チョコレートで応援します!

写真日記
02 /10 2021
IMG_9762-2021-0209F.jpg




「今日のごはんは な~~に」はやとうりさんが、難民の子供達をチョコレートで応援できると教えてくれました!
世界の難民の子供たちに


瓦町フラッグからの帰りCOOPへ寄りました。
(高松市では、ペイペイを使うと2月末まで25%オフです♪)
「バレンタインデー」のセールをすりぬけ「明治ミルクチョコレート」の棚へ(^^)

パッケージには「おうち時間をハッピー&スイートに」の文字があります♪


わたしの最近の「おうち時間」は毎日庭に来るメジロ夫婦と過ごしています♪
木に刺したミカンにヒヨドリ君も来るようになり、
大きなヒヨドリが来ると、小さなメジロはすぐ生垣の中にかくれて、様子をうかがっています。

木の中はこの子たちの癒しの空間です♪

IMG_9116-2021-0130F.jpg


ここで問題です。どこにいるかわかりますか?
(2回クリックすると大きくなります。ヒントは中央(^^))
IMG_9355-2021-013f.jpg


友達が沢山届けてくれたミカンがなくなり、
スーパーでもみかんがだんだん減ってきています。
知人からは、ダイダイに砂糖をふって木に刺してるとも聞きました。

庭の杏が早く咲けば蜜に困らないのですが、、、

ググると、ミカンのほかにリンゴ、サツマイモのふかしたものも食べるそうです。
それも餌が少なくなる冬場だけ、少しお手伝いすると良いようです。

花が咲くまでもう少し工夫して、おうち時間を甘党のメジロたちと
ハッピー&スイートに過ごしたいと思います


IMG_9535-2021-0131F.jpg


2017年のデッサンから♪
20210209163316a80.jpg






 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ  にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!

 
<関連記事>

デッサン96「水仙と瓶」  #ラナンキュラス #さぬきひめ

素描
02 /04 2021
IMG_8914-2021-01-29F.jpg
白いラナンキュラスの花言葉は「純愛」




香川県三木町にある「サンサン館みき」でのデッサン教室の120分
1月2回目のモチーフは「水仙と瓶」でした。
瓶は各人が好きなものを選んで描きます。

20210203164213a1e.jpeg

202102031646243f3.jpeg

講評 「瓶に力をいれてたので、水仙がまだ終わった感がないわね。」

私  「・・・・・」(おっしゃるとおりです)

瓶のバランスをとるのが面白く、時間をとってしまいました。2時間があっという間に過ぎてしまいます(^^;



今日の一枚は「いただきもの」ふたつ
ひとつは「ラナンキュラス」
スポーツクラブのOさんはたぶん80歳近いのですが、体も柔軟で元気いっぱいです。
アルバイトで花の集荷を手伝っています。
先日はラナンキュラスの集荷のアルバイトが終わったので、規格から外れた出荷できないラナンキュラスを沢山いただきました。

実は、香川県は生産量が全国3位で、高品質なラナンキュラスの産地として知られています。

IMG_9562-2021-01-29F.jpg
ピンク色のラナンキュラスの花言葉は「飾らない美しさ」

毎年今の時期は、よく「香川県園芸総合センター」に行っています。
梅、シクラメン、サザンカ、ロウバイ、、、、、、
中でも温室栽培のラナンキュラスはいつでも綺麗です。
センターの皆さんの研究が、香川の園芸農業をしっかり支えていることを知りました♪

今までの「園芸総合センター」の記事は→コチラです。



ふたつめは「さぬきひめ」
2005年、香川県農業試験場が「優れた食味」「大きい果実」「高設式養液栽培に適応」をキーワードにオリジナル品種を開発、育成。
さぬき生まれの上品でかわいいいちごです。

ご近所のAさんに、家庭菜園の大根をさしあげると、「さぬきひめ」になって返ってきました(^^)

IMG_9554-2021-01-29F.jpg



なんとなく頂き物の写真を撮ったので書き始めた記事でしたが、
調べていく中で、思いかけず、香川の農業の頑張りを知ることになりました♪

「いただきもの」ふたつは、「香川のほこれるもの」ふたつでした



(時事:2021/2/3)
■新型コロナ 国内死者6000人超える 11日間で1000人増。死者の増加に歯止めがかからない状態が続く。
■新型コロナウイルス対策の実効性を高めるため、新たに罰則を導入する改正特別措置法と改正感染症法は3日夜の参院本会議で可決、成立した。

議員さんより、国民の方がずっと真面目にがんばってると思います。
人に指摘されるまで夜ごと不適切な会食をつづけていた人から、罰則なんてこと言われたくないですよね(`o´)
入院を拒否した人に罰金をとる以前に、今は望んでも入院できない人が沢山います。先ずは誰もが安心して入院できる環境を作ることが、今すべきことのはずです。





 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ  にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!

