クニャン

趣味ではじめた絵や写真で 日々の記録をしています

壇蜜さんの甘い声でね♪

IMG_20161001_0006.jpg
 
今年の高松市美術協会の日帰り旅行は、大阪
国立国際美術館の特別展「始皇帝と大兵馬俑」と
東洋陶磁美術館へ

 (昨年は➡ここ、幻のパウルクレー展💦)



紀元前221年、中国大陸を初めて統一した始皇帝は、
自らの魂を永遠にするため、巨大な稜墓を作らせ、その近くには
約8000体もの陶製の軍団「兵馬俑」を埋めさせました。(もっと知りたい方は➡アラチャイナ(AraChina)


↓会場の国立国際美術館(大阪市北区中之島)、兵馬俑にぴったりの地下展示場!
2016100100000978.jpg

2016100100000982.jpg

↓並びましたよ!
2016100100000975.jpg

↓うわぁ~兵馬俑!!!!!
2016100100000980.jpg

嘘つきましたm(__)m  撮影OKのレプリカ軍団です♪
2016100100000976.jpg

兵馬俑はほぼ等身大の作りで、ひとつずつ顔が違います。実在した将兵をひとり ずつモデルにして作られたそうです。階級や役割の違いが形に表れています。
展示は始皇帝と秦王朝にまつわる貴重な文物と兵馬俑の中でも選りすぐりの10体です。

展示品は特別展「始皇帝と大兵馬俑」のホームページでご覧くださいね。➡こちらです

ところで、始皇帝って

始皇帝(しこうてい、紀元前259年 - 紀元前210年)は、中国戦国時代の秦王。姓は嬴(えい)、氏は趙(ちょう)、諱は政(せい)。
中国統一を成し遂げた後に「始皇帝」と名乗った。歴史上の重要な人物であり、約2000年に及ぶ中国皇帝の先駆者である。
統一後始皇帝は、重臣の李斯とともに主要経済活動や政治改革を実行した。
従来の配下の一族等に領地を与えて世襲されていく封建制から、中央が選任・派遣する官僚が治める郡県制への全国的な転換(中央集権)を行い、国家単位での貨幣や計量単位の統一、交通規則の制定などを行った。
しかし、万里の長城の建設や、等身大の兵馬俑で知られる秦始皇帝陵の建設などを、多くの人民に犠牲を払わせつつ行った。また、法による統治を敷き、焚書坑儒を実行したことでも知られる。(ウィキペディアから)



2016100100000977.jpg


始皇帝について、もっと楽しく学びたい方は「楽しい歴史」サイトがお薦めです。➡こちら
↓そのダイジェスト

始皇帝の物語は中国大陸が7つの国に別れている前247年から始まります。

秦の始皇帝とはザックリ言うと、初めて中国を統一したスゴイやつ。そして、情け容赦ない冷酷で物々しい怖いやつなのだ!

年老いた始皇帝は、次第に自身の死期を恐れるようになっていました。
ある日、そんな彼の前に徐福(じょふく)という方士(ほうし)がやって来ます。方士とは、特殊な技術や方法などを会得した人のことで、彼らは魔術も錬金術も朝飯前だぜ!という凄すぎる人々でした。
その方士である徐福は、金銀財宝を出してくれるのならば、不老不死の薬をはるか遠くに住む仙人達から貰ってくると言うのです。

始皇帝の死後、圧政に苦しんだ農民なども反乱に加わり、秦の二代目皇帝である胡亥(こがい)は即位3年目にして自害に追い込まれ、秦帝国はあっけなく滅亡してしまうのでした。


徐福って、不老長寿の仙薬を求めて日本に来たというお方です。以前の記事➡こちら 


会場では、壇蜜さんの音声ガイドのお知らせ。
もちろん男性陣はダッシュ(笑) 私もお借りしました♪
22016100100000981.jpg

難しい歴史や、興味深い展示品の数々について壇蜜さんのやさしい解説でよくわかりました~(^^)/ 
20161004_204315-1.jpg


中国の素晴らしい文化と歴史を知るとともに、始皇帝の偉大さと愚かしさも知りました
2200年以上も前のことを、こうして話しているのだから
やっぱり兵馬俑は「永遠」を守る軍団でした



「始皇帝と大兵馬俑」は会期終了していますが、東洋陶磁美術館の
「朝鮮時代の水滴―文人の世界に遊ぶ」は11月27日までです。
IMG_20161001_0007.jpg
企画展・常設展の美しい作品を観てると時間が止まってしまいます。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
バナーはさぬき津田PAで
関連記事

