クニャン

香川県から、趣味ではじめた絵や写真での「日々の記録」です。

はじめてのNDフィルター「塩江の不動の滝」

IMG_700920171028.jpg
撮影日時 2017/10/08 9:08:30



10月も今日でおわりですね。
今月、あばれ神輿(➝)、赤いソバの花(➝)、塩江美術館(➝)と書いてきた記事ですが、
実は10月8日に一番最初に行ったのが「不動の滝」です♪

写真友達と、塩江美術館まで行くなら、不動の滝に寄ろうという話になりました。
滝を撮って、その後赤いソバの花を偶然みて、塩江美術館に行き、有名な谷岡食堂の甘い豆が入った昔ながらのキツネ寿司を買い、あばれ神輿へと、この日は一日中撮影を楽しんだのでした(^^♪


10月最期の記事は、一番最初に向かった「不動の滝」です。(➝地図
IMG_232620171028.jpg

弘法大師の修行中に不動明王が現れたという伝説に由来した滝。
高さは約40mあり、その形状から五重の滝ともいわれています。
IMG_229520171030.jpg

春は山桜、初夏は若葉、秋は紅葉
10月初旬ではちょっとね、、、絵になりませんでした(^^;

で、早く撮ったり、
IMG_700520171028.jpg
Tv(シャッター速度) 1/320

スローで撮ったりと(^^)
スローにすると「白トビしてる」とつぶやくと、先輩が予備のNDフィルターを貸してくださいました。
IMG_230020171028.jpg
Tv(シャッター速度) 1/4  Av(絞り数値) 16  ISO感度 100



紅葉の季節に来れば、滝つぼでクルクル回る葉っぱも撮れそうです♪


自習:
水流をスローシャッターで表現する撮影にはNDフィルターが欠かせません。
NDフィルターはグレーのフィルターで、レンズに入る光の量を減らすことができます。NDとは、Neutral Density(ニュートラル・デンシティー)の略で、直訳すると「中立な濃度」という意味です。発色に影響を与えることなく、光量を減らすのがNDフィルターです。
引用➝

NDフィルターはというと、アマゾンでみたら価格の安いものだと1000円台から4万円以上のものも(@_@)
どうしよう、、、




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村
ありがとうございます
今日はハロウィン
今年、娘はカオナシ(「千と千尋の神隠し」にでてた)の仮装なんだとか(^^;
不動明王とハロウィンがなかよく共存する世界って平和でいいね(^^)/

関連記事

お姉ちゃんからの元気通信  ~「一年が過ぎました」~

2016年6月に高松市の写真ギャラリーカフェ(➝コチラ)をたたみ、
兵庫県三田市に移り住んだ姉から写メが届きました♪

台風はどうでしたか!?
ちょうど1年前高松が台風の日に出てこっちに来たのを思い出しました😄
一年経ち なぜか気に入った場所の「一年写真」送ります✋

↓紅葉に感動して写真を撮る
3657 20171026215420171026

↓雪におそるおそる 歩く
3659201710262154.jpg

↓春の兆し
3661201710262155.jpg

↓野の花にかこまれて💮
3663201710262155.jpg


↓秋ですね! いつの間にか花が終わり実が付いてました
IMG_1061.jpg




妹から:
一年前、引っ越すために家財道具の整理を手伝いました。
不用品の引き取り費用が見積ではトラック1台が7万円で5台は必要だとかで、できるだけつぶせる物はつぶしていました。
私が手伝いに行った時、昔の食器が入っていた木箱をつぶしました。
木箱は金属の釘を使っておらず、「木の釘」にちょっと感激し、感傷にひたりながら、
それでも新しい生活のために、古い木箱を金づちでつぶしていったのです。
「使えるものがあったら持って帰る?」という姉の言葉に、
せまい我が家では置く場所もないので、
お茶碗とお皿、
木箱をふたつ持ち帰りました。

↓「茶漬茶碗十人」、「皿十人前」と書かれた木箱
IMG_727420171027.jpg

IMG_727620171027.jpg

お茶碗の箱には作成日?「明治5年 7月」、お皿には作者の名前(読めません(^^;)がありました。
IMG_727220171027.jpg

IMG_727720171027.jpg


1872年(明治5年)というと、
学制(日本最初の近代的学校制度を定めた教育法令)。琉球藩設置。初めて全国の戸籍調査を実施(総人口3311万825人)。太陽暦(グレゴリオ暦)の採用。(Wikipediaから)


