願興寺 〜睡蓮の咲く池〜

写真日記
08 /21 2020
IMG_595220200811fs.jpg
「チョウトンボ」 撮影日:2020/08/11




私には沢山の写真の先生がいます。
写真教室の先生はもちろんですが、
流し撮りの先生はTaketombo-
中でもなんでも教えてくれるのが、カフェ・セゾンのオーナーの松本さんです。

先日、睡蓮が咲いてる場所を教えていただきました。車の運転は苦手なので、道中までの道幅もしっかり(笑)

M 「PLフィルターを持っていかないかんよ!」
私 「え〜っ、77mmのしか持ってないから、、、」
M 「変換アダプターつけたらいい。600円くらいで買える!
   撮る時はフィルターを回して一番いいところを探さないかんよ!」

睡蓮の咲いてるため池は「願興寺」の前です。
もちろんすぐに家電量販店「ケーズデンキ」で変換アダプターを購入しました♪
Kenkoステップアップリング(フィルター径72→77mm)975円(アマゾンだと400円くらいからありました)


初めて行った「施薬山悲田院 願興寺」は、とても大きなお寺でした

香川県東部のさぬき市を流れる鴨部川中流域に位置し、その創建は、記録によると天長7年(830)に徹円 (てつえん) が建立したとある(「宝蔵院古暦記」)が、旧寺跡出土の古瓦からみると、奈良時代には既に建立されていたことがあきらかであり、それは官寺の性格をもつ古代寺院であったと考えられる。出典:願興寺HP


IMG_597220200811fs.jpg

IMG_598220200811D2F.jpg
ピクチャースタイル:「CLEAR」

IMG_601120200811fs.jpg

PLフィルターをゆっくり回して撮りました(^^)/


寺号である「施薬山悲田院」の由来は、光明皇后が日本の医薬の乏しきを哀れんで、国民の諸病救済のため、日本各地に悲田院または施薬院を設けられたことに習ったものだそうです。

いつものように記事を書くのにググっていると、
光明皇后は藤原不比等と県犬養橘三千代の女子です!
私がよく行ってる志度寺は、藤原不比等が妻の墓を建立し「死度道場」と名づけられたのが由来とされています。
プチ歴女の血がさわぎだしました(^^)/


IMG_596520200811D2F.jpg


なんども通ってみたい場所が新たにできました♪



 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ  にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!

 

栗林公園(1) 〜睡蓮〜

撮影実習
07 /28 2020
IMG_535720200725栗林公園fsfsB
撮影日時 2020/07/25 9:13:01




6月から再開した写真教室の撮影実習は、車で1時間以内の近くで実施することになりました。
先生「テーマを決めたり、被写体を決めたり、、、自分なりの課題を持って取り組んでみてください。」

そこで、7月の撮影実習は栗林公園になりました。

栗林公園は何度も来ていますが、「一歩一景」と言われる美しい庭園です。
クラスメートのPhotonoboさんは年間パスポートを買っていました(^^)/

今の季節は、蓮に睡蓮です♪

IMG_533020200725栗林公園fsfs


鯉も増えて賑やかになっています♪
IMG_552520200725栗林公園fsB



この日はGoToキャンペーンがはじまった初めての連休。
私が「娘からやめといたら」と言われたというと、
クラスメイトのHさんも娘さんから「えーっ、行くの」と言われたそうです。

撮影は7時30分から、観光客が増える前に終了になりました。
消毒液はいたるところに置いていましたし、広い公園なので密にはならなくてすみます。
それでも公園の駐車場は県外ナンバーでいっぱいだったと聞いて、
新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA )をスマホにインストールしました。
(陽性登録は本人の意思で行うので27日時点で55件。東京だけで7月は5000人超えてるのに、55件って、、、運用には大きな壁があります。
ダウンロード数は約870万件です。)


つづく


IMG_556320200725栗林公園fs



 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ  にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!

 

直島の睡蓮

📷Photo Team UK-6
08 /21 2019
IMG_5412 20190705 fs
撮影日:2019/07/05



7月は「第2回 UK-6写真展」
NHKカルチャー写真教室(講師:植村好治先生)の 「香川写好クラブ」土曜日組(→コチラ)、ほぼ同期7人(Gyenn、Sonyadora、Tsukumo、Gachan、blue_rose_92、Taketombo-、Photonobo) の写真展でした。

新しくメンバーに加わった blue_rose_92さんのために、搬入後に Taketombo-さんが直島の案内をしてくれました。今回はまだアップできていなかった「睡蓮の池」です。
午後なのでもうほとんどが閉じていますが、とてもきれいな場所でした。

直島の地中美術館には「モネの一室」があります。クロード・モネが手掛けた最晩年の「睡蓮」シリーズ5点です。

気分はもうモネになってシャッターをきりました(^^)
IMG_5406 20190705naosima fs
IMG_5437 20190705naosima fs
IMG_5433 20190705naosima fs
IMG_5449 20190705 fs


8月の写真教室のあとは全員集合で、今年も教室から歩いて数分の全日空ホテルクレメントのバイキングで打ち上げでした。
(会員になり、ネットで予約すると安くなります♪)
よく飲み・食べ・語り
話すのは写真のことばかりだから、尽きることがありません(^^)♪
Gyenn 「直島はいいわー、いろんな世界の人がみてくれるから面白い」
Gachan 「実習だけだと限られるので、いろんなところで撮れないかな、、、」
Photonobo 「インスタで直に会ってる外国の人ってあの人だけや〜(笑)」(台湾のお嬢さんが作品を気に入ってくださって、初めてサインをしました♪)


主宰のSonyadoraさんが、送信してくださった芳名録は46ページ、
なんと410名です!!
ほとんどのサインにコメントがあります。私が知る限りでは、他の写真展ではみられないことです。

↓その中から私が当番だった日の1ページを♪
IMG_4599 20190820
最後の行は、家族を代表して、中国の男の子が書いてくれました。
横で書くのをみている私に
お父さん「何て書いているかわかりますか?」(日本語です)
私 「漢字なので、なんとなく意味はわかります。」

私 「Thank you! How old are you?」
男の子「Eleven.」


後半がわからないので記事書くためにグーグルで翻訳しました。
日本是↑  →日本は
很       → とても
不錯的地方 →素敵な場所

意味を調べながら、また感激しました


先月のことなのに、もうずいぶん前のことのように思えます。
それはもう私たちが、2020年に向けてスタートしているからかもしれません♪


「第3回 UK-6写真展」は、来年6月の開催です!


IMG_5530 20190705naosima fs
↑「直島のフェリー乗り場」





 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ  にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!