 
<関連記事>

散歩道 〜みろく自然公園〜

写真日記
01 /23 2021
IMG_8244D-2021-01-03みろく公園fB
撮影日:2021/01/03




いや、なにもそんな遠くに出かけるまでもない。わが家を出て、ほんのわずか歩いただけでも、それは「旅」と言えるのだ。蕪村が詠んでいるように。蕪村は、そうした旅を心ゆくまで味わうことのできる詩人だった。次のような句が、彼の旅を見事に表している。
 門を出れば我も行人秋の暮れ
 花に暮れて我家遠き野道かな
このような一瞬を心に刻むことのできる人、そうした人こそ、真の旅人であり、その一瞬を発見しに行くことこそ、本当の旅なのだ。とすれば、旅は失われるはずがない。いかに時代が移ろうと、環境が変わろうと、ぼくたちは、一瞬、一瞬を旅しているのである。そして、そのような瞬間に会いに行くことが、旅の本質だと、ぼくは思う。ただ、ひと昔前の人とちがって、現代人は、その一瞬を、うかうかと見逃しているにすぎない。
(森本哲郎『旅の半空』から)




旅の記憶も薄れるようになって、気持ちが凹みそうですが、四国新聞に掲載されていた中学生向けの紙上ゼミで、胸に響く言葉に出会いました。
長い自粛生活で凹みかけた気持ちが、少し晴れたような気がしました♪

今日の写真も、ほんのわずか車で走った「みろく公園」から(^^)
去年の写真の撮影日をみて、サザンカの花びらの絨毯を期待して行きました。

今の時期は、水仙とロウバイとサザンカ♪
IMG_8242D-2021-01-03みろく公園FB

IMG_8256-2021-1-03F.jpg

IMG_8263D-2021-01-03みろく公園FB
IMG_3862-2021-1-03f.jpg



去年、公園のスタッフさんに教えてもらった路。手前にいれるサザンカを探しましたが、ちょっと遅かったのかな、、、(^^; 
花はタイミングが難しいですね。
IMG_3847D-2021-01-03みろく公園f



また、ほんの少し歩き、一瞬を発見しに行きたいと思います!




 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ  にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!

 
<関連記事>

2020年のわすれもの

写真日記
12 /26 2020
IMG_688720201002f.jpg
2020/10/02




2020年もあと6日、
なんとなく出しそびれた日常写真があります。
その何枚か♪

最初の写真はオレンジタウン駅から。
1日の乗降客数が244人(参考)の、まだ新しい駅です。

駅というのは、どこかに向かうひとの物語が交差する場所ですね、、、



季節を教えてくれた花たち
IMG_668120200921みろく公園of
2020/9/21みろく公園 「ムクゲ」

IMG_6957-2020-10-12f.jpg
2020/10/12 お隣さんの菜園に咲いていました。星のようなオシベ?が王冠みたいです♪

IMG_7458-2020-11-8f.jpg
2020/11/8 ため池 睡蓮の紅葉

IMG_1431-2020-12-20f.jpg
2020/12/20 菜園の畔に咲いていました



近所のため池。
沢山の冬鳥が帰ってきています。
IMG_8032-2020-12-6f2.jpg
2020/12/6



私の日々です



(追記)2020/12/26 21:17
あまり歌謡曲は聴かなかったけど、北原ミレイさんの「石狩挽歌」はすごく好きでした。
見たこともないのに、北の厳しい海と、そこで生きる人々の姿が胸に浮かび迫ってくるようでした。
その曲の作詞がなかにし礼さん。
少し前には、 ちあきなおみさんの「喝采」などを手掛けた作詞作曲家の中村泰士さんの訃報も、、、
心からご冥福をお祈りします。



 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ  にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!

 
<関連記事>

デッサン93「メディチ家の人」   #白丁花

素描
12 /19 2020
IMG_1415-20201130F.jpg
「白丁花(ハクチョウゲ)」 撮影日:2020/11/30




香川県三木町にある「サンサン館みき」でのデッサン教室の120分
9月の2回目は「石膏像」でした。

私が美術を学んだのは中学の義務教育まででしたから、「石膏像」を描くのははじめてです♪

二つの像の好きなほうを、それぞれ好きな場所で描きます。

描いた石膏像は「メディチ家の人」だそうです。
20201218202552d93.jpeg


難しかった〜
こうして写真を見直すと、明暗がはっきりしてるのに、その時はきちんと見えていませんでした(^^;

202012190017221b6.jpeg


クラスメイトには、大学で美術を学んだ方もいて、
その人はたくさん描かされたので石膏デッサンが大嫌いだといっていました(@_@)

私にはとても楽しい時間でした♪
またチャレンジしたいモチーフです。
こんどはもっとしっかり描けそうな予感がします(笑)



今日の一枚は、
病院の横に咲いてる小さな小さな白い花です。
IMG_1409-20201116F.jpg


花言葉は「純愛」
別名は「バンテイシ(満天星)」とも呼ばれ、ハクチョウゲの咲く花姿が満天の星のようであることが由来とされているそうです。

開花は5〜7月だそうですが、少しだけ花が残っていて、
病院の待ち時間を、この小さい花が癒してくれました

続きを読む




 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ  にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!

 
<関連記事>

スケッチNo7 「鰐河神社(わにかわじんじゃ)」

スケッチ
12 /01 2020
IMG_704920201016F.jpg
撮影日:2020/10/16 コスモスがゆれる「鰐河神社」にて




友達と「鰐河神社(わにかわじんじゃ)」へスケッチに行きました。
香川県木田郡三木町にある神社です。
祭神は、豊玉姫命(とよたまひめのみこと)。
社伝によれば、豊玉姫命は、讃岐国山田郡(高松あたり)に亀に乗ってやって来て、ウガヤヒキアエズ尊をお生みになり、
鰐魚に乗って、川を遡り、当地に鎮座したという。(引用:コチラ)


私にとっては初めて知った神社ですが、とても大きくて立派な神社でした!
IMG_704420201016F.jpg


豊玉姫神が鰐に乗って遡った川は、後に鰐川となり、現在の新川と言われています。
その新川にかかる橋をわたると、神社です。
20201130ab.jpg



八百万の神というように、日本には沢山の神社がありますね。
ちょっとググると、神社の数は、全国およそ8万8,000社以上に上ると言われているそうです(@_@)(参考:


神社前の参道にはコスモスが揺れていました♪
202011301840563e0.jpeg


8月に初めて睡蓮を撮りに行った「願興寺」の脱活乾漆聖観音坐像(国の重要文化財)は、
鰐河神社の別当寺の応神寺の本尊という言い伝えがあるそうです。
ブログ「願興寺 〜睡蓮の咲く池〜」はコチラ

いろんなことがつながってきています!

また寄ってみたいと思います♪



 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ  にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!

 
<関連記事>

Culture(文化)の語源

写真日記
11 /28 2020
IMG_758320201116F.jpg
撮影日:2020/11/16 皇帝ダリアの花言葉:「優雅・華麗・感謝」





藝術の「藝」という漢字は大地に草木を植えている人の姿を表し、
Culture(文化)の語源は「耕す」という意味を表しています。



この言葉は、古くからのブロ友である彫刻家の水嶋康宣さんからいただいた、作品展のお知らせの一節です。
20201127124732021.jpg


怪我をした夫がリハビリに通う病院は海の横です。
待ってる時間に、いつもちょっと海の方まで行ってみます。
今日も海をみていると、船が港に入ってきました。
船体には「なおしま」の文字が、、、、

今年も直島でするはずだった私たちの写真グループ「UK-6」の写真展は中止となっています。

IMG_773520201127f.jpg
撮影日:2020/11/27

船をカメラで追いながら思いました。

Culture(文化)の語源は「耕す」という意味だといいます。

コロナ禍の中で、私達には絵も写真も音楽も、映画も演劇も、スポーツも、、、

心を耕すものが必要なのだと切に感じました。



最後の写真は、はじめて直島で写真展をしたときのものです。
現像をし直して再アップしました。
IMG_94132020b.jpg
2018/06/09「直島上陸」




 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ  にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!

 
<関連記事>

まんのう公園の秋桜

撮影実習
11 /04 2020
IMG_276120201024まんのう公園Fb
撮影日時 2020/10/24 12:02:15




写真教室10月の撮影実習は「国営讃岐まんのう公園→コチラ」でした♪
1)コキアは、赤色から小麦色へ。→コチラ




撮影実習の場所は受講生の希望で決まります。
花の時期をあわすのは難しいけれど、
先生 『あそこなら何でもあるからね!』とまんのう公園に決まりました♪

今回は、コキアとコスモスがお目当てです♪

ところが風が強く、うまく撮れません(^^;

IMG_277320201024まんのう公園F


一枚は撮ってみる多重露光
IMG_738620201024まんのう公園f


色かぶりを意識して
IMG_739720201024まんのう公園f


前ボケにコスモス
IMG_739420201024まんのう公園f


いっそのこと風に揺れるコスモスをスローシャッターでとらえれば良かったのかも、、、



コスモスの記事が続いたのでタイトルを「秋桜」としましたが、
なぜコスモスは「秋桜」なんでしょう?

検索すると、「秋桜」と書いて「コスモス」と読ませたのは、さだまさしさんでした!!
曲のタイトル「秋桜」を「コスモス」と読ませ、歌詞の中でも「秋桜」と表記して「コスモス」と読ませたのだそうです。

昔は大人びた山口百恵さんが苦手でしたが、この季節になると百恵さんが歌った「秋桜」→コチラをいつのまにか口ずさんでいます♪
よい歌ですよね!


IMG_276620201024まんのう公園f


なんでもある「まんのう公園」ですが、今回はこれで終わりです(^^)/

さいごまでご覧いただきありがとうございました。



 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ  にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!

 
<関連記事>

コキアは、赤色から小麦色へ。

撮影実習
11 /01 2020
IMG_731320201024まんのう公園fb
撮影日時 2020/10/24 10:44:56




写真教室10月の撮影実習は「国営讃岐まんのう公園→コチラ」でした♪

NHKカルチャー教室の実習日は決まっているので、実習日とお花の見ごろはなかなか合いません。
お目当てのコキアは真っ赤な見ごろを過ぎていました(^^;

それでも、まんのう公園がつくったキャッチコピー「うつろい色の 秋めぐり」は素晴らしいですね♪
「枯れかけた」とか「見ごろをすぎた」なんていうネガティブな言葉は使わず、
「赤色から小麦色へ」と変わることを楽しんでいました♪


約6000本のコキア畑です
IMG_276020201024まんのう公園fb

IMG_737620201024まんのう公園fb

コキアはほうき草とも呼ばれ、ホウキになることは良く知られていますが、
コキアの種は、秋田県が産地の「とんぶり」という食品として出回っているそうです!
↓確かにたべれそう(^^♪
IMG_734520201024まんのう公園f

落ちた影が幾何学的♪ 
IMG_737320201024まんのう公園fb



この日は、友達が小さなモデルさんを連れてきてくれていました
とっても素敵な笑顔をたくさんみせてくれましたが、
ブログでは雰囲気だけを(^^)
IMG_733120201024まんのう公園fb



ブログを書くためパンフレットを見直して、
コキアの見ごろがすんでたと凹んでいたことに反省しました〜!

赤から小麦色にかわるコキアを、どうぞご一緒にお楽しみください♪


IMG_735920201024まんのう公園f



つづく



 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ  にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!

 
<関連記事>

コスモス畑    

写真日記
10 /29 2020
IMG_285420201026コスモスf2
さぬき市「野間コスモスの里」 撮影日時:2020/10/26 7:15:33





撮影実習で行った「まんのう公園」のコキアが終わりかけていて、少し凹みました。
こんな時は美味しいものを食べて気分転換!!
オムライスを食べに寄ったセゾンのオーナー松本さんに凹んだことを話すと、
「これからなら野間のコスモスが良いよ。」とタブレットで地図の場所を示し教えてくれました。
「ハーフNDがいる!」そうです(@_@)
(持ってない、、、、)


見せて頂いた松本さんの作品が素晴らしかったので、
見るだけでもと早起きして、さぬき市「野間コスモスの里」に行くと、同じ写真教室のMさんも来ていました♪
Mさんもここは初めてだそうです。
「太陽はどこからかなぁ〜」と話しながら撮りました。
「ハーフNDがいるそうですよ」と言うと、
月刊誌フォトコンに見開きの2ページで作品が掲載されたMさんでさえ持ってないそうで、すぐに買うと言ってました!


コスモス(cosmos)とは、宇宙を秩序ある、調和のとれたシステムとみなす宇宙観

太陽をみる私たちのように、コスモスの花もじっと太陽の方をみつめていました。

IMG_283320201026コスモスfsB

だから花たちは後ろ向きです(^^;
でも朝露がきらめき、とても綺麗でした♪

IMG_743920201026コスモスfB

雫の中にも宇宙がみえました。

IMG_742120201026コスモスfB



コスモスはさぬき市の花で、
市では「コスモス」の認知度向上および緑化推進を目的に、コスモス栽培を行う団体に対して種子等を配布しているそうです。
市のホームページにコスモス鑑賞スポットが掲載されています。(引用:コチラ)


さぬき市のコスモスは、まだまだ楽しめそうです

ハーフND、、、、どうしようかな、、、、



 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ  にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!

 
<関連記事>