クニャン

趣味ではじめた絵や写真で 日々の記録をしています

「香川写好クラブ 第5回写真展」のご案内



IMG_20170128_0002.jpg


植村好治先生と、写真教室の生徒による40作品です。
(金曜教室は➡こちら、土曜教室は➡こちら

会場は瓦町FLAG
6階のイベントスペース「カワラボ」です!
東側エスカレーター登り 6F降車スグ隣!(詳しくは6Fフロアマップで➡こちら


初参加の飯間由香里さんは昨年の月刊フォトコン 初級コース ネイチャー部門で毎月入選され年度賞(全国1位です!)を受賞されています

出展者にはブロガーもいますよ!
ASUKAさん(➡こちら)、美術工芸おがわさん(➡こちら)、六遊会から5名のメンバー(➡こちら)と、私です(#^.^#)


先生のコンセプトが、

昔ながらの心温まる風景、美しい自然景観を後世のために残す意味でも、写真は貴重な記録になります。作品としての技術を高めるとともに、仲間との交流を楽しみ、生涯の趣味にしませんか。カメラの種類(フイルム・デジタル一眼・コンパクト)は問いません。

なので、クラスメートは超上級者から、私のような初心者まで、交流しながら写真を楽しんで、一年に一度の写真展です♪


出展者が 会場でお待ちしています


ぜひ ご高覧を賜りますよう お願い申し上げます



作品にはそれぞれキャプションがついています。
川柳、俳句もありますよ~
作品とあわせておたのしみくださいね♪




201700001540.jpg
201612/16 瓦町フラッグのエスカレーターにて




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
ありがとうございます
撮影日:2016/7/31 後援をいただいている「ことでん」です♪
関連記事

冬の散歩道 (追補) -センチュリー大橋-

「姉がいつも散歩している道を一緒に歩いてきました。」と書いた3記事
「冬の散歩道(1)」は➡こちら
「冬の散歩道(2)-河童のウッパちゃん-」は➡こちら
「冬の散歩道(3)」は➡こちら


散歩の最後は姉が好きだという橋の記事を書きました

「センチュリー大橋」
大きな住宅地を南北に通る県道をまたぐ大きな歩道橋です。
幅だけでも12m(中央部は7m)もあります。
こう見えても吊り橋で、上に見えるケーブルで両主塔を結び、おまけにポリカーボネイト製の屋根付きです。
(引用:近畿の吊り橋➡こちら
センチュリー大橋




この記事にいただいた「橋の全体を見たい」
というコメントを読んだ姉が、写メを送ってくれました(^^)/

20170127203400.jpg


1994年に土木学会田中賞を受賞しているというだけあって美しい形ですね!


20170127203422.jpg


また行ってみたいなぁ~




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
ありがとうございます
テレビでデッサン
2017/1/9録画「100分de名著 中原中也詩集」から
「なすところもなく日は暮れる……」

関連記事

自分の星




「他人がつけた星の数(評価)でなくて、
自分の星をさがす」


たまたま見ていたテレビでの、甲斐みのりさんの言葉です。
文筆家 甲斐みのりさんのことは、この時初めて知りました。(➡こちら)


写真は点検に寄った車屋さんで、タイヤ交換することになり、
待ち時間にふと外をみると青空の中に「八栗山(やくりさん)」(➡こちら)を見つけた時のものです。
ときめいてすぐスマホで撮影。

★をつけました




ありがとうございます

関連記事

デッサンLesson 8 「貝、ビー玉、折り紙」



  「一歩ふみだして、筆圧かけてみました」
先生(漆芸家)「もう一歩!」
  やっぱり、、(@_@)

20170118_142802 (1)



今日の記事に添える写真は、
家庭菜園のあぜ道に咲いていた「水仙」
201700001533.jpg

ブログでは、できるだけ前向きな記事を書こうと心がけています。
水仙だと、ナルシストのイメージが強くて、ちょっとどうかなと思いましたが素敵な言葉を見つけました♪

花言葉 「自己愛」

ちょっと印象が良くない「自己愛」の花言葉。ですが自分を愛するというのは簡単なようで、実は結構難しいことですよね。ナルキッソスは高慢な性格でしたが、自己愛を持った人は自分を始末にしないのと同時に他人も愛せる素敵な人が多いもの。

自分を愛して自信を持っているからこそのオーラを感じることもできます。私なんて…と思っているよりも自己愛を強く持っている方が幸せやチャンスも多いのではないでしょうか。

なかなか自信を持てない方、自分を愛していいものかと素直になれない方は水仙を近くに置いておくと自信が

(引用:「花咲マニアとアロマさん」➡こちら



なかなか自信が持てない人にいいらしい!
ブログ名まで「クニャン」ですから(笑)
近くに飾っておこうと思います




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村
今日のバナーは姉の高松の家の梅
先日の「梅」の記事観て留守宅の梅の様子が気になったようです
で、すぐに撮っておくりました

201700001537.jpg
まだまだこれから
空にむかって手をひろげてるみたいに見えました


関連記事

絵本 「とくしまからきました」


昨日、酉人形を作られたcozyさん(➡こちら)から、嬉しいお知らせがありました
201700001489.jpg

大学研究室の後輩から絵本出版の連絡が届いたのだそうです。
とくしまからきました DSCN1865

cozyさんのブログ「陶工房/宏磁窯の日々」から転記させていただきますね。

作者は「やまさきじゅんよ」さん
絵本のタイトルは「とくしまからきました」
出版社は郁朋社です

二年前に出版した「くもをだいたナマズ」は自費出版で徳島の一部の書店のみでの取り扱いでしたが
今回は全国の書店と出版社で扱います
アマゾンからも2月中旬以降売り出されるそうです
書店では1月25日ごろ発売とのことです

阿波弁で徳島のいいところを紹介してくれるそうですので
是非お手に取ってご覧のうえお求めください



絵本の作者「やまさきじゅんよ」さんは、仕事のかたわらコツコツと絵本を描かれています。
「くもをだいたナマズ」は、おおしま国際手づくり絵本コンクール2014で入選されました。

絵本「とくしまからきました」は、
「徳島には何があるの?」と聞かれたら
「〇〇があるんじょ」と話して欲しいとの想いをこめて作られたそうです。


私が記事に添える写真は、昨年末、「アスティとくしま」でのダンススタジオひまわり発表会
R120170121185810.jpg

甥っ子の長女が出るので娘といきました。
写真はジュニアを担当する先生です。(コンデジ撮影 )


会場の「アスティとくしま」は開場まえから列ができ、大きな会場が満員でした。
みてびっくり!
みごとなダンス・ダンス・ダンス
R20170121185850.jpg

主催者が挨拶の中で、
「徳島は踊りが大好きな県民です♪」
と言われていたのに、とても納得しました~
ダンサーは幼稚園児から80歳くらいのご婦人まで(^^)/ 層が厚い!

「踊る阿呆に 見る阿呆
   同じ阿呆なら 踊らにゃ 損々」

なんです(^-^)/
徳島の小・中・高では体育の授業で習うのだとか♪
私も徳島の学校に入学してすぐ、女踊りと男踊りを仕込まれました(笑)
どこがそんなに惹きつけるのかと考えたら、踊ってる時ってみんな笑顔ですね♪


青春の思い出とともにある徳島

絵本 「とくしまからきました」に会えるのがとても楽しみです


今、やまさきじゅんよさんの絵本絵画展が
徳島県・板野町文化の館ギャラリーで開催中です
2月16日まで(月曜日休館)
お近くの方は、ぜひ板野町文化の館ギャラリー(アクセスは➡こちら)に足をお運びくださいませ


今日の記事は、頑張ってる後輩へのエールとして


(追記)
アマゾンで「とくしまからきました」販売中➡こちらから
とくしまからきました DSCN1865




にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
ありがとうございます
撮影日:2016/3/28
撮影場所:徳島市新町川「ひょうたん島クルーズ」
映り込んでいるのは眉山です

関連記事

笑顔を絶やさない人  (付:お姉ちゃんからの元気通信)

「シラサギがいるのはココだよ」と、
書いてもらった地図をたよりに行ってみました。
IMG_6591.jpg

↓教えてくださったBさんの写真のコピーをみると、間違いなくココ!津田町のためいけです。
201700001526.jpg

でもいないな~

なにか動いてる♪ 遠いのでコンデジで見てみました~(かわいい、羽の色が違うのは種類ちがう鴨?)
追記:「キンクロハジロ」(➡こちら)です。ブロ友さん(➡★)が教えてくださいました(^^♪(ありがとうございます)
R2 DSCN1181_edited-1


もしかしたらシラサギは、夕方になると帰ってくるのかもしれません。
残念でしたが、停めた車の横をみると、
IMG_6597.jpg

うわぁ~梅の木です♪

松・竹・梅を「歳寒三友(さいかんさんゆう)」という

三友とは友としてふさわしい「正直な人・忠実な人・多聞な人」を云います。
「松」は厳冬にも落葉せず、断崖絶壁にも良く根を張ることから、忍耐強く、真心を尽くす人。
「竹」は節を持った人。また隠し立ての無い正直な人。
「梅」は厳冬に咲く事から、激しい状況でも笑顔を絶やさない人。
引用:「なんでも梅学」



IMG_6596F.jpg

いい笑顔だね

また会いにきます
うめちゃん
シラサギさん



《お姉ちゃんからの元気通信 2017/1/20》
昨年まで写真ギャラリーのオーナーだった姉からの
届いた写メです

『桜並木に雪の華が咲きました

20170120201641.jpg
三田市



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
「85番札所 八栗寺」
ありがとうございます 


前のテンプレートは、パスワードを入れていてもコメントの変更・削除ができないので元のテンプレートに戻しました。
フラフラしてすみませんm(__)m
関連記事

雪でした、、、、(お姉ちゃんからの元気通信)

ブロ友さんのブロ友さんからのお願いです。

「助けてください♡四国中央市/柴犬他7頭の柴犬たちを!
…愛媛県四国中央市」

詳しくは、➡こちら 


1/16(月)三田市の姉から、雪の便りが届きました
(姉の新天地、香川とは全然とがう風景です)
1484656036164.jpg


「雪でした、、、、」

ふと思い出した歌詞をネットでみると作詞・作曲は吉田拓郎さんでした。
ファンではなかったけれど、お正月に偶然テレビでみたら、とてもよい歳のとり方をされていました。
そのテレビで、
「 30歳以上の奴を信じるな」が合言葉だった というお話をされていました。

たしか、年末のクリスマスの約束っていう番組で、小田和正さんからも同じことを聞きました。

1960年代後半。
その頃の若者の象徴でもあったヒッピーや反戦運動家たちが主導した対抗文化のスローガンの一つに、
“Don’t trust anyone over 30”というものがあった。

(引用:cakes「ミュージシャンたちの27歳」➡こちら


ほんとに、そんな言葉があったようです。
その30歳の倍以上も生きたふたりのミュージシャンは
歳を重ねた柔和さを持ちながらも、今も何かに挑んでるような目をしていました。


1484655997417.jpg


「 雪でした。あなたの後をなんとなくついていきたかった」

ちょっとこの歌が気に入りました(^^♪
70歳の吉田拓郎は信じられる気がした


諦めない人は美しいです




にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
ありがとうございます
1/17(火)は、さぬき市の山での仕事です。
道の隅にはまだ雪がのこっていました。
よーくみると(笑)

関連記事

さぬき市津田町「陶々堂ギャラリー」へ(2) -- 遊砂窯 --

 
友達がつくった干支の置物が、さぬき市津田町の「陶々堂」さんで販売していると知り、ナビで探しながら行ってきました。
「陶々堂ギャラリー」へ(1) -酉人形をさがして- ➡こちら


その「陶々堂ギャラリー」のオーナーでもある陶芸作家 島田吉子先生が作品をみせてくださいました。
雄大な海をイメージした作品です。

201700001523.jpg
ひとつひとつの陶板が、波の形となっています。

教室の奥に飾られています
201700001508.jpg
↑クリックで大きくなります


奥から持ってきてくださった作品
青海波です。
(これは漢字の八のように、ひとつの波が末広がりに広がっていく形なので、縁起がいいとう吉祥模様)
201700001512.jpg

201700001513.jpg



外の窯にも案内してくださいましたよ(^^)/
ガス窯、  灯油窯、 電気窯、
温度は1200度にもなるそうです。
toutoudou2.png


島田先生は鹿児島生まれ
20歳の時から、砥部焼 梅野窯にて修行
41歳で香川県津田にて「遊砂窯」を開設
その年に、高松市宮武画廊で個展「第1回 わたしの海」
ここから海シリーズがはじまりました。5回までつづいています。

ギャラリーや教室で忙しく、これからは制作に専念したい気持ちもあるそうです。

書道で日展に何度も入選している友人の口癖が「僕は、教えることはしない」だったのに、
ある日新聞チラシに彼の書道教室を見つけました。
「それが、教えるとすごく楽しいんや~こんなに楽しいと思わんかった。」と♪
そんなお話をすると、島田先生も大笑いして、
「そうなんよ~楽しいのよ~」


島田先生はとても小さな女性です。
小柄な体からあふれる気持ちは、とても大きく感じました。
いつまでもお元気で、「遊砂窯」をつづけてくださいね。


↓「陶々堂」の前の風景です。
キツツキも遊びにくるそうで、朝は鳥の声でにぎやかなんだそうです♪
201700001522.jpg

陶々堂のご紹介は、➡こちら です。


土から海が生まれ
いろんな世界が生まれる
そんなことを思った一日でした


楽しい時間を、ありがとうございました




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村
1月17日は阪神・淡路大震災から22年
鎮魂の祈りをこめて


関連記事

「陶々堂ギャラリー」へ(1) -酉人形をさがして-

201700001489.jpg
作:松本宏(ブログは➡こちら



友達がつくった干支の置物が、さぬき市の「陶々堂」さん(➡こちら)で販売していると知り、ナビで探しながら行ってきました。



↓「陶々堂ギャラリー」
201700001518.jpg


↓お目当ての「酉人形」は正面にありました~(^^♪
 201700001507.jpg


お迎えしてくださったオーナーから写真撮影と公開を快諾してくださったので、
ギャラリー横の作業場も撮らせていただきました♪
陶芸教室になっています。
201700001508.jpg


作品の数々
201700001509.jpg

201700001520.jpg

201700001519.jpg


オーナーの作家さんとしてのお名前をお聞きすると、
「島田吉子先生!」

宮武画廊での個展など、お話がドンドン弾み、
大作を奥から運んでこられ、作品の説明までしてくださいました(^^)/
みせていただくことになった先生の作品は次回に♪


なつかしき友との邂逅から生まれたご縁、
小さな鳥がたくさんの物語を運んできてくれました


つづく

関連記事

デッサンLesson7 「かぶら」

201700001486sannda

2017年はじめてのデッサン教室のモチーフは、かぶら、しいたけ、まなから2点
休んだりして1ケ月ぶりなので、欲張らずに1点だけにしましたが、時間が足らない(^_^;)

先生 「あと1時間あれば葉が描けたかな~あと蕪の色も欲しい。」


2016年12月のデッサンLesson 6「瓶とリボンのオーナメント」
201700001488.jpg



添える写真は、やっと咲き始めたシクラメン
201700001483sannda

2017/1/11 4度目の冬を迎えたシクラメン、5度目の冬を迎えたシクラメンはまだ蕾のままなんですよ。

今日は、ある記事の写真を見てて中学時代のことを思い出したので、新聞の「紙上塾---中学生レベルアップ」にふと目がとまりました。

一年を周期として、寒さと暑さ、乾期と雨期などが交互に訪れる地球の上で生活する植物にとっては、どの時期に成長し、どの時期に花をつけるかが、生死を分ける重大問題となる。種子になれば、少々の寒さや乾燥に出合っても平気だが、発芽したばかりの植物が寒さや乾燥にさらされると、すぐに死んでしまうからである。このため、植物はいろいろな知恵を絞って発芽する時期、花をつける時期を選んでいるのである。動くことのできない植物にとって、このようなしくみが不可欠なのである。
          (瀧本敦「ヒマワリはなぜ東を向くか」による。)