お皿の文様が松竹梅なので、お祝いの席で使われていたのかもしれません。

義兄とご両親のことが思い出されました。
こうしてブログに残せる機会がありよかったです。

ふたりの思い出にお付き合いいただきありがとうございました。

姉は三田で新しい友達もでき、娘夫婦と二人の孫とともに、ますます元気に過ごしています。




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村
ありがとうございます
バナーも姉から (^^♪

関連記事

デッサンLesson 32 「柿と栗」とFlower

IMG_1033.jpg

香川県三木町にあるサンサン館みきのデッサン教室の120分(ホームページは➡こちら)
今回は「柿と栗」
IMG_103220171024.jpg


デッサン教室に通い始めて、一番悩ましいのがモチーフの配置です。
それは写真をとる時の構図が悩ましいのと同じです。

最初、柿と栗をバランスよく配置していたら、
先生 「三角に置くと、安定感はでるけど、面白みがなくなる。」

確かに!
で、栗を二つにして配置してみました。


12分の人物クロッキーは新しく入られたYFさん
2IMG_103920171024.jpg



デッサン記事に添える花の写真は秋らしく
IMG_720320171026.jpg

さて、何の実でしょう(@_@)
玉藻公園であった「全国いけばな展」から。(写真OKなので楽しかったです♪)


↓は我が家の「デュランタ」
IMG_727120171026.jpg

毎年咲いてるのにいつも名前を忘れています(@_@) 
ブログの訪問先で名前をみつけました♪

日本名は「タイワンレンギョウ」。
しかし台湾原産ではない。名前は、ローマ法王の侍医でもあった植物学者のデュランテスに由来するそうです。

花言葉は 「あなたを見守る・独りよがり・歓迎・目をひく容姿」



にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村
ありがとうございます

関連記事

写真展「ときめき 5人展 Part6」から♪

「ときめき 5人展 Part6」に行ってきました♪
IMG_20170909_0002.jpg
↑クリックで拡大します


ときめき5人展はPart1~5まで、姉のギャラリーカフェで開催してくださっていました。
(ときめき5人展Part1~5は➝コチラ
開催は毎年3月、元気な女性たちの写真展にふさわしい、「おひなさま」の季節です。

2017年、
季節は変わりましたが、こうしてPart6を見せていただくと感慨深いものがありました。


石田さまから撮影掲載のご了解をいただきましたので、皆様にも作品をお届けしますね(^^♪
20171023IMG_1023.jpg



↓「秋舞台」  撮影地:高松市  撮影者:石田 信江
201710212353433c1.jpeg


↓「秘密の花園」  撮影地:徳島県  撮影者:大柿 好
20171021235354d02.jpeg


↓「ないしょばなし」  撮影地:奈良県  撮影者:甲邊 久代
20171021235331365.jpeg


↓「夜の観覧車」  撮影地:兵庫県  撮影者:廣瀬 紀久子
20171021235318e97.jpeg


↓「薄墨桜から滝桜へ」  撮影地:岐阜県・福島県  撮影者:山田 惠子
201710212354044b7.jpeg



IMG_20171023_0001.jpg



私が写真をはじめたのも、ときめきの女性たちが素敵なのを見ていたからかもしれません。
ときめく心って、恋する気持ちですよね♪~(^^)/
「恋する女は綺麗さ 決してお世辞じゃない ぜ」って郷ひろみが歌ってましたね➝コノ歌


会期も残り少なくなりました。
お近くの方はぜひ会場に足をお運びください


会期:9/26(火)~10/29(日)
会場:高松市藤塚町「アート・プラザ」定休日:月曜、第1・3日曜(地図)





にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村
ありがとうございます
バナーは、お祝いの胡蝶蘭♪
花言葉は、「幸福が飛んでくる」「純粋な愛」


関連記事

きんもくせい (付:フォトコンデビュー?)