コメント

こんにちは。

美術館巡りをされたなんて、流石ですね~

始皇帝と大兵馬俑は昨年東京でも開催されたのですが、行けませんでした。
中国を知る上で欠かせない始皇帝を改めて見つめる事ができ良かったですね。
兵馬俑・・本物かとドキッでした(笑
このモデルさんたち、まるで動くような感じで良く出来ていますね。

壇蜜さんの音声ガイドなら、やんわりとした感じの案内でしたでしょ^^
デッサンにもビックリでした!!そっくりですよ~♪

中国の歴史の中には、偉大で魅力的な人物が多いですね。
暇をみて中国史を読んでみたくなりました^^

No title

こんにちは〜♪
これ見に行きたいなって思っていましたが
子供達は興味ないだろうなと思って
金魚のほうを見に行きました(^_^;)
たとえ10体でもよく運んできたなと感心します!
すべて表情が違うところが凄いです。
ところでそのスケッチはつくもさんの自画像?

coroさんへ   Re: こんにちは。

coroさん こんばんは~

> 美術館巡りをされたなんて、流石ですね~

毎年あるそうです。
最初、同じ教室で申し込んだの私だけでしたが、一人が参加をすると「私も、僕も」と続々と(笑)

> 始皇帝と大兵馬俑は昨年東京でも開催されたのですが、行けませんでした。
> 中国を知る上で欠かせない始皇帝を改めて見つめる事ができ良かったですね。
> 兵馬俑・・本物かとドキッでした(笑
> このモデルさんたち、まるで動くような感じで良く出来ていますね。

実は、万里の長城へは行ったことがあるんですが、その時は何の知識もなく行って、身についておりません💦
今回の展示をゆっくりみて理解を深めることができました。

> 壇蜜さんの音声ガイドなら、やんわりとした感じの案内でしたでしょ^^
> デッサンにもビックリでした!!そっくりですよ~♪

ありがとうございます!
どの画像にしようかと検索すると、大胆なのばかりで(笑)
いいなぁと思って描いた1枚は、なんとこの展示の公式ホームページで採用されていたものでした。

> 中国の歴史の中には、偉大で魅力的な人物が多いですね。
> 暇をみて中国史を読んでみたくなりました^^

そうですね、面白いでしょうね。
姉は三国志ファンですが、私には難しくて、、、

coroさんすごいな~前向きで!
見習いますね

bospleさんへ 

bospleさん  こんばんは~

> これ見に行きたいなって思っていましたが
> 子供達は興味ないだろうなと思って
> 金魚のほうを見に行きました(^_^;)

写真とるのも金魚がいいですよね、綺麗でした~♪

> たとえ10体でもよく運んできたなと感心します!
> すべて表情が違うところが凄いです。

顔は漆を使っているので、綺麗なままのこっています。
将軍はすごくカッコよかったですよ!
ボスみたいですね(^_^;)

> ところでそのスケッチはつくもさんの自画像?

娘としかお会いしたことないですね(笑)

こんばんは~つくもさん

今日は 洗濯日和で朝から頑張りました。

「兵馬俑」友達も行きたいと言ってたけどもう、行ったのかな?
早くいかないと 終わってしまうね。

私も わ!!本物写真?とびっくりしました、
そうよね~ (笑)

でもあれだけ並ぶと 見応え有りますね、 思い切って申し込んで良かったですね。
壇蜜さんの解説 耳に良いですね
スケッチも素敵です 肩のラインがいいわ~~(#^.^#)
 
つくもさんは ドンドン前に進んでる

これからもすすんで 下さいね、

ka-koさんへ    Re: こんばんは~つくもさん

ka-koさん おはようございます!
 
> 今日は 洗濯日和で朝から頑張りました。

お疲れ様です。
久しぶりにカラっとしていましたね(^^)/

> 「兵馬俑」友達も行きたいと言ってたけどもう、行ったのかな?
> 早くいかないと 終わってしまうね。

もう終わってるよ(@_@)

> 私も わ!!本物写真?とびっくりしました、
> そうよね~ (笑)

そうなんです(笑)
本物はもっと迫力がありました。土の中でねむっていたような重みがあります。

> でもあれだけ並ぶと 見応え有りますね、 思い切って申し込んで良かったですね。

県外の美術館をみる機会はそうないので、年に一度の機会がありがたいです。

> 壇蜜さんの解説 耳に良いですね
> スケッチも素敵です 肩のラインがいいわ~~(#^.^#)

ありがとうございます(^^)/
 
> つくもさんは ドンドン前に進んでる
> これからもすすんで 下さいね、

はい、遅いスタートだけれど、楽しいのでがんばります!

No title

壇蜜さん 感じ出てる~~~❤

優しい画だね^^。

なになにこさんへ

なになにこさん  こんばんは~

> 壇蜜さん 感じ出てる~~~❤
>
> 優しい画だね^^。

いやぁ~なにこさんにみていただくのは、ちと恥ずかしいです💦
壇蜜さんって、色っぽいのに賢い女性ですね。
ありがとうございます!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

作品展のご案内 (DMはクリックで拡大!)



********** 開催中 **********
◆【Artwork of Cats for Grownups -大人のための猫たち-】
会期:9/22(金)~10/7(土)日曜祝日は休み
会場:大阪市北区曽根崎2-5-1「gallerlly RYO」➝地図
出展作家:水嶋康宣さん➝こちら
IMG_0002b_20170910080828284.jpg
◆【木村力 写真展~麗しき日本の原風景~】
会期:9/17(日)~10/6(金)
会場:東かがわ市「ギャラリー喫茶 パルコ」土曜は休み➝地図
IMG_20170903_0001.jpg
◆【さぬき市写真サークル 第16回作品展】
会期:9/12(火)~9/24(日)
会場:さぬき市「21世紀館さんがわ」月曜休み➝地図
IMG_20170818_0003.jpg
◆【思可牟(しかむ)展】
会期:9/12(火)~10/22(日)月曜休み、ただし祝日は翌日が休み
会場:高松市塩江美術館➝地図
出展作家:貴志勉さん➝こちら
IMG_20170818_0001.jpg
◆【世界いろいろ写真展】
会期:9/1(金)~9/30(土)
会場:さぬき市「カフェ・セゾン」月・火曜休み➝地図
IMG_20170901_0001.jpg
◆【溝渕正明 写真展 「蒼の世界」】
会期:9/1(金)~9/30(土)
会場:高松市郷東町「くつわ堂」➝地図
IMG_20170729_0002.jpg

******** もうすぐ開催 ********
◆【Shall We ふたり展】
会期:9/26(火)~10/1(日)
会場:高松市紺屋町「三光館」➝地図
IMG_20170909_0001.jpg
2016年「最後のShall We」→こちらから
ふたたび ふたりで Shall We 
◆【ときめき5人展 Part6】
会期:9/26(火)~10/29(日)
会場:高松市藤塚町「アート・プラザ」定休日:月曜、第1・3日曜(➝地図)
IMG_20170909_0002.jpg
「ときめき5人展Part5」までは➝こちらです♪
◆【フクロウ絵画展】
会期:9/26(火)~10/1(日)
会場:会場:「高松市美術館」➝地図
IMG_20170913_0003.jpg
◆【サロン・トワール「彩」絵画展】
会期:~10/3(火)~10/9(月)
会場:会場:会場:「高松市美術館」➝地図
IMG_20170913_0005.jpg
◆【フォト古高松 写真展】
会期:10/4(水)~10/15(日)
会場:高松市「庵治・観光交流館市民ギャラリー」火曜休み➝地図
IMG_20170909_0003.jpg
◆【あすなろ 水彩画グループ作品展】
会期:10/16(月)~10/31(火)
会場:高松市「クローバカフェ」水曜は休み➝地図
IMG_20170920_0001.jpg
(ご案内ハガキに記載の連絡先をWebでは非公開とさせていただいています。)

迷い犬・猫情報、里親募集!

プロフィール

つくも(月萌)

Author:つくも(月萌)
クニャンというのは韓国語で「ただ、なんとなく」という意味の言葉です。絵も写真も中途半端なブログですが、よろしくお願いいたします

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

日本画 (16)
素描 (69)
写真日記 (148)
みろく自然公園 (3)
小さな旅 (20)
撮影実習 (16)
さぬき情報 (4)
読書ノート (6)
作品展のご案内 (29)
ささやかな思い出 (3)
未分類 (18)
写真タイトル帳 (12)
お姉ちゃんからの元気通信 (8)
「Shall We 彫刻・絵画・写真作品展」 (1)
香川写好クラブ (2)

最新記事一覧

デッサンLesson 29 「薪とナプキン」 (付:香川漆芸の魅力世界へ) Sep 21, 2017
むれ源平「石あかりロード」2017 (2) Sep 19, 2017
むれ源平「石あかりロード」2017 (1) Sep 17, 2017
一年ぶりに、姉と写真展めぐり (おまけ:日本のウユニ塩湖) Sep 15, 2017
NHKカルチャー 植村クラス 写真展♪ Sep 13, 2017
読書ノート「老いてはカメラにしたがえ」 Sep 11, 2017
デッサンLesson 28 「チップスター」 Sep 09, 2017

💛ブックマーク  

このブログをリンクに追加する

日の出・日の入り・月齢

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ(2015年8月から)

アルバム(写真展:作品一覧表)

作品展ご案内の履歴

このブログの記事100件

検索フォーム

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん