さぬき市の山桜(後編)

写真日記
03 /28 2021
IMG_4354-2021-03-21峰堂FB




今の季節は、うれしいことに朝、窓を開けると山桜がみえます!
雨上がりで霧がかかっていたので、裏山までいってきました。
今回はその後編。


山桜は、野生種類です。
江戸時代後期にソメイヨシノが開発され、明治時代以降に主流になるまでは、花見と言えば主に山桜であったそうです。


IMG_4206-2021-03-21D2志度山桜fB


なんとなく懐かしい感じがするのは、私のDNAにも山桜が刷り込まれているのかも、、、、


IMG_4216-2021-03-21D3志度山桜ffB


寿命が長いので、どの樹も見あげるような大木です。

何歳なんでしょう?

気になってググってみました。

山桜は寿命の長い桜としても知られています。
その平均寿命は、なんと200~300年と言われることも。
中には樹齢が500年を超える山桜もあるそうで、とても長寿な桜の種類だという事が分かります。

では、山桜の寿命がこれほど長いのは何故なのでしょうか。
その理由としては、山桜は野生種であり、接ぎ木などをしていないという事が長寿の理由の一つと考えられているそうです。
(引用:「知識の宝庫」より)



IMG_4357-2021-03-21 志度山桜f


見あげた樹は、私よりずっと前からここにいたのですね、、、

山桜の花言葉は、『あなたに微笑む』 『純潔』 『高尚』

「あなたに微笑む」という花言葉は、
木々が芽吹く前に、山の中でひっそりと咲く上品な花の姿を見て、人々がおもわず顔をほころばせる様子にちなんでつけられたのだそうです


記事を書いて、どうしてこの樹々からエールを受けたように感じたのか、その訳がわかったような気がしました



 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ  にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!