「TAKAMATSU」が日本で唯一「20年の訪れるべき目的地10選」に♪

写真日記
01 /19 2020
IMG_5038-20200103fs.jpg
「南胡と掬月亭(きくげつてい)」


お正月早々、新聞に嬉しい見出しをみつけました♪
「20年世界の旅行先10選 高松、日本で唯一選出
「TOKYO」だけじゃない、2020年は「TAKAMATSU」に海外が熱視線。」
 
旅行予約サイト世界大手のブッキングドットコム(オランダ)が発表した「20年の訪れるべき目的地10選」に
高松が日本国内の都市で唯一選ばれました。
瀬戸芸や栗林公園が評価されたようです。

DSCN1422-20200103 FS

ブッキングドットコムの記事→コチラ

うどん王国と四国の玄関口としても知られる高松は、活気に満ちた食べ物や風光明媚な背景に興味のある旅行者に最適な港町です。 麺を食べ終わったら、絵のように美しい栗林公園が必見です。


他の都市は?気になりますよね♪

「選出された10の目的地」
★Seogwipo, South Korea(西帰浦(そぎぽ)、韓国)
★Zabljak, Montenegro(モジャブリャク、モンテネグロ) モンテネグロは、ヨーロッパ南東部、バルカン半島に位置する共和制国家
★Yerevan, Armenia(エレバン、アルメニア) アルメニアは、南コーカサスに位置する共和制国家。東ヨーロッパに含められることもある。首都はエレバン
★Salta, Argentina(サルタ、アルゼンチン)
★Il Gzira, Malta(イルグジラ、マルタ) マルタは地中海中心部の小さな島国
★Ninh Binh, Vietnam(ニンビン、ベトナム)
★Swinoujscie, Poland(シフィノウィシチェ、ポーランド)
★San Juan, Puerto Rico(サンファン、プエルトリコ)
★Takamatsu, Japan(高松、日本)
★Jodhpur, India(ジョードプル、インド)


地理は苦手だったので恥ずかしながら良く知らない地名もありました(^^;


栗林公園は胸をはって素晴らしいと言える公園です♪
日本三名園よりも美しいと称されたこともある庭園なのです

実は1月にはいってからの記事は、娘が出産するため予約投稿しています。
パソコンのフォルダから栗林公園の写真を探しました。
一年に何度も行っているので、わりと沢山ありました(笑)
その美しさが少しでもお届けできるといいのですが、、、

↓2月は梅
IMG_7106-20200103fs.jpg
撮影日時 2017/02/25 7:42:24


↓3月末は桜
IMG_7422-20200103fsfs.jpg
撮影日時 2018/03/31 9:47:56


↓6月は睡蓮
IMG_4593-20200103fs.jpg
撮影日時 2019/06/09 11:46:47


↓11月は紅葉、ライトアップ
IMG_0072-20200103fs.jpg
撮影日時 2015/11/28 7:19:04

IMG_4303-20200103fs.jpg
撮影日時 2017/11/25 9:03:41

IMG_4997-20200103Dfs.jpg
撮影日時 2018/11/24 18:42:18


栗林公園には、ボランティアガイドさんがいらっしゃいます!
「栗林公園ボランティアガイドクラブ」の会員数は140名と、国内のボランティア団体でも有数の会員数です。
現役の女子高生から会社員、主婦、悠々自適の方まで幅広い年代の方で、栗林公園が大好きという方が、集まっています。
(ガイドさんになるには、研修を受け、認定テストを受けて合格する必要があります。年会費2000円を納め、無給、交通費等の支給もないそうです。)
地元の人でも知らない発見がありますよ♪
↓姉の同級生のA君
IMG_6042 20200106FS


最後は撮影スポットの「飛来峰」から。
IMG_4949-20200103DFS.jpg



記事を書きながら、
ブッキングドットコムがお薦めのいろんな街に行きたくなりました


さらに嬉しいニュース!
1月25日から、チームラボによる『 栗林公園 光の祭』がはじまります

『チームラボ 栗林公園 光の祭』
2020年1月25日(土)~3月8日(日)
時間:18:30~21:30(最終入園は21:00)
定休日:水曜
料金:
前売 大人(18歳以上)1,300円 小中高生400円 未就学児無料
当日 大人(18歳以上)1,500円 小学生、中学生、高校生500円 未就学児無料


行けるかな、、、、、行きたいな、、、


 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!

 
<関連記事>

はじめての「栗林公園探鳥会」(3) #トンボ #菖蒲 

写真日記
06 /14 2019
IMG_466220190609B fs


はじめての「栗林公園探鳥会」 
(1)#カルガモ #カワセミ #ハクセキレイ #ムクドリ→コチラ
(2)睡蓮とアオサギ→コチラ


探鳥会では野鳥を探しながら歩きます。
↓同じグループの最年少の男の子は、鳥をみつけるのがすごく早くて、将来が楽しみです♪
IMG_444920190609B fs


動きの速い鳥に翻弄されていると、いつも早くて追えなかったトンボが心なしかゆっくりした動きに見えました(^^)/

IMG_431920190609B fs
IMG_437020190609B fs
IMG_465820190609B fs

栗林公園は庭の部分だけでも、東京ドーム3.5個分にあたる約16.2ヘクタール。
大名庭園の中では最大級の広さなので途中花菖蒲の所で少し休憩♪
花菖蒲も見ごろでした
IMG_455520190609B FS


最後に「トリアワセ」といって観察した鳥のまとめがありました。
↓2019年6月9日に観た鳥の集計です。
○印がついてるのは、この日私がみた鳥♪
IMG_20190613_0001.jpg
毎年きていたアオバズクは2週間くらい場所を探していましたが、いつもの樹が倒れて、巣になるような穴のある大きな樹がなくて別のところにいってしまったそうです。
カルガモのファミリーは朝は見たそうですが、私たちがいた時間には(ハスのしたに?)隠れていました。

私 「どうやって見つけるのですか?」
野鳥の会の方「木が動いたり目でもみるけど、一番は鳴き声かな。」
野鳥図鑑だけでなく、鳴き声のCDまであるそうです♪


メジロは教えてもらって、後ろ姿だけ撮れました。
さあどこでしょう(^^;
IMG_447020190609B fs


栗林公園には鯉も帰ってきてにぎやかでした(^^)
コラージュ台紙 - コピー330020190613


野鳥の会の方「また来てください。」
私 「必ず来ますね!」

詳しく説明してくださったのはヤマシタさんという女性です。
再会のお約束をして、楽しい「はじめての栗林公園探鳥会」がおわりました




 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!

 
<関連記事>

はじめての「栗林公園探鳥会」(2) -睡蓮とアオサギ-

写真日記
06 /12 2019
IMG_467020190609B FS


はじめての「栗林公園探鳥会」 
(1)#カルガモ #カワセミ #ハクセキレイ #ムクドリ→コチラ

栗林公園には沢山の花が咲いています。
この日は「スイレン(Water Lily)とハナショウブ(Japanese Iris)が見ごろ」と公園の掲示板に書いていました(^^)


睡蓮の池にアオサギがいました。
IMG_459320190609T fs


↓ハスの池にいた若いアオサギかな? 頭に冠のような羽がないので若いそうです。
IMG_457920190609S FS


忍び足のような足取りで移動したかとおもうと、じっとして動きません。
野鳥の会の方「じっとしてるのは獲物をねらっている時なんだ。」

一瞬水しぶきがあがりましたが、失敗!!
野鳥の会の方 「まだ若いから下手なんだ。」
私もおしゃべりしてて、水しぶきの瞬間を撮るのに失敗(涙) まだ下手です。若くはありません、、、(^^;
IMG_465720190609T fs


睡蓮も見ごろで、とても綺麗でした♪
Best Time to see
IMG_462620190609T fs

IMG_458720190609T fs

IMG_467420190609T fs


外国のお客様が着物姿で歩かれています♪
IMG_463320190609B fs


アオサギを飽きずに観て撮ってると、いつの間にか野鳥の会の方が隣に来て沢山お話をしてくださいました。
鳥好きにみえたようです(笑)


つづく



 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!

 
<関連記事>

はじめての「栗林公園探鳥会」 #カルガモ #カワセミ #ハクセキレイ #ムクドリ

写真日記
06 /10 2019
IMG_429820190609T FS
↑「ムクドリ」影の中なので、ちょとわかり難いですね(^-^;


土曜の夜、偶然新聞に「毎月第二日曜日に行われている栗林公園探鳥会」の広告を見つけました。
18-400を試すよい機会??

予約なしで参加費は100円
それに朝早くない(笑)
9時30分に栗林公園北口集合!

沢山の方が参加されていました。
いくつかのグループで歩くのですが、私は初心者向けのグループで歩きました


新しい体験を祝福するように彩雲がお迎えしてくれました♪ 燕が飛ぶ空に。
IMG_442820190609 fs


最初に出会ったのは「カルガモ」の子供です。

IMG_434120190609 fs

6羽の兄弟なのですが、この子だけ家族から離れています。

IMG_435920190609 fs

体も他の子供のまだ半分くらいで、野鳥の会の方が
「1羽でいると襲われるから心配なんです。でもしっかり自分でエサを探して食べてるみたいだから大丈夫かな、、、

コラージュ台紙 - コピー330020190609

なぜこの子が家族と離れているか、いじめられてるのかと心配したのですが、
そうではなくて、生まれてすぐの時も、5羽はかたまっておとなしいのに、この子だけお母さんの下にもぐったり、すごくやんちゃだったのだそうです。

やんちゃなカルガモくん、気をつけて!沢山たべて、大きくなって!


野鳥の会の方が鳥をみつけると、フィールドスコープスで大きくしてみせてくださいます♪

カワセミが松の間に! どこどこ?
IMG_449420190609 fs
↓ものすごく遠い所なので、トリミングしてやっとわかるくらいです(^^;
IMG_449420190609S FS

「あそこ、あの松の木の間!」と言ってくださっても、なかなか見つけられませんでした。


↓これは「ハクセキレイ」
IMG_453620190609S fs


↓図鑑で「セグロセキレイ」との違いを説明してくれました。
IMG_440320190609 fs

私 「子供のころから鳥が好きだったんですか?」
野鳥の会の方「いや、就職してから。はじめての勤務先が北海道だったんだ。」
私 「北海道!!」
野鳥の会の方「そう北海道。北海道には沢山の鳥がいてね。千円札の鶴を知っていますか?その鶴の写真を撮った林田恒夫さんの写真集をみたんです。」

(参考:日本銀行 お金博物館「まえの千円札」へ→コチラ



つづく




 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!

 
<関連記事>