願興寺 〜睡蓮の咲く池〜

写真日記
08 /21 2020
IMG_595220200811fs.jpg
「チョウトンボ」 撮影日:2020/08/11




私には沢山の写真の先生がいます。
写真教室の先生はもちろんですが、
流し撮りの先生はTaketombo-
中でもなんでも教えてくれるのが、カフェ・セゾンのオーナーの松本さんです。

先日、睡蓮が咲いてる場所を教えていただきました。車の運転は苦手なので、道中までの道幅もしっかり(笑)

M 「PLフィルターを持っていかないかんよ!」
私 「え〜っ、77mmのしか持ってないから、、、」
M 「変換アダプターつけたらいい。600円くらいで買える!
   撮る時はフィルターを回して一番いいところを探さないかんよ!」

睡蓮の咲いてるため池は「願興寺」の前です。
もちろんすぐに家電量販店「ケーズデンキ」で変換アダプターを購入しました♪
Kenkoステップアップリング(フィルター径72→77mm)975円(アマゾンだと400円くらいからありました)


初めて行った「施薬山悲田院 願興寺」は、とても大きなお寺でした

香川県東部のさぬき市を流れる鴨部川中流域に位置し、その創建は、記録によると天長7年(830)に徹円 (てつえん) が建立したとある(「宝蔵院古暦記」)が、旧寺跡出土の古瓦からみると、奈良時代には既に建立されていたことがあきらかであり、それは官寺の性格をもつ古代寺院であったと考えられる。出典:願興寺HP


IMG_597220200811fs.jpg

IMG_598220200811D2F.jpg
ピクチャースタイル:「CLEAR」

IMG_601120200811fs.jpg

PLフィルターをゆっくり回して撮りました(^^)/


寺号である「施薬山悲田院」の由来は、光明皇后が日本の医薬の乏しきを哀れんで、国民の諸病救済のため、日本各地に悲田院または施薬院を設けられたことに習ったものだそうです。

いつものように記事を書くのにググっていると、
光明皇后は藤原不比等と県犬養橘三千代の女子です!
私がよく行ってる志度寺は、藤原不比等が妻の墓を建立し「死度道場」と名づけられたのが由来とされています。
プチ歴女の血がさわぎだしました(^^)/


IMG_596520200811D2F.jpg


なんども通ってみたい場所が新たにできました♪


 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!

 
<関連記事>

星空指数100 〜近所のため池から〜

写真日記
08 /18 2020
ため池328枚2020年8月16日
撮影日:2020/08/16  カメラ:Canon EOS 6D レンズ:14mm Tv:10 F:4.5 ISO:320 328枚のコンポジット




「空一杯の星空を楽しめそうだ!」
新聞の星空指数が100だったので、
夕飯を早めにすませ、
私 「星撮りに、ため池まで行ってきます!」
夜の外出に、はじめは怪訝そうだった夫も、近頃はもう慣れたようです(^^)/


行く前にまたネットで調べました。(毎回忘れています(^^;)
いつも迷うのはISOと絞りです。
いくつかの初心者用のサイトをみました。

カメラガールズ
ISO感度・・・ISO1600 (〜3200)
F値・・・F2.8程度
シャッター速度・・・10秒 (15〜30)

stduio9「星空を綺麗に撮る方法、撮影完全マニュアル!初級編」
★暗く、理想的な撮影環境: ISO6400、F3.5(以下)、シャッタースピード20秒
★小さな星もしっかり見えるけど月や光害がある: ISO3200、F3.5(以下)、シャッタースピード15秒
★明るい星はちゃんと見えるけど細かな星は少しだけ :ISO1600、F3.5、シャッタースピード15秒
★明るい星はよく見えるけど小さな星はあまり見えない :ISO800、F3.5、シャッタースピード15秒
★大都市近郊など星がかろうじて見える状況 :ISO400、F3.5、シャッタースピード10秒
長秒時露光のノイズ低減、手ぶれ補正をOFFにする (普通のカメラの初期設定では10秒露出すると、撮影後に10秒間(同じ時間)ノイズ除去が強制的に入ります。が、これが発動すると連続で写真撮れないため必ずOFFにしておきます!)


星空指数100で、月齢26.8(8.7%)でも明るくて、北の空にあまり星が見えません(^^;
迷いましたがISO320で撮って拡大すると写っていたので、そのままで撮りました。(ISOあげると太い線になります)

ラジオを聞きながら、スマホをみて約50分粘り、
帰り際に星がたくさん見える南の空を30秒間とりました♪

IMG_233220200816-mm F T ISO bf
Tv(シャッター速度):30 F:4.5 ISO:800


とても綺麗な星でした

今週末の撮影実習は「星の撮影」なので予習になってよかったかな、、、。



(余談)
今年の「特別な夏」は、高松まつりも花火大会も、阿波踊りもよさこいもありません。
いつも違和感のあった小池都知事のカタカナ言葉ですが、「特別な夏」という言葉はすっと、私の胸にしみてきました。
「特別」という言葉が、今年だけは頑張ろうという気持ちに向かわせてくれたからかもしれません。

今日(8/17)は甲子園で香川代表の尽誠学園と、強豪の「智弁和歌山」との高校野球交流試合が行われました。
試合後、甲子園を去る選手たちはグランドに向かい、ひとりづつ頭をさげています。
目に見えない何かに感謝するその姿に、真摯に生きることの大切さを教えられたようでした。


 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!

 
<関連記事>

ため池の蓮

写真日記
07 /25 2020
IMG_526120200723志度ためいけfs
撮影日時:2020/07/23 9:59:57



7月の撮影実習は栗林公園の蓮なのですが、
やっぱり私のスタジオ(近所のため池)が気になって、行ってきました(^^)/


まだ早かったのか、5本くらいしか咲いていませんでした。


必死に働く虫を発見!

IMG_522820200723志度ためいけf
「何見てんの〜」


名称未設定2020072420200723志度ためいけf
最近、手持ちで多重にチャレンジ中。 
ほんの数秒ですが、時間の流れがそこにあり、違った世界がみえます。


蓮の花は、花そのものが美しいので、誰が撮っても綺麗です。
その美しさを、どう表現できるのか、とても大きな課題になりました。
ブログタイトルが「蓮」だと、つい見入ってしまいます(^^)


IMG_524120200723志度ためいけfs
虫が飛ぶまで待ちましたが、働き者の虫くんで、また根負けしました(^^;



今日行く栗林公園でがんばります!



IMG_526820200723志度ためいけfs
トップ画像の前ボケは、稲です。
鳥よけ?が綺麗でした♪


 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!

 
<関連記事>

日常 〜ため池から〜

写真日記
06 /25 2020
IMG_431420200609fs.jpg
近所のため池



最近は「日常、生活」と言う言葉をよく聞きます。
誰もがその重みに、あらためて気づいたからです。

この「日常、生活」と言う言葉があふれた時代があったそうです。それは太平洋戦争中、戦時中だったそうです。

あの時代と違い、私たちはしっかりと現実をみきわめなければならないと思いました。


IMG_418320200606 FSFS
「庭で」


今日は東京で55人の新型コロナ感染者が報道されています。
お隣の岡山県でも、、、


いろんな感染に関わる人のコメントの中で、私が共感した、聖路加国際病院 感染管理室マネージャー 坂本史衣さんの言葉です。
坂本さんは看護師さんで、現場を一番知っている人です。

(PCR検査は) 医師が必要だと判断した患者さんに受けていただければいいし、検査をたくさんしたからといって死なないわけではない。
それよりも死なないための診療の流れを作ることが最善だと思います。



右のプラグインに設置している「COVID-19関連」情報には、
★入院可能な病床数、宿泊施設の確保状況→こちら

を掲載しています。厚労省が発表している最新の情報にリンクしています。
6月17日現在、香川県での受け入れ病床数は163床(うち重症者は15床)、宿泊施設受け入れ可能室数は101室です。


IMG_454720200623 fsFS


私の生活も徐々にもどりつつあります。
マスクはもちろんだけど、公民館での英会話サークルではフェイスガードが導入されました(@_@)
英会話サークルでは始まる前にオカリナの練習もします。
先日はLINEで、グループビデオ練習しました。みんなはじめてなので大騒ぎしながら、でも思ってたよりずっと楽しかったです♪