 IMG_721820171022.jpg
撮影日時 2017/10/16



先週は、食べなくなり、水も飲まずにぐったりしているワンコのそばで過ごしました。

点滴と薬が効いて、すこしづつ快方に向かっていき、
しだいに気持ちにも余裕ができ、金木犀を撮ろうと外に出ると裏庭の花はもう散ってありませんでした。

翌日、表の庭に金木犀を見つけて撮りました(^^)/
IMG_721120171022.jpg

IMG_721520171022.jpg


金木犀の花言葉は「謙虚」「気高い人」
強い香りが印象的な一面とは裏腹に、咲かせる花は、小さくつつましい様子にちなんでつけられたのだそうです。(引用:コチラ

長いと思っていた花の開花期間は短く、1週間ほどなんだとか。


ワンコが元気になったことに感謝しながら、
日々の大切さをおもう秋の一日です。


IMG_723120171022.jpg




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村
ありがとうございます

10月20日発売のフォトコンに所属の写真教室(香川写好クラブ)の紹介記事が4ページで載っています。
幸運なことに私の写真も掲載されました。
公募展などで入選している先輩たちが多い中、入って3年目の同期の友達3人が一緒に掲載されました(^^)/
(ブログ内のクラブ記事➝コチラ
クラスメートがフォトコンの年度賞をとったので、その関連取材でした。
友達も私もフォトコンには無縁なので、よい記念になりました。
機会がありましたら、本屋さんで立ち読みしてくださいね。
「フォトコン11月号の実践的写真教室」246~249ページです♪ 


関連記事

塩江美術館へ

IMG_240120171020.jpg
撮影日時 2017/10/08 10:05:26 (これは、作品?)



偶然みかけた赤いソバの花(➝こちら)に歓喜したあと、
私達が向かったのは、
この日の目的地 「塩江美術館」
【思可牟(しかむ)展】(香川にゆかりのある京都市立美術大学卒業生によるグループ展)です。
IMG_20170818_0001.jpg
(前回:➝こちら


↓高松市塩江美術館➝地図
IMG_240720171020.jpg


↓句碑がありました。
 遊歩道には、塩江ゆかりの句碑が13基建てられているそうです。
IMG_243520171020.jpg

「讃岐塩江 昼の蛍を いただきぬ   金子兜太

どういう意味でしょうか(@_@)
高松市塩江美術館は、「ホタルの里美術館」とも呼ばれているので、
「昼の蛍」というのは「展示作品」ということなのかな、
「いただく」の語源は、位の高い方から物を受取るときに、頂(いただき。頭の上)にかかげたことからきてるので、作品への尊敬・感謝の気持ちが詠みこまれているのでしょうね。
句は読み手の想像にまかせるものだそうなので、どうぞご自由に想像してください(^^)/

作品の撮影はできなかったので、この日であった猫どのと蜘蛛さま
↓猫どの 2枚目の写真にもいますよ♪
IMG_241820171020.jpg

↓遊歩道の蜘蛛。 (写真友達と一緒だと、道草が得意になります(笑))
20171020IMG_243420171020_edited-1.jpg


作家さんにお会いできなかったので、作品の撮影はありませんが、
貴志勉さんの作品「From where ? To where ? 」はブログでどうぞ➝こちらこちらでご覧いただけます。

会期は22日までです。
お近くの方はぜひ
赤い蕎麦の花はもう終わっちゃったかなぁ~



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村
ありがとうございます

ご心配をおかけしましたが、我が家のお姫様(ワンコ)は元気になりましたm(__)m

関連記事

赤いソバの花

IMG_236420171009.jpg

「うわぁ~珍しい~赤い蕎麦の花があるよ!」


私は白い蕎麦の花も見たことがないので、何事かと車を停めて外をみましたら、
なんて綺麗なんでしょう!
ピンクのお花畑が広がっていました
IMG_236520171009.jpg



ふとみると男性が撮影しているので、車から降りて遠慮がちにカメラを向けると、

「どうぞ中に入って撮ってください。僕が土地を借りてつくってるソバだから♪」

IMG_237320171009.jpg


記事を書くのにまたネットで検索すると、
塩江で初めて試験栽培の 赤いソバの花 『高嶺ルビー』 が咲いたのが2012年だそうです。

IMG_702420171009.jpg

IMG_702320171009.jpg

信州のソバ博士と呼ばれる先生がいて 1970年代後半 ヒマラヤの高山に赤いソバ畑がある事を知り ヒマラヤへ行き 絶句するような一面の赤いソバの美しさに目をみはりました それから十数年後 先生とタカノ㈱の青年が再びヒマラヤを訪れ 持ち帰ったその種は 日本では赤い花を咲かせませんでした。 何年にもわたる研究の末 日本の風土に合う 赤いソバ品種 『高嶺ルビー』 が誕生(引用:塩江つれづれ➝こちら



塩江に来てまだ5年目みたいです!
不動の滝から、次の目的地「塩江美術館」の【思可牟(しかむ)展】に向かう途中の道沿いでした。

つくってる方から、
「自分では受粉できないので、虫にしてもらってるから、ミツバチとかたくさんいるよ♪」
IMG_233220171009.jpg

蕎麦の花の花言葉は、
懐かしい想い出
喜びも悲しみも
あなたを救う
幸福

塩江で咲く 幸せな花です♪

いつかお蕎麦も食べたいものです(笑)



