北浜アリーの「206 (TSU MA MU)」へ

写真日記
04 /13 2017

2017000018790412.jpg
2017/3/23


今日は、姉のお店のブログを手伝っていた時には書かなかった「食べ物ブログ」です(^^)/

「キッシュ専門店 206 TSU MA MU (つまむ) 」

高松港海沿いの古い倉庫を改築して建てられた「北浜アリー」
娘のおすすめが、北浜アリーの一角にある、とても美味しいキッシュのお店です♪

2017000018890412.jpg


入口のボードには、

OPEN キッシュが焼け次第
CLOSE なくなり次第
定休日 不定期

と書いています(@_@)

お店は女性でいっぱい!
キッシュは常時20種類以上、焼き菓子はカヌレドボルドーやガトーバスクなどだそうですが、
さすが、キッシュはどんどんと売れて、なくなっていってました。
2017000018860412.jpg


↓お洒落な店内はフォトジェニックなモチーフがたくさん
  私 『写真撮っていいですか?』とお聞きすると、
  お店の方 『もちろんです』と言ってくださいました  (感じいい~♪)
2017000018810412.jpg

2017000018880412.jpg


↓娘はお気に入りの単焦点レンズで撮っています
(私からお下がりのEOS-M、モニターが見えずに困ってる(^_^;))
2017000018900412.jpg


北浜アリーはカメラ女子に人気のスポット
↓この方も(笑)
2017000018920412.jpg


素敵な方達と、ここでスケッチをしたこともあったなぁ~♪


でも『キッシュって何?』って思っていませんか?
私がそうでしたから(笑)

キッシュは簡単に言ってしまうなら「塩味のパイ」。もとはフランスのアルザス・ロレーヌ地方の家庭料理でした。キッシュが誕生したのは16世紀半ば。パートブリゼと呼ばれる生地の中に、野菜な肉・魚などの具材を入れ、そこにアパレイユ(卵と乳製品を混ぜたもの)を流し込み、チーズをのせて焼き上げる料理がそう名づけられるようになりました。ローレル地方はドイツと隣接する地域であり、キッシュ(quiche)という語はドイツ語のクーヘン(kuchen=お菓子)に由来したといわれています。(引用➡★



私はかきと貝
美味しかった~♪

行きたくなった方は「206 (TSU MA MU)」のホームページをごらんくださいね➡こちら



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます

 
<関連記事>