」は実録です(^^)/
香川に帰ってきた姉と、一年ぶりに写真展めぐりをしました♪


一日目は、松本さんに会いに”カフェ・セゾン”へ
◆【世界いろいろ写真展】
会期:9/1(金)~9/30(土)月・火曜休み
会場:さぬき市「カフェ・セゾン」➝地図
IMG_20170901_0001.jpg
写真展の様子は「こちら」でどうぞ


二日目は、氏家先生に会えるかなっと、私にとっては初めての遠出となる”観音寺市”へ
◆【氏家圭三と写団“ひうちなだ”写真展】
会期:9/10(日)~9/17(日)
会場:観音寺市共同福祉施設➝地図
(観音寺市中央公民館横)
IMG_20170818_0004.jpg

そんな~まさかの「休館日」でした
DMにもポスターにも赤字で真ん中に「ただし11日は休館日のためお休み」って書いていました(泣)
で、会場前の風景だけm(__)m
IMG_081520170903.jpg
反省して、ブログでのお知らせにも休館日を入れることにしました(#^.^#)


三日目は、姉がしていた写真ギャラリーカフェのスタッフだったMさん、Aさんや、昔からの友達に会いに高松へ


四日目は、植村先生にも会えるかなっと、
◆【さぬき市写真サークル 第16回作品展】
会期:9/12(火)~9/24(日)月曜休み
会場:さぬき市「21世紀館さんがわ」➝地図
IMG_20170818_0003.jpg

展示は、会員さんの「さぬき市美術展の入賞作品5点」を含めて全66点です。
IMG_20170913_0001.jpg
↑クリックで拡大します


撮影掲載OKでしたので、知人の作品をお届けしますね♪
植村先生の作品は四季をテーマした4作品。冒頭の画像は夏と秋の作品です。

20170914さぬきし写真サーク


↓「夕映え 2」  撮影地:三木町  撮影者:住田 正二三
 『タバコ畑のトンネル』
DSCN234120170914.jpg


↓「ホタルの絨毯」  撮影地:岡山県新見市  撮影者:松本 省五
 『山中に生息する姫ボタルを約1時間重ねて撮影しました』
DSCN2350_edited-1.jpg


↓「赤い羽衣海峡」  撮影地:徳島県鳴門市  撮影者:木村 真司
 『秋口の鳴門公園からの朝』
DSCN234620170914a.jpg



みていると、氏家先生が来られ両先生が姉に
「一緒に写真撮ろう」と言ってくださって、私が記念写真を撮りました♪
両先生に写真をお渡しするのかと思うと、めちゃくちゃ緊張してスマホのシャッターを切りました(笑)

氏家先生が指導されている【氏家圭三と写団“ひうちなだ”写真展】の会期は9/17(日)まで
植村先生が指導されている【さぬき市写真サークル 第16回作品展】の会期は9/24(日)まで
カフェ・セゾン【世界いろいろ写真展】の会期は9/30(土)までです。
お近くの方はぜひご覧くださいね♪


写真展の帰りに高速のバス停に寄って、姉を見送りました
また写真展に行こうね~


〈おまけ〉
香川に来るときは同居している次女家族が車で送ってきたのですが、
次女家族は「南米に行くより近いから父母ケ浜に行く」と言って、夜には画像が送られてきました。
↓日本のウユニ塩湖です♪
IMG_082620170914a.jpg
干潮時の風のない時には、水面が鏡のようになり夕空や人が映り込みます。
モデルは姉の孫っちのT君

テレビで放映されて、9/8〜9/10には、3日間で約2千人もの方が父母ヶ浜を訪れてたそうです。
たくさんの人で大変かなっと思いましたが、父母ヶ浜の海岸清掃を20年以上続けてきた【ちちぶの会】の方はこう言っています。
『私達が守ってきた父母ヶ浜に、大勢の人が来てくれて、こんなに嬉しいことはない。
私達の誇りの場所を全国へ広めてくれてありがとう。』
と、
昔、この父母ヶ浜を埋立地にするという話があった時、このきれいな海を守りたいとみんなが反対したのだそうです。
(香川県三豊市観光案内所さんのFBから)
姪っ子からの写真から、良いお話をききました♪

(参考)父母ヶ浜 絶景フォトの撮り方!、見ごろ予想➝こちら


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
ありがとうございます
バナーは高松町にある姉の家の「萩」です


 
<関連記事>

NHKカルチャー 植村クラス 写真展♪

作品展のご案内
09 /13 2017
abcMG_0796_edited-1.jpg

NHKカルチャー 植村クラスの写真展をJR高松駅の中の
COM高松3F のNHKカルチャー高松教室で開催しています。
金曜教室➝こちら、土曜教室➝こちらから各自1点
前期は風景写真(終了m(__)m)、後期はスナップ約20点です。
作品は、今年2月の瓦町FLAGでの展示作品なのですが、新作の展示もあります。


冒頭の作品は、
さぬき市多和で同じようにボランティアしていることからブロ友となり、
やがて写真教室のクラスメートとなった
ブログ「高松の素敵な風情 四季の高松」のasuka hazimeさん(➝こちら)の作品です♪

アメリカ皆既日食の、欠け始めた太陽から皆既日食のコロナ、ダイヤモンドリング、そして再び輝きを増していくまでの太陽の変化です。

欠け始めから太陽の姿が完全に現れるまで2時間40分、太陽が月に完全に隠れる皆既日食が2分17秒、さまざまの姿に変化する太陽には感動的なドラマがありました。


お聞きすると1/2000秒で撮った写真を重ねるのだそうです(@_@)


201709092146.jpg


講師の植村先生は、「輝く波紋」(上段右)
うまく撮れなかったので
お詫びに先生が撮影された「四国電力広報誌『ライト&ライフ』8月号」の表紙写真をどうぞ(9月号は→こちら
IMG_0685.jpg



高松駅は この日も慌ただしく ひとびとは足早にすれ違っていました
それぞれの道を急いで

もし足をとめる時間がございましたら 高松駅構内のCOM高松3Fでごらんくださいね




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます

バナーは「E.T.の公開35周年記念ぬいぐるみ」
お尻には限定生産の証明としてシリアルナンバーが1点ずつに刺繍されています。
今日は娘の誕生日
お友達からのプレゼントです♪

「E.T.は宇宙船に乗り込む。離陸した宇宙船が見えなくなった後、空に美しい虹がかかるのであった。」(Wikipediaのストーリーから)

たしか娘は、小学校の卒業文集の「好きなこと」の欄に、
「空をみること」
と書いていました。

皆既日食の作品をみながら、
大人になっても心には 
少年・少女のまま変わらないものがあるのだと思いました♪
それは とても素敵なことですよね


 
<関連記事>