デッサンLesson 16 「ティッシュ」 、春の遠足は「クロスポイント展」♪♪♪

素描
04 /20 2017
IMG_0124.jpg

浅野絵莉先生のデッサン講座、4月初日には新しい受講生が5名♪ 私まで少し緊張したようで、うまく描けませんでした(^_^;)


4月第3週のデッサン講座はお休みなので、教室から出て
2つのデッサン講座合同の「春の遠足」です

行き先は、
「香川のアート20人 クロスポイント 交差する視線 20の表現 」
香川県立ミュージアム
IMG_20170419_0001.jpg


少し前の新聞に、年度末で定年を迎えられた県立ミュージアム主任専門学芸員の田口慶太さんの記事がありました。
この「クロスポイント展」は学芸員生活の集大成で、県ゆかりの現存作家20人を選んで紹介する試みだそうです。
「今を生きる作家を広く紹介するのも学芸員の役割」と熱く語っておられました。


[20名の出品作家]  作品は、➡こちら
 絵画/イワサトミキ、岡田真宏、藏本秀彦、西村記人、依田順子、依田洋一朗
 立体/稲崎栄利子、大島よしふみ、さとうゆうじ、亀井洋一郎、田淵太郎、
    辻野榮一、野口哲哉、筆塚稔尚
 インスタレーション/カミイケタクヤ、長野由美、松田有生、山端篤史
 写真/山本糾
 映像/得丸成人



陶芸家の田淵太郎さんは先生の夫君
先生の一押しの作家さんは、香川では有名でないけど稲崎栄利子さんなんだとか。
制作のお話しについても詳しく解説していただきました。
(ここの学芸員さんは小声で作品について話すぶんには注意されません。)

インスタレーションの長野由美さん、山端篤史さんの作品は、
2013年と2015年の「Art at the Temple 善通寺」➡こちら
2016年の「Art Summit On the 御山 2nd」➡こちら
とみてきたので、探すと
学芸員さんが、長野さんの作品は撮影OKですよと教えてくれました(^^)/


↓「Library Jack!」 長野由美
 『静寂とした図書館に 突如卵が現れる
  ・・・・(中略)・・・・出てきた卵は何処に行き何がしたいのか?』

2017000019350418.jpg
註:展示場所が1階の図書館、ピアノ奥の立体はイサム・ノグチの「アーケイック」

2017000019300418.jpg


写真を撮ってると、さっきの学芸員さんがきて窓の外の街路樹を指さし、
「あの木にも卵がいます。みえますか?」

↓あっ、いる!!!
2017000019310418.jpg
↓ 「こっち見てる~」
2017000019390418.jpg


会期は、4/15~6/4です。
お近くの方はぜひ、ご覧ください。

想像の翼が軽々と広がっていくようでした
作品には作家さんからのメッセージが添えられていますから「?」はないですよ(^^)/

本展では、彼らの創作活動をひとつの共通項で括るのではなく、20人の20通りの表現が一堂に会すことで「表現」の多様性や可能性を示します。それは、現代をめぐる混沌とした状況を読み解くための新たな視座を得るきっかけともなるでしょう。
(香川県立ミュージアムのHPから)




↓「震海」 カミイケタクヤ (素材:船、鉄)
2017000019340418.jpg


春の遠足は、内町「HONEYCOMB CAFE」のランチで交流会をしておわりました♪



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます

 
<関連記事>