IMG_703720171009.jpg

我が家のお姫様(ワンコ 7歳)の体調が悪く
しばらくブログはお休みします
いつも ありがとうございますm(__)m

関連記事

デッサンLesson 31 「四角豆とじゃがいも」

香川県三木町にあるサンサン館みきのデッサン教室の120分(ホームページは➡こちら)
今回は「四角豆とじゃがいも」
先生など8人の陶芸作家とイタリアの高級靴ブランド「セルジオ・ロッシ」がコラボした限定商品、
ハイヒールに漆芸の技術を生かした装飾がほどこされている靴が掲載されている10月1日発売の家庭画報を見てスタートしました。
(本屋さんで立ち読みするか、美容院で読んでくださいね。 私は1ケ月400円で雑誌読み放題のdマガジンでみました♪)
IMG_698220171006.jpg

IMG_0948.jpg


私は筆圧が弱いのか、色を濃くのせることがうまくできず、いつも気にしていました。すると最後に先生から

「無理に濃くしようと思わないで、タッチで描いていけばいい!。」

ちょっと気が楽になりました(^^)


タッチの方向を考えて描くとは、
↓さつまいもの例だと  
上のように同じ方向に描くと平面に見えてしまうのに比べ、
下のようにタッチの方向を考えて描ていると立体的になってくる
tatti20171004.png


モチーフの四角豆というのは、沖縄でよく食べられている野菜です。
この莢(さや)のままを煮たり、炒め物や揚げ物(天ぷら)などにするそうです。
私はまだ食べたことがありません(^^)



IMG_698520171007.jpg
今日の花は「菊」
花言葉は 「高貴」 「高潔」 「高尚」
手をかければかけるほど、美しい花を咲かせるといわれています。

ブロ友さんからも「描けばかくほど画力はあがります」と教えていただきました(^^)




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます

関連記事

さぬき市の奇祭 塚原稲荷「あばれみこし」


IMG_277720171008.jpg
撮影日時 2017/10/08 14:25:51



“あばれみこし”は豊作と無病息災を願う塚原稲荷神社の秋祭です。

野良着姿に墨汁や顔料を塗りたくって厚化粧した若者が身近な材料である竹やわら、ナスなどの野菜、花を使って作った質素な神輿を担ぎ、「あ~もったいない、もったいない」と叫びながら縦横無尽に神社境内や参道を走ります。
参道では先導する本神輿へ体当たりをしたり、池へ飛び込んだり、氏子や観客を強引に池へ投げ込んだりとその暴れっぷりに訪れた観客からは大きな歓声が上がります。
その昔、本神輿を担がせてもらえなかった若者が自ら作ったのが始まりとされ、かつては氏子の家を練り歩いていました。「あばれが田を歩くと作が良い、あばれを担ぐと丈夫になる」といわれ、あばれが巡業しなかった年に疫病や災害が起こったことから「あばれが出ないと村が荒れる」と100年以上に渡って受け継がれた伝統行事です。(引用:さぬき市観光ガイド


↓塚原稲荷神社(〒769-2302 香川県さぬき市長尾西)
IMG_704120171008.jpg


↓獅子舞の音が野山に響く午後2時頃
IMG_246420171008.jpg

↓ひょうきんで奇抜な化粧と野良着姿に仮装した若者が「あばれ御輿」を担いで登場します。
農村歌舞伎の役者顔に化粧した若者たち、
カメラマンめがけてお酒を吹きかけるんですよ(^^; 
(危なかった~! いつものことらしく、カメラにシャワーキャップかけて近づく勇ましいカメラマンもいました。)
20171008.jpg

↓身近にある竹や藁・ケイトウなどで飾られた神輿を担いで「あ~もったいない、もったいない」と叫びながら参道を行ったり来たりと走り回ります。
IMG_269520171008.jpg
カメラ機種名:Canon EOS 6D  Tv(シャッター速度):1/10 Av(絞り数値):8.0  ISO感度:800
レンズ EF24-105mm f/4L IS USM
焦点距離:58.0mm(105mmから連射しながら手で回してズーム)
(先輩に教えていただいて、はじめてズーム♪これでピントがきてたらいいのだけど、、、疾走感だけお伝えしました(^^;)


IMG_272920171008.jpg

本神輿を追いかけるように出御した「あばれみこし」は、 神社の前の池まで声を上げながら進み…祝詞を上げながら、大暴れ!
若者が知り合いの見物客を見つけると、すかさず腕をつかんで池に放り込みます。

ドボ~ン! 
IMG_283820171008.jpg

ドボ~ン!
IMG_320920171008ph.jpg

もうすぐ選挙のこの方も、ドボ~ン!
IMG_284420171008.jpg

↓本神輿の後をゆく「あばれみこし」
IMG_306820171008.jpg

↓最後には「あばれみこし」も池に投げ込み!!!
IMG_311820171008ph.jpg


かつては氏子の家を練り歩いていたあばれみこし。
 「アバレが田を歩くと作が良い」
 「アバレを担ぐと丈夫になる」といわれていたそうです。

2017年もおおいにアバレてくれたので
疫病や災害のない よい世界になれるよね♪


IMG_244620171008.jpg




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます
バナーは塚原稲荷神社で舞っていた「獅子頭」 
かまれると幸せになれますよ~


関連記事

「Keyaki cafe(ケヤキ カフェ)」でランチ

IMG_4302201709 29


グルメ情報でなくて、気持ちはテーブルフォトです(^^)/

随分まえになりますが、娘と行ったのは「Keyaki cafe(ケヤキ カフェ)」

IMG_4293201709 29

↓ズッキーニとベーコンのトマトソース(写真はピントが甘くシズル感に欠けていますがとても美味しかったです(^^♪)
IMG_4291201709 29

↓好きな感じのインテリア
IMG_4296201709 29

IMG_4300201709 29

美味しくてお腹もいっぱいだったんですけど、
ハーフのチーズケーキをお願いしました。
IMG_4297201709 29

うん?フォークが2本!!!
「おふたりでどうぞ♪」というスタッフの方の心遣いでした♪

店内は女性客でいっぱい♪
お料理だけでなく、素敵な接客♪
人気の訳がわかりました♪


場所:香川県高松市番町3-2-23 (高松工芸高校の前です!)
営業時間:8:00~17:00



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます

« 新しい記事へ  | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

日めくりカレンダ


作品展のご案内

詳細は【作品展名】をクリックしてご覧ください

◆【谷澤晃 写真展】
会期:11/15(水)~11/29(水)
会場:高松市「庵治・観光交流館市民ギャラリー」火曜休み
IMG_20171001_0002.jpg
◆【第4回 風景写真展】
会期:11/1(水)~11/30(木)
会場:さぬき市:カフェ・セゾン(定休日:月・火曜)
sezonn201711.jpg


◆【清水邦計写真展 ~冬の旅情~】
会期:11/28(火)~12/24(日)
会場:高松市「アート・プラザ」(定休日:月曜、第1・3日曜)
清水さんIMG_20171101_0003
◆【三上栄治洋画展】
会期:11/28(火)~12/3(日)
会場:「高松市美術館」
IMG_20170929_0001.jpg
◆【第15回SIC写真展】
会期:12/5(火)~12/10(日)
会場:さぬき市:21世紀館さんがわ

◆【高橋フクエ日本画個展】
会期:12/12(火)~12/17(日)
会場:「高松市美術館」

◆【香川県美術家協会創立50周年記念展】
会期:12/12(火)~12/17(日)
会場:香川県立ミュージアム「高松市美術館」

敬称略、ご案内ハガキに記載の連絡先をWebでは非公開とさせていただいています。

迷い犬・猫情報、里親募集!

プロフィール

つくも(月萌)

Author:つくも(月萌)
クニャンというのは韓国語で「ただ、なんとなく」という意味の言葉です。絵も写真も中途半端なブログですが、よろしくお願いいたします

 
にほんブログ村 絵画
にほんブログ村 写真

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事一覧

お姉ちゃんからの元気通信 「城崎温泉に行って来ました」 Nov 20, 2017
「母の肖像 16歳」 と コスモスの砂山 Nov 18, 2017
大輪のダリア園 Nov 16, 2017
2017年大窪寺の紅葉♪ Nov 14, 2017
【写団『北極星』 第4回写真展】から Nov 12, 2017
月映(つくはえ) Nov 10, 2017
デッサンLesson 33「玉子と炭」 & 旧多和小学校の大銀杏 Nov 08, 2017

カテゴリ

日本画 (17)
素描 (73)
写真日記 (145)
撮影実習 (19)
みろく自然公園 (3)
写真展から (35)
小さな旅 (20)
作品展のご案内 (31)
香川写好クラブ (2)
お姉ちゃんからの元気通信 (10)
Shall We 彫刻・絵画・写真作品展 (2)
ささやかな思い出 (3)
テーブルフォト (1)
読書ノート (7)
未分類 (18)

このブログの記事画像

日の出・日の入り・月齢

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

💛ブックマーク  


このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ(2015年8月から)

作品展ご案内の履歴

検索フォーム

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん