「海辺のカフカ」~主人公の田村カフカ君が向かうのは高松~

2017000022110530.jpg
「ことでん志度線は海岸沿いを走る!」  撮影日時:2017/05/27 14:54  場所:高松市牟礼町 塩屋駅近く



久しぶりの読書ノートは、香川県情報です!
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ


ハルキストに叱られそうですが、香川県情報ですよ(笑)
FotorCreated海辺のカフカ

『海辺のカフカ』(うみべのカフカ)は、村上春樹氏が2002年に発表した10作目の長編小説。 ギリシア悲劇のエディプス王の物語と、『源氏物語』や『雨月物語』などの日本の古典文学を下敷きにした長編小説です。


物語は、主人公の「田村カフカ」が15歳の誕生日に家出をするという場面から始まります。

田村カフカは東京都中野区で彫刻家の父親と2人で暮らしています。

田村カフカ君が向かうのは高松
高松駅でうどんを食べ、
海岸沿いを走る電車にのり、
「甲村記念図書舘」に居候する。

駅の近くにあるうどん屋に入って腹ごしらえをする。.........僕は東京で生まれ育ったから、うどんというものをほとんど食べたことがない。腰が強く、新鮮で、だしも香ばしい。値段もびっくりするくらい安い。あまりにうまかったのでおかわりをする。



あらすじ、感想は他の書評ブログにおまかせして、私の関心はモデルとなったかもしれぬ場所のこと

2両連結の小さな電車だ。.........
線路は海沿いをしばらく走ってから内陸に入る。.........
駅をでて、教えられたとおり古い町並みを北に向かってあるく。.........
黒い板塀、白壁の塀、.......あたりはひっそりとして、歩いてる人の姿もない。



電車は《ことでん(高松琴平電気鉄道の略称)》 海沿いなら琴平線でなくて、志度線!
2017000022070527.jpg
撮影日時:2017/05/21 14:04  場所:高松市牟礼町 房前駅


《ことでん:高松築港駅→瓦町→八栗→塩屋→房前→→志度》

終点の志度駅を降りるとすぐに、この本をかりた志度図書館がある。

建物はもともと明治時代初期に甲村家の書庫兼来客用の離れとして建てられたものだが、、
香川県は数多くの優れた歌人・俳人を輩出しましたが、甲村家が明治以来数代にわたって当地で質の高い芸術サークルの形成・維持に心血を注いでいたという事実も、その背景になっています。



図書館はまだ新しくイメージとはかけ離れているが
IMG_0381.jpg

図書館の前の志度寺につづく道は、
↓黒い板塀、白壁の塀!あたりはひっそりとして、歩いてる人の姿もない!(笑)
IMG_0380.jpg
機材:iPhone7Plus


ハルキストの間では、かって「甲村記念図書館」探しがブームだったとかで、
「旧鎌田共済会図書館」とか
(T14年竣工の建物で、坂出市立図書館だった時期を経て、現在は鎌田共済会郷土博物館になっています)
イサム・ノグチ庭園美術館はあの図書館の雰囲気に近いと評判でファンの方もたくさん訪れるそうです。


そう! 琴電志度線の「八栗駅」から少し北にある「イサム・ノグチ庭園美術館」の雰囲気はとても近い!

小説を読みながら、
数年前に訪れたイサム・ノグチ庭園美術館の建物全体がまとっている雰囲気がとても近い気がしました。
丸亀の豪商の家屋を移築しているイサム家と呼ばれる住居も、美術館受付の建物も小説のイメージにぴったりきます。

↓美術館受付
2017000022010526.jpg

↓石垣の向こうに見える屋根がアトリエ
2017000022020526.jpg
撮影日時 2015/05/16 11:23:53


もっとも 「僕の頭の中には実在しますが、実際には存在しません」という村上春樹氏の言葉がありますから違うのでしょうが、
香川県人が読むと、内容とはまた別のワクワク感が生まれます。


私は上下巻を4日で読み終えましたが、
「海辺のカフカ」で検索すると出てきた、生真面目な“はとこのブログ”(➡こちら)には1ケ月かかったと書いていました(爆)
   覚書:2003年 はとこが書いた祖母の記事「悲しい知らせ」➡こちら リンクすると文字化けしたので画面コピー
     2008年 はとこが書いた姉夫婦のこと「多川修さんの通夜葬儀告別式初七日」➡こちら
     2013年 私が書いたはとこのお父さんの記事「祖母が大切にしていた写真」➡こちら


カフカ しどせん



カフカが、仮説では母であり、交わることになる甲村記念図書館の館長をしている女性の名前は「佐伯」さん
香川県で生まれた弘法大師の俗名も「佐伯」だと ちょっと無理があるような指摘をしてる書評もあるくらい
県人が読むと 何倍も面白い小説なのでした



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
応援ありがとうございます
バナーはことでん志度線「房前駅」
遠くに見えるのが四国霊場85番札所八栗寺のある五剣山です
空海(弘法大師)が、唐へ渡る前に五剣山に登り、8つの焼き栗を埋めたところそのすべてが成長繁茂したことから「八栗寺」と命名されたといいます


関連記事



お姉ちゃんからの元気通信 「野に咲く花のように」


兵庫県三田市に住む姉からの写メです 
 
 いまオカリナで野にさく花のようにって曲を吹いてます😄
 散歩中に頭の中をぐるぐるで野に咲く花を撮って来ました🙆

 いまは雑草の花盛りです🎶
20170527sannda.jpg

20170527sannda2.jpg


菖蒲の花も満開になりました😄
2017000022040527.jpg

2017000022060527.jpg


野に咲く花のように 風に吹かれて
野に咲く花のように 人を爽やかにして

そんな風に 僕らも
生きてゆけたら すばらしい

歌手:ダ・カーポ 作詞:杉山政美 作曲:小林亜聖
引用:http://www.uta-net.com/song/3552/ (⇚ 「動画を見る」で歌が聴けます)




私:
そんな風に私たちも 生きなきゃね~
いつの間にか私も歌っていました(笑)



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
応援ありがとうございます
バナーは我が家の庭の雑草です
どこにも生えてくるので抜くのに一生懸命でしたが、今、この草にも花が咲いています
先日、ブロ友さんの記事でこの草の名前が「常磐露草」なのだと知りました
れっきとしたつゆくさ科ヤブミョウガ属の花で、花言葉は「尊敬」なんだとか
邪険にして、ごめんねー


関連記事



デッサンLesson 20 「トルコ桔梗、カラー」

2017000021970526.jpg

香川県三木町にあるサンサン館みきのデッサン教室の120分(ホームページは➡こちら)
今日は線で描く花の写生です。
モーチーフは先生が用意された花を、各自、来た順に選んでいきます。
自宅からお気に入りのバラ、「アンジェラ」を持ってきて描かれる方もおられました♪


一番遅かった私はトルコ桔梗を
2017000021960526.jpg

IMG_0297.jpg

《Lisianthus トルコキキョウ》
花名のトルコキキョウは、つぼみの形がトルコ人のターバンのようであり、花の姿・色がキキョウに似ていることに由来するともいわれています。北アメリカ(テキサス州周辺)が原産地となり、花名のようにトルコ原産のキキョウではありません。
花言葉は、「すがすがしい美しさ」「優美」「希望」


少し時間があったので「カラー」も
2017000021950524.jpg

IMG_0294.jpg

《Calla lily カラー》
花名のカラーは、ギリシア語で美しいを意味する「calla」に由来するといわれます。また、花びらに見える白く大きな仏炎苞が、修道女の襟(カラー)やワイシャツの襟に似ていることにちなむとも。原産地の南アフリカでは「varkoor」とも呼ばれ、”豚の耳”を意味するそうです。
花言葉は、「華麗なる美」「乙女のしとやかさ」「清浄」


