願興寺 〜睡蓮の咲く池〜

写真日記
08 /21 2020
IMG_595220200811fs.jpg
「チョウトンボ」 撮影日:2020/08/11




私には沢山の写真の先生がいます。
写真教室の先生はもちろんですが、
流し撮りの先生はTaketombo-
中でもなんでも教えてくれるのが、カフェ・セゾンのオーナーの松本さんです。

先日、睡蓮が咲いてる場所を教えていただきました。車の運転は苦手なので、道中までの道幅もしっかり(笑)

M 「PLフィルターを持っていかないかんよ!」
私 「え〜っ、77mmのしか持ってないから、、、」
M 「変換アダプターつけたらいい。600円くらいで買える!
   撮る時はフィルターを回して一番いいところを探さないかんよ!」

睡蓮の咲いてるため池は「願興寺」の前です。
もちろんすぐに家電量販店「ケーズデンキ」で変換アダプターを購入しました♪
Kenkoステップアップリング(フィルター径72→77mm)975円(アマゾンだと400円くらいからありました)


初めて行った「施薬山悲田院 願興寺」は、とても大きなお寺でした

香川県東部のさぬき市を流れる鴨部川中流域に位置し、その創建は、記録によると天長7年(830)に徹円 (てつえん) が建立したとある(「宝蔵院古暦記」)が、旧寺跡出土の古瓦からみると、奈良時代には既に建立されていたことがあきらかであり、それは官寺の性格をもつ古代寺院であったと考えられる。出典:願興寺HP


IMG_597220200811fs.jpg

IMG_598220200811D2F.jpg
ピクチャースタイル:「CLEAR」

IMG_601120200811fs.jpg

PLフィルターをゆっくり回して撮りました(^^)/


寺号である「施薬山悲田院」の由来は、光明皇后が日本の医薬の乏しきを哀れんで、国民の諸病救済のため、日本各地に悲田院または施薬院を設けられたことに習ったものだそうです。

いつものように記事を書くのにググっていると、
光明皇后は藤原不比等と県犬養橘三千代の女子です!
私がよく行ってる志度寺は、藤原不比等が妻の墓を建立し「死度道場」と名づけられたのが由来とされています。
プチ歴女の血がさわぎだしました(^^)/


IMG_596520200811D2F.jpg


なんども通ってみたい場所が新たにできました♪


 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!

 
<関連記事>

「赤とんぼ」と「ホテイアオイ」   #経口補水液(再掲)

写真日記
06 /10 2020
IMG_428420200608fs.jpg
撮影日:2020/06/08



去年友達に教えてもらったツインパルながおの「ホテイアオイ」
今年も咲いてるかなと寄ると、赤とんぼが飛んでいました♪

IMG_430820200608 fs


トンボの目って1万以上の個眼が集まっていて、マルチスクリーンなんだそうです。
こちらをみてる? 目が合ったようなきがするけど、、、どうなんでしょう。
IMG_430120200608fs.jpg


じっと待って飛んだ瞬間はピンボケでした(◎_◎;)
IMG_429420200607.jpg

「昆虫撮影のとっておきテクニック」から
動いている昆虫を撮影するときも、ピント合わせは「置きピン」といって、あらかじめ特定の場所にピントを合わせておき、そこに昆虫が来たときにシャッターを押すというテクニックを使っています。

昆虫にストロボはOK
 ほとんどの昆虫は、ストロボに反応しません。一般の動物ではむやみにストロボ撮影をしてはいけませんが、昆虫ならばあまり問題はないです。
 ストロボを発光すると、強い光で撮影できるため、その分だけ絞りを絞ることができます。ですから、ピントを深くする(ピントが合う範囲を広くする)ことが可能になるのです。




IMG_428320200608fs.jpg


ホテイアオイは、水質浄化効果の高い水草で、水面に浮べるだけで水質浄化に役立ってくれるそうですが、
大繁殖したホテイアオイは、在来の水草を競争で排除する事態や水生動物への影響も懸念されるのだそうです。
生物の管理って難しいですね。

花言葉は、「揺れる心」「恋の悲しみ」


おまけ:
前回、スケッチ会の記事を書きましたが、実はお昼のおにぎりを食べるまでマスクしていました。
午後から頭痛がしだして、これは変だなと急いで水分をとり先に帰りました。
マスクの夏は一段と厳しくなりそうです。
これからの外出は経口補水液をもってから出かけようと思いました。

皆様もご注意くださいね。

<2018年7月の記事から>
201807211002253fd.jpeg
↑NHKのテレビからお借りしました。本当は画面を引用するのは違反なんでしょうが、説得力があるのでお許しを 

飲み方のポイントはゆっくり飲むことです。
経口補水液は「のむ点滴」なので、点滴する感じでゆっくり。例えば30分ごと・1時間ごとにコップ半分(100ml)など。
冷やすと飲みやすく、レモンなどいれても飲みやすくなります。
ただこの砂糖の量は甘すぎて、7/22の四国新聞では砂糖20g〜40gになっています♪
作ったものの期限は1日です!

水1リットル、 塩3g(約小さじ半分)、 砂糖20〜40g(約大さじ2〜4) (計量スプーンの参考)

熱中症の症状としては、
めまい、失神(立ちくらみ)、生あくび、大量に汗をかく、ひどく喉が乾く、筋肉痛、筋肉の硬直(こむら返り)、 頭痛、嘔吐、全身がだるい、意識障害、けいれん、体温が高い
(引用:コチラ



 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!

 
<関連記事>

はじめての「栗林公園探鳥会」(3) #トンボ #菖蒲 

写真日記
06 /14 2019
IMG_466220190609B fs


はじめての「栗林公園探鳥会」 
(1)#カルガモ #カワセミ #ハクセキレイ #ムクドリ→コチラ
(2)睡蓮とアオサギ→コチラ


探鳥会では野鳥を探しながら歩きます。
↓同じグループの最年少の男の子は、鳥をみつけるのがすごく早くて、将来が楽しみです♪
IMG_444920190609B fs


動きの速い鳥に翻弄されていると、いつも早くて追えなかったトンボが心なしかゆっくりした動きに見えました(^^)/

IMG_431920190609B fs
IMG_437020190609B fs
IMG_465820190609B fs

栗林公園は庭の部分だけでも、東京ドーム3.5個分にあたる約16.2ヘクタール。
大名庭園の中では最大級の広さなので途中花菖蒲の所で少し休憩♪
花菖蒲も見ごろでした
IMG_455520190609B FS


最後に「トリアワセ」といって観察した鳥のまとめがありました。
↓2019年6月9日に観た鳥の集計です。
○印がついてるのは、この日私がみた鳥♪
IMG_20190613_0001.jpg
毎年きていたアオバズクは2週間くらい場所を探していましたが、いつもの樹が倒れて、巣になるような穴のある大きな樹がなくて別のところにいってしまったそうです。
カルガモのファミリーは朝は見たそうですが、私たちがいた時間には(ハスのしたに?)隠れていました。

私 「どうやって見つけるのですか?」
野鳥の会の方「木が動いたり目でもみるけど、一番は鳴き声かな。」
野鳥図鑑だけでなく、鳴き声のCDまであるそうです♪


メジロは教えてもらって、後ろ姿だけ撮れました。
さあどこでしょう(^^;
IMG_447020190609B fs


栗林公園には鯉も帰ってきてにぎやかでした(^^)
コラージュ台紙 - コピー330020190613


野鳥の会の方「また来てください。」
私 「必ず来ますね!」

詳しく説明してくださったのはヤマシタさんという女性です。
再会のお約束をして、楽しい「はじめての栗林公園探鳥会」がおわりました




 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!

 
<関連記事>