クニャン

趣味ではじめた絵や写真で 日々の記録をしています

小さな旅 「神戸 異人館」から (付:お姉ちゃんからの元気通信5/9)

2017000020440509.jpg


英国館は、

フデセック医師の診療所と住居であった異人館。
イギリス人が建て、イギリス人が住み続けた洋館。
異人館独特のコロニアル様式の美しいベランダを持つ外観や館内ではイギリス紳士のライフ・スタイルが濃厚に残っている。
バロックやビクトリア時代の家具・装飾品・バーカウンターなどのアンティークが楽しめます。
(引用:異人館ネット➡こちら


2017000020460509.jpg

マホガニーの素材に彫刻を施したパブ・カウンターは、19世紀ビクトリア時代に英国貴族の館にあったもの。

2017000020470509.jpg


私が本を読むきっかけとなったのが
小学校の図書館で 、アーサー・コナン・ドイルの推理小説『シャーロック・ホームズシリーズ』に出会ってからです。ワトスン博士が大好きで全巻よみました。
(小学生だから大きな文字の本です♪)

英国館では、名探偵シャーロックホームズの部屋が小説に忠実に再現されていたり、
相棒のワトスン博士と共同生活をしていた、ベイカー通り221Bのアパートの扉があります。

ホームズの衣装をきたお嬢さん二人から、扉前での写真撮影を頼まれましたのですが、
チェックが厳しくなかなかOKをいただけませんでした(笑)
201705092015.jpg



姉のお薦めは「うろこの家」♪
2017000020430509.jpg

最初に公開された異人館で、国指定登録文化財。外国人向けの高級借家として建てられた。 建物の外壁を覆う約3000枚の天然石のスレートが魚のうろこに似ているところから“うろこの家”の愛称が生まれ、親しまれている。
館内ではアンティークな家具や置物の逸品のほか、欧州の王室が愛用していた豪華な陶磁器などが燦然と輝いている。

デンマーク王室ご用達の陶器工房ロイヤル・コペンハーゲン、
イギリス最古の名釜で生まれた「ペインテッド・フルーツ」、
フランスで国賓マイセンで生まれた皿、カップ、
アールヌーヴォーのガレやティファニーらのしゃれたガラス工芸が見逃せない


2017000020550509.jpg

2017000020570509.jpg


2017000020560509.jpg




↓ここは、 明治36年(1903年)アメリカ総領事ハンターシャープ氏の邸宅として建築された「萌黄の館」
 なんとなく笑ってしまいました♪
2017000020600509.jpg



「六甲牧場のアイスクリーム」を食べながら異人館をあとにし 
2017000020450509.jpg
夕食をとるため南京町へと向かいま~す


楽しい神戸・三田はまだまたつづきます♪ おつきあいくださいね

2017/5/09 三田市の姉から
「街路樹の下の木が全部ツツジでした😄咲いて始めて気づきました😄」
FotorCreated201705092110.jpg





にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
応援ありがとうございます
バナーは、うろこの家美術館1階で展示されている「色ガラスの異人館とモノクロームの街角2017」から
作家:豊福信夫さん
ステンドグラスの旧フデセック邸(英国館)です

小さな旅  「インフィオラータこうべ北野坂2017」


2017000020420501.jpg
↑作品名「ようこそ 神戸へ」  作者:ファミリアデザインチーム


連休は二度目の三田市へ
混んでるだろうなぁ~と思いつつ高速バスに乗りました。
途中で「ちょっと遅れます」と三宮のバス停で待ってる姉にメールしたものの
結局3時間おくれで到着(@_@)
2時間15分で行くはずの道に5時間かかりました(^_^;)

スマホのナビで近い道をなぜか遠回りして、北野町へ(^_^;)
2017000020290501.jpg


そんな疲れた足取りも 突然目の前に現れた花の道をみて、一気に軽やかに(^^)/
2017000020310501.jpg
↑作品名「笑顔で結ぶ世界のヒトの輪ー神戸から世界へ、世界から神戸へ」  作者:神戸情報大学院大学


道路や広場に花で絵を描くイベント「インフィオラータ」です♪

「インフィオラータ」というのは、13世紀頃からイタリア全土で ”コルプス・ドミニ(キリストの聖体の祝日)”に行列を行い、花を道に撒く習慣がはじまりです。
神戸では、阪神淡路大震災からの復興を願い、震災後に企画構想し、2年後の春にはじまっています。


2017000020330501.jpg
↑作品名「祝おう!神戸開港150年~KOBE JAZZに乗って~」  作者:UWATA PARTY

そう、ここは「神戸ジャズストリート」
一つの通りにジャズを聴かせるライブハウスが6店も軒を並べているのは、いまの世界の街にはどこにもない神戸だけなのだそうですよ♪
FotorCreated201705072000.jpg

この日のライブには、観客の若者(白いTシャツ)が飛び入り参加して踊りはじめました♪
めちゃ上手のに、びっくり~♪


花絵の前では「シャッターサービス」もありました
201705071956.jpg

お見せできないのが残念ですが、とっても素敵な笑顔でした♪


北野坂を上ると「異人館街」です
2017000020400501.jpg

つづく


花絵は↓のパンフレットをクリックしてご覧くださいね
IMG_20170507_0001.jpg




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
ありがとうございます

「まんのう公園」は花日和 (3)~タンポポと森の妖精 ネモフィラ~

2017000020070429.jpg


4月の撮影実習はチューリップが咲く「国営讃岐まんのう公園」でした♪
「まんのう公園」は花日和 (1)➡こちら
「まんのう公園」は花日和 (2)~おかあさんといっしょ~➡こちら


公園にはタンポポ(蒲公英)の丘もありました~♪
寝っ転がってファインダーをのぞきます
こんな風に草むらに寝っ転がったのって、何年前? 何十年前?かな(笑)


2017000020190430.jpg

気持ちのいい青空がひろがっています♪


チューリップの間には、森の妖精 ネモフィラ
2017000020200430.jpg

ネモフィラの名前の由来
属名の学名「Nemophila(ネモフィラ)」は、ギリシャ語で小さな森を意味する「nemos」と愛するを意味する「phileo」を語源とし、ネモフィラの原種が森周辺の明るい日向に生息することに由来しています。
青い花の中心が白いその花姿から英語では「Baby blue eyes(赤ちゃんの青い瞳)」と呼ばれています。(引用:



2017000020210430.jpg

空色の花
ネモフィラの花言葉は
『どこでも成功』『可憐』『あなたを許す』

『どこでも成功』って鯉のぼりのコンセプトと同じですよね

今日、5月4日は無料入園日、5月5日はこどものみ無料です(いつもは大人410円、シルバー210円、こども80円)
駐車料金 普通車310円は必要です


こうして撮影実習は終わりました
もう少しネモフィラを大きく撮ればよかったし、
タンポポの丘は、もっと絞ってパンフォーカスの写真(手前から奥までピントが合って いる状態)にすればよかったけど、今、自習したらパンフォーカスの写真って難しそうです(^_^;)
参考:「パンフォーカス撮影に挑戦」➡こちら
またチャレンジしてみます!
まんのう公園の撮影実習日誌はこれでおわりです
お付き合いいただきありがとうございましたm(__)m



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
ありがとうございます


「まんのう公園」は花日和(2)~おかあさんといっしょ~

2017000020110429.jpg

4月の撮影実習はチューリップが咲く「国営讃岐まんのう公園」でした♪
「まんのう公園」は花日和 (1)➡こちら


5月の最初の記事は、子供たちの健やかな成長を祈って


「こどもの日」というは、祝日法という法律の中で
「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。」 とあります。

子どもの日は、おかあさんに感謝する日なんですね♪

お母さんへの思いも込めて最初の一枚を選びました。
お母さんはずーっと一緒にいると思っていました
亡くなってもう18年もたつんだわ、、


春の公園は子どもたちの元気な声で弾んでいましたよ~♪

2017000020140430.jpg
(お父様から撮影のご了解をいただいています)


↓「ふわふわドーム」でも弾んでいます♪
2 2017000020160430


↓鯉のいる池には、鯉のぼりも泳いでいます。鯉と鯉のぼりのツーショットはならず、残念(^^)
2017000020130430.jpg

↓鯉とツツジのツーショット(^^♪
2017000020120430.jpg


大空を華麗に舞う鯉のぼりの由来は、中国の黄河上流に竜門と呼ばれる激流が連なった難所があり、その竜門を登りきった鯉が竜と化し、天に昇ったという古代中国の伝説にあやかったものだそうです。

今の時代、何が出世なのかはわからないけど、
子供たちが健やかに育つことを 心からお祈りしています


2017000020020429.jpg

まんのう公園は、あと1回お付き合いくださいね
つづく



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
ありがとうございます

見ごろで~す♪ 「岩田神社の孔雀藤」

2017000019950429.jpg

友達 「今年は連休前に行こう!」

↓これまで行った3回はちょっと遅くて、今年こそはと思っていたら新聞に見ごろの記事がありました♪
2016/5/4 「終わってた岩田神社の孔雀藤」 ➡こちら
2015/5/4 「タイミング」 ➡こちら
2014/5/4 「岩田神社の孔雀藤」 ➡こちら
 
で、4月29日(土)に行ってきました~
まんのう公園の記事も未完ですが、今回はタイムリーな香川情報を心がけました(^^)/
2017000020010429.jpg


 岩田神社のフジは樹齢800年超とされ、1本の幹からフジ棚いっぱいに広がっています
 そう、孔雀が羽を広げるごとくです♪

↓新聞記事が効いたのか、神社前の道は車で埋め尽くされていました(^_^;)
2017000019920429.jpg

↓藤は いいタイミング♪
2017000019980429.jpg

↓白いのは これから咲くみたいですよ♪
2017000019890429.jpg

↓藤棚の下ではコンサートがありました♪
 演奏:瀬戸内振り逃げダイアモンズ

構想3年の末、2015年、ひろせしょうた、ウクレレキイチの2人で結成。 普段は野球部の補欠がさまざまな楽器を駆使し、JUG(ジャグ)を中心に演奏する。部員も増員中。(瀬戸内振り逃げダイアモンズのフェイスブックから)


2017000019930429.jpg


2017000019990429.jpg

岩田神社 由緒(香川県神社誌)
治承二年(紀元一八三八)八月の創祀。舊くは飯田郷(鶴市、郷東、飯田、檀紙)四ヶ村の産土神にして現今の檀紙村大字御厩も亦氏子たりしこと明なり。
社領二石二斗ありて国守松平氏の寄進する所とす。
崇徳天皇當国綾松山に遷らせ給ひし時、唐渡左門雅基従ひて當国に来る。 雅基の先は後漢霊帝四世の孫高貴王なり。
高貴王丹波国に移り、其の裔康頼丹波宿禰の姓を賜ひ醫博士となり、子孫世々典薬頭たり。
故を以て雅基崇徳天皇に従ひて讃岐に来る。
天皇崩御の後、雅基の子助左衛門尉信宗飯田郷に移住し當社を創立す。


(難しい、、、平たく言ってしまうと、保元の乱で惨敗し、讃岐に流された崇徳天皇についてきた人の子が岩田神社をつくったみたいです(^_^;))

2017000019960429.jpg


孔雀藤は近年、樹勢の衰えが懸念されており、地元の弦打校区コミュニティ協議会が接ぎ木や挿し木を行い、地区内の小学校や公園などに植樹。地域ぐるみで子孫を育てているそうです。


岩田神社のもうひとつの楽しみは、境内のハナミズキ
2017000020000429.jpg

ハナミズキの花言葉は
「durability(永続性)」

こうしてまた 友人と「孔雀藤」を見に来ることができたことに感謝した 春の一日です

また 来れますように


参考:四国新聞ニュース2017/04/28



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
ありがとうございます

連休あけまでコメント欄はクローズしています。いつもありがとうございますm(__)m

「井本英樹 ひび びびび展」へ♪ (付:お姉ちゃんの元気通信)

2017000019630418.jpg

◆4/18(火)~5/28(日)
「井本英樹 ひび びびび展」
20170401231637879imotennomote.jpg


↓会場の高松市塩江美術館はNPOの職場に近いので仕事前にいってきました
2017000019750418.jpg

『かがわ・山なみ芸術祭』の事務局として、また美術家として丸亀市を拠点に地域文化活動に貢献している井本英樹さんの作品約300点です。


いつもブログでみていたあの作品(➡★)が、手をつないで遊んでるように並んでいます♪

↓迷路をぬけて作品の森へ 
2017000019760418.jpg

↓近くでみると、
 井本英樹2017
 全作品についてるキャプションを読むと、笑っちゃいますよ♪



↓「どっからでもかかってこいや~」(2017年作 素材:竹刀、藁縄ほか)
2017000019650418.jpg

息子さんとその友達の古くなった竹刀で作品ができました。
悪い人に友達みんなで立ち向かってるみたいにも見えるし
一人で竹刀を振り回してるようにも見える(^^)/


会場の外では井本先生が、ワークショップ「こいのぼりをつくろう!」の準備中
塩江美術館庭園にて、チューリップの花びらで花絵をつくるイベントのため、こいのぼりを描かれていました。
↓どこか動きがぎこちないですね(笑)
2017000019740418.jpg

(↓追記:今日「4月29日の四国新聞から」できあがった鯉のぼりです♪)
2017000019830418.jpg


日常をしなやかな視線でとらえ、繊細でいてユーモアにあふれた作品をみながら
作ってる先生が一番楽しんでるように思えました♪

「人間は自分自身の人生を描く画家である」と言ったのは哲学者のアドラーです。
展覧会の帰りには、自分の人生の絵を描く元気までもらったような気持ちになりました。

展覧会について、詳しくは塩江美術館のホームページ➡こちらをごらんください

2017年4月29日(土)14:00~15:00には「愉快な音楽イベント「ひび びびび 音楽と語り」があります
IMG_20170428_0001.jpg



アップが遅くなりましたが三田の姉からは「しだれ桜」もとどいていま~す♪
IMG_0182.jpg

井本先生が描いてくださった、姉のお店でのこと、
閉店の2週間前の絵です➡こちら






にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます
バナーは緑の桜(御衣黄桜)
仕事帰りに撮りにいきました
黄色い桜(鬱金桜)のような気もしたので詳しい方に聞くと、どちらも正解なんだそうです。
二つの桜を接ぎ木してるそうなのです。
同じ木からでてるこちらは、黄色い桜(鬱金桜)です
2017000019790418.jpg

「まんのう公園」は花日和 (1)

2017000019450418.jpg


「どこに行きますか~」
撮影実習の場所は受講生の希望で決まります。
4月はチューリップが咲く「国営讃岐まんのう公園」になりました♪

今、まんのう公園は春らんまんフェスタ中
チューリップが咲き誇るほか、5月いっぱいまで楽しめるフラワーリレーが続きます♪
 チューリップ➡ネモフィラ➡シャーレポピー
2017000019510418.jpg


公園のチューリップは32品種 約5万本
チューリップの中をあるく人には、あたたかな まなざしがあふれていました

恋人たち
2017000019540418.jpg


車イスのご婦人を押すのは娘さんかな~ワンちゃんも嬉しそうです♪
(「鑑札番号」と「狂犬病予防注射済票番号」があればワンちゃんもはいれます)
2017000019520418.jpg


チューリップの花言葉は「思いやり」なんだそうです

ピンクのチューリップ(Pink Tulip)は、「愛の芽生え」「誠実な愛」
2017000019500418.jpg

赤いチューリップ(Red Tulip)は、「愛の告白」
2017000019470418.jpg

黄色いチューリップ(Yellow Tulip)は、「望みのない恋」「名声」 (これは、、、(^_^;))
2017000019530418.jpg



待ち合わせのまでの2時間半があっという間に過ぎていきました

つづく

(おしらせ)
5月4日は無料入園日、5月5日はこどものみ無料です(いつもは大人410円、シルバー210円、こども80円)
駐車料金 普通車310円は必要です



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます


緑の桜と「春の山野草展」 (付:お姉ちゃんの元気通信)


春は花がいっぱいですね
桜が終われば、あの緑の桜の季節♪
さぬき市多和の職場近く、産直市場の横には1本の緑の桜があります
カメラを持ってワクワクしながら行きました~
2017000019140418.jpg

遠くに2枝だけかな?
2017000019150418.jpg

近くにいた方に
「遅かったみたいです」と言うと
「これからですよ!」

そうなんです。よーく見ると蕾がたくさん♪
緑色なのでパットみるとわかりません(^_^;)

緑の桜は「御衣黄(ぎょいこう)桜」といいます。
4月下旬頃に緑色の花を咲かせ、花が開いたときには緑色ですが、次第に緑色は薄れて黄緑色から黄色になり、やがて中心部が筋状に赤くなります。

うわぁ~その桜の横にはこんな可愛い子もいました♪(びっくり)
ちっちゃなヤギさん
2017000019160418.jpg

2017000019250418.jpg


週末だけ開く産直市にこられたら、横と裏をみてくださいね



◆4/18(火)~4/23(日)【春の山野草展】さぬき市:21世紀館さんがわにも寄りました♪
IMG_20170405_00012.jpg

会長の伊賀さまから撮影・掲載のご了解をいただきました。
2017000019170418.jpg

↓右上は「パルポコジウム」
2017山野草展


写真を撮ってると、カメラの話になりました。
会長「今のカメラは撮ったらすぐ確認できるからいいね。僕のは時間がかかる。」
私  「会長さんのカメラはどこのですか?」
会長「ペンタックス」
私 「ペンタックスだとK-3? K-1?」
会長「ペンタックス645N 、、、」
私 「それってフォトコンでよく入選してる人が持ってるカメラ! フィルムですか!」
会長「そう、重いよ」

山野草を愛する会長さんは、筋金いりのフォトグラファーでした(^^)/


↓「黄斑大葉双葉アオイ」
2017000019190418.jpg


週末は山野草の即売会もあります
たくさんの花たちに会いに行ってくださいね
写真のお話しもしてくださるかも(^^)/



三田市の姉からも 花のおたより
『昨日の大雨で桜が散りました。でもさくら絨毯の上を歩き、爽やかな朝の散歩でした』
IMG_0139.jpg





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます


瀬戸大橋にかかる夕陽をみたくて

『夕陽が橋にかかってスケルトンになった列車を撮りたい!』

なんていう友達の無茶ぶりを
写真教室の先輩が引き受けてくれました(^^)/
でも太陽が落ちて橋に架かる数分の間に列車が通る確率はどんでもなく低い
瀬戸大橋を走るマリンライナーは1時間ごとなので、上下線で30分間隔です。

理想は高く、現実は低いことを、もうよ~くわかってる年齢なので(笑)
そこは「夕陽がみれたらいいなぁ~」というノリで坂出に向かいました♪

FullSizeRender.jpg
引用:日の出・日の入りマップから(場所はあまり正確ではありません(^_^;))

↓ここに太陽が沈むはずと、30分前からワクワクしながらスタンバイ
201704151951DSCN1988_edited-1.jpg

↓あーちょっと沈む場所がずれてる(^_^;)
 光の中に船はいれてと、、
 鳥も飛んでます。ちっちゃいけど
2017000019000412.jpg

↓雲まで出てきた~(^_^;)
 でもこれはこれで雰囲気がある♪
2017000018990412.jpg


2017000019090415.jpg

これはコンデジのオート撮影
2017000019030412.jpg


2017000019080412.jpg
撮影日時 2017/04/14 18:31:35


FIN

橋に架かるのは明日くらいだそうです



撮影したのは三脚をだしても迷惑にならない道路わきの車寄せからです。
DSCN2031.jpg


あ~楽しかった♪
ほんの数分のサンセットショーに
酔いしれました(^^)/

お世話してくださったT先輩
ありがとうございましたm(__)m

車内で久しぶりに聞いた浅川マキ、泉谷しげるも良かった~




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます
バナーも坂出から

記事中の FIN(おわり)はフランス語で「ファン」と読みます。私は「フィン」かと思っていました。
茨城県の「いばらき」を昨日の朝ドラをみるまで「いばらぎ」だと思っていました。 
茨城県の皆さま ごめんなさいm(__)m


スノードロップ

2017000018940412.jpg

《ちょっと ひとやすみ》

庭のスノードロップ

花言葉は「希望」「慰め」
天使がアダムとイヴを慰めるため、舞い落ちる雪をスノードロップに変えたという言い伝えに由来するといわれています


背景の整理に傘を使ってみました。
捨てられずにたまっているのが、何本もあります(^_^;)
錆びた古い傘にちょっぴり新しい命が吹き込まれました♪



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます

« 新しい記事へ  | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

⏰文字時計

作品展のご案内

【作品展】をクリックするとDMが開きます♪

******** 開催中 ********
◆6/21(水)~7/2(日)
【フォトクラブ 写遊 写真展】
善通寺市美術館
IMG_20170512_0001.jpg
◆6/10(土)~6/28(水)
【宏磁窯 作陶展】
徳島市:珈琲茶房 あうん亭(定休日:木曜)
★出展者:cozyさんのブログ➡
IMG_20170513_0002.jpg
◆6/1(木)~6/30(金)
【第3回 田中隆司と仲間たち展】
さぬき市:カフェ・セゾン(定休日:月・火曜)
2017000022270601.jpg


******** もうすぐ開催 ********
◆6/27(火)~7/2(日)
【おきにいり展】
さぬき市:21世紀館さんがわ
◆6/27(火)~7/23(日)
【第4回『写風』写真展~楽しいかな写真人生~】
高松市:アート・プラザ(定休日:月曜、第1・3日曜)
◆7/1(土)~7/30(日)
【フォトクラブ六遊会 写真展5】
さぬき市:カフェ・セゾン(定休日:月・火曜)
◆7/16(日)~7/22(土)
【第7回写団瀬戸写真展】
高松市:IKODE瓦町

(ご案内ハガキに記載の連絡先をWebでは非公開とさせていただいています。)

迷い犬・猫情報、里親募集!

プロフィール

Author:つくも(月萌)
クニャンというのは韓国語で「ただ、なんとなく」という意味の言葉です。絵も写真も中途半端なブログですが、よろしくお願いいたします


にほんブログ村

ただいまコメントは「拍手コメント」からのみになっています (*- -)(*_ _)ペコリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

日本画 (15)
素描 (62)
写真日記 (121)
みろく自然公園 (2)
小さな旅 (20)
撮影実習 (10)
さぬき情報 (4)
読書ノート (4)
作品展のご案内 (24)
ささやかな思い出 (2)
未分類 (22)
タイトル帳 (8)
お姉ちゃんからの元気通信 (5)
「Shall We 彫刻・絵画・写真作品展」 (1)
香川写好クラブ (2)

最新記事一覧

デッサンLesson 22「牛乳ビンとキッチンクロス」  Jun 24, 2017
タイトル帳(P.8)【半明薫 写真展】 (付:善通寺市近代化遺産散策マップ) Jun 22, 2017
白鳥が大きくなっていました~♪ Jun 20, 2017
香川で一番長~い橋 --屋島大橋-- Jun 18, 2017
お姉ちゃんからの元気通信 「高野山に行って来ました」 Jun 16, 2017
デッサンLesson 21 「人物クロッキー」 ~浦沢直樹の「漫勉」やぁ~ Jun 14, 2017
新屋島水族館 ~ダークシーシャドウ軍の一番の美女は~ Jun 12, 2017
「屋島寺へ」 歴史を感じながら撮影実習♪ Jun 10, 2017
【第3回 田中隆司と仲間たち展】へ♪ Jun 08, 2017
はじめての ほ・た・る (三木町) Jun 07, 2017

💛ブックマーク(香川の写友さん)

💛ブックマーク(💛:FC2以外)  

このブログをリンクに追加する

作品展ご案内の履歴

日の出・日の入り・月齢

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ(2015年8月から)

記事画像(クリックで記事へ)

検索フォーム

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん