写真展を終えて2021

香川写好クラブ
02 /16 2021
名称未設定-1202002152146bF2
上段左から:植村好治「池面物語」、竹内洋二「四国夢物語」、穴吹元「青の夕闇」
吉野登「冬のせとシーパレット」、國宗幹夫「風光る並木道」


雑誌「婦人公論」2021年2月号の中で、97歳の佐藤愛子さんと、88歳の五木寛之さんが対談されていました。

五木「記憶の扉を開いて、きちっと回想すると、自分自身でもわからない、絡まった糸がほぐれていく。 だから回想するというのは、単に昔の思い出に浸るというセンチメンタルなことではないんですね。 生きていくうえで自分を振り返るというのは大事なことだと今さらながらに思うようになりました。」





「香川写好クラブ」第9回写真展が先日終わりました。
コロナ感染防止に努めているとはいえ、まだ不安な日々の中、沢山の方にお越しいただき心から感謝しています。
img001.jpg


講師の植村先生に、ブログへの土曜日組の作品掲載について相談をさせていただいたところ、
「あとからまた見直せるから、いいでしょう」との承諾をいただきました。
★第4回→コチラ
★第5回から→コチラ

土曜日組の展示作品をコラージュしました♪
(すみません。スマホ撮影でのコラージュなので画質が悪く雰囲気だけ(^^; ダブルクリックで拡大します。)

名称未設定-02152222FB
上段左から、西岡小夜子「陽光に輝く」、鎌池和彦「印す」
田渕克也「春光を浴びて」、松尾忠「激突」、植村公美英「ねえ、みて、みて!」
安西美保「うまく乗れるよ」、廣瀬正乃「薫風」、筒井美奈子「一鷺佇む」
熊野千景「コキアの赤」、藤川壽一「暖色の 映る川面に 秋見つけ」


202102152242169f4.jpeg



作品にはすべて、撮影者の感動を言葉にした素敵なキャプションが添えられています。
その中から、冒頭画像で最初に掲載している植村好治先生のキャプションを、、
タイトル:池面物語
「雪化粧した姿の池面に氷が解けつつ見せる奇妙な紋様は、なんとも不思議な自然界の表情です。」




作品展では、写真の選択、プリント、搬入、受付当番、搬出、、、、と大変なのですが、
友達と作り上げる充実感があります。

心地よい疲れを感じながら、瓦町フラッグをあとにしました。

来年は良い写真を出せるようにしたいと思います


帰り道には、やっぱり「ことでん」(^^)
IMG_1476 FS




 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ  にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!

 
<関連記事>

The 4rd Art Summit on the 御山 (2)

写真日記
10 /23 2020
220201021miyamaA.jpg
ダブルクリックすると拡大します。ぜひ大きくしてご覧ください♪



猫も登れる3.6m 日本一低い山で 「 The 4rd Art Summit on the 御山」が始まっています!
(1)猫も登れる日本一低い山で「野外彫刻展」 →コチラ  



白鳥神社の会場となっている裏境内地は松林にして広さ十三町歩(約4万坪)!!
国立公園白鳥松原と呼ばれています。
18作品が、この広い松原のなかに展示されています。
ここの松は作り込んでないので、作品と調和し良い感じです♪

いつも散歩に来られてる方達が、日常の中に突如現れたアートをごく自然に楽しまれています(^^)/
あちこちで作家さんと語らう姿が見られました。


↓散歩のワンちゃんと、 佐藤 富士夫さんの作品「沙希の目覚め」
IMG_713920201018F.jpg


↓走る元気な少年と、平野年紀さんの作品、「家族の肖像 Family Portrait」
IMG_712020201018f.jpg



冒頭のコラージュは作品の部分だけで構成しています。
作品タイトルもユニークですよ♪
「StayHome四畳半」、「あおと白の間」、「寄居虫(ヤドカリ)」、、、、、

お近くの方はぜひ直にごらんになって、楽しんでくださいね


初めに通った「未来への扉」から出て、いつもの世界に戻りました♪
IMG_719720201018f.jpg



能褒野(三重県亀山市)で戦死し葬られたのち、白鳥となって飛び去った日本武尊の霊が舞い降りたという伝説が残るほど、歴史ある白鳥神社には、たくさんの立派な樹がたくさんあります!


IMG_722120201018御山f


会期は11月15日まで、
日の出から日没までですが、月のあかりで観ることができるかもしれません(^^)/
広い松原なので出入り自由なのに作品にイタズラする人がないのも、東かがわ市の誇れるところなのでしょうね♪




 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ  にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!

 
<関連記事>

猫も登れる日本一低い山で「野外彫刻展」   

写真日記
10 /21 2020
IMG_710520201018御山f
「木に棲む」 水嶋康宣→ブログ




猫も登れる3.6m 日本一低い山で 「 The 4rd Art Summit on the 御山」が始まっています!

IMG_20201006_0001.jpg


隔年ごとの開催で、今回が第4回です。

作家の貴志さんから

秋風吹き抜ける松原の中での野外展ですので、三密の心配もまずないと思います。
暫しコロナの事を忘れて楽しんで頂けたらと思い、ご案内申し上げます。



私がYoutubeで受講している ただよび「宗慶二先生の現代文」
ちょうど前日の講義が高村光太郎・著の課題文(早稲田大学政治経済学部の過去問)でした。
彫刻についての芸術論です。
講義動画はコチラ→明治期の文章を読む1 、明治期の文章を読む2 、明治期の文章を読む3

しかるに、彫刻を味わおうとするには真に心を傾けてかからねばならぬ。予め感応するつもりで催眠術の椅子に腰をかける人の心を持たねばならぬ。信じ切ってかからねばならぬ。でなければ、如何なる名作の前に立ってもすべて石塊や金糞の堆積にほかならぬものとなってしまう。


宗先生「楽しむというのはね、表現がどういうものであるのかという以上に、こっち!
     自分のマインドの側で楽しもうと思っていなければ感動が起こらない!



楽しむ気満々で、会場の白鳥神社に向かいました!(笑)

↓手前は「一の門」 、鶴は神の使いとされ、拝殿前の鶴門には「あ・うん」の1対の鶴がいます
IMG_707920201018御山f


↓神社から、ピンク色の「未来への扉」を開くと、そこが会場です♪
IMG_708720201018御山f

IMG_712520201018御山f



↓貴志 勉 「私たちふたりは 立ったまま 黙っていた」 →ブログ
IMG_715120201018御山f



↓成田 浩彰 「無常」
IMG_712620201018御山f
作品を、私の好きな角度から。後ろ姿が良いですよネ♪

IMG_712420201018御山a


広い会場では360度、楽しめます!

つづく



 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ  にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!

 
<関連記事>