クニャン

趣味ではじめた絵や写真で 日々の記録をしています

芦原 すなお著 「海辺の博覧会」


「こら、おどれら。へなぶったげにぬかっしょったらどつまっしゃるげんど」
標準語に直すと、「こらきみたち、ばかにしたようなことを言ってたら、殴っちゃうよ」
となる。わが町では、子供でもこういうふうに味わい深い台詞(せりふ)が言えるのだ。
                  (芦原 すなお著 「海辺の博覧会」 から)
20161003_172842.jpg
模写:ポプラ社 芦原 すなお著「海辺の博覧会」 の表紙の一部


久しぶりの読書ノートは、芦原 すなお著「海辺の博覧会」

大阪万博にローマ・オリンピック、日本中が高度経済成長への期待に沸き、誰もが精一杯、明るく暮らしていた昭和30年代の四国・香川県の海辺の町。穏やかな毎日に起こる「事件」に子どもたちと大人の世界が交差する。懐かしくもまぶしい時代の物語。

著者の芦原 すなお氏は、1949年香川県観音寺市生まれ。’72年早稲田大学文学部卒。’86年『スサノオ自伝』で小説家デビュー。’90年『青春デンデケデケデケ』で文藝賞、翌年に直木賞を受賞。 (アマゾンから)

1992年に映画化された『青春デンデケデケデケ』には若き日の浅野忠信さんがでています。特別な存在感がありました。



海辺のわるすんぼは、マサコ、トモイチ、アキテル、フミノリ(アキテルの弟)、それにぼくの5人の子ども
ぼくが4年生から6年生になるまでの、海辺の松林でのことです。

冒頭のセリフは港のわるすんぼ VS 海辺のわるすんぼ
彼らが相撲で対戦するお話しもあります
海辺のわるすんぼの5人のなかで相撲が一番強く、頭脳明晰なのがマサコちゃん(^^♪


2016101200001008B.jpg

2016101200001009B.jpg
撮影日:2016年7月31日 観音寺市「一の宮海岸」


先日の四国新聞に佃正憲さんが、
人と触れ合うことで、幸せを感じるホルモン物質である「オキシトシン」が分泌される。
パソコンやスマホ、今や人々が顔を合わせることがなくバーチャルな手段に頼る時代。
「これが人々の心を閉ざす原因になってると思う」と指摘されていました。

相撲で体当たりして遊ぶなんて、オキシトシンでまくりですね(笑)

そういえば私も寒い日には「おしくらまんじゅう」をしたり
手をつないで「かごめ」をしたり
いつでも、遊びながら手をつなぎ、肩をよせあっていたような気がします。

医療者の手当という言葉は、手で触れることからきていると聞いたことがあります。
心に残っている看護師さんは、終末期の患者さんの手をにぎったままでお話を聞いていました。

とりとめもなく思い出をたどりながら
いつしか隣で寝そべるモコちゃん(6歳犬)の背中をなでていたのでありました、、、


2016101200001010B.jpg
撮影日:2016年7月31日 観音寺市「一の宮海岸」
『僕は海が苦手だよ』



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

No title

お早うございます。

いつも楽しみに写真をみています。

今朝の記事も良かった。元気をもらいました。

私の写真はデジカメで、あくまで添え物です。 (T_T)/~~~ 恥ずかしい。

こんにちは。

方言は味わいがありますね~
解説がなかった理解出来ませんでした(笑

海辺の博覧会・・時代は変わっても読み続けられるのでしょうね♪

海辺のわるすんぼ・・子供の成長には欠かせない事柄ばかりですね。
今の子供たちも、のびのびと遊べたら良いのですが、これも時代の流れなのでしょうね。
やはり人との触れ合いは大切にしたいですね。

子供達の元気な姿にほっとする思いです♪

そうなんだよねー。
やっぱり、触れ合って遊ぶのは大切だと思う。チビの頃には悪さもケンカもしたし、そういう中で成長してきたんだけど、最近の子供らは、バーチャルの中に閉じこもってるから、ケンカのやり方も知らんのよ。
ケンカした事ないから痛みもわからん。
だから、とてつもないような事を平気でしでかす。
イカンよねーー。

ははななここさんへ

ははななここさん  こんにちは~

コメントありがとうございます。

> いつも楽しみに写真をみています。

こちらこそ、
「何かをすてて何かをひらおう」はブックマークさせていただき、俳句の世界を楽しませていただいています(^^)/
別世界なので、新鮮でワクワクします♪


> 今朝の記事も良かった。元気をもらいました。

そうですか~小さい頃の遊び沢山思い出していただけたら幸いです。
ポコペンやカンケリも私のお気に入りでした(笑)

> 私の写真はデジカメで、あくまで添え物です。 (T_T)/~~~ 恥ずかしい。

偉そうなことは言えませんが、とてもいい写真だと思います♪

coroさんへ   Re: こんにちは。

coroさん  こんにちは~コメントありがとうございます。

> 方言は味わいがありますね~
> 解説がなかった理解出来ませんでした(笑

いくら私でも全部はわかりませんでしたが、だいたいはわかりました(笑)
芦原さんの文章は、のんびりしたユーモアがあって好きです。

> 海辺の博覧会・・時代は変わっても読み続けられるのでしょうね♪

昭和のノスタルジーなのでしょうが、残し伝えたい時間がありますね。

> 海辺のわるすんぼ・・子供の成長には欠かせない事柄ばかりですね。
> 今の子供たちも、のびのびと遊べたら良いのですが、これも時代の流れなのでしょうね。
> やはり人との触れ合いは大切にしたいですね。

そうなんです。ふれあいのない時代なので心配もあります。
新しい時代には新しい生き方があるでしょうが、ふれあいを大切にしたいですね。

> 子供達の元気な姿にほっとする思いです♪

元気に走る子らの写真をみつけてアップしました。
芦原すなお氏の故郷、観音寺の海岸です(^^)/

onorinbeck さんへ

onorinbeckさん  こんにちは~コメント

> そうなんだよねー。
> やっぱり、触れ合って遊ぶのは大切だと思う。チビの頃には悪さもケンカもしたし、そういう中で成長してきたんだけど、最近の子供らは、バーチャルの中に閉じこもってるから、ケンカのやり方も知らんのよ。

onorinbeckさん、けんか強そうですね(笑)
スマホが悪いとか、ゲームが悪いとかいうつもりはありませんが、それだけじゃ足りませんよね。
 
> ケンカした事ないから痛みもわからん。
> だから、とてつもないような事を平気でしでかす。
> イカンよねーー。

そうかー、ケンカしたことないから痛みをね、、、
今までなかったような残酷な事件がありますよね

佃さんは「握手」だけでもいいって書かれていました。
リアルな世界でのつながりの大切さを子供たちに沢山伝えたいです。

こんばんは~

今日は 一日肌寒く 一週間前とまったく違ってビックリでした。

つくもさんの写真はいつも 子供たちが楽しそうに 生き生きしてますね。
一緒に走りたいくらいです (走らない・・・)

わんこと ピンクのパーカーの人と どっちが勝ったのかな?
私はわんこだと思う・・・・(笑)

頑張れわんこ(#^.^#)

先日のお祭りで 高校2年の男の子のお母さんが

「うちの子は祭りが好きで 小さい時から
みんなに混ざって・・・
一年の内 祭り前後の10日程お兄ちゃん達が出来るから
と喜んで来るの」と言われてて、 
地域で育つってこれかな?と思いました。
昭和・・・かな?

ka-koさん   Re: こんばんは~

ka-koさん  こんばんは~コメントありがとうございます!
 
> 今日は 一日肌寒く 一週間前とまったく違ってビックリでした。

急にさむくなりましたね、うまく調節ができずに重ね着の枚数ばかり増えています(^_^;)

> つくもさんの写真はいつも 子供たちが楽しそうに 生き生きしてますね。
> 一緒に走りたいくらいです (走らない・・・)

そうですか~嬉しいです(^^)/

> わんこと ピンクのパーカーの人と どっちが勝ったのかな?
> 私はわんこだと思う・・・・(笑)
> 頑張れわんこ(#^.^#)

はい、正解です。
わんこが勝っていました。

我が家もチビ犬も、踏ん張るとすごい力です。


> 先日のお祭りで 高校2年の男の子のお母さんが
>
> 「うちの子は祭りが好きで 小さい時から
> みんなに混ざって・・・
> 一年の内 祭り前後の10日程お兄ちゃん達が出来るから
> と喜んで来るの」と言われてて、 
> 地域で育つってこれかな?と思いました。
> 昭和・・・かな?

お祭りは、小さい頃から男の付き合いができますよね。
それも神様のお使いだから、いいですよね。
お祭りの時の男の子ってカッコいいですね!

我が町の秋祭りでは、お神輿がぶつかり、ケンカが始まりパトカーまででてきます。
そのケンカを見るため夜は観客が増えます
それもふれあいなんだね

No title

つくもさん、こんばんは~

いつも丁寧なブログに感心しています。
ワタシはだんだん息切れして
長い時間は持ちません。
旅日記を書く意欲がなくなっています。

子どもたちの取り巻く環境が変わって来てますね。
大人の社会が変わってるからでもあり
本来は、ほとんどの子どもたちは、友だちと触れ合って遊ぶのが好きだと思いますね。
芦原すなおさんの世界
懐かしいですね。


かをるさんへ 

かをるさん  こんばんは~コメントありがとうございます!

> いつも丁寧なブログに感心しています。
> ワタシはだんだん息切れして
> 長い時間は持ちません。
> 旅日記を書く意欲がなくなっています。

拙い記事に過分なお言葉は恐縮です。
ありがとうございます。
かをるさんの記事、とても好きなんですよ♪
感じ方が似てるような気がしています。

> 子どもたちの取り巻く環境が変わって来てますね。
> 大人の社会が変わってるからでもあり
> 本来は、ほとんどの子どもたちは、友だちと触れ合って遊ぶのが好きだと思いますね。

そうなんですよね。
スマホやゲームを否定する気はないのですが、難しい時代ですね。

> 芦原すなおさんの世界
> 懐かしいですね。

素朴なユーモアにあふれていますよね。

青春デンデンデケデケは映画を何度もみて、小説も♪
娘は小学校の宿題で読書感想文を書いていました(^^)/

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

日めくりカレンダ


作品展のご案内 (詳細は作品展名をクリック!)

◆【ときめき5人展 Part6】
会期:10/29(日)まで
会場:高松市藤塚町「アート・プラザ」定休日:月曜、第1・3日曜
IMG_20170909_0002.jpg
◆【思可牟(しかむ)展】
会期:10/22(日)まで 月曜休み、ただし祝日は翌日が休み
会場:高松市塩江美術館
出展作家:貴志勉➝こちら
IMG_20170818_0001.jpg
◆【あすなろ 水彩画グループ作品展】
会期:10/16(月)~10/31(火)
会場:高松市「クローバカフェ」水曜は休み
IMG_20170920_0001.jpg

◆【キャノンフォトクラブ高松 第15回写真展】
会期:10/23(月:13時)~10/29(日)
高松市「瓦町FLAG」8Fギャラリー
IMG_20171001_0001.jpg
代表:森田裕(教室➝
顧問:植村好治(教室➝
◆【第4回 風景写真展】
会期:11/1(水)~11/30(木)
会場:さぬき市:カフェ・セゾン(定休日:月・火曜)
sezonn201711.jpg
◆【写団『北極星』 第4回写真展】
会期:11/7(火)~11/19(日)
会場:さぬき市:21世紀館さんがわ(月曜休み)
201711北極星
◆【谷澤晃 写真展】
会期:11/15(水)~11/29(水)
会場:高松市「庵治・観光交流館市民ギャラリー」火曜休み
IMG_20171001_0002.jpg
◆【三上栄治洋画展】
会期:11/28(火)~12/3(日)
会場:「高松市美術館」
IMG_20170929_0001.jpg
◆【第15回SIC写真展】
会期:12/5(火)~12/10(日)
会場:さぬき市:21世紀館さんがわ
IMG_20170929_0003.jpg

敬称略、ご案内ハガキに記載の連絡先をWebでは非公開とさせていただいています。

迷い犬・猫情報、里親募集!

プロフィール

つくも(月萌)

Author:つくも(月萌)
クニャンというのは韓国語で「ただ、なんとなく」という意味の言葉です。絵も写真も中途半端なブログですが、よろしくお願いいたします

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事一覧

赤いソバの花 Oct 13, 2017
デッサンLesson 31 「四角豆とじゃがいも」 Oct 11, 2017
さぬき市の奇祭 塚原稲荷「あばれみこし」 Oct 09, 2017
「Keyaki cafe(ケヤキ カフェ)」でランチ Oct 07, 2017
P.13 【木村力 写真展~麗しき日本の原風景~】 Oct 06, 2017
みろく自然公園から「門入ダム」へ Oct 04, 2017
みろく公園の彼岸花、、もう終わりです(^^; Oct 02, 2017

カテゴリ

日本画 (16)
素描 (71)
写真日記 (153)
撮影実習 (18)
みろく自然公園 (3)
小さな旅 (20)
さぬき情報 (4)
読書ノート (7)
作品展のご案内 (30)
ささやかな思い出 (3)
未分類 (18)
写真タイトル帳 (13)
お姉ちゃんからの元気通信 (8)
「Shall We 彫刻・絵画・写真作品展」 (2)
香川写好クラブ (2)
テーブルフォト (1)

このブログの記事画像

💛ブックマーク  


💤:お休み中のブログ

このブログをリンクに追加する

日の出・日の入り・月齢

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ(2015年8月から)

作品展ご案内の履歴

検索フォーム

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん