さぬき写真作家クラブ 写真展「庵治石に生きる」のお知らせ

作品展のご案内
08 /20 2016
IMG_20160713_00012.jpg


写真で表現するひとを
プロ(写真で収益を得る人)は「写真家」と呼び
アマチュアは「写真愛好家」と呼ぶそうです。

私はこの呼び方にずっと違和感を感じていました。
プロとアマで線引きすることの曖昧さと不条理をずっと感じていたからです。

写真展に行くようになってまだ日は短いですが、
香川県でアマチュア写真家が自らを「写真作家」と呼ぶ写真展ははじめてです。

これまで高本晃さん、清水邦計さん、住田正二三さんの作品をみさせていただき、写真への志の高さをみていました。
それだけに「写真作家」と自らを呼び、追い込むことで、
写真表現で『自身の思想、哲学といったものを、観る者に伝達する』意思を強く感じました。


庵治石は、香川県高松市の庵治町と牟礼町にまたがる五剣山という山の丁場(採石場)から採れる石です。
日本三大花崗岩の一つとしても知られ、今では、世界でも花崗岩のダイヤと呼ばれて高く評価されている石材です。きめ細かな地肌であるがゆえに風化に強く、磨けば磨くほど艶を増していきます。


今回の写真展は山の丁場(採石場)に1年以上前から通って撮った作品です。

清水さん、住田さんは、お二人とも県展での最高賞の県知事賞をはじめ数々の受賞歴がありますし、高本さんは、草土会などラジカルな写真表現活動をされています。
お近くの方は、ぜひ、ご覧ください






我が家では、加工の時にできた切れ端の庵治石を鍋敷きとしてずっと使っています。
現在「思可牟展」が開催されている「高松市石の民俗資料館」で、お土産物として売っていました(^^)/
きめ細かな地肌です!
DPP_201608190001.jpg





 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!

 
<関連記事>