クニャン

趣味ではじめた絵や写真で 日々の記録をしています

きんもくせい (付:フォトコンデビュー?)

 IMG_721820171022.jpg
撮影日時 2017/10/16



先週は、食べなくなり、水も飲まずにぐったりしているワンコのそばで過ごしました。

点滴と薬が効いて、すこしづつ快方に向かっていき、
しだいに気持ちにも余裕ができ、金木犀を撮ろうと外に出ると裏庭の花はもう散ってありませんでした。

翌日、表の庭に金木犀を見つけて撮りました(^^)/
IMG_721120171022.jpg

IMG_721520171022.jpg


金木犀の花言葉は「謙虚」「気高い人」
強い香りが印象的な一面とは裏腹に、咲かせる花は、小さくつつましい様子にちなんでつけられたのだそうです。(引用:コチラ

長いと思っていた花の開花期間は短く、1週間ほどなんだとか。


ワンコが元気になったことに感謝しながら、
日々の大切さをおもう秋の一日です。


IMG_723120171022.jpg




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村
ありがとうございます

10月20日発売のフォトコンに所属の写真教室(香川写好クラブ)の紹介記事が4ページで載っています。
幸運なことに私の写真も掲載されました。
公募展などで入選している先輩たちが多い中、入って3年目の同期の友達3人が一緒に掲載されました(^^)/
(ブログ内のクラブ記事➝コチラ
クラスメートがフォトコンの年度賞をとったので、その関連取材でした。
友達も私もフォトコンには無縁なので、よい記念になりました。
機会がありましたら、本屋さんで立ち読みしてくださいね。
「フォトコン11月号の実践的写真教室」246~249ページです♪ 


塩江美術館へ

IMG_240120171020.jpg
撮影日時 2017/10/08 10:05:26 (これは、作品?)



偶然みかけた赤いソバの花(➝こちら)に歓喜したあと、
私達が向かったのは、
この日の目的地 「塩江美術館」
【思可牟(しかむ)展】(香川にゆかりのある京都市立美術大学卒業生によるグループ展)です。
IMG_20170818_0001.jpg
(前回:➝こちら


↓高松市塩江美術館➝地図
IMG_240720171020.jpg


↓句碑がありました。
 遊歩道には、塩江ゆかりの句碑が13基建てられているそうです。
IMG_243520171020.jpg

「讃岐塩江 昼の蛍を いただきぬ   金子兜太

どういう意味でしょうか(@_@)
高松市塩江美術館は、「ホタルの里美術館」とも呼ばれているので、
「昼の蛍」というのは「展示作品」ということなのかな、
「いただく」の語源は、位の高い方から物を受取るときに、頂(いただき。頭の上)にかかげたことからきてるので、作品への尊敬・感謝の気持ちが詠みこまれているのでしょうね。
句は読み手の想像にまかせるものだそうなので、どうぞご自由に想像してください(^^)/

作品の撮影はできなかったので、この日であった猫どのと蜘蛛さま
↓猫どの 2枚目の写真にもいますよ♪
IMG_241820171020.jpg

↓遊歩道の蜘蛛。 (写真友達と一緒だと、道草が得意になります(笑))
20171020IMG_243420171020_edited-1.jpg


作家さんにお会いできなかったので、作品の撮影はありませんが、
貴志勉さんの作品「From where ? To where ? 」はブログでどうぞ➝こちらこちらでご覧いただけます。

会期は22日までです。
お近くの方はぜひ
赤い蕎麦の花はもう終わっちゃったかなぁ~



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村
ありがとうございます

ご心配をおかけしましたが、我が家のお姫様(ワンコ)は元気になりましたm(__)m

赤いソバの花

IMG_236420171009.jpg

「うわぁ~珍しい~赤い蕎麦の花があるよ!」


私は白い蕎麦の花も見たことがないので、何事かと車を停めて外をみましたら、
なんて綺麗なんでしょう!
ピンクのお花畑が広がっていました
IMG_236520171009.jpg



ふとみると男性が撮影しているので、車から降りて遠慮がちにカメラを向けると、

「どうぞ中に入って撮ってください。僕が土地を借りてつくってるソバだから♪」

IMG_237320171009.jpg


記事を書くのにまたネットで検索すると、
塩江で初めて試験栽培の 赤いソバの花 『高嶺ルビー』 が咲いたのが2012年だそうです。

IMG_702420171009.jpg

IMG_702320171009.jpg

信州のソバ博士と呼ばれる先生がいて 1970年代後半 ヒマラヤの高山に赤いソバ畑がある事を知り ヒマラヤへ行き 絶句するような一面の赤いソバの美しさに目をみはりました それから十数年後 先生とタカノ㈱の青年が再びヒマラヤを訪れ 持ち帰ったその種は 日本では赤い花を咲かせませんでした。 何年にもわたる研究の末 日本の風土に合う 赤いソバ品種 『高嶺ルビー』 が誕生(引用:塩江つれづれ➝こちら



塩江に来てまだ5年目みたいです!
不動の滝から、次の目的地「塩江美術館」の【思可牟(しかむ)展】に向かう途中の道沿いでした。

つくってる方から、
「自分では受粉できないので、虫にしてもらってるから、ミツバチとかたくさんいるよ♪」
IMG_233220171009.jpg

蕎麦の花の花言葉は、
懐かしい想い出
喜びも悲しみも
あなたを救う
幸福

塩江で咲く 幸せな花です♪

いつかお蕎麦も食べたいものです(笑)



IMG_703720171009.jpg

我が家のお姫様(ワンコ 7歳)の体調が悪く
しばらくブログはお休みします
いつも ありがとうございますm(__)m

さぬき市の奇祭 塚原稲荷「あばれみこし」


IMG_277720171008.jpg
撮影日時 2017/10/08 14:25:51



“あばれみこし”は豊作と無病息災を願う塚原稲荷神社の秋祭です。

野良着姿に墨汁や顔料を塗りたくって厚化粧した若者が身近な材料である竹やわら、ナスなどの野菜、花を使って作った質素な神輿を担ぎ、「あ~もったいない、もったいない」と叫びながら縦横無尽に神社境内や参道を走ります。
参道では先導する本神輿へ体当たりをしたり、池へ飛び込んだり、氏子や観客を強引に池へ投げ込んだりとその暴れっぷりに訪れた観客からは大きな歓声が上がります。
その昔、本神輿を担がせてもらえなかった若者が自ら作ったのが始まりとされ、かつては氏子の家を練り歩いていました。「あばれが田を歩くと作が良い、あばれを担ぐと丈夫になる」といわれ、あばれが巡業しなかった年に疫病や災害が起こったことから「あばれが出ないと村が荒れる」と100年以上に渡って受け継がれた伝統行事です。(引用:さぬき市観光ガイド


↓塚原稲荷神社(〒769-2302 香川県さぬき市長尾西)
IMG_704120171008.jpg


↓獅子舞の音が野山に響く午後2時頃
IMG_246420171008.jpg

↓ひょうきんで奇抜な化粧と野良着姿に仮装した若者が「あばれ御輿」を担いで登場します。
農村歌舞伎の役者顔に化粧した若者たち、
カメラマンめがけてお酒を吹きかけるんですよ(^^; 
(危なかった~! いつものことらしく、カメラにシャワーキャップかけて近づく勇ましいカメラマンもいました。)
20171008.jpg

↓身近にある竹や藁・ケイトウなどで飾られた神輿を担いで「あ~もったいない、もったいない」と叫びながら参道を行ったり来たりと走り回ります。
IMG_269520171008.jpg
カメラ機種名:Canon EOS 6D  Tv(シャッター速度):1/10 Av(絞り数値):8.0  ISO感度:800
レンズ EF24-105mm f/4L IS USM
焦点距離:58.0mm(105mmから連射しながら手で回してズーム)
(先輩に教えていただいて、はじめてズーム♪これでピントがきてたらいいのだけど、、、疾走感だけお伝えしました(^^;)


IMG_272920171008.jpg

本神輿を追いかけるように出御した「あばれみこし」は、 神社の前の池まで声を上げながら進み…祝詞を上げながら、大暴れ!
若者が知り合いの見物客を見つけると、すかさず腕をつかんで池に放り込みます。

ドボ~ン! 
IMG_283820171008.jpg

ドボ~ン!
IMG_320920171008ph.jpg

もうすぐ選挙のこの方も、ドボ~ン!
IMG_284420171008.jpg

↓本神輿の後をゆく「あばれみこし」
IMG_306820171008.jpg

↓最後には「あばれみこし」も池に投げ込み!!!
IMG_311820171008ph.jpg


かつては氏子の家を練り歩いていたあばれみこし。
 「アバレが田を歩くと作が良い」
 「アバレを担ぐと丈夫になる」といわれていたそうです。

2017年もおおいにアバレてくれたので
疫病や災害のない よい世界になれるよね♪


IMG_244620171008.jpg




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます
バナーは塚原稲荷神社で舞っていた「獅子頭」 
かまれると幸せになれますよ~


みろく自然公園から「門入ダム」へ





9月の撮影実習「みろく自然公園の彼岸花」(➝こちら)は、ほとんど花が終わっていたので、
急きょ、何かあるからと「門入ダム」に移動しました。


移動していくさぬき路にはコスモスが揺れています♪
IMG_2249_edited-1.jpg


少し前に「門入よさこい」の時そばを通りましたが、はじめて近くで見る「門入ダム」です。
IMG_2240_edited-1.jpg

↓秋みっけ
IMG_6933_edited-1.jpg

↓門入ダムの前は広場になっていて、桜の名所らしいです♪
IMG_693920171003C.jpg

IMG_694420171003A.jpg


門入ダムは門入の郷の入り口で、まだまだ先があるそうでした(^^)/
桜の季節が楽しみになりました。


帰りにコスモスを撮って、ちょっと残念だった9月の実習はおしまいです♪
IMG_226020171003b.jpg




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
ありがとうございます

みろく公園の彼岸花、、もう終わりです(^^;

IMG_2236_edited-1a.jpg


9月の撮影実習はみろく自然公園の「ひがんばな」
いつもは第4週目の土曜日なのですが、23日が祭日なので30日になりました。
遅いかな~と嫌な予感がしていたのですが、
あたりました(ノ_<)
ほとんど終わってる。

少しだけのこってる綺麗な子をさがして、、、ひがんばなの丘を歩きます。
芸能プロダクションのスカウトみたいです(^^;


↓天からふってきた花ですね~♪
IMG_6916_edited-1.jpg

IMG_2193_edited-1.jpg

↓カマキリさんに遊んでもらう♪
IMG_6912_edited-1.jpg


↓前ボケに白い彼岸花♪   ぼかしすぎた(´・_・`)  
IMG_6919_edited-1.jpg


9月最期の日 秋色です。
IMG_2224_edited-1.jpg


みろく自然公園のHP 「花木園」をみると
「10月の花」は、はなみずき(実)、ときわやまぼうし(実)、もち(実)、うめもどき(実)、ときわまんさく(秋咲)

この公園は入園無料でペット可の癒しの公園なんですよ♪
はなみずきの赤い実を探しにいきましょう(^^)/




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
ありがとうございます

天上の花の橋

IMG_6882201709 27a

駐車場の隅にある砂場に「花の橋」ができていました。

2009年に閉校になった志度小学校末分校のあと、
今は地域の方の交流の場として活用されている「末ふれあいひろば」の駐車場です。

誰もいない砂場に残されていました。
きっと心豊かな人がつくられたのでしょうね。


彼岸花の別名は 「曼珠沙華」(まんじゅしゃげ)
「天上の花」という意味で、慶事が起こる前触れには赤い花が天からふってくるという仏教の経典によります。
「慶事の前触れ」なのでポジティブなシンボルなのです。(★)



今日はこれから撮影実習
みろく公園の彼岸花を撮りに行ってきます♪


20170929IMG_9868_edited-1.jpg
↑2015年のみろく公園で



BGM

ブロ友さんが聞いたことがないという山口百恵さんの 「曼珠沙華」(まんじゅしゃか)
タイムリーに聞いていた時は、山口百恵さんのファンではなかったけど、
いま聞くと、すごい歌手だったんだなぁ~と思いました♪



❤末分校で検索してると、廃校マニアのブロ友さんのブログがでてきました!
さすがです(^^)/
【廃校跡めぐり】志度小学校末分校 「三本松 メガネのカワイ 店長さんのブログ」です。➝こちら




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます
バナーはご近所の彼岸花です♪


むれ源平「石あかりロード」2017 (2)


201700002772a0916.jpg
石あかりコンテスト1位の「おでかけ月うさぎ」  


むれ源平「石あかりロード」の後編です♪

開催場所は、「コトデン八栗駅」から
「源平史跡 駒立岩・祈り岩」まで約1kmの旧庵治街道沿いです。
IMG_0852.jpg


↓企画展示「ゆめのたね」
 アキホ・タタさん制作の石あかり“ファンタジア”シリーズと牟礼北小学校6年生3名のデザイン画をもとに製作した石あかり
2017091602.jpg

↓かわいいワンちゃんに会ったので「撮ってもいいですか?」というと、
 「じゃ、ここを一まわりしますね」と言ってわざわざ歩いてくださったんですが、
2秒タイマーにしていたのを治したりして慌てて撮ると、ピンボケでした( ノД`)
さすがに厚かましくもう一回とは頼めませんでした(-_-;)
とても綺麗で優しい女性でした♪
ありがとうございましたm(__)m
201700002762a0916.jpg


源平屋島合戦(1185年)の史跡と史跡をつなぐための「石あかり」
20170916.jpg

このイベントの面白いところは、石あかりを販売しているところです。
墓石には中国の安い石が入るようになって、世界一高価な最高級石材である「庵治石」の需要が減りました。
石の彫刻作品で新たな道を開拓し、石工職人さんのモチベーションも上がっているそうです。
収入がなければ、良い技術も育ちませんよね。
↓会場でいただいたパンフレットには作品価格を明示し、販売されています♪
IMG_0853.jpg


冒頭の「おでかけ月うさぎ」は、  出展者:坂本英之  作品価格:150000円
↓大きさは、どの作品も玄関先にぴったりのサイズになっていました♪
IMG_208820170916.jpg


IMG_202720170916.jpg
↑作品名「clover」  出展者:国広 善康   作品価格:75000円


IMG_207820170916.jpg
↑作品名「たぬきの山」  出展者:山田浩之   作品価格:180000円

YouTubeに山田浩之さんが制作している動画をみつけました♪




帰ってパンフレットをゆっくり見ると
懐中電灯をご持参ください。石あかりが2倍楽しめます!!
と書いてありました。
あれば作品へのスポットライトにもなりますね(^^)/

IMG_211620170916.jpg

来年は懐中電灯を持って、
源平の史跡も訪ねたいと思います
次回は、また来年(^^♪



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます

むれ源平「石あかりロード」2017 (1)

IMG_212620170915b.jpg
撮影のご了解をいただいています♪


夏空にはしる 果てしなき夢
流星がごとく 石あかり照らす

          (むれ源平石あかりロード実行委員会作成のロードマップから)


いつでも行けるからと行ってなかったむれ源平「石あかりロード」
会期終了間際になって、歩いてきました。
昨日で終了です。記事が遅くなりm(__)m

IMG_200920170915.jpg
点灯時間は、夕暮れ時から21時30分まで
開催場所は、「コトデン八栗駅」から
IMG_0852.jpg
「源平史跡 駒立岩・祈り岩」まで約1kmの旧庵治街道沿いです。
IMG_0851.jpg
↑マップはクリックで大きくなります。石材店がいっぱいあります♪

香川県高松市牟礼町は、御影石のダイアモンドと言われている世界一高価な花崗岩“庵治石(あじいし)”の産地として有名です。また、この庵治石が採れる山の麓には、隣町の庵治町とあわせ約250軒の石材店が軒を連ね、今でも“日本一の石材産地”として頑張っています。
そんな“石の町・牟礼町”には、源平屋島合戦(1185年)の史跡が数多く残され、2005年に放映された「大河ドラマ・義経」の影響で脚光を浴びました。
2004年4月、当時の町長の呼びかけによって、牟礼町をもっと元気な町にするための「むれ源平まちづくり協議会」が発足しました。「大河ドラマ・義経」の屋島合戦シーンの放映日が近づき、源平史跡をライトアップしようという企画がでました。
ただ、史跡と史跡は少し離れていて、ライトアップしても人は歩いてくれないだろう・・・
そこで史跡と史跡をつなぐために、石あかりを間に設置して点と点を線で結ぶアイデアがだされました。
これが「石あかりロード」です。(引用➝★


この記事を書くまで「源平史跡 駒立岩・祈り岩」なんてことも知らなかったので、見に行ってはいません(^^;

IMG_201620170915.jpg
↑石材店前の作品は、「作品名:孔雀 出展者:岡本俊之 作品価格:60000円」


IMG_204120170915.jpg

IMG_208520170915b.jpg
↑「作品名:石たろう 出展者:伏石康宏 作品価格:150000円」
来場者の投票で決まる石あかりコンテストで2位の作品です。


IMG_203120170915a.jpg

IMG_204220170915a.jpg

もう少し歩きましょう

つづく



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村 ありがとうございます!
バナーは石あかり案内所

キレキレ演舞!!「門入よさこい」 (後編)

IMG_6712_edited-1.jpg
「國士舞双」さん  


門入の郷に吹く よさこいの風
『門入よさこい』に写友さんと行ってきました

キレキレダンス!!「門入よさこい」の後編は
ゲストチームの「國士舞双」さんと「ほにや」さんです♪(前編は→こちら

201709032108.jpg


さぬき舞人につづいて、
第63回よさこい祭り 銀賞の「國士舞双」さん♪
 
『國士舞双・こくしむそう』 ~意味~ この國に二つとなき者 (HPは→こちら
代表の森田成潔(もりたまさゆき)さんは、ブロ友さんが一押しの「十人十彩」の発足よりダンスリーダー・振り付け指導をしていた方。
「正調よさこいを大事に踊り、次世代の踊り子へ伝承する」
「代表~スタッフ~踊り子までの全員が「敷き居」なく、同じ目線で努力し楽しむ事ができるアットホームなチームを誕生させたい」
「高知のよさこいを踊る為に仕事を辞めてでも来る方、高知で踊る事を夢見る方へ協力したい」
との想いから07年3月、代表・森田成潔とともに、よさこい活動を通じ出会った高知・関東の有志メンバーにより國士舞双は発足したんだそうです。
IMG_184120170906.jpg

IMG_672320170906.jpg

↓出番前の立ち姿からカッコよくて目立ってました♪
IMG_164220170903a.jpg




最後は、
第63回よさこい祭り よさこい賞の「ほにや」さん♪

よさこいが大好きな友達から
『「ほにや」さんが来てるのはスゲーーですよ!』

やっぱりね(^^)/
『よくわからないけど すごく良いチームがくるらしい』と写友さんを誘った甲斐がありました♪

撮影はよい場所取りができなかったので、
ほにやさんの登場は、YouTubeでみつけた「ほにや 門入よさこい2017」をどうぞ♪




IMG_190720170906.jpg

IMG_674120170906.jpg

IMG_195820170906.jpg

どの踊り子さんもキレキレダンスでうまい上に、美形(^^)/
友『顔でえらんでるのかと思うくらい、可愛い子ばっかしだったね~』

高知のよさこい祭り:
この祭りには、全国的な不況の中、戦後の荒廃した市民生活が落ち着きを見せ始めた昭和29年8月に不況を吹き飛ばし、市民の健康と繁栄を祈願し、併せて夏枯れの商店街振興を促すため高知商工会議所が中心となり 発足した。昭和29年の第1回の参加人数は750人参加団体は21団体。その後、第30回にはついに踊り子人数1万人を突破し、"よさこい"は絶えず新しいものを取り入れ、チームの個性化はますます進んだ。(引用:よさこい祭り公式HPから)


今では約200チーム、約18,000人の鳴子を持った踊り子が参加し、見物人を飽 きさせない祭りになっているそうです♪

人口が減りちょっぴり寂しくなってる「さぬき市」に
高知のスピリッツにあふれた舞は、門入の郷にも大きく、爽やかで元気になる風を吹かせてくれたようです
楽しかった~


IMG_157320170906.jpg
↑遠くに見えるのが門入ダムです(場所:香川県さぬき市寒川町石田東)



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ さぬき情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます

にほんブログ村の「さぬき情報」に復帰しました。
さぬき情報の参加サイト数は21
実質活動してるのは9サイトです。
とても小さな村ですが、さぬき市応援の気持ちを込め、ここでも元気な情報を発信したいと思います。
どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

日めくりカレンダ


作品展のご案内

(DM画像はクリックで拡大します。会場をクリックしていただくと地図が開きます。)

◆【キャノンフォトクラブ高松 第15回写真展】
会期:10/23(月:13時)~10/29(日)
高松市「瓦町FLAG」8Fギャラリー
IMG_20171001_0001.jpg
代表:森田裕(教室➝
顧問:植村好治(教室➝

◆【ときめき5人展 Part6】
会期:10/29(日)まで
会場:高松市藤塚町「アート・プラザ」定休日:月曜、第1・3日曜
IMG_20170909_0002.jpg
◆【あすなろ 水彩画グループ作品展】
会期:10/16(月)~10/31(火)
会場:高松市「クローバカフェ」水曜は休み
IMG_20170920_0001.jpg


◆【第4回 風景写真展】
会期:11/1(水)~11/30(木)
会場:さぬき市:カフェ・セゾン(定休日:月・火曜)
sezonn201711.jpg
◆【写団『北極星』 第4回写真展】
会期:11/7(火)~11/19(日)
会場:さぬき市:21世紀館さんがわ(月曜休み)
201711北極星
◆【谷澤晃 写真展】
会期:11/15(水)~11/29(水)
会場:高松市「庵治・観光交流館市民ギャラリー」火曜休み
IMG_20171001_0002.jpg
◆【三上栄治洋画展】
会期:11/28(火)~12/3(日)
会場:「高松市美術館」
IMG_20170929_0001.jpg
◆【第15回SIC写真展】
会期:12/5(火)~12/10(日)
会場:さぬき市:21世紀館さんがわ
IMG_20170929_0003.jpg

敬称略、ご案内ハガキに記載の連絡先をWebでは非公開とさせていただいています。

迷い犬・猫情報、里親募集!

プロフィール

つくも(月萌)

Author:つくも(月萌)
クニャンというのは韓国語で「ただ、なんとなく」という意味の言葉です。絵も写真も中途半端なブログですが、よろしくお願いいたします

にほんブログ村 絵画

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事一覧

きんもくせい (付:フォトコンデビュー?) Oct 23, 2017
塩江美術館へ Oct 20, 2017
赤いソバの花 Oct 13, 2017
デッサンLesson 31 「四角豆とじゃがいも」 Oct 11, 2017
さぬき市の奇祭 塚原稲荷「あばれみこし」 Oct 09, 2017
「Keyaki cafe(ケヤキ カフェ)」でランチ Oct 07, 2017
P.13 【木村力 写真展~麗しき日本の原風景~】 Oct 06, 2017

カテゴリ

日本画 (16)
素描 (71)
写真日記 (155)
撮影実習 (18)
みろく自然公園 (3)
小さな旅 (20)
さぬき情報 (4)
読書ノート (7)
作品展のご案内 (30)
ささやかな思い出 (3)
未分類 (18)
写真タイトル帳 (13)
お姉ちゃんからの元気通信 (8)
「Shall We 彫刻・絵画・写真作品展」 (2)
香川写好クラブ (2)
テーブルフォト (1)

このブログの記事画像

💛ブックマーク  


このブログをリンクに追加する

日の出・日の入り・月齢

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ(2015年8月から)

作品展ご案内の履歴

検索フォーム

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん