街の風景  〜As time goes by〜

IMG_1601 - コピー 20180304
撮影日時:2017/12/30 11:14:53   カメラ機種名:iPhone 7 Plus



「子どもの頃、よそゆきを着て出かけた街がシャッター街になっていくのはつらいもんです。思い出が汚されていくようです」
「夫も太田さんと同じことを言ってこぼした。故郷から映画館と本屋が消えていくことほどつらいことはないって......。それで会社を辞めて映画館を始めようっていうことになったんです」


林真理子著の『マイストーリー 私の物語』一節。
IMG_1787 20180302
自費出版専門の出版社ユアーズ社の中年編集者、太田の目を通して彼のもとに自費出版を希望するお客として登場する人々のことを描いた物語です。


消えていっているのは、映画館と本屋だけではなく、写真屋さんもですね。
フィルムを現像してもらうために行っていたのは、いつ頃までだったのか、、、
一枚一枚貼っていたアルバムももう増えていません。


トップの写真は、以前にも撮ったことがある「クマノ写真」の看板です。

以前というのは、いつだったのかブログを探してみると、2013年の暮れでした。
お正月食品の買い出しに、年末に寄ったスーパーの前です。

↓「街の風景 そこに写真屋さんが在った」2013年12月
2014年1月11日のブログからクマノ写真


4年が過ぎ、ひさしには錆がだいぶんでているけど、しっかり立っていました。
「ここにいるよ」って言ってるみたいです。




裏庭のクリスマスローズが咲きました。
19年前に逝った母が、植えた3株です。
植えてくれた時は気にもとめていませんでしたが、年々、愛おしさがましてくるようです。
IMG_8784 20180302

IMG_8818 20180302



As time goes by





にほんブログ村
ありがとうございます


福成寺の寒桜とメジロ

IMG_5803 20180304
福成寺参道の「讃岐寒桜」 撮影日時:2018/03/02 8:54:29




滝宮天満宮の撮影実習を終えて、近くにある「福成寺」にメジロがいるというので行こうとしたら、

先生「今から行っても、メジロはおらんよ。」

えーっ!!!(°_°)

帰って調べると、メジロが飛ぶのは9時からお昼までらしいです。



6日後、くじけずに写友4人で「福成寺」に行きました♪
福成寺(ふくじょうじ)は、香川県仲多度郡琴平町に所在する日蓮正宗の寺院。山号は小松山(こまつさん)。

私には、今年はじめての桜♪
この前まで雪だったのに、あっという間に春です♪
FotoJet20180303.jpg

参道はカメラマンと可愛いちびっ子達でいっぱいになりました♪


私たちのお目当ては、寒桜の蜜に来る「メジロ」です。

沢山います!
IMG_8439B 201803

でもちっちゃい!
で、めちゃ早い!
すぐに見失ってしまいます、、、、(@_@)

RAWだと書き込みに時間がかかると聞いたから、JPEGにして連射。
ネットの予習では、AFが鳥の動きについていけないので、MFがいいそうなので手持ちで左手でのピントの合わせです。
ずっと構えていたら、腕がだるくて、くじけそうになりました、、、


ピントが甘いですが、はじめてメジロ撮りに行ったのでアップさせてください♪


上見てる姿が、かわいい
IMG_8531 201803


下見てる姿も、かわいい
IMG_8457 201803


何してもかわいいね〜



羽を広げ、飛ぶ瞬間を撮ろうと連射してました。
IMG_8537 201803

あー惜しい!
枝の手前を飛んでくれてたらね〜
IMG_8538 201803


なんとなく撮影のイメージがつかめたので、またチェレンジします!


かわいい妖精達に夢中になってると、
あっという間に昼がきました。

楽しかった〜♪


今日もみていただきありがとうございました。


お昼は、行列のできる「山越うどん(やまごえうどん)」へ
11時過ぎなのでまだ行列は少ないです。
IMG_1845.jpg


友達がお薦めの「かまたま」を注文。(小は250円 大は350円)
チクワの天ぷら(どれでも1個100円)をトッピングして、「かまたま用のだし醤油」をかけていただきました。
IMG_1846.jpg

うどん県でも私が住む東讃には、これほど美味しいお店はないような気がします。
行列ができるのも納得のお味です♪

「かまたま」の写真を撮るのは忘れました(^^;(お店のHP→コチラでどうぞ)



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村
ありがとうございます


滝宮天満宮(3) 〜滝宮神社の不思議な牛〜

IMG_5700 2018 03



2月の撮影実習は「滝宮天満宮」→コチラ)でした。
滝宮天満宮(1)〜飛梅〜 →コチラ
滝宮天満宮(2) 〜讃岐の学問の神様!〜→コチラ





滝宮天満宮の隣には、「滝宮神社(旧牛頭天王社)」があります。
IMG_5748 201803


正面には、牛の像がありました。
「あ・うん」じゃなくて、どちらも口を閉じています。

↓もしかして、笑ってる?すごくフレンドリー(^^)/
IMG_5750 201803


↓こちらは口角がさがって、、、風格があります♪
IMG_5753 201803


なぜ牛が?

滝宮神社(旧牛頭天王社)の由緒

和銅2年(709)行基菩薩当国へ奉勅下向の時、阿野の川辺に岩窟の霊区のあることを感見し、一宇を造立し巖松山綾川寺龍燈院を号した。
その後神託により「6月8日綾川の滝淵から応現し給ふ霊神を御維新迄旧号瀧宮牛頭天王社と称し、往昔より五幾八道の一南海の惣鎮護と仰がれる」
当社は古くから滝宮の産土神として里人の崇敬が厚く、往古より牛馬の守護神として県内外から参拝し牛馬安全を祈願する人々が多い。
又「滝宮念仏踊」の起社としての姿もとどめていて、毎年8月25日に行われる滝宮念仏踊は国の重要無形文化財にも指定されている。
滝宮天満宮と合わせて滝宮両社と呼ぶ。



滝宮神社は、もともと牛馬の守護神であったんですね!
お隣の滝宮天満宮にも「なで牛」があります。(由来は知らないまま、撫でました(^^)/)
こちらは、

菅原道真公の遺骸を牛に引かせて、牛が止まった場所に葬るよう、遺言を残されましたが、その場所が太宰府天満宮とのことです。この御神牛を撫でれば、身体健全となり、頭を撫でれば知恵がつくとも言われています。



↓滝宮神社と滝宮天満宮をつなぐ梅の道にて
IMG_5685 201803


滝宮神社の由緒自体は滝宮天満宮より古く、それぞれが「牛」にご縁があるのが不思議です。

滝宮神社のできたのが709年、
菅原道真公が讃岐守になったのが886年
滝宮天満宮は菅原道真公の官舎の跡地というから、滝宮神社(旧牛頭天王社)の隣に住んでいたということですよね!

なぜ、菅原道真公は「遺骸を牛に引かせて、牛が止まった場所に葬るよう」、遺言したのでしょう。

菅原道真公と牛にはたいへんご縁があるようでした。→「菅原道真公と牛について(長岡天満宮HPから)」


神社には歴史を知る古木がたくさんあります。
IMG_5760 201803


はじめて行った滝宮両社、「滝宮天満宮」&「滝宮神社」の撮影実習
ファインダーを覗いてみえたのは 古の風景でもありました


IMG_5771 201803


おわり



にほんブログ村


滝宮天満宮(2) 〜讃岐の学問の神様!〜

IMG_5708 201800224
撮影日時 2018/02/24 10:52:51



2月の撮影実習は「滝宮天満宮」→コチラ)でした。
(1)飛梅 →コチラ



滝宮天満宮は「学問の神様・菅原道真」を祭る神社なので、受験シーズンには多くの参拝者が合格祈願に訪れます。

IMG_5692 201800224


受験生でしょうか、、、
IMG_5653 201800224


↓志望校に合格しますように! 「開運!」
IMG_5635 201800224



絵馬の前で、撮影OKしてくださった若いお母さまは、
IMG_5702 201800224

その後じっと「飛梅」を見上げていました。
IMG_5704 201800224

「きっと賢い子になるよ♪」




IMG_5661 201800224


私は香川にいながら滝宮天満宮は初めての訪問なので、発見ばかりでしたから、まだ一話あります。
どうぞ、お付き合いくださいね(^^)/




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村
ありがとうございます


滝宮天満宮(1) 〜飛梅〜

IMG_5725 201800224
「飛梅」



2月の撮影実習は「滝宮天満宮」→コチラ)でした。

滝宮天満宮は、学問の神様・菅原道真を祭る神社です。
社伝によれば境内は886年(仁和二年)に讃岐守になった菅原道真公が滞在した官舎の跡地とされ、948年(天暦二年)に龍燈院綾川寺の僧が道真の霊を鎮めるために創建したいわれています。

IMG_5627 201800224
拝殿前の2本の梅の木は太宰府天満宮からわけられた「飛梅」です。


菅原道真公は、生誕が、承和12年6月25日(845年8月1日) なので、讃岐守を拝任したのが41歳から45歳の時です。
帰京してからは要職を歴任します。
右大臣(行政のNo2)の時、左大臣(行政のトップ)であった藤原時平(ふじわらのときひら)に疎まれ、56歳の時、無実の罪で大宰府に左遷されてしまいます。

京都を離れる際、梅をこよなく愛していた菅原道真公は、自宅にあった梅の木に別れを告げる歌を詠みました。
それが、あの、
「東風吹かば 匂ひおこせよ 梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ」
その想いは梅の木にも伝わっていたようで、主とともにありたいと願った梅の木は、一晩にして、都から菅原道真公が住む大宰府の屋敷の庭へ飛んできたと言います。
この梅が、「飛梅」という名のご神木です。
結局、菅原道真公が再び京都に戻ることはなく、大宰府の地で一生を終えました。享年59。

IMG_5642 201800224


滝宮天満宮にはこの2本の飛梅をはじめ、約250本の梅の木があります♪
IMG_5645 201800224
白い梅の花言葉は、 「忍耐、 厳かな美、 薫り」


IMG_8375no2 201800224
ピンクの梅の花言葉は、「清らかさ」


梅には、「好文木(コウブンボク)」、「春告草(ハルツゲグサ)」、「木の花(コノハナ)」などの別名がありますが、
「花の兄」とも呼ばれています。梅が他の花に先立って咲くからだそうです

撮影実習はこの梅が目的でしたが、紅梅・白梅の開花はもう少しのようでした、、、


つづく

(引用サイト:「ベネッセ教育情報サイト」「梅の花と実の花言葉の意味と由来」




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村
ありがとうございます


日本料理店「さきや」さん

IMG_5573 201800222b
撮影日時 2018/02/18 みろく公園にて



ランチでテーブルフォトは友達が探してきた、
「さきや」さん

住所:香川県高松市円座町1015-4
電話番号:087-885-6615

IMG_1750 201800222


完全予約制で料理はコースのみ、その日仕入れたものをその日のうちに料理して出してくれます♪

コラージュ台紙 - コピー - コピー


たしかに、どれも新鮮!
どれも食材の味を生かしてとても美味しいです♪
女将さんが詳しくお料理の説明をしてくださいましたが、忘れました、、、(^^;


この日のお料理のお供は、友達のマチュピチュ旅行のお話しでした。
↓お造りの前でお土産のアルパカさん
IMG_8252 201800222


ランチは1500円から、この日のランチは2500円です。
靴を脱いであがりますが、中は椅子席なので落ち着けます。

さきやさんの詳細は、食べログ→コチラでどうぞ♪
予約していってくださいね!




私自身は「花より団子系」なのですが、
写真ブログにエントリーしているので、
「花」も添えさせていただきました(^^)/

みろく公園の蝋梅です。
公園はペット可なのでモコちゃん(ワンコ)と撮影散歩に行きました。
IMG_5575201800222.jpg





にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村
ありがとうございます


津田の松原 凧揚げ大会♪ (後編)

IMG_5355201800211b.jpg
撮影日時 2018/02/11 10:07:02


2018年2月11日、
県内外から自慢の凧を持った愛好家たちが、香川県さぬき市の「津田の松原」に集まりました。

前編→コチラ


コラージュ台紙 - コピー


連凧♪
IMG_5389201800215.jpg

揚げるのはとても難しそうでしたが、
見事に空に舞いあがりました♪
IMG_5383201800211.jpg



空と海と、
綺麗な海岸を守っているのは、こんな優しい気遣いだったようです(^^)/
IMG_5148201800215.jpg



BGMには、「この空を飛べたら/加藤登紀子 作詞・作曲:中島みゆき」をどうぞ♪


ああ 人は昔々
鳥だったのかもしれないね
こんなにも こんなにも
空が恋しい




あ〜楽しかった♪

来年は凧揚げしにいこう



追記:朝刊の一面(2018/2/18)
■平昌冬季五輪2018=羽生結弦(23=ANA)「金」宇野結弦(23=ANA)「銀」 フィギュア男子 2連覇66年ぶり 冬季個人種目で日本初 →(羽生選手のフリーの曲は「SEIMEI」。迫真の演技でしたね。おめでとう!)
■藤井聡太五段(15)、最年少の棋戦V 朝日杯、準決で羽生善治竜王(47)破る 中学生初の六段 → (大人の私としては羽生善治竜王を密かに応援していたけれど、すごい少年でした。すばらしい♪)



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村に参加しています!応援ポチありがとう(^^)/


津田の松原 凧揚げ大会♪ (前編)

IMG_5564201800210.jpg
撮影日時 2018/02/11 10:43:46

(今まで、共有テンプレートの黒いバックを使わせていただいていましたが、娘のiphone6など古いバージョンだと、重くてなかなか開かないそうなので、シンプルな公式テンプレートに戻しました。スマホ版のテンプレートにも拍手ボタンが設置できたので、表示できるよう改定しました。よろしくお願いいたします。)


県内外から自慢の凧を持った愛好家たちが、香川県さぬき市の「津田の松原」に集まりました。

「願い橋」を渡ると、
↓おーあがってる!!!!
IMG_5149201800210.jpg

ちなみにこの「願い橋」、こちらから行くときは「願い橋」。海岸から戻って行くときは「叶え橋」となります♪


本部席では、子供用の凧を無料配布しています。
IMG_5212201800211.jpg


↓ ドラゴンボール♪
IMG_5188201800211.jpg

↓津田松原凧の会の「さぬき角凧」♪ 
IMG_5170201800211.jpg

絵柄は『義経八艘飛び』、 この凧は鎌池さん(→コチラ)が作ったものです。
IMG_5184201800211.jpg


鎌池さん「写真は背景が大事だから、背景の整理をしてください!法被姿を前にして撮るといいですよ!」
とミニミニ写真講座があり、ポーズをとってくださいました(^^)/
IMG_5207201800211.jpg


↓三木町の凧、いぇーい!(ジャンプしながら離してます。)
IMG_5232201800211.jpg

凧揚げって、あげるコツがあるみたいです!
なかなか凧をあげれないボクに業を煮やすしたママが、さっそうとあげてました(^^)
IMG_8172201800211.jpg

凧揚げのコツをつかむと自由に凧を操ることができます。

まず、1人で凧を揚げるときのコツとしては、自分と凧との立ち位置に注意するようにしましょう。立ち位置としては必ず自分が風上、凧が風下に来る形になるようにします。そして凧から50cmから1mくらいの位置の糸を持ち軽く糸を引いたり力を緩めたりしながら凧が風に乗る感じを掴んでみてください。

もし、ある程度風があればそのままの状態でも風に乗せることができるので、あとはそのままどんどんと糸を出していけば自然とコントロールの感覚を掴みながら凧を飛ばせるはずです。もし風がない場合には、多少自分で走りながら少しずつ糸を出すようにしましょう。

凧を飛ばすときのコツは、糸を引いたり、緩めたりするときの力加減です。この加減がわかるとかなり簡単に凧を揚げることができるようになりますよ! (引用:コチラ



なんだか私も、作ってあげたくなりました♪


これは、なになに???
IMG_5299201800211.jpg

1つの凧を 2 枚 3 枚とつなげる連凧、これは連凧の両端の糸を持つ、「アーチカイト」だそうです。
あげる前に飛ばないよう、砂で重しをしてるんですって、


あがった〜〜
IMG_5512201800211.jpg



楽しい凧揚げ大会はもう一回つづきます




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
ありがとうございます!




梅が咲き始める頃、車で30分走ると雪国でした。 

IMG_8149201800210.jpg
2018/02/04 姉の家にあった梅の花 9日には我が家で満開になっています♪



毎週、車で30分のさぬき市多和に仕事で通っています。
雪が降ってると同僚がLINEで知らせてくれるので、車でいくのは危ないから、市のコミュニティーバスで行きます。
なぜか今年は雪がつづき、2月6日も雪が降ってるとLINEが来ました(^^;

この日はバス本社の停車場に着いてから、かなり年季のはいった雪道用のバスへの乗り換えがありました。
バスは車で30分のところが、あちこちに停まり1時間もかかります。
↓「大川バス本社」 雪はありません!
IMG_1710201800210.jpg

バスはどこから乗っても平日は200円です。
「ICカードは利用できません。」
バスは古いけど、このバス会社の運転手さんは優秀なんですよ♪
IMG_1711201800210.jpg


バスを降りると雪の世界でした。
IMG_1683201800210.jpg



子供のころはうれしかった雪ですが、これだけ続くとまいります。

それでも粉雪が風で舞ったとき、
おもわず「綺麗ですね!」とつぶやくと、
そばにいた地元の方が、
「雪は、もうええわ、、」と嘆かれていました。
雪との暮らしの厳しさを思い知り、思いの至らなさを恥じました。


立春、
空き家の空気を入れ替えるために姉の家に寄ると、庭の梅の木に一輪だけ花を見つけました。
20180210195408999.jpeg

IMG_8101201800210.jpg
撮影日時 2018/02/04 15:49:59

立春 (りっしゅん)
2/4頃
春の気たつを以て也(暦便覧)この日から立夏の前日までが春。まだ寒さの厳しい時期ではあるが日脚は徐々に伸び、九州や太平洋側の暖かい地方では梅が咲き始める頃である。(引用:こよみのページ゙→コチラ




お留守番のこの子も、窓の外を向いて頑張っています!
IMG_8104201800210.jpg



春は もうそこまで来てるよね





にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村
ありがとうございます




善通寺(4) ノスタルジー

IMG_5107201800208.jpg



1月の撮影実習は「総本山善通寺」でした。
(1)五重塔→コチラ
(2)五百羅漢→コチラ
(3)カタパン売り切れました!→コチラ




最終回はとりとめもなく、心が振れた風景です。


信仰心のない私でも、お遍路さんに会うと素直にその信仰心に敬意を感じます。
IMG_5100201800208b.jpg

このお二人は、この後、私たちがカメラを向けることをお許しくださいました。(ありがとうございます<(_ _)>)
帰りにリクエストがあり、先生がお遍路さんの記念写真のカメラマンになりました。
「プロの写真家です!」
きっと良い写真になったことでしょう(^^♪


IMG_8037201800208.jpg
「南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう)」
遍照金剛というのは、空海の金剛名であり、この一句は、弘法大師空海に帰依するの意です。永遠に、心から信じお従い申しますという信仰の誓いを表しています。


20180208.jpg


熊岡菓子店も古い建物でしたが、南大門の前にもノスタルジックな建物があります。
IMG_5048201800208.jpg

「mission」

ネオンサインをみると無条件にモエます(^^♪
この前行ったカフェ「PARLOR EMERALD (パーラーエメラルド) →コチラ」もネオン管だったですね♪


IMG_5046201800208.jpg
黒い下見板貼りの壁に縦長の上げ下げ窓
元は食堂だったみたいです。


どこか懐かしい善通寺

またゆっくりと歩いてみたいものです。


JR「善通寺駅」も古くて佳いらしいのですよ♪

1889年(明治22年)開業時からの木造駅舎に1922年(大正11年)の陸軍大演習の際に車寄せ部分などを増築した。
屋根は開業当初は切妻造だったが、1991年の改修で寄棟造になった。
日本最古の現役駅舎とされている武豊線亀崎駅の駅舎より古い可能性がある。
国の登録有形文化財に登録されている。(ウィキペディアから)




いつのまにか五重塔の屋根の下にあった月が、
高くなっていました。
IMG_5132201800208.jpg

さあ帰ろう。

おしまい

これで善通寺の撮影実習記は終わりです。みていただきありがとうございました<(_ _)>


2月9日は「福の日」だそうです!
Have a nice day!



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村
ありがとうございます




日めくりカレンダ

作品展のご案内
詳細は、DMの画像をクリックしてご覧ください!
【浪越英司・谷口浩之 写真展】
会期:4/24(火)~5/6(日)
会場:高松市福岡町「セトラ高松」
201804061443367ab.jpeg

【長谷川まみ 高橋奈己 浅野絵莉 三人展】
会期:4/20(金)~4/28(土)
会場:東京都港区南青山「寺田美術」
201804042041214b8.jpeg20180404204119190.jpeg
★私が通うデッサン教室の浅野絵莉先生が出展されます♪

  【さくら写真展】
■会期:4/1(日)〜4/29(日)
→会場:さぬき市「カフェ・セゾン」月曜・火曜は休み
「カフェ・セゾンのブログ」(→コチラ)
■会期:4/1(日)〜4/30(月)
→会場:「庵治観光交流館」火曜は休み
IMG_20180317_0002.jpg

【木野美代子写真展】
会期:4/1(日)~4/30(月)
場所:高松市郷東町「くつわDo」
IMG_20180317_0003.jpg

【野外彫刻展】
会期:3/21㈬~5/6㈰
会場:京都市「京都府立堂本印象美術館」
IMG_0002b_20180320221701346 yagai
★木下順さん、水嶋康宣さん(→ブログ) が出展されています♪


もうすぐ開催です♪
【柏原宏写真展】
会期:5/1(火)~5/6(日)
会場:さぬき市「21世紀館さんがわ」
201803091542270f9.jpeg

【JR 絶景撮り鉄の旅 『第6回 平成29年の傑作選』】
会期:5/1(火)~5/31(水)
会場:さぬき市寒川町「ギャラリー夢茶房」 水曜は休み
201804142012388c0.jpeg

【京都彫刻家協会展】
会期:5/8(火)~5/13(日)
会場:京都府立文化芸術会館
IMGc_201804220809257de.jpg IMGd_201804220809257e4.jpg
★木下順さん、水嶋康宣さん(→ブログ) が出展されます♪

【写団 『北極星』 第5回写真展】
会期:5/9(水)~5/27(日)
会場:さぬき市志度 「カフェ・セゾン」 月曜・火曜は休み
「カフェ・セゾンのブログ」(→コチラ)
201804142012402f8.jpeg

【第55回くらぶ 草土展】
会期:5/10(木)~5/15(火)
会場:大阪市中央区心斎橋「ピルゼンギャラリー 3F」
  2018040614425918e.jpeg
★高本晃さんが出展されます♪

【日本風景写真協会 創立15周年記念選抜展】
会期(会場):5/11~5/17(東京「富士フィルムフォトサロン」)
6/18〜6/14(大阪「富士フィルムフォトサロン」)
7/13〜7/19(名古屋「富士フィルムフォトサロン」)
8/15〜8/19(郡山市民ふれあいプラザ)
IMG_20180422_0001.jpg
★植村好治先生(→金曜教室)(→土曜教室)の作品が巡回展示されます♪

【大阪御堂筋アート】
会期:5/16(水)~6/14(木)
会場:大阪市御堂筋界隈
IMG_0003b_201804142359042bd.jpg IMG_0004b_20180414235906f50.jpg
★香川県から、貴志勉さん(→ブログ)、成田 浩彰さん(FB)
京都から、水嶋康宣さん(→ブログ) が出展されます♪

敬称略、ご案内ハガキに記載の連絡先をWebでは非公開とさせていただいています。
迷い犬・猫情報、里親募集!
プロフィール

Tsukumo(月萌)

Author:Tsukumo(月萌)
クニャンというのは韓国語で「ただ、なんとなく」という意味の言葉です。絵も写真も中途半端なブログですが、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事一覧
デッサンLesson 44「紙風船とビー玉」「玉ねぎとミニトマト」 &写真は「オオイヌノフグリ」 Apr 27, 2018
さぬき市多和 「八十八庵の石楠花(しゃくなげ)」 Apr 25, 2018
さぬき市多和「黄色い桜と緑の桜」 Apr 23, 2018
「春の山野草と風景写真展」から Apr 21, 2018
絵本「ほんとうの空の下で」 Apr 19, 2018
デッサンLesson 43 「桜とガラスコップ」 &写真は「多和のウコン桜」 Apr 17, 2018
【第9回 NHKカルチャー「デジタル一眼で写真を楽しもう」合同 写真展】から♪ Apr 15, 2018
カテゴリ
「クニャン」の記事100件 (^^)/
写真展の「作品一覧表」
小さなスケッチブック
💛ブックマーク  
📷写真 🎨美術 📝文学 
月別アーカイブ(2015年8月から)
作品展ご案内の履歴
写好クラブ!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム