あの写真がやってきた!

写真日記
02 /03 2017
NPOでお手伝いしているへき地の職場に、あの写真がやってきました!
正しくはやってきたでなくて、姉からもらってきましたです(笑)
(作家さんから姉へのプレゼントでしたが、沢山の方にみていただくのがよいということで、作家さんの了解もいただきました)
20170117_122856_edited-1.jpg

飾ると気持ちまで明るくなる写真に、いい写真というのはこういうのだなと思いました。
沢山の方を癒してくれそうです♪

第78回県展 県知事賞受賞作品
「誘われて」  
撮影場所:香川県津田海岸
撮影者:住田正二三


四国新聞に、撮影場所「津田の松原たこ揚げ大会」のお知らせがありました!
2月5日 午前9時から午後2時ごろまで
津田の松原海水浴場
県内外の愛好家約70人が自慢♪たこを持ち寄って揚げるほか、地元の園児たちが手作りのたこを飛ばす。
飛び入り参加も可能




この職場の横には、管理している担当者が変わり伐採を免れた「老いた桜の樹」があります。
先日、その枝が切り取られてしまいました。

201700001561.jpg

201700001562.jpg

ここは閉鎖された保育所を改装した建物で、
昨年は雨漏りがつづき、屋根までせり出したこの木の落ち葉が原因となっていたからのようです。

私がいつも桜の樹を撮っていたのを知っている事務の方が
無残な姿に「ショックを受けないかな~」と心配してくださいましたが、
私は大丈夫でした。

桜の樹がもう弱っていたのを実感していたからです。
「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」と言われていますが、生まれ変わるために、桜も剪定が必要です。
(参考:「このはなさくや図鑑」➡こちら


最近は、いろんな意味で「捨てる勇気」が必要なことを実感しています
そうすることで
まだまだ綺麗な花をさかせることができると

↓2016年春
20160411000001020329.jpg

IMG_188720160412.jpg


2017年の桜も きっと お届けしますね



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
ありがとうございます
職場近くの大窪寺にて
子どもを抱いてる若いお母さんに会いました
周りには誰もいません
母子だけです
抱える姿がとても一生懸命で、印象に残りました
 
<関連記事>