沙弥島(3) 〜ナカンダ浜〜

撮影実習
09 /02 2020
IMG_607020200822沙弥島2FB

写真が見せるのは、〈かつて・あった〉できごとである。
しかし、それだけではない。
写真はそれまでのできごとが、シャッターの一瞬に押し止められた結果でもある。
シャッターを切ることは、できごとにそのつどひとつの結末をあたえることである。

「ただよび」 現代文の宗慶二先生の講義テキストから 引用先:西村清和『視線の物語・写真の哲学』)





写真教室8月の撮影実習は「沙弥島」でした♪
(1)瀬戸大橋 →コチラ(2)夕陽 →コチラ 

沙弥島といえば「ナカンダ浜」
浜に根を下ろすエノキの木が印象的で、はじめてこの樹をみた時の感動が蘇りました♪

IMG_605920200822沙弥島2FB


そこに二人の素敵なお嬢さんが現れました♪ 

IMG_606220200822沙弥島2FB


撮影は了解を得ています。
お礼には、旅の記念に特に腕のいいカメラマンが、お二人のポートレートを撮影してさしあげてました(^^)/


こうして8月の撮影実習も沢山の実りある出会いがありました(^^)

失敗から得たものは、長秒時ノイズ『ホットピクセル』が出てるのをはじめてみました(@_@)
星をインターバル撮影するため、長秒時露光のノイズ低減をOFFの設定のままにしてたのを忘れていたためです。
最初は星かと見間違いました(^^;


旅のスナップは、ひとつの目的地からつぎに移動する前に、ひとまずそこでこれまでの行程に終止符を打つふるまいといえる。(引用:同上)

私も、新しい日々に出発!


おわり


 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!

 
<関連記事>