「私もあなたも琳派?!」

未分類
11 /05 2015
香川県美術展覧会(県展)は、全国でも最も長い歴史を誇る県主催の公募展です。

第1回目(昭和9年)の県展にあたる「香川県美術綜合展覧会」は、当時、帝展に活躍する洋画家小林萬吾、フランスで学んだ彫刻家藤川勇造など中央美術界で活躍する香川出身の美術家たちが、郷土での美術展覧会の開催に声をあげて始まったそうです。

先日、「県展80周年記念展」の
★ワークショップ「私もあなたも琳派?!―伝統画材で小品をつくります」 
のお誘いがあり、県立ミュージアムに行ってきました。
IMG_25012015.jpg


講師の先生は、
高橋 フクヱ氏 ・妻鳥 健氏 ・須和 千晴氏

定員:中学生以上20名
参加料:500円

画材(筆、岩絵具)は妻鳥先生を中心に準備してくださっていて、金の色紙に琳派の作品の一部を模写します。
初めての方、外国の方も参加されています。

はじめに高橋 フクヱ先生から日本の絵画の歴史の講義があり、線描、空間の美、西洋と異なる歴史を学びました。

今回の課題
IMG_26682015.jpg

真ん中の梅は"尾形光琳 紅白梅図屏風"の梅の一部です。右の隅。

尾形光琳 紅白梅図屏風
(パブリックドメイン:著作物や発明などの知的創作物について、知的財産権が発生していない状態又は消滅した状態)


20151031_100149.jpg


管理人は鶴を模写♪ 面白かった~♪
IMG_26612015.jpg

高橋先生からは、
模写することで作者の表現をより理解できることがあるので、写生の合間に時々模写するのが良いことも教えていただきました。
例えば中島千波の牡丹の絵は、写生ではありえない葉を描いて表現している。


「県展80周年記念展」は11月29日(日)まで、
休館日:月曜日(ただし、11月23日(月・祝)は開館し、代わって11月24日(火)を休館)>
今回の講師の先生の一押しの力作も展示されています。

「県展80周年記念展」の「書・彫刻のワークショップ」は追加募集中です。
詳しくは→こちらからどうぞ♪

 
<関連記事>