デッサンLesson 18 「模写」 19「トマト、新豆」 (付:お姉ちゃんからの元気通信)

素描
05 /18 2017
2017000021210517.jpg
デッサンLesson 19「トマト、新豆」 

学んだことは、球体の陰と影
明るい面と暗い面の境界線(トマトがいちばん手前に張り出してる部分)は濃い目に
台からの反射光が当たってる部分(トマトの下の部分)はやや明るく
影はマットなのでH系鉛筆画が扱いやすい


2017000021220517.jpg
デッサンLesson 18 「模写」 

安井曾太郎 デッサンの模写です。

安井曾太郎 やすい-そうたろう

1888-1955 大正-昭和時代の洋画家。
明治21年5月17日生まれ。聖護院(しょうごいん)洋画研究所で浅井忠(ちゅう)に,パリでJ.ローランスにまなぶ。帰国後の大正4年二科展で注目され会員となる。独自の写実様式を確立し,梅原竜三郎とともに一時代を画す。昭和10年帝国美術院会員。11年一水会を創立。19年東京美術学校(現東京芸大)教授。27年文化勲章。昭和30年12月14日死去。67歳。京都出身。代表作に「婦人像」「金蓉(きんよう)」など。
【格言など】まだ描き足りないけれど,これ以上どうしようもない(遺作となる絵を前に病床で)
出典:講談社デジタル版  日本人名大辞典+Plus


私は美術の知識がほとんどないので、安井曾太郎氏がデッサンの神様と呼ばれてることを今まで知りませんでした(^_^;)
苦手な模写が久しぶりに楽しかったです♪
ヤフーで「安井曾太郎 デッサン」で検索するとデッサン画像がでてきます➡こちら



2017/5/16 三田市の姉から「ツツジ第二弾!」
「20日と21日にガーデニングフェスティバルがあり一般の家の庭の中も見せてくれる家があるそうです😄」
ガーデニングフェスティバルの詳細は➡こちら
2017000021180517.jpg

「水辺の花も咲き始めました♪」
2017000021190517.jpg

2017000021200517.jpg




私が三田市に行った5月5日の朝は一輪だけ咲いていました。
花って、あっという間ですね!
2017000021150517.jpg

「花の命は短くて苦しきことのみ多かりき」は林 芙美子さんが色紙などに好んで書いた短詩ですが、
この短詩は、
 「花のいのちはみじかくて
 苦しきことのみ多かれど
 風も吹くなり
 雲も光るなり」
と続きます。

風も吹くなり、雲も光るなり
風も吹くなり、雲も光るなり
風も吹くなり、雲も光るなり
爽やかな5月にリフレインしてみました♪



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
ありがとうございます
バナーは姉の初孫(3歳)



 
<関連記事>