201700001484sannda


この居心地のわるい家で、この子たちは知恵を絞って生きてくれてるようです。

もうすぐだね




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
バナーは三木町:池戸公民館(大正建築)
池戸公民館アートギャラリーで開催中の「三木町民県展入選等作品展」は1/12(木)までです。
ギリギリ、今日、行ってきます!
関連記事

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

日めくりカレンダ


作品展のご案内 (詳細は作品展名をクリック!)

◆【ときめき5人展 Part6】
会期:10/29(日)まで
会場:高松市藤塚町「アート・プラザ」定休日:月曜、第1・3日曜
IMG_20170909_0002.jpg
◆【思可牟(しかむ)展】
会期:10/22(日)まで 月曜休み、ただし祝日は翌日が休み
会場:高松市塩江美術館
出展作家:貴志勉➝こちら
IMG_20170818_0001.jpg
◆【あすなろ 水彩画グループ作品展】
会期:10/16(月)~10/31(火)
会場:高松市「クローバカフェ」水曜は休み
IMG_20170920_0001.jpg

◆【キャノンフォトクラブ高松 第15回写真展】
会期:10/23(月:13時)~10/29(日)
高松市「瓦町FLAG」8Fギャラリー
IMG_20171001_0001.jpg
代表:森田裕(教室➝
顧問:植村好治(教室➝
◆【第4回 風景写真展】
会期:11/1(水)~11/30(木)
会場:さぬき市:カフェ・セゾン(定休日:月・火曜)
sezonn201711.jpg
◆【写団『北極星』 第4回写真展】
会期:11/7(火)~11/19(日)
会場:さぬき市:21世紀館さんがわ(月曜休み)
201711北極星
◆【谷澤晃 写真展】
会期:11/15(水)~11/29(水)
会場:高松市「庵治・観光交流館市民ギャラリー」火曜休み
IMG_20171001_0002.jpg
◆【三上栄治洋画展】
会期:11/28(火)~12/3(日)
会場:「高松市美術館」
IMG_20170929_0001.jpg
◆【第15回SIC写真展】
会期:12/5(火)~12/10(日)
会場:さぬき市:21世紀館さんがわ
IMG_20170929_0003.jpg

敬称略、ご案内ハガキに記載の連絡先をWebでは非公開とさせていただいています。

迷い犬・猫情報、里親募集!

プロフィール

つくも(月萌)

Author:つくも(月萌)
クニャンというのは韓国語で「ただ、なんとなく」という意味の言葉です。絵も写真も中途半端なブログですが、よろしくお願いいたします

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事一覧

赤いソバの花 Oct 13, 2017
デッサンLesson 31 「四角豆とじゃがいも」 Oct 11, 2017
さぬき市の奇祭 塚原稲荷「あばれみこし」 Oct 09, 2017
「Keyaki cafe(ケヤキ カフェ)」でランチ Oct 07, 2017
P.13 【木村力 写真展~麗しき日本の原風景~】 Oct 06, 2017
みろく自然公園から「門入ダム」へ Oct 04, 2017
みろく公園の彼岸花、、もう終わりです(^^; Oct 02, 2017

カテゴリ

日本画 (16)
素描 (71)
写真日記 (153)
撮影実習 (18)
みろく自然公園 (3)
小さな旅 (20)
さぬき情報 (4)
読書ノート (7)
作品展のご案内 (30)
ささやかな思い出 (3)
未分類 (18)
写真タイトル帳 (13)
お姉ちゃんからの元気通信 (8)
「Shall We 彫刻・絵画・写真作品展」 (2)
香川写好クラブ (2)
テーブルフォト (1)

このブログの記事画像

💛ブックマーク  


💤:お休み中のブログ

このブログをリンクに追加する

日の出・日の入り・月齢

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ(2015年8月から)

作品展ご案内の履歴

検索フォーム

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん