つばめ <どよご?> 

写真日記
07 /18 2019
IMG_682120190716 fs
撮影日時 2019/07/16



どよごやな (^^)」
「ど・よ・ご?」
「土用の頃に飛んでるツバメ」 

NPOの仕事でさぬき市多和に行くと、たくさんのツバメが飛んでいました!!
たぶん若いツバメたちが餌捕りの練習をしてるのだと思います(^^♪

↓まだ羽も生え変わっていない幼いツバメ達。
IMG_673620190716 fs
IMG_686420190716 fs

卵から雛が生まれて巣を離れるまでの期間は大体20日程度。なのでこれが巣立ちまでの期間になります。
ただ巣立ちをしてもしばらくは飛行もおぼつかないので親から餌をもらうことになります。電線など安全な場所に止まりながら、その様子を見て学び、子も餌の捕り方を覚えていきます。
そして巣を離れた雛鳥が自力で餌を捕れるようになるまでの期間は大体2週間程度です。なので実質的に自立という意味での巣立ちならば約1カ月ちょっとかかるということになります。(引用:ツバメ・スズメの生態 com.



住民の方が、「どよごやな、土用の頃に飛んでるツバメ (^^♪」と笑顔でおっしゃいました♪
あとでネットで調べても、どこにも「どよご」は出てきませんでした。
ここだけの方言のようですが、とても愛らしい呼び方です。

↓「天体望遠鏡博物館まえの電線で」天体望遠鏡がみえますか?
IMG_692320190716 fs


博物館のお隣の職場の軒下では子育て中です。
まだまだ小さな雛です♪
IMG_687620190716 fs
IMG_679820190716 fs
IMG_689520190716 fs

「ツバメが巣をつくると、その家に幸せがやって来る」という言い伝えがありますね
ここでこんなに沢山のツバメがみれるのは、ここが幸せの地だからなのでしょうね、、、

↓巣からはみでるくらい丸々としたこの子たちは、高速道路のSAで大事に守られていたツバメさんです。
職員さんがフンよけをダンボールで手作りされていました♪
IMG_654020190712 fs
撮影日時 2019/07/12



多和の子達ももうすぐ丸々と巣からはみ出るくらいになるはずです♪♪
来週にはもう巣立ってるかな〜

とくに巣立ちの後すぐに天敵(カラス、ネコ、ヘビなど)に襲われるケースが多く、生き残るのは全体の約13%ほどだそうです。まだこの時期は飛び方もおぼつかないので天敵の脅威から逃げ切るのが非常に困難なのです。
逆にいえば運よく天敵にも襲われずに、元気に成鳥まで育った個体に関しては5年、7年とそれなりに長生きすることがわかっています。10年以上生きる個体も確認されているそうです。


Good luck は「幸運を祈る」とよく直訳で表されますが、ネイティブ間では日本語の「がんばれ」という意味合いの方が近いようです。
だから ツバメ君たちに心をこめて

Good luck!


にほんブログ村に参加中 ↓よろしければ、応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村

 

-習作- 蜘蛛の糸

写真日記
07 /16 2019
IMG_818620190715-FS.jpg
撮影日時 2019/07/15 12:23:44



写真教室には、歳下なのですが教室では先輩の、蜘蛛を撮る達人がいます(^^♪

先日、先生に虹色の蜘蛛の糸が撮れるのは、
風で揺らぐ時だと教えていただきました。
でも高い所は怖いから、先輩のように脚立に上がるのは無理です、、、、

梅雨の合間、ふと窓の外をみると蜘蛛の糸が光って揺らいでいます!!
庭の石のテーブルに上がるくらいなら、私でも大丈夫そうです♪

IMG_821920190715 fs2

背景を整理しようと、車の中の黒いサンシェードを後ろに置こうとしたら、糸がちぎれて悲惨なことになりました(^^;

蜘蛛の糸は取らずにいるので、
もう少し揺れる日にまた撮ってみようと思います!

雨の日は、また雨の日でゴージャスです
IMG_7204b20190317fs.jpg



7月のカフェ・セゾンではその先輩が蜘蛛の作品を出展しています♪

◆フォトクラブ「六遊会」写真展7
会期:7/3〜7/31(月・火は定休日)
会場:さぬき市「カフェ・セゾン」
IMG_20190622_0001.jpg


クラスメイト達の素敵な作品がいっぱいでした。
大井鐵道、魔女の仕業、スター気分、光の協演、海山をわがもの顔に越える雲、、、、、


IMG_101120190714fs.jpg

この日は自分へのご褒美に、久しぶりにショートケーキ♪
もちろん月刊誌フォトコンで自習もしました。
6月号の特集は「写真が上手い人と 下手な人の 真実50」でした。

<条件>恵まれなくても何かをみつけようとする
<機材の操作>普段から触りなれておく
<被写体との関わり>何度も通う
<場所の下調べ>書籍やパンフレット、インターネットを活用して情報収集
<撮影枚数>無駄かもしれないと思うものにも 意欲的にシャッターを切る

(^^;



にほんブログ村に参加中 ↓よろしければ、応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
いつもありがとうございます

 

〜蓮の花が咲くため池〜(2) #チョウトンボ

写真日記
07 /14 2019
IMG_516420190704FSFS3.jpg
撮影日時 2019/07/04 9:36:05<トンボは同じ場所に戻ってくる!>



水の少ない香川はため池がとても多いのです。
ため池密度全国1位です(^^) 
今年は蓮をみに、2度も行きました♪

7/9の朝→〜蓮の花が咲くため池〜(1)

今日は、時間をさかのぼって、「もしかしたら咲いてるかな」と行った時のことです。
この地に来て何十年もたつのに、家事と仕事に追われて、ため池に咲く蓮のことを知ったのは数年前です。

咲いていました♪

↓私が暮らす街のため池
IMG_521720190704 fs

それもまだ蕾が多い♪♪
咲き始めの花はとても綺麗です。

IMG_520220190704 fs
IMG_519720190704 fs

↓「ブルゾンちえみ with B」風(^^♪
IMG_522520190704 fs


トンボも飛んできました♪
速い動きに弄ばれてしまいましたが、
<トンボは同じ場所に戻ってくる!>習性を思い出し、待って撮りました。
IMG_514820190704 fs

(訂正)7/16:当初「カラストンボ」正式名は「ハグロトンボ(羽黒蜻蛉、Calopteryx atrata)」と思っていましたが、ブログをみた方が珍しい「チョウトンボ」と教えてくださいました。
名前のとおりヒラヒラと蝶のように飛んでいました。
珍しいとお聞きしたので、私のブログにはあわないかなと掲載をみあわせていた交尾の写真を追加しました。
IMG_519220190704 fs



トンボは素早く飛び回り害虫を捕食し、また前にしか進まず退かないところから「不退転」の精神を表すものとして、「勝ち虫」とも呼ばれ、縁起の良い虫です。

先輩が、トンボを撮りたいならシャッター速度を2000くらいにして、ISOも昼間ならあげて大丈夫だと教えてくれました。(ありがとうございました!)

夏の季節のトンボ(夏季種)は、だいたい5月の終わりころに成虫が現れ早いものは7月中に、遅いものでは9月ころに姿を消してしまうトンボたちです。 (引用)


しばらく追いかけてみたいと思います♪



にほんブログ村に参加中 ↓よろしければ、応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村

いつもありがとうございます
週末の記事はコメント欄をお休みにしています♪
Enjoy your day!
 

〜蓮の花が咲くため池〜(1)

写真日記
07 /10 2019
IMG_623720190709 fs



「みろく公園の蓮は、猿にやられて全滅らしい、、、」

じゃ、近所のため池の蓮はどうなのかな、、、
水の少ない香川はため池がとても多いのです。
ため池密度全国1位です(^^) 

行ってみました!
「うわぁ〜きれい

写真を撮って友達にみてもらうと、「イイネ」と言われ、いい気になって2度も行きました♪


↓7/9の朝です。 直前まで小雨が降っていました。
IMG_613920190709 fs

↓綺麗な花には、蜂もたくさん来ています。
IMG_617920190709fs.jpg
IMG_630620190709fs.jpg

トンボは、何トンボでしょう
ホソミシオカラトンボかな???→「ここ」で調べました。

IMG_629020190709 fs
IMG_620420190709 fs


「雨がいいのよね〜」

私も成長しました(笑)


つづく



にほんブログ村に参加中 ↓よろしければ、応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村

 

はじめてのエアショー♪

写真日記
07 /08 2019
IMG_608520190706 fs



娘「家からサンポートがみえるから、エアショーがみれるかもしれんよ!」

高松市の夏の一大イベント「サンポート高松トライアスロン2019」が、7月6日(土曜日)・7日(日曜日)両日午前7時から開催されます!
大会初日の6日(土曜日)は、東京オリンピックに向けた代表選考に関わる重要な大会である「アジアカップ」が開催されます。
そのあと、スペシャルイベントとして、
「空のF1」とも呼ばれるレッドブル・エアレース世界選手権で、2017年の年間総合優勝に輝いた室屋義秀選手が、高松大会で2016年以来2度目の展示飛行を実施します。
6日午前11時30分から15分程度、エアショー(展示飛行)を披露し、大会に花を添えていただきます!(高松市HPより)



ある時から飛行機に乗るのが怖くなりましたが、みるのは好きです(^^♪

タムロンの18-400があるから、ダメモトで行きました。
シャッター速度1250にして、AFエリアは自動にしてみました。
待ってる間も、サンポート、お城、フェリー、コトデンのコラボに退屈はしません(^^♪
IMG_561720190706fs.jpg


きた〜  撮影日時:2019/07/06 11:34:43
IMG_566620190706 fs

15分間だけのショーなのでひたすら追って連射!!!
IMG_575920190706 fs
IMG_583520190706 fs
IMG_595120190706fs.jpg
IMG_602120190706 fs
IMG_605920190706 fs

ところが、、、残り数分というところで、
えーっメモリーがありません(@_@)
来る前にSDカードを空にするのを忘れていました、、、

古い画像を素早く削除しながらの撮影です。
私の方が、アクロバット撮影になってしまいました(^^;

IMG_611220190706 fs

最後に、飛行機と船のコラボも撮れ、はじめてのエアショーが終了!


今日の写真はショーの雰囲気を味わっていただくため、時系列に掲載しました。

「操縦技術世界一」になったパイロットの室屋 義秀(むろや よしひで、1973年1月27日 - )選手は、福島県福島市在住。
子供のころ抱いた「大空を自由に飛びたい」という想い。そこから室屋義秀さんの空への想いはスタートしたのだそうです。

自由に空をかける素晴らしいエアショーをみて、次回はもうちょっとしっかり撮れるようになりたいなと思いました。
室屋さん、また来てください!



にほんブログ村に参加中 ↓よろしければ、応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村