川瀬巴水展へ

写真日記
03 /03 2024
2C3A6080Biog4.jpg


ずっと気になっていた「川瀬巴水展」にやっと行けました!

川瀬巴水(明治16-昭和32年)。近代化の波が押し寄せ、街や風景がめまぐるしく変貌していく時代に、巴水は日本の原風景を求めて全国を旅し、庶民の生活が息づく四季折々の風景を描きました。(高松市美術館HPより)



絵を描くとき、私は迷ったような線を描いてしまうことが多々あります。

版画は彫師、摺師といった職人たちによりはじめて作品となるので無駄な線など一本もなく、作品に魅入ってしまいました。

何度も見たいと図録も購入。
手にしてときめく図録は久しぶりです。
2C3A6087Biog.jpg

実は香川県では「県立ミュージアム」など県立の美術館はすべてシニアは無料です。だからいつもシニアでいっぱい。
だからか高松市美術館の場合「シニア割引はありません」とわざわざ明示しています!
それでも私が行った日は、平日にも関わらずシニアがいっぱい、若い方も沢山来られていました。
良い作品展には、これだけの人が来るのだと嬉しくなりました。
今度は吉田博展をしてほしいです!


先週は『芸術の冬かな』と思うくらい素晴らしい作品展につづいて行きました。
金曜日、「香川写好クラブ第12回写真展」

写真展までの大変な過程を知っているので、友人達の珠玉の作品に出会え感動しました。
日曜日、日本画の級友が入賞していた「さぬき市展」
    絵画クラブ会長・副会長の「水彩画 二人展 -近藤晃・谷井一夫-」
そして木曜日に「川瀬巴水展」です。

そして花より団子系の私は多くの作品展がランチ付き。
瓦町の「香川写好クラブ写真展」では「アガペ」
超人気店なので予約してても並びました。肝心のお料理はやっと入れたので撮り忘れました。見た目ごく普通のエビフライ、ハンバーグのセットですが美味しいんです♪
Aセット1430円(税込み)
202403022010109dc.jpeg

「水彩画 二人展」では夢茶房のランチ、600円、コーヒーでプラス150円
ごはんは選べ、私のは玄米です。今時こんな安さにはなかなか出会えません。
20240302201009829.jpeg

ごちそうさまでした



「川瀬巴水展」は3月6日までです。まだ間に合いますよ!


今日はひな祭り
Happy Girl’s Day!
20240303093836a78.jpeg


    いつもありがとうございます
    にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
    にほんブログ村
 
  
<関連記事>

高松城西高校  #スイセン

写真日記
02 /29 2024
2C3A6039BiogA.jpg


私が住む香川県の話題を二つ

ひとつ目、
かって四国は野球王国と呼ばれていました。

TBS日曜劇場『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』
俊平(主人公の西島秀俊が演じるマエルトロ)の父。長年、四国の高松城西高校で野球部の監督を務めている。俊平もこの野球部に在籍し親子で甲子園を目指していた。しかし、あることがきっかけで行彦はまだ高校生の俊平を勘当した。


香川県の高校一覧をみると現在、高松西高、高松東高、高松北高、高松南高があります。

丸亀城西高校”も!

丸亀城西高校の前身は”香川県立丸亀商業高等学校”、「丸商」と呼ばれ、野球の強豪で甲子園にも行っています。

ドラマは実在しない高校で、でも実際にありそうなナイスネーミング(笑)

3月3日午後9時(TBS)の放送では、香川に帰るマエストロが描かれます。

どうぞお楽しみに


今日の写真は田んぼの畔に咲いていた「水仙」です。
2C3A6058Biog.jpg

2C3A6060Biog.jpg

厳しい寒さの中で花開くスイセンは、春を告げる「春の妖精」と呼ばれ、
欧米では、「希望」の象徴です


香川県の話題は、つづきます(^^♪


    いつもありがとうございます
    にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
    にほんブログ村
 
  
<関連記事>