制作中No7 「白い紫陽花」F8

2016090800000933.jpg

白い紫陽花を描きたいというと、姉がうちの庭にあるよと切ってくれました。




6枚目の「ナカンダ浜の樹」が進まないまま、7枚目の骨描き途中の一部です。
「白いバックに白い紫陽花を描きたいんです」
と先生に言うと、
先生からは「難しいこと言って、また、、、」

技術が伴わないので、それは断念して少し色をいれることにして、大まかなイメージができました。


その白い紫陽花は、挿し木をして新しい芽がでています。
2016090800000929.jpg


姉は台風の日、無事に明石大橋を渡って新生活をはじめました。

紫陽花の新しい芽の成長に
新しい生活のはじまりを重ねて




ただいま高松市美術館では「高松市民美術展」が開催中です
20160921_102123 (1)

小品ですが、初めて出展させていただきました
所属は「メタセコイアの絵描きたち」です
県展では県知事賞を三度受賞されている須和千晴先生
今年の県知事賞の馬場昭次さん
今年初入選の細川瑞代さんの作品もならんでいます

ご高覧を賜りますよう お願い申し上げます


関連記事





コメントの投稿

非公開コメント

No title

昨日、高松市美術館リニューアル後、初訪問
なんのき村展と高松市民美術展を観てきました
月萌さんが出展されているとは気づきませんでした
もう一度、行かないといきませんね(^_^)v

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

植本さんへ

おはようございます。
お返事書く前にブログをみました。
台風で濁流がお庭に流入されたとか、お見舞申し上げます。
お母様は怖かったでしょうね、、、
姉も台風の暴風雨のなか引っ越しました。

> 昨日、高松市美術館リニューアル後、初訪問
> なんのき村展と高松市民美術展を観てきました
> 月萌さんが出展されているとは気づきませんでした
> もう一度、行かないといきませんね(^_^)v

ありがとうございます。
搬入時、写真の搬入に来られた谷澤さんとお会いしていろいろ教えていただきました。

本当は今日は水嶋さんも指導されている「青土社彫塑研究会」の記事にするつもりでした。

◆青土社の講師を務めた岡本庄三に二科で彫刻を教えたのが藤川勇造です

◆藤川勇造(1883~1935)は、明治16年、高松市の漆工の家に生まれました。讃岐漆芸 の祖・玉楮象谷を大伯父にもつ

◆第1回目(昭和9年)の県展にあたる「香川県美術綜合展覧会」は、当時、帝展に活躍する洋画家小林萬吾、フランスで学んだ彫刻家藤川勇造など中央美術界で活躍する香川出身の美術家たちが、郷土での美術展覧会の開催に声をあげて始まった。←これは昨年、私が記事にしたもの

おまけに洋画家の栄子夫人は高校の先輩でした。

彫刻、京都、高松、県展、漆芸のつながりが面白く、
それは植本さんにもつながりますね

でも彫塑へのアプローチが未熟で、記事にするのは断念しました。
植本さんにお伝えできる機会があり良かったです。 

鍵コメCさま

ありがとうございます。
無理なさらないでくださいね!

待合室からです、

スマホからのコメント、果たして上手くはいるかな?
白の紫陽花
下絵?完成見たいね、凄いな〜鉛筆画なら、これで、サイン入れですね、(*^^*)
お姉さんのお土産の紫陽花の若芽、なんと可愛い、これも小さくスケッチを、ね。
明石大橋を渡って、私の住む県に来られたの、いい所ですよ。
四国に守られてるから。(*^^*)

さあ、……うまくはいるかな?
そうだ、そちらに行けないから、タケコプターも無いし、
又出展の絵、UPして下さいね。😀

No title

輪郭だけとはいえ素敵に描かれていると思います
私は絵が描けないのでつくもさんのように描ける人は羨ましいです
確かに背景が白で白い花は難しいでしょうね
写真も白い被写体を引き立たせるには背景を暗くしますからね
それにしてもモデルになった紫陽花を捨てるのではなく
挿し木して生かすなんて優しい心にも拍手です

ka_koさんへ    Re: 待合室からです、

こんにちは~
病院の待合室ですか
お母様のつきそいなのかなぁ~

> スマホからのコメント、果たして上手くはいるかな?
> 白の紫陽花
> 下絵?完成見たいね、凄いな〜鉛筆画なら、これで、サイン入れですね、(*^^*)

目標は3月の作品展です。文化祭みたいな感じの作品展です。

> お姉さんのお土産の紫陽花の若芽、なんと可愛い、これも小さくスケッチを、ね。

やってみますね!
一時期は紫陽花の葉ばかりかいていました♪

> 明石大橋を渡って、私の住む県に来られたの、いい所ですよ。
> 四国に守られてるから。(*^^*)

それは安心です。
なんとなくka_koさんもいらっしゃると思うと、それも安心です。 

> さあ、……うまくはいるかな?
> そうだ、そちらに行けないから、タケコプターも無いし、
> 又出展の絵、UPして下さいね。😀

去年のだから、カテゴリ日本画(完成)のNo.4でアップしていますよ。4作目です。
1年に2枚しか描けません(^_^;)
タイトルだけ「ひだまり」と変更しました

デジタルクマさんへ 

こんにちは~

> 輪郭だけとはいえ素敵に描かれていると思います

ありがとうございます(^^)/

> 私は絵が描けないのでつくもさんのように描ける人は羨ましいです
> 確かに背景が白で白い花は難しいでしょうね
> 写真も白い被写体を引き立たせるには背景を暗くしますからね

そうですよね、、、画集に白い背景に白い花があって、とても魅かれました。
あと10年くらいして、胡粉(白い絵具ですが、貝の殻からつくりるので、いろんな白になります)をつかいこなせるようになったら、その時またチャレンジしたいと思います!

> それにしてもモデルになった紫陽花を捨てるのではなく
> 挿し木して生かすなんて優しい心にも拍手です

ありがとうございます。
挿し木ははじめてだったので、芽が出た時は嬉しかったです。
花が咲いたら、毎年アップしたいです♪

クマさんちの月下美人、みごとでしたね♪

No title

こんばんは(^^♪
また難しいこと言って先生困らせて(笑)
花びらの画が細かいですね(@_@;)
アジサイの挿し木は1度もした事が無いです。
「高松市民美術展」に行けばつくもさんの作品が
見れるんだと思ったら開催期間短い~残念。。

bospleさんへ

こんばんは~

> また難しいこと言って先生困らせて(笑)

ですね、、、また未完になってしまうところでした(^_^;)

> 花びらの画が細かいですね(@_@;)

好きなことするのは飽きませんが、たいへんでした(笑)

> アジサイの挿し木は1度もした事が無いです。

わりと簡単だったんですよ。ネットで調べてそのとおうりにしました。
珍しい紫陽花をいただいたらぜひ試してみてくださいね。

> 「高松市民美術展」に行けばつくもさんの作品が
> 見れるんだと思ったら開催期間短い~残念。。

ほんと残念(^^♪

おはようございます。

白いバックに白い紫陽花・・見たかったです。。
つくもさんにピッタリのイメージなので残念です。
でも、少し色を加えた作品も今から楽しみにしてますね~♪

お姉さまの所の紫陽花が、絵画から新たな命の目覚めへと・・
素晴らしい繋がりですね~♪
お姉さまの新生活を祝福しているようですね。

「高松市民美術展」に出品されたのですね。
少し検索したのですが、見当たらず・・後で再度検索してみます。

coroさんへ    Re: おはようございます。

おはようございます!

> 白いバックに白い紫陽花・・見たかったです。。
> つくもさんにピッタリのイメージなので残念です。
> でも、少し色を加えた作品も今から楽しみにしてますね~♪

ありがとうございます。
いつか描けるようにがんばりますね。

> お姉さまの所の紫陽花が、絵画から新たな命の目覚めへと・・
> 素晴らしい繋がりですね~♪
> お姉さまの新生活を祝福しているようですね。

はい、挿し木ははじめてだったので不安でしたが、新芽が出た時はすごく嬉しかったです。

> 「高松市民美術展」に出品されたのですね。
> 少し検索したのですが、見当たらず・・後で再度検索してみます。

私も今、検索しましたが出てきませんね(@_@)
43回だからずいぶん前からだと思いますが、、、

高松市美術館の1階の市民ギャラリーは狭いですが、
会場となった2階の展示場は、通常は特別展を開催する大きな会場です。
審査がない作品展なので、情報が少ないのかもしれません。

No title

「白いバックに白い紫陽花を描きたいんです」
つくもさんの気持ち 解るような気がします。

うすいグレーも素敵です!
端正に描かれているから 
素人目には もう これだけで 房の丸みを感じるのですが。

どんな風になるのかなぁ~楽しみに待ってます^^。

市美術展

つくもさん

今日、友人と市美術展行ってきました。

「メタセコイヤの絵描きたち」の作品を特にゆっくりと見せていただきました。
つくもさんのお名前が分からないから、どれかな?と見ていたら
見たことのある絵が・・・可愛いワンちゃん
多分これだろうなと・・・つくもさんらしく?やさしい雰囲気がにじみ出てました。

今年、県知事賞の方の「水辺」、やはりきれいでしたね。
それと、細川瑞代先生は子どもたちがお世話になった先生なんですよ。

お蔭でワタシの芸術の秋の機会に恵まれました。
ありがとうございました。
つくもさん、これからも益々上達されますように!

なになにこさんへ 

こんばんは~

> 「白いバックに白い紫陽花を描きたいんです」
> つくもさんの気持ち 解るような気がします。

わかりますか(^^)/
匂い立つような紫陽花をいつかは描きたいものです

> うすいグレーも素敵です!
> 端正に描かれているから 
> 素人目には もう これだけで 房の丸みを感じるのですが。

墨は青墨を使っています。
これから葉に墨で陰影をいれて、さあそれから未知の世界ですね(笑)

> どんな風になるのかなぁ~楽しみに待ってます^^。

こちらにアップできるようがんばりますね♪

かをるさんへ   Re: 市美術展

こんばんは~

> 今日、友人と市美術展行ってきました。

ありがとうございます!

> 「メタセコイヤの絵描きたち」の作品を特にゆっくりと見せていただきました。
> つくもさんのお名前が分からないから、どれかな?と見ていたら
> 見たことのある絵が・・・可愛いワンちゃん
> 多分これだろうなと・・・つくもさんらしく?やさしい雰囲気がにじみ出てました。

ちょっと恥ずかしいです(^_^;)
はじめて4枚目のです。
はじまりは、かをるさんのお兄様の記事からでした。

私の名前、変わっているでしょう(@_@)
お寺さんがつけてくださったそうです。

> 今年、県知事賞の方の「水辺」、やはりきれいでしたね。
> それと、細川瑞代先生は子どもたちがお世話になった先生なんですよ。

うわぁ、細川さんは先生だったのですか!
不思議なご縁がありますね。
細川さんの作品は、ご本人と小さい頃の息子さんだそうです。とても温かな作品です。
馬場さんは、仕事が忙しい中、短時間で仕上げていました。さすがです。

> お蔭でワタシの芸術の秋の機会に恵まれました。
> ありがとうございました。
> つくもさん、これからも益々上達されますように!

はい、お兄様に背中をおされてがんばります。
今日はありがとうございました。
日めくりカレンダ

作品展のご案内
ご案内ハガキはクリックで拡大します!
【第10回 一期一会写真展】
会期:2/1(木)~2/25(日)
会場:さぬき市「カフェ・セゾン」(定休日:月・火曜)→地図
IMG_20180128_0002.jpg
【さぬき市展】
会期:2/21〜3/4(書)
日本画・洋画・グラフィックデザイン、彫刻・工芸・写真は終了しました
会場:さぬき市「21世紀館さんがわ」(月曜休み)→地図
IMG_20180114_0001.jpg


↓もうすぐ開催です♪
【氏家圭三と写団“ひうちなだ”写真展】
会期:2/25(日)~3/4(日)
会場:観音寺市共同福祉施設(月曜休み)→地図
IMG_20180129_0001.jpg
【日本風景写真協会 香川支部写真展】
会期:2/26~3/4(高松展) 会場:サンポート高松→地図
会期:3/13〜3/18(善通寺展) 会場:善通寺市美術館→地図
IMG_20180131_0001.jpg
【写友「風」 第11回写真展】
会期:3/1(木)~3/31(土)
会場:さぬき市「カフェ・セゾン」(定休日:月・火曜)→地図
IMG_20180210_0002.jpg
【ニッコールクラブ高松支部写真展】
会期:3/2(金)~3/11(日)
会場:高松市「讃岐漆芸美術館」(休館日:水・木曜)→地図
IMG_20180210_0001.jpg

敬称略、ご案内ハガキに記載の連絡先をWebでは非公開とさせていただいています。
迷い犬・猫情報、里親募集!
プロフィール

つくも(月萌)

Author:つくも(月萌)
クニャンというのは韓国語で「ただ、なんとなく」という意味の言葉です。絵も写真も中途半端なブログですが、よろしくお願いいたします


にほんブログ村

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事一覧
デッサンLesson 39 「わたの花」 &写真は「綿帽子みたいな、、」  Feb 19, 2018
津田の松原 凧揚げ大会♪ (後編) Feb 17, 2018
津田の松原 凧揚げ大会♪ (前編) Feb 15, 2018
【第10回 一期一会写真展】から♪ Feb 13, 2018
梅が咲き始める頃、車で30分走ると雪国でした。  Feb 11, 2018
善通寺(4) ノスタルジー Feb 09, 2018
善通寺(3) カタパン売り切れました! Feb 07, 2018
カテゴリ
このブログの記事画像
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
小さなスケッチブック
💛ブックマーク  
📷写真 🎨美術 📝文学 
月別アーカイブ(2015年8月から)
作品展ご案内の履歴
検索フォーム
QRコード
QR