高松空襲

写真日記
07 /04 2022
IMG_2525_20220702Fbb.jpg
撮影日時 2022/07/01 20:08:03



1945年(昭和20年)7月4日未明、116機のB-29が高松市の上空に飛来。
午前2時56分から同4時42分まで、焼夷弾などの爆撃を続けた。
市街地の約80%が焦土と化し、1359人が死亡。高松赤十字病院は、絨毯爆撃によって全焼。入院患者は当直していた従業員の看護婦、医師等と共に全滅したとみられる。高松市立四番丁小学校も全焼。校歌には、1000名の小学校と歌われている。(引用:



7月4日になると、祖母が高松空襲の話をしてくれました。
『焼夷弾が雨のようにおちてきた』のだそうです。

空襲から逃げのび、避難先の大叔母のお寺で会えた祖父、祖母、母でしたが、
祖父は空襲の1週間後に亡くなりました。46歳であったそうです。


今も地球では、戦争がなくなっていません。
ウクライナ戦争の報道も心なしか少なくなっています。

戦争の悲惨さを語る祖母の話を、7月4日になると思い出します。

それを伝えるのが私の使命になりました。



コメント欄はおやすみしていますm(__)m


 にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!

 
 
<関連記事>

蓮の花   〜今夜、ロマンス劇場で〜

写真日記
07 /02 2022
IMG_2352_20220629FB.jpg
撮影日時 2022/06/29 10:22:36



それほど大きな変化のない毎日でも、ブログ訪問をしていると、季節の始まりをいち早く教えてくれます。
和歌山県のブロ友さんの所で「蓮の花」が咲いてることを知りました♪

もしかして咲いてるかなぁ〜
前日の友達との電話で、歩かなきゃと反省し歩いてため池まで行きました。
キョリ測アプリで測ると989m4、おにぎり0.4個50kcalを消費できる距離です(^^)
車だと遠回りしますが歩くと近道できるので、意外と快適です♪

まだ早かったですが、蕾が少し♪
花の近くに行くには、ため池と個人の敷地の区別があいまいで、見つけた奥様に
「あそこで写真を撮らせてください。」とお願いすると、満面の笑顔で「どうぞ。どうぞ。」と言ってくださいました♪♪
IMG_2363_20220629Fb2.jpg

1輪だけ咲いていました。
IMG_2363_20220629F.jpg


今日見たテレビ録画していた映画「今夜、ロマンス劇場で」の映画風に、
久しぶりにモノクロに色を残しました。
IMG_2356_20220629F.jpg


映画「今夜、ロマンス劇場で」は、モノクロ映画の中のお姫様と映画監督志望の青年によるロマンティックな恋愛を描いています。
主演のお姫様は綾瀬はるかさん、映画監督志望の青年が坂口健太郎さん。

「ローマの休日」を模したはじまりと、「ニュー・シネマ・パラダイス」を思い出させる映画館の映写室。
名作映画へのオマージュがちりばめられた作品です♪
見た後で知りましたが、公開から4か月後に死去した加藤剛さんの最後の映画出演でもありました。
映画監督志望の青年の晩年が加藤剛さんです。

私は綾瀬はるかさんのファンで、テレビドラマ「仁」の時もそうでしたが、演技の中にも品を感じさせる姿がとても好きです♪
大好きな加藤剛さんの最後の作品が、あたたかなファンタジーで良かったと思いました。
映画の中で加藤さんは綾瀬さんに手を握られ旅立ちました。

映画『今夜、ロマンス劇場で』公式サイト→コチラ

はじめて加藤さんを知ったのは、たしかTBSのドラマ『人間の條件』の梶の役でした。
最後の作品の加藤さんは80歳です。
胆のうがんだったそうです。
見事な役者人生です。

蓮の花は極楽浄土に咲いている花ですね、、、


蓮の花の横をトンボが飛んでいきました!
IMG_2460_20220629FFB.jpg


つづく


 にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!

 
 
<関連記事>

大窪寺(2)  〜お遍路さん〜

撮影実習
06 /29 2022
IMG_2324_20220625FB.jpg
撮影日時 2022/06/25 11:27:36



NHKカルチャー高松写真教室 6月の撮影実習は「大窪寺の紫陽花」でした。
お寺前の山の紫陽花を撮ったあと、大窪寺にお参りしました。
(1)大窪寺 〜八十八庵(やそばあん)の紫陽花〜→コチラ

紅葉が綺麗なところは新緑も綺麗といわれるように、門前の新緑がすごく綺麗です♪
IMG_2224_20220625FB.jpg


本堂前の石仏。
今まで撮ったことがありませんでしたが、精悍な仏さまに、ひきこまれました。
なんという仏さまかはわかりませんが、
「十一面観音菩薩の顔の上ある10もしくは11の面がは360度のあらゆる方角を常に見て、衆生のどんな苦難も見逃さないという意味」だそうだから、
この石仏さまも同じように、どんな苦難も見逃さずに救済してくださるのでしょう。
IMG_2230_20220625FB.jpg


コロナの影響はまだ大きいようで、お参りする方はまだ少なかったです。
帰り際にお遍路さんの団体がこられました。
IMG_2247_20220625FB.jpg


白衣に菅笠、すだ袋、杖、最近は下は歩きやすいカジュアルな装いになっています。
帳面・白衣(笈摺)は「旅立ちの時」を迎えた際に棺に一緒に入れると極楽浄土へ行けるといわれています。

先生からお聞きした話では、愛知県のお遍路さんは、上下とも完全な白装束なんだそうです。
少しカジュアルなこの方達は、どちらからかとお聞きすると、地元の観音寺市からでした(^^)

本堂で読経したあと、大師堂へ
IMG_2278_20220625FB.jpg


この団体のなかに、人より遅れてゆっくりお参りしているご婦人ふたりに会いました。
若い方がご高齢の婦人をかばうように歩かれています。
門前を出る時、お二人の合掌一礼する姿が美しく、胸打つものがありました。

大窪寺は88番札所、最後のお寺です。
結願成就おめでとうございます!

帰りは「あじさい園」を管理している八十八庵(やそばあん)で、撮影実習打ち上げのうどんを食べました。
写真は撮り忘れました(^^;
お土産に買って帰った「田舎こんにゃく」と「満願いなり」を
IMG_9620F.jpg
「おいなり」さんの中は赤飯です♪


 にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
 にほんブログ村
 いつもありがとうございます!

 
 
<関連記事>