四国の「幻の番茶」をいただきました♪


201610000011131030.jpg

日曜日、
写友(NHK植村教室 土曜日組)でありブログ友でもある「美術工藝おがわ」さん(ブログ➡こちら)のお茶会に行ってきました。

「四国のお茶巡り」は、
「秘境の煎茶」と「幻のばん茶 -後発酵茶3種そろい踏み+番茶」
四国四県のお茶をいただきます。

201610000011231030.jpg


私達がいただいたのは、「幻のばん茶」です。
お煎茶のお茶会は行ったことがありましたが、ばん茶は初めてです♪

ご一緒にどうぞ♪

↓お席  
「秘境の煎茶」の部は、写友(NHK植村教室 金曜日組)でありブログ友でもあるasukaさんのブログでどうぞ➡こちら (^^)/
201610000011141030.jpg


日本茶インストラクターの青年ふたりが説明してくれました。
お茶農家の息子さんで、高齢化しているお茶産業の中で希望の星みたいです

↓花鳥風月と記されたお茶の利き茶をします。
当てるのは
香川県 高瀬の「秋冬番茶」
愛媛県 「石鎚黒茶」
徳島県 「阿波晩茶」
高知県 「碁石茶」

201610000011191030.jpg

↓色と香りと味で、どのお茶かあてていきます。(わかるわけないですよねww)
201610000011161030.jpg

↓正解 
201610000011201030.jpg

カンで当たったのは半分(^_^;)
よくわからないのは「番茶」と「晩茶」

高瀬番茶は発酵させていない、さわやかな香りの香川のお茶です。
阿波晩茶は、遅い時期に摘むので「晩茶」と呼んでいますが、一番茶を摘んでいるそうです。
 (註:一番茶を摘んだあとに出るのが二番茶、二番茶を摘んだ後にでるのが三番茶です)
発酵しているお茶「発酵茶」で、植物性乳酸菌を多く含んでいます。
その為、腸内フローラのバランスを効果的に改善してくれるとのことで大人気だそうです。
高知県 「碁石茶」は芳醇な香りのお茶でした
愛媛県 「石鎚黒茶」は飲みやすいまろやかなお茶でした
(感想は適当なので参考までにww とにかく珍しい幻のお茶であることは間違いありません!)



↓向こうに ちっちゃい手がみえますか
 お母さまといっしょにMちゃん(4ケ月)も座っています♪
 「一期一会」 ワイワイと楽しかった~♪
201610000011261030.jpg


↓帰りに4種セットのばん茶を購入しました。販売価 1000円。たいへんお得なセットです♪
201610000011241030.jpg
茶葉に熱湯を入れ8分むらします。8分です!
 スダチなどを浮かべてもおいしいです♪



↓お店では陶芸・漆芸作家さんの作品も展示・販売されています
201610000011251030.jpg

毎月のお茶会のご案内は「美術工芸おがわ」さんのホームページ(➡こちら)でごらんください。

ぜひお立ち寄りくださいませ
もちろん写真のお話もできるはずです(笑)




今日はハロウィンですね~
仏教徒なんですが
一緒に楽しんじゃいましょう♪
2016101000001006.jpg



昨日(10/31)四国新聞に、人口減少が進むまちに活気を取り戻そうと、さぬき市で「源内の改革プロジェクト」が本格稼働したとの記事をみつけました。
少し前、過疎化がすすむ山の職場にも、プロジェクトの若者が訪ねてきていました。
私も勇気をだして情報を発信していこうと、ランキングに復帰することにしました(^^)/

よろしくお願いいたします

2016/11/1 月萌


にほんブログ村

べっぴんさん

先日寄ったカフェにて、

朝ドラとは無縁だった娘が専業主婦になり、朝ドラの話で盛り上がるようになりました(^^♪
この日の話題は『べっぴんさん』
いま、NHKで放送中の連続テレビ小説です。

ヒロイン・坂東すみれのモデルは、アパレルメーカーファミリア創業者のひとりである坂野惇子(ばんの あつこ)さん、昭和時代の兵庫県神戸市や大阪などを舞台に、戦後の焼け跡の中で子ども服作りに邁進する姿を描いています。



↓ファミリアの服を着た娘。丁寧なつくりがお気に入りでした♪
 ドラマの題、べっぴんさんは漢字だと「別品さん」!「特別に良い品物」という意味です。(美人のほうは別嬪さん)
 この服を買った高松の子供服の専門店「はなびし」もすでに閉店しているそうです(´・_・`)
PoIMG_20161027_0001_edited-1.jpg
↓このズボンは私の手縫い、見えませんが赤いイチゴの刺繍をしています。保育園に預かっていただいて間もなくの頃です。
IMG_5317_edited-1.jpg


娘 「大きいおばあちゃん(私の祖母)も、小っちゃいおばあちゃん(私の母)も、戦争の後苦労したんやね」

戦争の話を娘としたことがなかったので、祖母から聞いていた話をしました。

高松の空襲で、家が焼かれ、おじいちゃんも亡くなり二人だけになったこと
小っちゃいおばあちゃん(私の母)は、女学校卒業の年の昭和20年は学校が閉鎖されてしまって募集がなく、大学にいけなかったこと
戦後は生きるために紳士服を作る所で働き、縫製を覚えたこと
大きいおばあちゃん(私の祖母)が「沢山残っていた兵隊さんの服を解いて仕立て直すのに、夜中までしていて、可哀想だった」と言っていたことを娘に伝えました。
生き残った人は みんな苦労したことを話しました。


IMG_91732015.jpg

ところで、べっぴんさん主演の芳根京子さんは、TBS系の「金曜ドラマ」『表参道高校合唱部!』でドラマ初主演作にして、ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演女優賞などを受賞し評価されています。
このドラマは、小学校のとき香川県小豆島に転居。地元の高校では合唱部に所属していて、パートはアルト。両親の離婚危機で母の実家がある東京に引っ越すことになり、表参道高校に転校した少女のお話でした。

だから芳根京子さんを娘のようにも感じて応援しています(笑) 
以前、『表参道高校合唱部!』について書いた記事、《香川情報ですよ。 「表参道高校合唱部!」》➡こちら



↓ちょうど小豆島に行った娘から、「単焦点レンズはいいね~」と小豆島の画像が届いているのでご紹介しますね。
魔法のほうきは、オリーブ記念館事務所でレンタル(無料)できます。詳しくは➡こちら
20161027154237.jpg

20161027150855.jpg


「べっぴんさん」にでてくる四葉のクローバーの 四つの葉の意味は
「勇気、愛情、信頼、希望
 四つそろうと幸せになるのよ」
主人公のお母様が娘のすみれさんに伝えた言葉です。

私が伝えられることは少ないかもしれませんが
限られた時間
これからも沢山の話をしていきたいと思います。




↓最後の一枚は、カメラ女子の必須アイテムだというスマホケース♪
デジイチで撮った画像をWifiで取り込む操作をするのに、首につるせるのが便利なんだそうです
娘は私のお古のEOS-MにWifiつきSDカードつけて使っています。
2016100000107710261910.jpg

生意気にカメラの2台持ち!スマホとミラーレスの(笑)
20161027192313.jpg



「長尾寺」の重要文化財、静御前伝説、クスノキ  (さぬき情報No.2)

古いアルバムを開くと、家族の笑顔の向こうに、懐かしい町並みをみつけ胸おどることがあります。
すこしづつ「さぬき市」をことを知るため、撮っていきたいと思いました。
第1回:「結願亭」 旧百十四銀行長尾支店(➡こちら)


さぬき市には「上がり3か寺」と呼ばれる四国霊場の86番札所志度寺、87番長尾寺、88番(結願所)大窪寺があります。
私は志度寺の近くに暮らし、大窪寺の近くで働いているのに、長尾寺には行ったことがありませんでした。

で、さぬき市を知る第一歩は「長尾寺」と決め、仕事帰りにダッシュしました(^^)/
記事では先に「結願亭」を書きましたが、同じ街道にあります。

↓「長尾寺➡」
2016100000107510241404.jpg

↓➡の先です。
 山門の左右に、なんだか変わった石碑がありますよ(@_@)
2016100000106710241404.jpg

↓これです。
2016100000106810241404.jpg
あとで調べると、
「長尾寺経幢 ながおじきょうとう 」
鎌倉後期/1286年の、石造幢
弘安第九天歳次丙戌五月日の刻銘がある(引用:文化遺産オンライン➡こちら
重要文化財でした(゚∀゚)

↓本堂
本尊は聖観世音菩薩。宗派は天台宗(かつては真言宗だったが、天海により天台宗に改められた)。
2016100000107410241404.jpg

2016100000107110241404.jpg


↓今回見たかったのは「クスノキ」です!
境内の南側にあり、樹形は極めて端正で、樹勢も良好である。
また、クスノキにはお遍路さん道中安全やお寺のお守りをしたという「おせんタヌキ伝説」が伝わっており、お遍路さんからも親しまれている。(香川県HP「香川の保存木」から)
2016100000107310241404.jpg

2016100000107210241404.jpg
 
その「おせんタヌキ伝説」についてはよくわからないのですが、弘法大師が四国88ヶ所の霊場を開基した時、悪さばかりする狐を追い出し、その代わりに、どこか憎めない狸を、お使いのために置いたとされているそうです。

長尾寺でもうひとつ見逃せないのが
↓「静御前 剃髪塚」
2016100000107610261910.jpg
吉野山で義経と惜別した静 御前(宥心尼)が、母磯禅師(磯禅尼)と共にこの古里に帰って長尾寺で得度し、今は位牌となってまつられているそうです

美しい静御前には全国に伝説がありますが、香川に残る伝説がWikipediaにありました。

香川県東かがわ市には次のような言い伝えがある。愛児を殺され、生きる望みを失った静は自殺を考えたが、母磯野を伴っていたため、それもならず、文治3年8月、母の故郷である讃岐国入野郷小磯(現・東かがわ市小磯)へ母と共に帰り、文治4年3月、讃岐国井閇郷高木(現・香川県木田郡三木町井戸高木)にある長尾寺において宥意和尚から得度を受け、剃髪後、母は磯野尼、静は宥心尼とそれぞれ名を改め、薬師庵において信仰の日々を送るようになった。後年、母磯野尼は長尾寺への参詣の帰り、井戸川の畔で寒さと老衰のため倒れ、69歳で亡くなり、まもなく静も母の後を追うように建久3年3月、義経に逢うことなく24歳の短い生涯を閉じた。長尾寺には静親子が剃髪したときに使用したとされる剃刀を埋めた剃髪塚、井戸川橋のある県道沿いには母磯野尼の墓、昭和地区には静が俗世への想いを断ち切るために、吉野山で義経から形見としてもらった紫檀の鼓(初音)を井戸川橋に棄てたとされる「鼓ヶ淵」がある。その他、小磯には静屋敷が、三木町中代には静庵・静の本墓・位牌・下女琴柱の墓があり、同町下高岡の願勝寺にも静の墓とされるものがある。



鎌倉(1192~1333年)~室町時代(1333~1573年)の平均寿命は、35歳前後といいます。
栄養状態の良い北条執権の平均寿命が47歳、
母が亡くなったのが69歳と長寿で、静が24歳だと、静は45歳の時の子供になり、あれっ、、、(^_^;)
ですが、物語を楽しみましょう。古のひとのように♪


町並みや古い建物などを撮りに歩きましたが、やはり人との出会いが一番の宝物かもしれません。

写真を撮っているとよく話しかけられますがこの日も、このご婦人から「どこから来たの?」と
しばらくお話ししたあと、静かに手を合わせておられました。その背中から真摯な祈りが伝わってきます。(グッドラック!)
2016100000106910241404.jpg

駐車場で出会った若いお母さま、男の子と、写真には写っていませんが乳母車のなかにかわいい女の子が待っていました。
声をかけて撮らせていただきました。
2016100000106610241404.jpg

秋の風情をご自宅に活けるのかなぁ~
季節の美しさを知るお母様に育てられる子供たちは幸せですね(^^)/


ほんの少し踏み出すだけで沢山のことを知ったし、出会いもありました
よい一日でした
さあ、次はどこに行こうかな、、、





デッサンLesson 1「渋柿と折り紙」 - 金木犀の咲くころには -





はじめて、デッサンを学びました。
新聞の折り込みチラシに見つけたキャッチコピーにキャッチされました(笑)

初めての方を中心に、道具の使い方からデッサンの基礎を学んでいきます。
デッサンの基礎を身に付けることで、油絵や日本画、デザイン、イラストなどの制作に役立ち、美術鑑賞がより楽しくなります。



一日目は鉛筆の削り方と持ち方から
鉛筆の角から削って、芯と木の部分は1:2に
20161019_131346.jpg


残りの1時間で実際に描いてみる。
正面に紙とモチーフ。
視点がずれないよう姿勢は正しく!

鉛筆の持ち方が今までと全然違うので、しっかり持てない、、、(°_°)
で、なんとか描き上げたのが上記のデッサン

先生(30歳の女性漆芸家)の講評は、『ちょと弱いけど、よく頑張りました』
でした(^^)/


今、我が家の庭では金木犀が香っています
20161000001060222002.jpg

20161000001061222002.jpg

「空蝉(うつせみ)」蝉の抜け殻
時々気になってみるのですが、まだそのまま残ってる♪
20161000001062222002.jpg


空蝉さんは毎日健気に、金木犀の葉陰で踏ん張っています

私も頑張って、
来年の金木犀の咲く頃には 少しは上達してたいものです


野原を歩く -高松の城下町-


高松の市街地は、中世には「野原(のはら)」と呼ばれた港町でした(➡★)

2016100000105622.jpg

↑トキワ1丁目ギャラリーの「キャノンフォトクラブ高松 第14回写真展」(会期:10/17(月)~10/23(日))を観るのに、
遠くの美術館通りに車を停めて商店街を歩いてみました。

この記事「風に吹かれて」を書いたのがきっかけで、ゆっくりと歩きたいなと♪


今回の街歩きでは「通りの標識」を撮ってみました。相棒はミラーレスに22mmの単焦点レンズをつけて。
写真のどこかに入っていますから探してくださいね♪

↓丸亀町
2016100000104622.jpg

2016100000105022.jpg


↓丸亀町グリーンの「けやき広場」
2016100000104422.jpg

↓愛知県出身のアーティスト・栗 真由美さんのアート作品「builds crowd(ビルズ クラウド)」
「丸亀町商店街」をテーマに、その近辺の店や建物を小さな立体にして再現されています。
2016100000105722.jpg

↓田町
2016100000104822.jpg

↓トキワ1丁目ギャラリーがある常磐街へ
2016100000104922.jpg

↓「キャノンフォトクラブ高松 第14回写真展」
 左に見える作品が、今年の県知事賞受賞作品「ガールハント」撮影は中村功さん
2016100000105822.jpg

当番のBさんからモノクロ作品の現像の難しさを教えていただきました。
思い通りの「黒と白」を創造する難しさです。


↓散歩の最後はライオン通りへ
待ち合わせた娘と 角の「バール・モトーレ片原町店」でひとやすみ
本場イタリアのハイクオリティなエスプレッソや カプチーノが人気のカフェです♪
2016100000105322.jpg

2016100000105222.jpg


いつもは目的地まで車で行って帰るだけだったのですが
さしたる目的もなく こうしてただ歩くのもいいものでした


この日の「さんぽみち」
tizu 20161022



↓丸亀町にあった、「大窪寺まで45km」の石碑です♪大窪寺は四国霊場第88番札所、結願の寺
2016100000105922.jpg


【お礼】
日本ぶろぐ村には今まで通り、「さぬき情報、日本画、女性カメラマン」に参加させていただくのですが、ランキングはしばらくお休みいたします。 日本画では日展作家さんが多い中、過分な順位となりました。
これまで応援していただき、ありがとうございましたm(__)m

「SIC写真展」に行ってきました~


「SIC写真展」に行ってきました~
IMG_20160918_0005.jpg
(DMの作品:「彩」  撮影地:京都府 清水寺  撮影者:柴田 好政)



“SIC”は《さぬき・インターネット・クラブ》の略、
さぬき市長尾のパソコン愛好家のクラブです。

第13回写真展は、SIC写真部のメンバー9人による36点です。


↓会場の「21世紀館さんがわ」へ
20161000001035b.jpg


ブログ掲載のご了解をいただきました(^^)/ (ありがとうございます!)

終了時間ギリギリの訪問です(^_^;)
DSCN0301_edited-1.jpg

20161000001036b.jpg


知人の作品を掲載させていただきますね

↓「湯けむり」  撮影地:北海道 旭岳  撮影者:柏原 宏
20161000001037b.jpg
煙の影が面白い作品です)


↓「朝日」  撮影地:愛媛県 宇和島  撮影者:中上 悟
20161000001040.jpg
(小さくて見えませんが、右のほうに海鳥がとんでいます 波が朝日に照らされ赤くうねっています)


毎年みさせていただいていると画風が大きく変わった写真家さんもおられました。
素敵な変化でした♪

「SIC写真展」
会期は◆10/18(火)~10/23(日)です。
お近くの方は、ぜひ「 さぬき市:21世紀館さんがわ」に足をおはこびください

↓会場のお隣は、 三角屋根が目印(空に向かい伸び続ける二つの変形円錐)の
  木の武道館「飛翔の館」
20161000001041.jpg



良い写真を見た後は、私も自習 (^^)/

「写真は一期一会。 
裸でも、服を着ていても、あるいは空間でも、相手への尊敬の気持ちを持って撮るのが僕のやりかた」
  写真家 篠山紀信(2016/10/6 四国新聞)

 
 
  
↓帰り道、 きれいな秋桜畑をみつけました!
20161019DSCN0321_edited-1.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ さぬき情報へ
にほんブログ村

アルミホイルでつくるレフ板♪


今朝(10/18)のNHKあさイチは「アルミホイルで簡単なレフ板(反射板)を作る」でした(^^)/

アルミホイルレフ版の作り方は超カンタン。A4の厚紙2枚をセロハンテープでつなぎ、くしゃくしゃにしたアルミホイルを貼りつけるだけ。くしゃくしゃにすることで、光が乱反射し、よりきれいに写るようになるのです。
引用:NHKのHP➡こちら


女性が美しく撮れていました(^^)/

で、さっそく作ってみましたよ
↓私の場合は、アマゾンのダンボールを使って
20161000001026b.jpg

↓あと用意するのは、アルミホイルとセロテープ
20161000001027b.jpg

↓アルミホイルを「くしゃっ」として貼り付けます(一度目は、くしゃくしゃにしすぎて、アルミホイルが元に戻りませんでした💦 )
20161000001029b.jpg


レフ板、初挑戦(^^)/

モデルは5度目の秋を迎えるシクラメンです。
夏は軒下に置いています。5年目にしてはじめて植え替えをしました。
この花のことは、「まだひらく花」➡こちらの記事から

「すこしの気恥ずかしさに耐え」ながらも、
「自分がまだひらく花だと思える間はそう思うがいい」と。
しかし、そう思えない時は?
いや、そんなことはない。いま幾つであっても、ひとりひとりが未知を抱いて暮らしている間は、人はみな、
「まだひらく花」であるのだ。 吉野 弘




20161000001033b.jpg

20161000001031b.jpg


うっ、同じ構図で何枚か比べてみましたが、あんまり(^_^;)

レフ版は、太陽などメインとなる照明と被写体を対角線に設置し、太陽などの光を反射させ、被写体に当てる様に使用します。
料理や子供などの写真を撮る時、被写体に光りが当たっている様子を確認しながら、撮影を行いましょう。
光のコントロールは、良い写真を撮る上でとても重要な要素の一つです。
被写体の上や下、右や左と色々な角度に置いて、加減を確認してみてください。
引用:「カメライフ」➡こちら



レフ板を使いこなすのは難しそうです
これからチャレンジしてみます!




↓今日の一写は2016/10/14 オリーブさんにて高徳線横のオリーブ
20161000001032b.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ さぬき情報へ
にほんブログ村

風に吹かれて


若い頃
「風に吹かれて」というと
ボブ・ディランか五木寛之のエッセイ集でした

どちらもうろ覚えのままだけれど、ボブ・ディランのしゃがれた声だけは強烈にのこっています
「答えは風に吹かれて」ないのだなと、英語にも疎く、幼い私は軽い失望を覚えたまま、持っているレコードはこの一枚だけです
20161016_090337_edited-1.jpg



ノーベル文学賞を受賞されたという新聞記事ではじめて、時代にこびず発信しつづけている姿を知りました。
風に立ち向かって、立ち続けていたのですね。



~ Forever Young(訳詞) ~ by Bob Dylan
神様がいつも君を祝福し見守ってくれますように
君の望みが全て叶いますように
君がいつも皆の為に尽くし
皆も君に助力してくれますように

君が星へ届くハシゴをかけられますように
そして、その1段1段を歩んでいきますように
いつまでも、素敵な君でありますように

引用:「ビートルズの世界」から 




《おまけ》
ボブ・ディランのレコードを探していたら、レコードを入れる袋に「タマルレコード店」のロゴを見つけました(^^)/
20161016_090738_edited-1.jpg

おこずかいを貯めてはタマルでレコードを買うのが楽しみだったのですが、その名店も2007年5月に閉店されています。
信じられないほど、常磐街から賑わいが潮をひくように、なくなっていったようです。
かって賑わっていた写真はASUKAさんの記事「高松メモリアル「常磐街」」でごらんいただけますこちら
常磐街に賑わいをとりもどそうといろんな取り組みがあります。
トキワ1丁目ギャラリーもそのひとつです。
今日、17日から開催のお薦めの写真展がそこであります!

◆10/17(月)~10/23(日)
「キャノンフォトクラブ高松 第14回写真展」
高松市:トキワ1丁目ギャラリー


お近くの方は、ぜひ「トキワ1丁目ギャラリー」に足をお運びくださいませ



↓今日の一写は志度湾にて、風に吹かれて(^^♪ 撮影日:2016/10/15
DSCN0269_edited-1.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ さぬき情報へ
にほんブログ村

「結願亭 ( 旧百十四銀行長尾支店)」 さぬき情報No.1


古いアルバムを開くと、家族の笑顔の向こうに、懐かしい町並みをみつけ胸おどることがあります。

新聞に街の写真を残すプロジェクトの記事を見つけました。
縁あり、さぬき市の来て何十年も経ったのに、
生まれ育った高松市街地ほどは、よく知りません。子育てと仕事に追われる毎日だったからかな、、、

すこしづつ「さぬき市」のことを知るため、撮っていきたいと思いました。

初めての訪問は、ずっと気になっていた「結願亭」
旧百十四銀行長尾支店だった建物です。
古代ローマ建築でも用いられた4本のトスカナ式オーダー(柱)の外観が印象的な建物です!
2016101200001014B.jpg

場所は、さぬき市長尾、四国霊場87番札所『長尾寺』前の通り。旧街道はかっては商店街として賑わっていたそうです。
2016101200001011B.jpg
2016101200001012B.jpg

建物の前は風情ある標識の酒屋さん。旧百十四銀行長尾支店が映り込んでいます♪
2016101200001013B_edited-1.jpg

記事書くのに調べると、廃業されてる「森屋酒店」で、
お店の手水鉢に山頭火の句が刻まれているそうです(^^)/

あわてて撮った写真をチェックするとありました~
赤い丸型ポストの左にある手水鉢です!!!
20161000001020A.jpg

20161000001023A.jpg

「酒のうまさとろとろ虫鳴く」
昭和15年(1940年)秋の句。(山頭火が長尾に寄ったのは昭和14年とする情報もあります)



昭和8年に建築された、旧百十四銀行長尾支店の建物は昭和53年(1978年)まで支店として一帯の経済を支えていました。
閉店後は長尾の歴史民俗資料館や建築関連会社の事務所と役割を変えながらも、その姿を維持しています。
2009年から、この建物で営業されているのは、『サヌキ結願亭株式会社』です。
2016101200001015B.jpg


中にはいると事務仕事の男性がお二人、内装も当時のままだそうなので写真を撮らせていただきました♪
20161000001021A.jpg

2016101200001017B.jpg


冷凍うどんの販売もしていますよ!
20161000001019A.jpg

優しそうな女性の店員さんが奥から出てこられ、
バラ買いもOKなのだそうなので一番人気だという「肉うどん」を買いました。
20161012_162148.jpg

お湯の中に具を下にして炊きます(具もはいってるから、超かんたん!)
20161012_162320.jpg20161012_162938.jpg

しっかりコシもあって、美味しくいただきました~
このおうどんの名前は「結願うどん」
商品は、年に1回、さぬき市長尾にある『宇佐神社』にて祝詞を上げていただいて、
『結願亭』の名前の通り、願いが結ばれますようにとの思いを込めていらっしゃるんだそうです♪➡楽天市場「結願亭」



仕事帰りにフラーッと寄っただけなのに、記事を進めるうち思いがけない情報で満載となりました(笑)

おつきあいいただき、ありがとうございますm(__)m


爽やかな接客に気持ちよく歩いた長尾路には ススキがゆれていました
20161000001022A.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ さぬき情報へ
にほんブログ村

芦原 すなお著 「海辺の博覧会」


「こら、おどれら。へなぶったげにぬかっしょったらどつまっしゃるげんど」
標準語に直すと、「こらきみたち、ばかにしたようなことを言ってたら、殴っちゃうよ」
となる。わが町では、子供でもこういうふうに味わい深い台詞(せりふ)が言えるのだ。
                  (芦原 すなお著 「海辺の博覧会」 から)
20161003_172842.jpg
模写:ポプラ社 芦原 すなお著「海辺の博覧会」 の表紙の一部


久しぶりの読書ノートは、芦原 すなお著「海辺の博覧会」

大阪万博にローマ・オリンピック、日本中が高度経済成長への期待に沸き、誰もが精一杯、明るく暮らしていた昭和30年代の四国・香川県の海辺の町。穏やかな毎日に起こる「事件」に子どもたちと大人の世界が交差する。懐かしくもまぶしい時代の物語。

著者の芦原 すなお氏は、1949年香川県観音寺市生まれ。’72年早稲田大学文学部卒。’86年『スサノオ自伝』で小説家デビュー。’90年『青春デンデケデケデケ』で文藝賞、翌年に直木賞を受賞。 (アマゾンから)

1992年に映画化された『青春デンデケデケデケ』には若き日の浅野忠信さんがでています。特別な存在感がありました。



海辺のわるすんぼは、マサコ、トモイチ、アキテル、フミノリ(アキテルの弟)、それにぼくの5人の子ども
ぼくが4年生から6年生になるまでの、海辺の松林でのことです。

冒頭のセリフは港のわるすんぼ VS 海辺のわるすんぼ
彼らが相撲で対戦するお話しもあります
海辺のわるすんぼの5人のなかで相撲が一番強く、頭脳明晰なのがマサコちゃん(^^♪


2016101200001008B.jpg

2016101200001009B.jpg
撮影日:2016年7月31日 観音寺市「一の宮海岸」


先日の四国新聞に佃正憲さんが、
人と触れ合うことで、幸せを感じるホルモン物質である「オキシトシン」が分泌される。
パソコンやスマホ、今や人々が顔を合わせることがなくバーチャルな手段に頼る時代。
「これが人々の心を閉ざす原因になってると思う」と指摘されていました。

相撲で体当たりして遊ぶなんて、オキシトシンでまくりですね(笑)

そういえば私も寒い日には「おしくらまんじゅう」をしたり
手をつないで「かごめ」をしたり
いつでも、遊びながら手をつなぎ、肩をよせあっていたような気がします。

医療者の手当という言葉は、手で触れることからきていると聞いたことがあります。
心に残っている看護師さんは、終末期の患者さんの手をにぎったままでお話を聞いていました。

とりとめもなく思い出をたどりながら
いつしか隣で寝そべるモコちゃん(6歳犬)の背中をなでていたのでありました、、、


2016101200001010B.jpg
撮影日:2016年7月31日 観音寺市「一の宮海岸」
『僕は海が苦手だよ』



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村

日めくりカレンダ

作品展のご案内
詳しくは「作品展名」をクリック!
********* 開催中 *********
◆3/21(火)~3/26(日)
「フォトさぬき 写真展」さぬき市:21世紀館さんがわ
IMG_20170129_0002.jpg
◆ 3/20(月)~3/26(日)
「日本風景写真協会 写真展」高松市:香川県文化会館
◆3/19(日)~4/16(日)
「さくら写真展」庵治・観光交流館
◆3/19(日)~4/1(土)
「子ども絵画工作教室キッズ・アートi!作品展」丸亀市:秋寅の館ギャラリー
◆3/1(水)~3/31(金)
「春・遠からじ展」さぬき市:みかうさカフェ
◆3/1(水)~3/31(金)
「写友 風 写真展」さぬき市:カフェ・セゾン

******* もうすぐ開催 *******
◆3/24(金)~3/26(日)
「小玉真裕・浅野絵莉展」東京都渋谷区:ギャラリー同潤会
◆3/25(土)
「カフェ・セゾン春のライブ グループサウンズ特集」さぬき市:カフェ・セゾン
◆4/1(土)~4/30(日)
「さくら写真展」さぬき市:カフェ・セゾン
◆4/6(木)~4/11(火)
「くらぶ草土展(写真展)」心斎橋:ビルゼンギャラリー
◆4/8(土)~4/30(日)
「谷本重義 洋画自選展」坂出市:かまどホール
◆4/17(金)~4/23(日)
「香川フォトサロン 選抜写真展」高松市:瓦町フラッグ 8F
◆4/18(火)~4/23(日)
「NHKカルチャー デジタル一眼で写真を楽しもう 合同写真展」香川県文化会館

(ご案内ハガキに記載の連絡先をWebでは非公開とさせていただいています。)
迷い犬・猫情報、里親募集!
プロフィール

Author:つくも(月萌)
クニャンというのは韓国語で「ただ、なんとなく」という意味の言葉です。絵も写真も中途半端なブログですが、よろしくお願いいたします
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村

カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事一覧
さぬき市にギャラリーカフェができたって!みかうさカフェ第一回写真展「 春・遠からじ」展へ Mar 23, 2017
私のスタジオ Mar 20, 2017
小さな駅から、津山市の「梅まつり」 Mar 18, 2017
「小玉真裕・浅野絵莉展」のご案内   Mar 16, 2017
小さな旅 「天領上下ひなまつり」 Mar 14, 2017
「写友 風 写真展」さぬき市:カフェ・セゾン にいってきました♪ Mar 12, 2017
3.11 鎮魂の祈りをこめて Mar 11, 2017
デッサンLesson 12「アルミホイルとさつまいも」 13「なわとび」 Mar 10, 2017
栗林公園の梅林 --わざわざ旅行する価値がある-- Mar 07, 2017
No.7「紫陽花」 F8 Mar 04, 2017
このブログの記事
月別アーカイブ(2015年8月から)

2017年 03月 【11件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【15件】
2016年 12月 【8件】
2016年 11月 【15件】
2016年 10月 【16件】
2016年 09月 【16件】
2016年 08月 【15件】
2016年 07月 【17件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【5件】
2016年 04月 【6件】
2016年 03月 【13件】
2016年 02月 【11件】
2016年 01月 【11件】
2015年 12月 【10件】
2015年 11月 【8件】
2015年 10月 【11件】
2015年 09月 【10件】
2015年 08月 【7件】

最新コメント
ブックマーク (💛:FC2ブログ以外)  
🍀日の出・日の入り・月齢
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QR