クニャン

趣味ではじめた絵や写真で 日々の記録をしています

大窪寺「八十八庵のあじさい園」

6月の撮影実習は、大窪寺門前にある「八十八庵のあじさい園」でした。
2017000023390624_edited-1.jpg
撮影日時 2017/06/24 7:25:39

1500株のあじさいが無料で公開されています。
このあじさい園は、35年前に旧長尾町の《町花があじさい》だったことから、地元の役に立てればと初代店主が始めたものだそうです。

↓山のなかの紫陽花園は山歩きしながら楽しみます♪
IMG_9954_edited-1.jpg

↓今は新緑と紫陽花のコラボがみられますよ♪
2017000023410624.jpg

↓珍しい種類の紫陽花もありました。
IMG_5611_edited-1.jpg


前日のNHK「趣味の園芸」は紫陽花を撮るという番組でした。(肝心の写真撮影は数分だけ💦)
「万葉人にも詠まれ、山野草の趣き深いヤマアジサイ。小花と大きなガクで構成され、楚々とした魅力がある。」

で、探しました!
↓もう傷んでいますが、これがヤマアジサイです。葉が小さく薄くて儚い感じです。

2017000023430624.jpg



同じような写真ばかりなので、ちょっと私のお茶を手のひらにとり手前の葉に吹いて、レンズをつくってみました。
↓雫をレンズにした紫陽花
2017000023400624.jpg

なかなかピントが合わず横の友人たちに冷やかされながら応援されながら、はじめて雫のレンズで一枚撮れました(^^)/

友 「苦労したんやから、1枚といわず何枚か撮ったらよかったのに、、、」

そういえばそうです(-_-;)
お茶だと色がでるそうなので、家のあじさいで練習してみます!


↓あじさい園は標高500m、ここは園の一番高い場所です。
 遠くに大窪寺の五重の塔が少しだけ見えます。
IMG_9903_edited-1.jpg

大窪寺(おおくぼじ)は、香川県さぬき市にある寺院。医王山(いおうざん)遍照光院(へんじょうこういん)大窪寺と号する。本尊は薬師如来。宗派は真言宗大覚寺派。
寺伝によれば、奈良時代の養老年間(717年 - 724年)に行基がこの地を訪れたとき悪夢を感得し草庵を建て修行をしたのが開基とされ、弘仁年間 (810 - 823) に唐から帰朝した空海(弘法大師)が現在の奥の院にある岩窟で虚空蔵求聞持法を修し、谷間の窪地に堂宇を建て等身大の薬師如来坐像を刻んで安置し、また恵果阿闍梨から授かった三国伝来の錫杖を納めて、窪地にちなみ「大窪寺」と名付けたとされている。(ウィキペディアから)




後編「虫たちが遊ぶ アジサイ園」へとつづきます



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます


新屋島水族館 ~ダークシーシャドウ軍の一番の美女は~

5月の撮影実習「屋島寺」を終えて私達4人は
「新屋島水族館」(➡こちら)に向かいました
IMG_9588_edited-12.jpg
撮影日時 2017/05/27 12:45 シャッター速度優先AE Tv(シャッター速度) 1/320 Av(絞り数値) 4.5



何十年ぶりかなぁ~
娘が保育園の遠足で来て、怖がって中には入らなかったので、中に入ったのはそれ以上前です(^^♪
   IMG_20170611_0003.jpg


せっかく入場券を買って入るので、あらかじめ撮影設定を調べていきました。

【一眼レフ】水族館での写真撮影が上手くなる5つのコツ

コツ1 水族館ではTvモードに設定しよう!
  シャッタースピード優先モード(Tv or S)
  ISO感度はオート
  シャッタースピードは1/200
コツ2. ホワイトバランスは、電球マークに。(水族館の綺麗なブルーを写すため)
(引用:こちら)


たくさんあっても消化しきれないのでとりあえずこれだけは押さえて、
「水族館ではフラッシュ撮影はNG」のマナーはしっかりとインプットしました!


↓楽しそうな子供たち、カクレクマノミ、ナポレオンフィッシュ、アシカショーのあいちゃん
201706102331.jpg

201706102333.jpg



↓そして、この日出会った素敵な人
IMG_9536_edited-3.jpg
真剣に前を見つめる彼女はイルカ劇ライブのアクター
出番を待っています。
私達をみて一瞬ふりむき、飛び切りの笑顔を見せてくれました♪

ステージに立つ彼女は悪役の“ウミ・ヨゴセシア”でした。

イルカ劇ライブ(あらすじ)
「世界の海の平和を守る“爆烈海洋戦隊 ドルフィンジャー”。
 彼らの前に現れたのは海の暗黒化を目論む凶悪な軍団・ダークシーシャドウ軍の一番の美女“ウミ・ヨゴセシア”
 ドルフィンレッドとイルカたちは世界の海の暗黒化を阻むため 悪の軍団へ立ち向かうのであった。果たして世界の海の運命は・・・?」

4月2日(日)~ 土日祝日限定 12:30 15:30(※動物の体調等により変更または中止となる場合がございます。)
引用:「新屋島水族館」のホームページから(➡こちら)


2017000022590604.jpg

20170000227506.jpg

出番前にみた優しい笑顔と全く違う、ステージでの悪役演技のキレに
彼女のアクターとしての魂をみたような気がして、すごくカッコいいなと思いました♪


とっても楽しい水族館
日本に6頭しか飼育されていない、貴重なアメリカマナティ
ラッコ、アザラシ、ウミガメ・・・・
それにスタッフの熱意がいっぱいでしたよ~♪


撮影実習が「屋島」に決まった理由のひとつは、屋島山上への有料道路「屋島ドライブウエイ」(3・6キロ)の通行料金が無料だってことでしたが、
ガーン!
630円取られた~(@_@)
今年夏、8月から無料になるそうです!
でも、はっきりした時期は未定とか、、、夏休みに間にあうといいですね。

5月の撮影実習編はこれでおわりです。
みてくださって有り難うございました♪



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます
バナーは屋島からみた高松市
左の大きな橋は「屋島大橋」


「屋島寺へ」 歴史を感じながら撮影実習♪

5月の撮影実習は「屋島寺」でした。
2017000022520604.jpg

神社仏閣の撮影には先にしっかり歴史などを理解しておくと対象への理解が深まるそうです。
でネットで予習しましたが、行った時にはすーっと通り抜けていってました(^_^;)

四国霊場八十八ヶ所・第84番札所。もとは天平勝宝5年に鑑真和上が唐から難波に向かう途中屋島を訪れ、屋島北嶺にお堂を建てたのがはじまりで、四国霊場唯一鑑真和上が開基したお寺として有名です。のちの弘仁6年に弘法大師が嵯峨天皇の勅願により北嶺にあった伽藍を南嶺に移し、十一面千手観音坐像を刻んで本尊とし、第84番の霊場に定められました。引用:こちら



↓一心に祈るお遍路さんが献灯台に映り込んでいました。
 ろうそくの火が揺れる中、ひとりだけ離れて立ち、読経する若いお遍路さんに胸うたれました。
 201706082223IMG_9181.jpg
献灯は世間の闇を明るく照らし、仏様に正しい方向へ導いてもらうためだそうです。


↓蓑山大明神では狸の総大将を祀っています。
201706091140IMG_9133_edited-1.jpg

 唐の名僧・鑑真が日本に渡り、奈良へ赴く途中のこと。瀬戸内海を船で移動していると、山頂に光り輝くものの気配を感じ、すぐにその地を訪ねることにした。そこで盲目の名僧を山頂まで案内したのが太三郎狸であったとされる。その後、山頂にお堂が建てられ、多くの僧がこの地を訪れたが、太三郎狸は蓑笠をつけた翁の姿で、彼らを山頂まで案内したという。さらに空海がこの地を訪れた際も案内を買って出て、現在の屋島寺の地に寺院が移されると、空海によってこの寺の守護を任されたとされる。
 平安時代末期には、瀕死の重傷を負った太三郎狸を平重盛が助けたことから平家の味方となった。そしてその滅亡後は屋島寺に残り、年に一度源平の屋島の合戦の様子を幻術を使ってみせたという。その化けぶりは見事で、四国狸の総大将と言われるようになった。




↓実習では絞りをいろいろ変えてキラリンを撮ったりしました。
2017000022530604.jpg



↓実習風景はこんな感じ、ひとりだけ違う方向で狙ったり、全くの別行動で我が道を歩いたり。
 2017000022550604.jpg
ほとんどの人が我が道をゆく派です(笑)


↓古代山城屋嶋城(こだいやましろ やしまのき)まで歩くと、こんな素敵な風景に出会えます♪
2017000022510604.jpg

中大兄皇子が唐と新羅の侵攻に備え、対馬、九州から瀬戸内海沿岸にかけて築かせた山城で、
667年に築かれたことが「日本書紀」に記されています。断崖絶壁を最大限利用した古代山城で、城壁の9割程は天然の崖です。
平成19年度から高松市が進めてきた屋嶋城跡城門遺構整備事業が完了し、平成28年3月19日から公開されています。
迫力ある石積みと高松市街地の眺望は一見の価値あり。




ここで私たちは別れ「新屋島水族館」へと向かいました♪
つづく


《うれしいお知らせ》
写真教室のクラスメートが、2月の撮影実習で撮った写真を応募して栗林公園フォトコンテストで準グランプリを受賞しました♪
ただいま栗林公園のホームページでも作品が公開されています。➡こちら
準グランプリ賞 「水戸からの使者」小川美彦

栗林公園フォトコンテスト作品展
○ 期 間 平成29年6月7日(水)~7月30日(日)
○ 時 間 8時30分~17時
○ 会 場 讃岐民芸館(古民芸館・新民芸館)
      商工奨励館廊下
 ※ 讃岐民芸館(古民芸館)は、祝日を除く毎週月・火曜日は休館です。

おめでとう

講師は植村好治先生(➡こちら)です♪



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます
バナーは屋島寺から出てであった本当の子狸
元気がないのでみると、首に噛まれたような傷があり、かわいそうでした。
優しい友が持ってる食べ物をあげると、最初は警戒していましたが、やがて食べ始めました。
元気でいてくれるといいけど、、
また会えるかな、、


「まんのう公園」は花日和 (3)~タンポポと森の妖精 ネモフィラ~

2017000020070429.jpg


4月の撮影実習はチューリップが咲く「国営讃岐まんのう公園」でした♪
「まんのう公園」は花日和 (1)➡こちら
「まんのう公園」は花日和 (2)~おかあさんといっしょ~➡こちら


公園にはタンポポ(蒲公英)の丘もありました~♪
寝っ転がってファインダーをのぞきます
こんな風に草むらに寝っ転がったのって、何年前? 何十年前?かな(笑)


2017000020190430.jpg

気持ちのいい青空がひろがっています♪


チューリップの間には、森の妖精 ネモフィラ
2017000020200430.jpg

ネモフィラの名前の由来
属名の学名「Nemophila(ネモフィラ)」は、ギリシャ語で小さな森を意味する「nemos」と愛するを意味する「phileo」を語源とし、ネモフィラの原種が森周辺の明るい日向に生息することに由来しています。
青い花の中心が白いその花姿から英語では「Baby blue eyes(赤ちゃんの青い瞳)」と呼ばれています。(引用:



2017000020210430.jpg

空色の花
ネモフィラの花言葉は
『どこでも成功』『可憐』『あなたを許す』

『どこでも成功』って鯉のぼりのコンセプトと同じですよね

今日、5月4日は無料入園日、5月5日はこどものみ無料です(いつもは大人410円、シルバー210円、こども80円)
駐車料金 普通車310円は必要です


こうして撮影実習は終わりました
もう少しネモフィラを大きく撮ればよかったし、
タンポポの丘は、もっと絞ってパンフォーカスの写真(手前から奥までピントが合って いる状態)にすればよかったけど、今、自習したらパンフォーカスの写真って難しそうです(^_^;)
参考:「パンフォーカス撮影に挑戦」➡こちら
またチャレンジしてみます!
まんのう公園の撮影実習日誌はこれでおわりです
お付き合いいただきありがとうございましたm(__)m



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
ありがとうございます


「まんのう公園」は花日和(2)~おかあさんといっしょ~

2017000020110429.jpg

4月の撮影実習はチューリップが咲く「国営讃岐まんのう公園」でした♪
「まんのう公園」は花日和 (1)➡こちら


5月の最初の記事は、子供たちの健やかな成長を祈って


「こどもの日」というは、祝日法という法律の中で
「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。」 とあります。

子どもの日は、おかあさんに感謝する日なんですね♪

お母さんへの思いも込めて最初の一枚を選びました。
お母さんはずーっと一緒にいると思っていました
亡くなってもう18年もたつんだわ、、


春の公園は子どもたちの元気な声で弾んでいましたよ~♪

2017000020140430.jpg
(お父様から撮影のご了解をいただいています)


↓「ふわふわドーム」でも弾んでいます♪
2 2017000020160430


↓鯉のいる池には、鯉のぼりも泳いでいます。鯉と鯉のぼりのツーショットはならず、残念(^^)
2017000020130430.jpg

↓鯉とツツジのツーショット(^^♪
2017000020120430.jpg


大空を華麗に舞う鯉のぼりの由来は、中国の黄河上流に竜門と呼ばれる激流が連なった難所があり、その竜門を登りきった鯉が竜と化し、天に昇ったという古代中国の伝説にあやかったものだそうです。

今の時代、何が出世なのかはわからないけど、
子供たちが健やかに育つことを 心からお祈りしています


2017000020020429.jpg

まんのう公園は、あと1回お付き合いくださいね
つづく



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
ありがとうございます

「まんのう公園」は花日和 (1)

2017000019450418.jpg


「どこに行きますか~」
撮影実習の場所は受講生の希望で決まります。
4月はチューリップが咲く「国営讃岐まんのう公園」になりました♪

今、まんのう公園は春らんまんフェスタ中
チューリップが咲き誇るほか、5月いっぱいまで楽しめるフラワーリレーが続きます♪
 チューリップ➡ネモフィラ➡シャーレポピー
2017000019510418.jpg


公園のチューリップは32品種 約5万本
チューリップの中をあるく人には、あたたかな まなざしがあふれていました

恋人たち
2017000019540418.jpg


車イスのご婦人を押すのは娘さんかな~ワンちゃんも嬉しそうです♪
(「鑑札番号」と「狂犬病予防注射済票番号」があればワンちゃんもはいれます)
2017000019520418.jpg


チューリップの花言葉は「思いやり」なんだそうです

ピンクのチューリップ(Pink Tulip)は、「愛の芽生え」「誠実な愛」
2017000019500418.jpg

赤いチューリップ(Red Tulip)は、「愛の告白」
2017000019470418.jpg

黄色いチューリップ(Yellow Tulip)は、「望みのない恋」「名声」 (これは、、、(^_^;))
2017000019530418.jpg



待ち合わせのまでの2時間半があっという間に過ぎていきました

つづく

(おしらせ)
5月4日は無料入園日、5月5日はこどものみ無料です(いつもは大人410円、シルバー210円、こども80円)
駐車料金 普通車310円は必要です



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます


栗林公園の梅林 --わざわざ旅行する価値がある--

2月の撮影実習はいつもの栗林公園何度行っても飽きることがありません
フランスの有名旅行ガイドで「わざわざ旅行する価値がある」と最高評価を受けた観光スポットです。
2017000016750218.jpg
2017/2/25

大名庭園の中では最大級。
ウメは、北梅林に80本、南梅林に76本、その他に12本。花の順に野梅系(やばいけい)、紅梅系、豊後系があります。

2017000016760218.jpg

↓開園(日の出)に行きましたがカメラマンが沢山!この写真にも(^_^;)
DSCN1447201703052146.jpg

↓紅梅系
IMG_7123_edited-1.jpg

↓遅咲きの豊後系が咲きはじめ
2017000016770218.jpg


梅の樹形というのは美しいですね!

植木職人の間には「梅の木は裸で登れるように切れ」という教えがあるそうです。
「少し枝数が少ないかなぁ」という位の状態に、花がチラホラ見えるのが梅の趣というもの。
梅の花は短い枝につく性質があります。放置してグングンと伸びている枝には付きにくく、仮に花が咲いても、まばらな印象です。梅は衛生上も観賞上も剪定が必要な庭木の代表選手なんだとか。

梅の樹形の美しさは、14名の庭師さんの作品のようです。
IMG_7160_edited-1.jpg

2017000016840218.jpg



栗林公園は四季の美しさをやさしく伝えてくれます
栗林公園四季の花は➡こちらをどうぞ

最後はやっぱり青空に向かって
2017000016780218.jpg


上ばかり見ていたら飛行機が飛んできました
2017000016790218.jpg

飛行機よりメジロが撮りたかったわ~
撮れたのはピントがきてない子ばかりだけど、はじめて撮ったので少しうれしいです
2017000016860002.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
ありがとうございます

秋の庭ー鬼無町の「神高農園バーンヤード」ー


201600001284.jpg

11月のはじめ、神高農園バーンヤードさんの庭を撮らせていただきました。

神高農園バーンヤード
香川県高松市鬼無町山口96−1
営業時間:10:00~17:00
定休日:火曜日、水曜日


2016000012561102.jpg


高松市の郊外、五色台の山裾にある小さな小さな農園にあるアメリカ風田舎の小さな雑貨店(バーンヤード)。アメリカで買い付けたアンティークな物やカントリー雑貨、ガーデニング雑貨などを販売しています。
そして農園では、花木の販売をされています。

↓逆光の紅葉をさがして
2016000012371102.jpg

↓この日は青空もきれいでした
2016000012381102.jpg

↓庭にはオシャレな雑貨がたくさんあります。
2016000012391102.jpg


↓ガーデンテラスでテーブルフォト
2016000012441102.jpg

↓アメリカで買い付けされたというポップな標識(sign サイン)は販売もされています! 価格はホームページで、➡こちらです
2016000012471102.jpg

↓緑あふれる農園に囲まれた3つの小屋の中には沢山の楽しい雑貨♪ 
神高農園

↓奥様のご厚意でケーキとコーヒーでおもてなしいただきました♪
 お御馳走さまでしたm(__)m
2016000012431102.jpg

↓雑貨店のお洒落な窓の外、麗しい女性。
2016000012581102.jpg


場所は↓です。


私は間違って最初は西高校まで行ってしまいました(^_^;)
鬼無町は盆栽の町です。道中も農園が沢山ありました~
ここには、「桃太郎伝説」があります。
昔この地を荒らしまわっていた鬼たちが、この地に立ち寄った桃太郎によって、全滅させられる物語です。
この伝説は、郷土史家「橋本仙太郎」氏によって詳しく調査、研究され、
鬼とは、この地で略奪など悪行を繰り返していた海賊たちであること、そして、その海賊たちの住む島に出撃し、激戦の上勝利したこと、後に逆襲に会うものの「鬼ヶ塚」で返り討ちにして全滅させたこが明らかになったそうです。



とっても楽しい神高農園バーンヤード
農園は感じのいい、オーナーご夫妻で運営されています
「神高農園バーンヤード」のホームページは➡こちら

鬼無の道沿いには農園・盆栽店が並び、通るだけで心躍る町でした




にほんブログ村

沙弥島にて、瀬戸大橋のライトアップを撮る♪

9月の撮影実習は「沙弥島の夜景」
日が暮れるまでは
「360度の展望「瀬戸大橋タワー」から」で➡こちらです。


2016100600001000.jpg
Canon EOS 6D
撮影日時 2016/09/24 18:44:
Tv(シャッター速度) 30
Av(絞り数値) 8.0
ISO感度 200
「橋を通るマリンライナーの光跡をいれてみました」


2016101000001001.jpg
撮影日時 2016/09/24 19:07
Tv(シャッター速度) 380
Av(絞り数値) 14
ISO感度 200
「手前の海岸を入れましたが、入れずに、光の映り込みを長く感じさせるほうが良かったかもしれません。"(-""-)"」



沙弥島撮影実習の一番の楽しみはナカンダ浜の木に会いたかったことです。
前の記事の、タワーから見えた浜の大きな木です
S2016100100000988.jpg

↓「2015年1月24日沙弥島にて」 前回は1月、葉が落ちています
IMG_7978 - リニア - コピー


2016101000001002.jpg


この木は「エノキ」 ニレ科の落葉高木。
江戸時代には街道の一里塚(4kmごと)として植えられ、
「榎」の文字は、この木が夏に木陰をつくるというところから日本で生まれた字だそうです。

4月になれば、花も咲くそうで
花言葉は「協力」「力を合わせる」

なぜ、このおおきな木をみると心いやされるのかわかったような気がします(^^)v

いつかその花もみたいなあ~




2016101000001004.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村

再び五色台の夜景♪


8月の撮影実習は「五色台」
え~っ、5月もだったのに(➡こちら)と、ちょっとがっかりでした。

でも私が間違っておりましたm(__)m

自然は日々変わってゆき、一日たりとも同じ姿でいることはありません。
なにげない自然の移り変わりを感じ、その中から美しさを見つけ出すことこそ、自然写真の楽しみです。
     自然写真家 小林義明



同じ場所に三脚たてて見た風景は、5月の風景と違っていました。
この日は雲の間からの光芒、
陽が落ちるとともに光芒の姿が変わっていきました。
2016082700000768平成28


週末は瀬戸大橋のライトアップがあります。
坂出よりの風景  シャッター速度:30秒 (色温度は変えています)
2016082700000770平成28

岡山よりの風景  シャッター速度:467秒
2016082700000771平成28


この日の集合場所は「大崎の鼻展望台」


目の前に「小槌島と大槌島」がみえます
2016082700000769平成28



先日、私の拙い写真をみて句を詠んでくださるブログ友さんから、詠めないのは言葉を知らないからと嘆く私に
「そうだ 言葉をたくさん と言われてたつくもさん
さだまさしの 作詞だけ読んでも楽しいですよ
新しいのは 「風の宮」素敵な言葉が たくさんあります。 」と教えてくださいました・

「風の宮」は、作詞:西行、補作詞:さだまさしの歌で、花、月、そして伊勢神宮を詠んだとされる三首の短歌を引用しています。


実はこの「大槌島と小槌島」は、崇徳天皇の呪怨がこめられた場所で、西行に縁ある地です。

保元の乱のあと、崇徳院は讃岐に流され、八年を経て長寛二年(1164年)46歳で崩御になりました。
その崇徳天皇が自ら写経した大乗経を海に沈めて「崇徳天皇の呪怨」を込めたのが、この大槌島と小槌島の間です。
西行が讃岐へ行ったのは崇徳院が崩御になった四年後のことで、その時詠じた歌には、落胆した気持ちがよく現れています。
「よしや君 昔の玉の  床とても かゝらん後は 何にかはせん」
西行と崇徳天皇の関係について、もっと知りたい方は➡こちらでどうぞ


小槌島から、崇徳院、西行、さだまさし、俳句と、とりとめもなく物語はつながっていくようです(^^)/



↓瀬戸内の海は、この日も沢山の船が行き来していました
2016082700000790平成28



 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

⏰文字時計

作品展のご案内

【作品展名】のクリックでDMが開きます♪

********** 開催中 **********
【第4回『写風』写真展~楽しいかな写真人生~】
6/27(火)~7/23(日):アートプラザ
IMG_20170617_0001.jpg
【おきにいり展】
6/27(火)~7/2(日):21世紀館さんがわ
IMG_20170527_0001.jpg
【フォトクラブ 写遊 写真展】
6/21(水)~7/2(日):善通寺市美術館
IMG_20170512_0001.jpg
◆6/10(土)~6/28(水)
【宏磁窯 作陶展】
徳島市:珈琲茶房 あうん亭(定休日:木曜)
★出展者:cozyさんのブログ➡
IMG_20170513_0002.jpg
◆6/1(木)~6/30(金)
【第3回 田中隆司と仲間たち展】
さぬき市:カフェ・セゾン(定休日:月・火曜)
2017000022270601.jpg


******** もうすぐ開催 ********
【フォトクラブ六遊会 写真展5】
7/1(土)~7/30(日):カフェ・セゾン
【第7回写団瀬戸写真展】
7/16(日)~7/22(土):IKODE瓦町
【第5回写真展 写遊会・彩】
7/25(火)~7/30(日):善通寺市美術館
【天体望遠鏡博物館 セミナー&観望会】
7/29(土):旧多和小学校予約は➡こちら

(ご案内ハガキに記載の連絡先をWebでは非公開とさせていただいています。)

迷い犬・猫情報、里親募集!

プロフィール

Author:つくも(月萌)
クニャンというのは韓国語で「ただ、なんとなく」という意味の言葉です。絵も写真も中途半端なブログですが、よろしくお願いいたします


にほんブログ村

ただいまコメントは「拍手コメント」からのみになっています (*- -)(*_ _)ペコリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

日本画 (15)
素描 (62)
写真日記 (122)
みろく自然公園 (2)
小さな旅 (20)
撮影実習 (11)
さぬき情報 (4)
読書ノート (4)
作品展のご案内 (24)
ささやかな思い出 (2)
未分類 (22)
タイトル帳 (8)
お姉ちゃんからの元気通信 (5)
「Shall We 彫刻・絵画・写真作品展」 (1)
香川写好クラブ (2)

最新記事一覧

大窪寺「八十八庵のあじさい園」 Jun 26, 2017
デッサンLesson 22「牛乳ビンとキッチンクロス」  Jun 24, 2017
タイトル帳(P.8)【半明薫 写真展】 (付:善通寺市近代化遺産散策マップ) Jun 22, 2017
白鳥が大きくなっていました~♪ Jun 20, 2017
香川で一番長~い橋 --屋島大橋-- Jun 18, 2017
お姉ちゃんからの元気通信 「高野山に行って来ました」 Jun 16, 2017
デッサンLesson 21 「人物クロッキー」 ~浦沢直樹の「漫勉」やぁ~ Jun 14, 2017
新屋島水族館 ~ダークシーシャドウ軍の一番の美女は~ Jun 12, 2017
「屋島寺へ」 歴史を感じながら撮影実習♪ Jun 10, 2017
【第3回 田中隆司と仲間たち展】へ♪ Jun 08, 2017

💛ブックマーク(香川の写友さん)

💛ブックマーク(💛:FC2以外)  

このブログをリンクに追加する

作品展ご案内の履歴

日の出・日の入り・月齢

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ(2015年8月から)

このブログの記事

検索フォーム

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん