「てくてくMAP」で近江八幡を歩く♪


IMG_3934 2017
撮影日時 2017/11/19 13:14:14


一年に一度、
大阪、徳島、香川で暮らす学友三人が、どこかの駅で落ち合い、一泊旅行をしています。
今年は滋賀県大津市の堅田駅で待ち合わせました。
1回:「佐川美術館」からはじまりました♪
2回:国宝・彦根城
3回:「ラ コリーナ近江八幡」に行くといいよ!



「ラ コリーナ近江八幡」から、観光案内所のデキル女性事務員さんから頂いた「てくてくMAP」を片手に、近江八幡市内を歩きました♪
IMG_20171127_0001.jpg


近江八幡の町並みは、天正13年(1585年)に豊臣秀次(豊臣秀吉の甥)が八幡山に城を築いたことに始まります。
秀次の楽市楽座等による商工業の発展政策は、その後の近江商人の活躍の原動力となりました。

秀次は、後に関白職を継ぎましたが、秀吉に秀頼が生まれたことにより謀反の罪を着せられ自害させられています。
32歳であったそうです。

秀次のあとをついで京極高次が城主となりますが、わずか5年後の文禄4年(1595年)に廃城となります。
城下町商人としての特権は失われましたが、船や街道を利用して多くの人や情報、文化が入ってくる地の利を活かし、その先進性と自立的な商法により八幡を本店として江戸や大坂に出店を設けるなど活躍していきます。


↓新町通り(近江商人の町並み)
IMG_3950 2017b


↓右下は、お菓子の「たねや」さん 日牟禮八幡宮の境内にあります。
近江八幡から全国へ旅立った近江商人たちも、出立前や帰郷の折には必ず日牟禮八幡にお詣りしていたそうです。
FotoJet201711272231.jpg



もうひとつ、近江での目的はヴォーリズ建築をみることです。

見つけました!
↓「旧八幡郵便局」
IMG_3937 2017b

ウィリアム・メレル・ヴォーリズ(William Merrell Vories、1880年10月28日 - 1964年5月7日)は、アメリカ合衆国に生まれ、日本で数多くの西洋建築を手懸けた建築家。
建築家でありながら、ヴォーリズ合名会社(のちの近江兄弟社)の創立者の一人としてメンソレータム(現メンターム)を広く日本に普及させた実業家でもある。(Wikipediaから)




↓上左:アンドリュース記念館、上右:近江兄弟社メンソレータム資料館(休館でした(-_-;))
FotoJet201711272012.jpg
下左:ヴォーリズさんの銅像(少女がお花をあげています) 
下右:自販機もメンソレータムです(@_@)


なぜメンソレータム資料館に興味をもっているかというと、
町でみつけた「町名」
これです(^^)
IMG_3923 2017b

私達三人が学んだ学校は、「薬を創る人間を育てる」のが学校のポリシーでした。
学校の期待にはそえなかったけれど、
滋賀県にはなぜか懐かしい気持ちがわいてきます。


滋賀県、近江八幡の南に位置する甲賀と、隣町の三重県伊賀付近は、古の時代(飛鳥時代)から薬草の産地でした。
倭(大和)の王家の薬はここのを使っています。
松阪・近江商人の行商は薬売りから始まったと言われています。
行商人の姿で各地を歩き、諜報収集部隊としての忍者との関わりも深いのです。
甲賀忍者は忍術の流派の中でも薬の扱いに長けており、今も甲賀に製薬会社が多いのはその名残です。
(すみません、ついつい調子に乗って語ってしまいました(^^♪)



「てくてくMAP」で近江八幡を歩く♪はこれで終わりです。

私には影の薄かった秀次ですが、よい仕事をしていたんですね!
もっと知りたいなぁ~
あたらめて近江の豊かな町並みの写真をみなおしました(^^)/

↓「八幡掘」
秀次は、八幡堀と琵琶湖とを繋ぎ、湖上を往来する船を城下内に寄港させることで、人、物、情報を集め、さらに楽市楽座制を実施することで城下を大いに活気づけました。
IMG_3969 2017


さあ京都駅まで最後の琵琶湖線です

つづく

《引用サイト:近江八幡観光物産協会
追記:昨年の大河ドラマ 真田丸 で秀次を演じていたのは、元うたのおにいさんの新納慎也さん、三谷幸喜の書いた秀次は「殺生関白」などではなく、近江で善政をひいた秀次のイメージでしたね。さすが三谷幸喜!




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます
バナーは「たねや」さんでいただいたお饅頭(1個80円でお茶まで付いています♪)
器がなつかしい竹皮の舟皿でした

関連記事



コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは~

てくてく・・・てくてく・・・
良いですね 昔を歩くって

流れる川に乗ってタイムスリップやわ~(#^.^#)

今日は私も てくてく 昔の中を歩いて見ました
と言っても 外人客の多いお城 武家屋敷だったけどネ

kaーkoさんへ Re: こんばんは~

kaーkoさん おはようございます(^^)

> てくてく・・・てくてく・・・
> 良いですね 昔を歩くって

はい、近江商人達が歩いたんだろうなんて思いながら、テクテクです。

> 流れる川に乗ってタイムスリップやわ~(#^.^#)
> 今日は私も てくてく 昔の中を歩いて見ました
> と言っても 外人客の多いお城 武家屋敷だったけどネ

そうだったんですか(^^)
白鷺城?
紅葉が綺麗でしょうね♪

武家屋敷も良いなー
好きなんですよ!
また写真だけでもアップしてくださいね。
スケッチがあれば、花丸よ💮

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは

一度行ってみたい場所です。いいなぁ〜。
しかも学友と一泊だんな魅力的すぎです。
こんな素敵な旅は、つづけたいですね。

あ〜、タイムスリップしてしまいそう。
つづきも楽しみにしています。

鍵コメbさんへ

鍵コメさん コメントありがとうございます(^^)
思っていたとおりの雰囲気ある街並みでした。

お饅頭ね、
まさか、まさかの先食べです(^^;
でもでも、舟皿の底の「たねや」の焼き印がいいでしょ♪

Mieさんへ

Mieさん こんばんは~

> 一度行ってみたい場所です。いいなぁ〜。

Mieさんの所からだとJRですぐですよね♪
ぜひ行ってみてくださいね。
お饅頭も美味しかったです。
お店の前に洋菓子のクラブハリエがあります(^^)/

> しかも学友と一泊だんな魅力的すぎです。
> こんな素敵な旅は、つづけたいですね。

はい、元気であれば毎年続きます。続けたいです!

> あ〜、タイムスリップしてしまいそう。
> つづきも楽しみにしています。

はい、コメントありがとうございました♪

川に寄り添う様な静かな街並みですね。


碁盤の目の様に整然として
此れはあの秀次の仕事ですか?
素晴らしいですね!

秀次はかなり優秀だったので
出る杭は打たれたのでしょうか…。
勿体ない程の逸材の様に思えます。

甲賀忍者は薬も使えて凄みがあるわ
敵にはしたくない相手ね (・・;)

その街のルーツを辿ると 心がワクワクしますね。
とても有意義で楽しい旅
私も楽しませて頂いています〜 ♪

優さんへ

優さんへ  コメントありがとうございます(^^)

> 川に寄り添う様な静かな街並みですね。

近江商人は質素倹約・質実剛健なんだそうです。
商人らしい趣のある街なみでした。

> 碁盤の目の様に整然として
> 此れはあの秀次の仕事ですか?
> 素晴らしいですね!
> 秀次はかなり優秀だったので
> 出る杭は打たれたのでしょうか…。
> 勿体ない程の逸材の様に思えます。

ネットで調べても説は二つに分かれるのですが、秀次はよくやっていたというのが正しい評価のようです。
秀頼に継がせたいために謀反の罪を着せられ、あとから殺人鬼のようなイメージを創作されたようです。
悲劇の人ですよね。


> 甲賀忍者は薬も使えて凄みがあるわ
> 敵にはしたくない相手ね (・・;)

忍者が薬売りをしながら情報収集してることは、司馬遼太郎の小説でしりました。
いつの時代も情報を制するひとが勝ち組なんでしょうね、忍者の働きは大きいです。
ねむり薬とか自在に使えるのかな~

> その街のルーツを辿ると 心がワクワクしますね。
> とても有意義で楽しい旅
> 私も楽しませて頂いています〜 ♪

ありがとうございます(^^)/
行く前に調べていけばもっとよかったのかもしれませんが、
行って知ることばかりで、新鮮です(笑)
Thank you for comming.

作品展のご案内
詳細は【作品展名】をクリックしてご覧ください!

【ライト&ライフ写真展】
会期:8/14~8/19(10時~18時)
会場:高松市サンポート シンボルタワー1F「ヨンデンプラザ」
四国電力の広報誌“ライト&ライフ”の表紙に採用された写真、大作A1です!
★植村好治先生(写真教室:➡︎金曜教室土曜教室)の作品が展示されています。
↓2018年6月号の表紙「仁淀川最下流の沈下橋」 カメラマン:植村好治
20180816 raitoraihu

【日本風景写真協会 創立15周年記念選抜展】
会期:8/15〜8/19
会場:福島県「郡山市民ふれあいプラザ」
IMG_20180422_0001B.jpg

【花の水彩画展】
会期:8/12~9/7 (休み:火曜)
会場:さぬき市「MUU ム-喫茶店」
20180814181222e6b.jpeg

【第12回 パルコ彩後期展(写真)】
会期:8/5~8/24 (定休日:土曜)
会場:東かがわ市「ギャラリーパルコ」
IMG_20180723_0001.jpg

<8月の「カフェ・セゾン」
8/11〜8/21は夏休みです。月・火曜は定休日
◇8/3の展示は、
↓「光射す」 撮影者:伊藤大輔 (クリックで拡大します)

20180803212617c21.jpeg

【思可牟(しかむ)展】
会期:7/28~9/9 (休館日:月曜、祝日は翌日の平日)
会場:高松市牟礼町「石の民俗資料館」
IMG_20180714_0002.jpg

工芸【北岡省三 工友会】
会期:6/16~8/26(休館日:月曜)
会場:坂出市「かまどホール」
IMG_20180613_0001.jpg


  もうすぐ開催です♪   

【フジXに魅せられて 第1回写真展】
会期:9/1~9/30 (月・火は休み)
会場:さぬき市「カフェ・セゾン」
3a7ce67a811609bce1451f79fbc9777e.jpg

敬称略、ご案内ハガキに記載の連絡先をWebでは非公開とさせていただいています。
迷い犬・猫情報、里親募集!
ヘルプマークを知っていますか
義足、人工関節、内部障がい、難病、妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としていることを知らせるマークです。
 helpmark2.jpg
高松市では2018年4月2日より配布しています。
ヘルプマークを身につけている方を見かけたら!
💛電車・バスの中で、席を譲る!
💛駅や商業施設等で、声をかけるなどの配慮!
💛災害時は、安全に避難するための支援!
プロフィール

Tsukumo(月萌)

Author:Tsukumo(月萌)
クニャンというのは韓国語で「ただ、なんとなく」という意味の言葉です。絵も写真も中途半端なブログですが、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ 
にほんブログ村 四国ブログ

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事 (サムネイル付)
花火までの、瀬戸内クルーズ。  <#飛鳥Ⅱ> Aug 18, 2018
送る日に   <#岐阜提灯> Aug 16, 2018
大窪寺柴灯(さいとう)大護摩供養  〜願いは、天へ。〜 Aug 14, 2018
石の民俗資料館  <#思可牟(しかむ)展  #Akazykの灯とカガミ展> Aug 12, 2018
デッサン52「西瓜とコップ」   <#ゴーヤの雄花と雌花> Aug 10, 2018
仏生山散歩  <#大衆劇場「仏生山」  #劇団紀伊国屋  #四国テキスタイル> Aug 07, 2018
風の町、引田に吹く風がカタチになる 「第3回 風の姿展」から Aug 05, 2018
「クニャン」の記事
カテゴリ

💛ブックマーク  
撮影メモ
月別アーカイブ(2015年8月から)
作品展ご案内の履歴
検索フォーム