次の練習曲は「いつも何度でも」(作詞:覚和歌子 作曲:木村弓)、
楽譜を貼ったスクラップブックのページが空いてしまったので、思わず描いた落書きです。
2020062020144096d 楽譜fs
繰り返すあやまちの そのたびひとは
ただ青い空の 青さを知る
果てしなく 道は続いて見えるけれど
この両手は 光を抱ける    




今週末は、3月まで孫の育休で休んでいたので、6ケ月ぶりの撮影実習です。
2万本の紫陽花が待つ「まんのう公園」に行ってきます♪
楽しみ〜


 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!

 
<関連記事>

空をみあげよう 〜星空指数〜   

写真日記
05 /26 2020
output_comp 20200521志度4FS
Canon EOS 6D 撮影日時:2020/05/21 (45分のコンポジット)F:5.6 Tv:10 ISO:200



空を見上げよう 星空のはず


新型コロナウイルスが紫外線に弱いと聞いてから、毎日の紫外線量が気になり始め、新聞の天気予報欄をチェックするようになりました。
今まで気がついてもいませんでしたが、四国新聞の天気予報欄には「星空」予報もありました!!
20200524145910fe5.jpeg


21日の星空指数は60で、「空を見上げよう 星空のはず」
そわそわと、近所のため池まで行ってきました。

星は、、、、あまりみえません。
「星空のはず」を信じて、カメラを北にむけてちょっと待ってみました。

肉眼には捉えられませんでしたが、カメラは星を捉えていました。(冒頭画像)

南には、雲の切れ間に沢山の星が見えます。


露光時間が長くなると、日周運動で星が点にならない。
一般に星を点に写せる最長露光時間は、「500÷レンズの焦点距離」 (参考:★)



私の持ってる広角だと、24mmでは20秒
               14mmでは36秒


帰り際、南に向けて、14mmの単焦点なので 30秒で撮りました。
IMG_184620200521ため池星 fs2
F:2.8 ISO感度:200 (上記の参考:★によると、ISOはもっと大きくすればよかったみたいです(^^;)



記事を書いている今日(5月25日)の星空指数は「10」、
「青空は期待薄。ちょっと残念」でした!

星空指数100になる日が楽しみです


 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!

 
<関連記事>

冬の散歩道  #ため池 #枯蓮(かれはす) #鴨

写真日記
01 /16 2020
IMG_1368-20200103A fs
撮影日:2020/01/03



しばらく遠くにはいけないので、私のスタジオに行ってきました。
近所のため池です(^^)/

鴨と枯れ蓮がある池です。
蓮は春の浮葉から、蓮、蓮の花(夏)、蓮の実、敗荷(秋)、枯蓮(冬)というように一年を通じて季語となる珍しい植物です。
枯れ蓮の幾何学的な姿はそのままアートですよね♪

IMG_1357-20200103AB fs
フォトショップの1枚の写真での「効果のコラージュ」を使いました。


↓カメラ女子風に?ハイキーに。
IMG_1393-20200103A fs


↓このキンクロハジロさんは、一生懸命に枯れた葉をついばんでいます。
IMG_1451-20200105fsfs.jpg
鴨は小魚を食べるのかなと思っていましたが、
「淡水ガモの仲間、『マガモ』や『カルガモ』などでは、穀物,水生植物,水生小動物などを好んで採食」
なんでも食べるようです♪


↓このカワウ君は誰かに似ている。菅田将暉?
IMG_1438-20200105fs.jpg


↓この池には何種類もの鴨がいます。
せっかく良い光がきてるのに、みんな下を向いている群れがいました。
ブログを書いている中で、
「カモは、えさのとり方によって大きく2つのグループに分けられます。
・水面採餌ガモ: 水上でえさをとる
・潜水採餌ガモ: 潜水してえさをとる」と知りました。
この子たちは「潜水採餌ガモ」のようです!
IMG_1430-20200105 fs


2020年はじめてのスタジオからでした(^^)/

冬の間は鴨が、
春になり鴨が去ると、
夏には、綺麗な蓮の花が咲きます


 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!

 
<関連記事>