メジロ  <アンジロウとデンジロウ>

日本画
03 /30 2020
20200329165819b93.jpeg




前回の日本画の投稿が2017年11月(^^;
中途のままだったメジロを描き終わりました。

きっかけはデッサン教室の友達であるYさんから届いた沢山の絵具です。
絵具はYさんの友達のお母様が亡くなり、残された絵具が水墨画をしているYさんに託されたものの、そのまま納屋に眠っていたそうです。
Yさん「ガラスの中に粉が入ってるんよ。使い方がわからないから貰ってくれる?」
わたし「膠で溶けばいいよ。最近は膠でなくて、扱いやすいアートレジンを使っても良いし、高価なものだからね、使えば、、、、」
Yさん「いいや、使わないから貰ってくれると嬉しい。日展にも出してた人のなの、、、」

で、その絵具が私の元に届きました。
岩絵具も沢山ありました。
IMG_3235-20200328fsfs.jpg

綺麗な色をみてるだけで楽しいです♪

描いていたメジロは数年前、我が家の杏の花に来たメジロです。
「梅にメジロ」を写真家達は<ウメジロウ>と呼びます。
だから<アンジロウ>

今年はあんずの木の剪定が遅くなり花が枝先に少しだけ。
IMG_3100-20200326fs.jpg

メジロさんはちょっと来て、すぐに出ていきました。
カメラを向けた時は電線の上に"(-""-)"
だから<デンジロウ>
IMG_1808-20200204fs.jpg


先日会った寒緋桜の<カンジロウ>
連射で写真を沢山撮ると、選ぶ時に心が折れそうになりますね。
この写真は前回スルーしていましたが、見直すとなんとかピントがきていた一枚です(^^)/
IMG_2723-20200310fs.jpg


今日の絵(F4の小品)は、明日からはじまる◆さぬき市文化協会 春の絵画展に出展させていただきます。
会期:3/31〜4/12(休館:月曜)
会場:さぬき市「21世紀館さんがわ」
IMG_20200221_0001.jpg


多くの展覧会中止の連絡が届く中、開催されます。
こちらはまだ発生の報告がない地域だからだと思います。
明日は搬入。
咳エチケットのマスクして、間隔を取りながらコミュニケーションをとっていく、
手洗いを励行して、顏や目を素手でさわらないなど、
自分も他人も守れるように努力しますね!


となりの東かがわ市は全国一の手袋の産地です。
マスクをつくってくれればいいのになぁ〜と漠然と考えていましたら、嬉しいニュースがありました。

NHK NEWS WEBより「手袋メーカー 布製マスクを生産」
新型コロナウイルスの感染拡大によるマスク不足の解消につなげようと、全国一の手袋の産地、東かがわ市にある老舗の手袋メーカーが、手袋を縫う技術をいかして布製マスクの生産に乗り出しました。
市によりますと、このところ市内の手袋メーカーが相次いでマスクの生産に乗り出しているということです。

日曜日、テレビをみてると、コメンテーターが新型コロナウイルスによる死亡が他国に比べて著しく低いことにふれ、
「日本は政治家が信用できないから、国民が自分でしっかり対策してるからだ。」と言っていました!

綱渡りのような日々もいつかは終わります。それまで頑張りましょう。

志村けんさんが、待ちわびている愛犬のもとに元気で帰れますように、、、


追記:
この記事をアップして間もなく、志村けんさんの訃報がありました(涙)
入院する前、家政婦さんに「犬の世話を頼む」といってでられたそうです。
どんに心が荒れた犬でも志村さんには心を開き、優しい人であることがわかりました。
ご冥福を心からお祈りいたします



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村
Thanks for everything.


<関連記事>

お雛さま 〜親の思い〜 #京人形 田中彌 #常盤御前

写真日記
03 /27 2020
IMG_1105-20200322fs.jpg
撮影日:2020/03/22



毎年、お雛様収集家の元上司から
「お雛様かざったから見に来てください」とのご招待があります。

2013年「旧暦の雛まつり 2013」
2014年「雛まつり」
2016年「丸平大木のお雛様」
2017年「お雛様  〜犬筥(いぬばこ)〜」
2018年「 旧暦のひな祭りは4月18日です♪ 」「〜庶民のための雛人形〜」 
2019年「お雛様 〜美形の右大臣〜」「お雛様 〜吉野喜代治のお雛様〜 」

今年も「飾りました!」とのメールが届きました(^^)/
旧暦のひな祭り(4月3日)まで飾ります。
一緒に行く友達の一人が、第二の人生にスポーツインストラクターになり超多忙なので行けたのは3月も終わりです(^^)/


↓今年、新しくはいったお雛様。「京人形 田中彌」の木彫りのお雛さまです。
「京人形 田中彌」は、 創業1808年(文化五年)200年以上、 京都四条で営業を続けている人形店です。
オークションで競り合いになり諦めて眠ると、翌日の朝に落札者となっていたという、ご縁のあったお雛様です。
IMG_1103-20200322FS.jpg


↓素朴な味わいがいいですね♪「石人形のおひなさま」
IMG_1120-20200322fs.jpg


雛人形には、子供の身代わりとなって災いが降りかからない様に、という親の思いが込められています。


お雛様の間に、高松張り子の「常盤御前」がいました♪

常盤御前(ときわごぜん、保延4年(1138年) - 没年不詳)は平安時代末期の女性で、源義朝の側室 。

<物語上の常盤>
常盤は近衛天皇の中宮・九条院(藤原呈子)の雑仕女で、雑仕女の採用にあたり藤原伊通の命令によって都の美女千人を集められ、その百名の中から十名を選んだ。その十名の中で聡明で一番の美女であったという。後に源義朝の側室になり、今若(後の阿野全成)、乙若(後の義円)、そして牛若(後の源義経)を産む。平治の乱で義朝が謀反人となって逃亡中に殺害され、23歳で未亡人となる。その後、子供たちを連れて雪中を逃亡し大和国にたどり着く。その後、都に残った母が捕らえられたことを知り、主であった九条院の御前に赴いてから(『平治物語』)、清盛の元に出頭する。出頭した常盤は母の助命を乞い、子供たちが殺されるのは仕方がないことけれども子供達が殺されるのを見るのは忍びないから先に自分を殺して欲しいを懇願する。その様子と常盤の美しさに心を動かされた清盛は頼朝の助命が決定していたことを理由にして今若、乙若、牛若を助命したとされている。(引用)


  IMG_1154-20200322FS.jpg
 胸に抱えているのが牛若丸です。


お雛様にこれほど魅かれるのは、
親の子を思う心が伝わってくるからなのでしょうね、、、、。


今年の大人女子の集まりは、
高松でのコロナ陽性者の報告はまだなく、お部屋の換気は良く、全員熱・咳もなく、少人数なので、予定どおり集まることができました。
また、来年もみんな元気で会えますように


↓ばいも(貝母)
IMG_1078-20200322fs.jpg



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村
Thanks for everything.


<関連記事>