教室が終わって、残ったい花は「持ち帰っていいです」という先生の言葉にトルコ桔梗と、芍薬のつぼみをいただいて帰りました♪
IMG_0299.jpg

元気な芍薬が咲いたので、描かずに枯れる前に撮りました(^^)/ 
2017000021990526.jpg

《Chinese peony 芍薬》
花名のシャクヤクは、「姿がしなやかで優しいさま、たおやかなさま」を意味する「綽約(しゃくやく)」に由来するといわれます。
花言葉は、「恥じらい」「はにかみ」「謙遜」


こうして花言葉を並べると、
どれもが素敵な意味をもっていて、
恥ずかしがり屋さんの想いを託せるよう 幸せな言葉になってるような気がします(^^)/




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
ありがとうございます


関連記事



三田の散歩道 ~緑陰に憩う~

小さな旅3日目の朝
姉がお気に入りの散歩道を一緒にあるきました(^-^)v
2017000021830524.jpg

2017000021820524.jpg


カッパの「ウッパちゃん」(➡こちら)も元気(^^)/
2017000021860524.jpg

2017000021890524.jpg

桜並木も新緑に
2017000021870524.jpg

残っていた八重桜も散って 
私たちの旅の終わりを告げていました
20170524IMG_8945.jpg


お昼は三田ホテルでごちそうになり
帰りは遅れることなく、時間どうりに帰れました(^^)/


二人の旅におつきあいいただき ありがとうございました♪

(1)「インフィオラータこうべ北野坂2017」
(2)「神戸 異人館」から」
(3)「神戸南京町」は食べ歩きがおすすめ♪
(4)織田信長「燃えない船をつくれ!」 村上水軍vs九鬼水軍
(5)心月院から



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
ありがとうございます
バナーは三田ホテル
子どもの日なのでロビーにはおおきな「鉄道模型ジオラマ」がありました♪
大人の方が夢中になっていました(笑)

関連記事



タイトル帳(P.6) 【東野廣 写真展~花・風景~】

IMG_20170521_00062.jpg



【東野廣 写真展~花・風景~】
会期:2017年5月14日~6月2日(金)
会場:東かがわ市:ギャラリー・喫茶 パルコ(地図➡こちら)


IMG_20170418_0001.jpg


東野さんから撮影・掲載のご了解をいただきましたので、ご会場から
(スマホでの撮影です!)
2017000021690522.jpg


↓「嫗仙の滝」  撮影地:群馬県草津町 10月
  『個性あふれる妖怪のような 不思議な滝』
2017000021700522.jpg

作品は絶妙のシャッター速度です!

嫗仙の滝(おうせんのたき)は、50万年から60万年前に草津白根山から噴出した火砕流が堆積した溶結凝灰岩によってできた滝である。日本の滝百選(517滝)では選定されていないが、北中康文(カメラマン)が選んだ滝100選(1428滝)では選定されている。
滝の近くには、樹高35m、幹周6.7mのカツラの巨木(嫗仙の滝のカツラ、森の巨人たち百選)の他に、トチノキの巨木、まっすぐに伸びたコナラがある。(Wikipediaから)




↓「花の丘」  撮影地:さぬき市
 『秋の空に次々と変化する雲』
2017000021710522.jpg


プロカメラマンの古家秀俊先生(➡こちら)が東野さんの作品からは音が聞こえるっておっしゃっていました
滝の音を、風の音を聞いてくださいね


会場では作品の販売(2L、はがき)もしています。
我が家に来たのは
「早朝の沼」 撮影場所:栃木県戦場ケ原
2017000021720522.jpg
碧い水面が風に揺れて変化した一瞬です


作品タイトルはその作品の一部であり、作者の意図・想いを伝えるものだと気づき「作品一覧表」を保存することにしました
タイトルをみなおすと、その作品もよみがえりますね♪
何かの折にでも参考にしていただけましたら幸いです(^^)/


「作品一覧表」をまとめた「タイトル帳」は➡こちらです





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
ありがとうございます
バナーは、いつもはカメラを見たら逃げ出すのに、
トルコ桔梗に興味があるみたいで、カメラ前に来たワンコです(^^)/
決してカメラを見ないので目が撮れません(^_^;)
真っ黒の、濡れたような綺麗な目なんですよ

関連記事



Thank you for comming.

作品展のご案内
詳細は【作品展名】をクリックしてご覧ください!

【ライト&ライフ写真展】
会期:8/14~8/19(10時~18時)
会場:高松市サンポート シンボルタワー1F「ヨンデンプラザ」
四国電力の広報誌“ライト&ライフ”の表紙に採用された写真、大作A1です!
★植村好治先生(写真教室:➡︎金曜教室土曜教室)の作品が展示されています。
↓2018年6月号の表紙「仁淀川最下流の沈下橋」 カメラマン:植村好治
20180816 raitoraihu

【日本風景写真協会 創立15周年記念選抜展】
会期:8/15〜8/19
会場:福島県「郡山市民ふれあいプラザ」
IMG_20180422_0001B.jpg

【花の水彩画展】
会期:8/12~9/7 (休み:火曜)
会場:さぬき市「MUU ム-喫茶店」
20180814181222e6b.jpeg

【第12回 パルコ彩後期展(写真)】
会期:8/5~8/24 (定休日:土曜)
会場:東かがわ市「ギャラリーパルコ」
IMG_20180723_0001.jpg

<8月の「カフェ・セゾン」
8/11〜8/21は夏休みです。月・火曜は定休日
◇8/3の展示は、
↓「光射す」 撮影者:伊藤大輔 (クリックで拡大します)

20180803212617c21.jpeg

【思可牟(しかむ)展】
会期:7/28~9/9 (休館日:月曜、祝日は翌日の平日)
会場:高松市牟礼町「石の民俗資料館」
IMG_20180714_0002.jpg

工芸【北岡省三 工友会】
会期:6/16~8/26(休館日:月曜)
会場:坂出市「かまどホール」
IMG_20180613_0001.jpg


  もうすぐ開催です♪   

【フジXに魅せられて 第1回写真展】
会期:9/1~9/30 (月・火は休み)
会場:さぬき市「カフェ・セゾン」
3a7ce67a811609bce1451f79fbc9777e.jpg

敬称略、ご案内ハガキに記載の連絡先をWebでは非公開とさせていただいています。
迷い犬・猫情報、里親募集!
ヘルプマークを知っていますか
義足、人工関節、内部障がい、難病、妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としていることを知らせるマークです。
 helpmark2.jpg
高松市では2018年4月2日より配布しています。
ヘルプマークを身につけている方を見かけたら!
💛電車・バスの中で、席を譲る!
💛駅や商業施設等で、声をかけるなどの配慮!
💛災害時は、安全に避難するための支援!
プロフィール

Tsukumo(月萌)

Author:Tsukumo(月萌)
クニャンというのは韓国語で「ただ、なんとなく」という意味の言葉です。絵も写真も中途半端なブログですが、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ 
にほんブログ村 四国ブログ

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事 (サムネイル付)
花火までの、瀬戸内クルーズ。  <#飛鳥Ⅱ> Aug 18, 2018
送る日に   <#岐阜提灯> Aug 16, 2018
大窪寺柴灯(さいとう)大護摩供養  〜願いは、天へ。〜 Aug 14, 2018
石の民俗資料館  <#思可牟(しかむ)展  #Akazykの灯とカガミ展> Aug 12, 2018
デッサン52「西瓜とコップ」   <#ゴーヤの雄花と雌花> Aug 10, 2018
仏生山散歩  <#大衆劇場「仏生山」  #劇団紀伊国屋  #四国テキスタイル> Aug 07, 2018
風の町、引田に吹く風がカタチになる 「第3回 風の姿展」から Aug 05, 2018
「クニャン」の記事
カテゴリ

💛ブックマーク  
撮影メモ
月別アーカイブ(2015年8月から)
作品展ご案内の履歴
検索フォーム