写真展を終えて

香川写好クラブ
02 /20 2017

高松市美術館にて、佐藤忠良作

写真教室・写真展の当番の日、
友人から出展しているからとのご案内があったので、先に「日本墨彩画院展」を観るために高松市美術館へ、
2階までのスロープにあった作品を見上げるとプレートに「佐藤忠良」の名前をみつけました(^^♪
201700001596201702191024.jpg

佐藤 忠良(さとう ちゅうりょう、1912年7月4日 - 2011年3月30日[1])は日本の彫刻家。
新制作協会彫刻部創立会員。生き生きとした女性像などをブロンズや木彫で表現した。福音館書店版の絵本『おおきなかぶ』の挿絵なども手がけた。桑沢洋子の親友でもあり、教育者として東京造形大学において創立より多数の後進の教育に携わった。女優の佐藤オリヱは娘。(Wikipediaから)

佐藤忠良氏のデッサン➡★




墨彩画作品からも沢山の刺激をいただき、満たされた気持ちのまま
「香川写好クラブ 第5回写真展」高松市:瓦町FLAG 6F「カワラボ」へ

IMG_20170409_0001.jpg
スクラップしていたので2穴のあとがありますm(__)m


同期の作品をコラージュで、
三人は入って2年3ケ月なりました。

2017瓦町フラッグ2


先輩のは公募展に出すかもしれないので掲載はごめんなさい。
(グループ展での発表は未発表扱いとなることもあるそうなので遠慮しました)

先生からは了解をいただきました~(^^)/
↓「彩流」  撮影地:愛媛県久万高原町  撮影者:植村好治
201700001594.jpg


私  「綺麗な黄色い色はなにですか?」
先生 「説明したやろ~(笑)」
私  「えっー(@_@)」
先生 「街灯の映り込み!」

あ~あ~、講義をしっかり聞いてないのが、ここで露呈してしまいました(^_^;)

反省して、「2018年に向けスタートします宣言」です(笑)


楽しいおまけも
受付に座ってると目の前でアクリル玉を扱う楽しい人に出会いました♪
DSCN133720170219.jpg

作品の前でとのリクエストのも快く応じてくださって♪(感謝!)
201700001595201702191024.jpg



2017年「香川写好クラブ 第5回写真展」も無事終了しました。

瓦町フラッグのイベントスペースでははじめての写真展
17時すぎ、いつもの写真展では見ることのない高校生や若い仕事帰りの人が足を止めてくれたことに、新鮮な喜びがありました。
(金曜日の夜に瓦町フラッグ外にできていた長い列は、B'zの稲葉さんのライブです(笑))
観に来てくださった皆様ありがとうございました

きんちゃん(記事は➡こちら) ありがとうございました
Tazumichiさん(記事は➡こちら) ありがとうございました
ASUKAさん(記事は➡こちら) お疲れさまです!


応援してくださった皆様、ありがとうございました



ありがとうございます

 
<関連記事>